よく考えたら拉致問題ってすぐ解決するんじゃね?


20年も解決しないのってやる気が無いのかどうでもいいかの二択だよね

 

対話より圧力 とわめき続けて今。

北朝鮮問題の中心はなんと言っても拉致問題で、アンポホーセイやら北朝鮮に対する抑止力が増えたらしいので、いつになったら解決するんだろうと思って現在、拉致問題いまだに解決せず。

外交の安倍→外構の安倍になって、金ばらまいて意味がない法律作っただけだったんじゃないか説が今頃になって巷でも取り上げられ始めた。

(論理的に考証したらそれって始まる前からわかってたやんって話なんだけど。)

 

ぶっちゃけ拉致問題って20年かかって解決してないわけで、それって普通に考えたらやる気が無いのか、どうでもいいのかの二択でしかないよね。

むしろ日本の安全保障政策に政治的に寄生してる連中にとって、北朝鮮の諸問題が解決したら困る方向性の結果しか生まないわけで、普通に考えたら通俗的にはタカ派の自称保守実態保守(ホモ)にとって、北朝鮮問題、拉致問題は解決したら困るってことくらいわかってたはずなんだけど。

 

キタチョーセンが危ない→ミサイルで武装する→まだ危険が除去できてない

って延々わめき続けて支持率の基礎にしたいモチベーションがあることくらい馬鹿でもわかるわけでしょ。

その連中に問題のハンドリングを任せてる時点で解決なんかするはずがない。

 

そもそもその手の連中が嘘つきだってことは近年の歴史が証明してるよね。

翁長が知事になったら中国に占領される 玉城が知事になったら中国に占領される

占領されてないわけでしょ。

 

彼らが嘘ばっかり言ってるのは今でもサムスンが世界シェアの電機メーカーである事や、中国が破綻してないことでも明らかなわけで、そろそろああいう人の言い分に耳を傾けるのはやめましょうとしかならない。

嘘つくだけならまだしも責任、取らないでしょ?

 

「ああ、中国って崩壊するんだ」って思って中国への投資をやめた人や、「サムスンって危ないんだな」って思って取引しなかった人の逸失利益を彼らが一円でも弁償したかといえばしてないでしょ。

責任取る気のないデマを撒き散らして、ちょっとでも票になったりしょうもないネトウヨ本が売れたらいいだけのクズなのはこの10年だけで腹いっぱいレベルの実績が積み重なっている。

 

そう、拉致問題最優先とか嘘だったわけよ。彼らの得意技、十八番てやつよ。

 

よく考えたら拉致問題ってすぐ解決するんじゃね? defence ajia %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics international %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

 

冷静になって拉致問題の解決条件を考えたら・・・・

 

今まで保守(ホモ)のホラ吹きが念仏みたいに唱えていた「全員帰国、絶対解決、最優先」

これ、今までの枠組みでまじで実現すると思ってる人居るの?

いたとしたら中国が崩壊するって本気で信じてたネトウヨと同じくらい馬鹿だよね。

 

まず今のままでそれが実現することは絶対ない。

仮にするのだとしたら、国一個作れるレベルで北朝鮮に金銭的な支援を繰り返さなきゃいけない。

でもそんな事現実には出来ないし、したとしても拉致家族以外の納税者の理解はとーてい得られないわけです。

 

安田さんの拉致解放に3億使われただけでも発狂する日本人の山、山、山。

危ないところ行ったら自己責任らしいじゃん。

人気のない海岸をほっつき歩いたり、極左活動家みたいなのと海外で交遊してて拉致された人なんか何言われるかわからない。

夜の海なんかたとえテロリストがいなくても危ないに決まってるよね、日本の凶暴な納税者が帰ってきた拉致被害者に何を言うか考えただけで恐ろしい。

つまりお金なんか使えないわけです。

 

そろそろ拉致問題は解決条件を再考するべきタイミングに来てるんじゃないだろうか。

これは冗談や揶揄を抜きにして切実な問題として受け入れざるを得ない現実だろう。

 

拉致家族の人達の最も切実な願いはなにか?

「生きてるうちにいなくなった家族にもう一度でいいから会いたい」

これは絶対的に共通してる悲願だろう。

 

それが実現できてないのは、北朝鮮に気軽に出かけることが出来ないからだし、それは北朝鮮と交流が出来ない・国交がないからなのは誰だってわかるだろう。

 

最もシンプルにその問題を解決するのなら、北朝鮮と国交を結べばいいのではないだろうか。

 

国交回復して行き来が自由になったら会えるやん?

