浮き彫りになってるってのはアメリカの傲慢な嘘のことか?  シリア問題めぐりロシアが孤立化  西側との対立浮き彫りに


 

 

こういうのを孤立化という報道って、相当欺瞞だと思うの俺だけ?

チュニジアもリビアもエジプトもイラクも結局滅茶苦茶にしてきただけのアメリカの嘘に、もう付き合わないぞって意志を示すことが孤立であるのならば、それはプーチン大統領率いるロシアが国力を消耗することになっても誇り高い孤立を選んでいるだけの話であって、孤立化というのではなく純然たる孤立であって、まるで流れの結果そうなったような記述をするってのは失礼なんじゃないのか。

結局、現在時点でアメリカの姿勢から伺えることは、ユダヤ教・キリスト教VSイスラム教の非常に感情的な宗教戦争の構図であって、宗教的な感情に突き動かされている国民をだまらせることはオバマみたいな戦争嫌いでさえ出来なかったってことだろ。

 

そもそも、イラク戦争の時にあれだけありもしない大量破壊兵器で騒ぎまくって、おとなしく大量破壊兵器を手放したリビアは空爆で国中滅茶苦茶にされて、今度はシリア軍が反政府テロリストに化学兵器を使ったってか?

今度もアメリカが正しいっていう根拠が過去からどういうふうに推察できるのか、誰か説明してみろと言うんだ。

 

日本は太平洋戦争でアメリカの欺瞞に彼らと同じように引っ掛けられて(幸運なことにハワイみたいにはならなかったけど)、今同じ目に合っている中東諸国を見てアメリカにお追従するだけというのは、さすがに日本人としてあまりにも情けないと思う。

こんなもんいつまでも好き勝手やらせていたら、そのうちシリアも反政府ゲリラの支配する国になって、今度はトルコとかサウジアラビアまでそこら中反政府ゲリラだらけになって収集がつかなくなるに決まってる。

アメリカにお追従するのも結構だけど、石油では中東に依存してる日本として何か対策を考えなかったらまずいことになるのなんか馬鹿でもわかる話、それこそ何かするなら今しかないと思うよ。

 

と、いうわけで、プーチン大統領は今後も空気を読まない発言で物議をかもして欲しいと思うね。

たしかにアメリカは世界の警察かもしれないけど、傲慢で嘘つきなところまで警察っぽく振る舞うのはやめてもらわないといずれこっちにもとばっちりが来るに決まってるんだよ。

 

 

浮き彫りになってるってのはアメリカの傲慢な嘘のことか?  シリア問題めぐりロシアが孤立化  西側との対立浮き彫りに politics international

 

それにしても、中国とロシアくらいしかここまでアメリカに噛み付けんわな。
日本には荷が重いか・・・・

 

浮き彫りになってるってのはアメリカの傲慢な嘘のことか?  シリア問題めぐりロシアが孤立化  西側との対立浮き彫りに politics international
映像が語る20世紀 Vol.19 ~苦悩する勝者

 

↓関連記事↓

 

毎日15時に更新したニュースを再整理して配信しています。
時折、公表に差し支えるのある裏情報なんかも記載します。
↓良かったら登録してください↓

[subscribe2]

 

 

 

1: :2013/06/19(水) 11:10:49.99 ID:
[エニスキレン(北アイルランド) 18日 ロイター] – 8カ国(G8)首脳会議(サミット)で、
シリア問題をめぐる米国とロシアの対立があらためて浮き彫りになり、ロシアの孤立化が表面化した。

ロシアのプーチン大統領は、西側諸国が反体制派に武器を供与すれば欧州への攻撃に使用される
可能性があると警告。一方でロシアのアサド政権への武器輸出については「法に基づいた契約に
従っている」として正当性を強調した。

ロシアはシリア問題についてG8で孤立を深めた。アサド大統領の今後についても他の首脳との
意見対立が絶えず、首脳宣言では同大統領の名前すら言及されなかった。
宣言では、米ロが呼びかけている和平会議のできるだけ早期の開催を求める内容が盛り込まれたが、
これは過去数カ月の状況と変わりがない。

和平会議開催の日程も決まらなかった。
当初は来月の開催が見込まれていたが、先週米政権が反体制派への武器供