 

拉致問題が解決しないラディカルな原因は、探しにいけないことと出かけるための手段がないことだ。

上述の通りそこらを解決するために北朝鮮と国交を結んで直行便を就航させてしまえば、気軽に出かけていなくなっていた家族と手軽に会えるようになる。

 

金の問題も即解決する。

国交がない状態では、北朝鮮に金を渡す手段は基本的には人道支援しかない。

つまり拉致被害者が帰ってくるとかその程度の見返りしか期待できない不毛な送金しかできないってことだ。

 

ところが国交が出来たら、今諸外国が狙ってる経済進出をなんの障害もなく、しかも日本が一番乗りでできるはず。

北朝鮮の人口は2500万人。

高度成長期の日本の首都圏と同じ規模の人口の経済をそっくり一番乗りでいただけるのはでかいんじゃないだろうか。

 

テロリストや無法者に金が渡ったら発狂する凶暴な日本の納税者も、逆に彼らから利益を得る話なら耳を傾けるはずだ。

なぜなら彼らの関心の中心事項は金だからだ。

 

しかも保守(ホモ)が大好きな台湾(国交未締結)と違って、国交を結んでも中国との摩擦も発生しない。

朝鮮戦争(未終結)で中立であるとアピールできるため、絶対除去しなきゃいけないと保守(ホモ)がわめき続けている北のミサイルの驚異も相当程度除去できる。

北朝鮮だってあんだけ孤立した国だったら、数少ない国家承認してくれた相手国を攻撃することはないだろう。

 

日本の低い成長も人口の2割近いボリュームを経済圏に取り込めたら相当程度伸ばせるはず。

アンポより安全で一石二鳥やん。

それがなぜ出来ないのだろうか。

 

ひょっとして拉致家族と拉致被害者を会わせるのが嫌なんだろうか。

 

そろそろ被害家族以外の日本人はそれが割とどうでもいいって認めた方がいい

 

現在、対北朝鮮の国際情勢は、そろそろ北を国家承認して朝鮮戦争を終結させて、ユーラシア大陸の中央から東部にかけて発展させようという方向に向かっている。

米朝首脳会談が行われた事実を普通に評価したらそういう結論しか出てこないだろう。

(日本の保守(ホモ)・ネトウヨの想像では今頃戦争が始まってるはずだったけど)

 

日本がそういう現実に向かって動かない理由の一つに、冷戦体制から政治的な転換が出来てない事が挙げられるだろう。

過去の日本の成長それ自体がドミノ理論の最前線として過剰な投資を欧米から受けてきた産物だったゆえに、新しく投資を呼び込んで成長戦略を立て直すためにも新しい冷戦が起こってほしいし、新たな冷戦でも最前線になろうという発想しか持ててない政治家が結構な数いる。

それが中国でもロシアでも朝鮮でもいいから冷戦の悪の帝国になってもらって冷戦が再び始まってほしいと思ってるわけだ、それもできるだけ日本の近くで。

 

もう一つが、過去の総括が必要になったときに、北朝鮮と融和すると政治生命が終わる人が少なくない数居るからだとも言える。

あれだけ北朝鮮がいかに駄目かわめき続けて、国交を結ぶ当事者になったら流石にバツが悪いわけだ。

ネトウヨに見捨てられたらすがれる世論がなさそうな政治家なんかほとんど全員がそうだろう。

 

つまり拉致家族以外のほとんどすべての日本人は、拉致問題の解決より明日の晩飯の献立の方が重要なのだろうし、拉致問題最優先と喚いてる政治家も拉致問題の解決より、自分と一緒に北朝鮮の危険を叫んできた支持者に見捨てられて選挙で苦戦するのが嫌なわけだ。

一言でいえば割とどうでもいいテーマだと本音では思ってるわけだ。

 

拉致問題を叫び続けて15年とかの年季が入ったネトウヨでも、カレーだと思っていた晩飯がそうでなかったりした日にゃぁ、テレビで拉致被害者が全員死んでましたと放送している横ででも血相を変えて母親をなじるだろう。

カレー>>深夜放送のエロアニメ>>>>>>>>>拉致被害者 が大多数の保守(ホモ)・ネトウヨの本音に違いないと容易に推理できる。

 

本気で解決する気だったら、それも早期で解決して生きてるうちに再会させてあげたいという意志がそれを熱心に叫ぶ有権者と政治家にあったなら、とっとと国交を結んでいつでも会いに行ける状況を作っていたはずなのであって、それは議論も論証も必要ない自明の理だろう。

ただでさえ戦前の日本を賛美してる人々がその当事者なわけでしょ。

彼らが素晴らしかったという時代に日本だったところと国交を結びたくない理由って選挙しか思いつかないんですが。。

 

そろそろ問題解決のゴールの再設定も含めて真面目に考えないと、拉致家族は再び家族と会うこともなくみんなが鬼籍に入る年頃になってきた。

俺は国交締結に一票。

戦時中の賠償問題は拉致被害などの刑事罰の免責と引き換えにして水に流す条件で、不足してるインフラや産業への投資を約束して時代を前に進ませる政治的決断さえあればそれはすぐに解決すると思う。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る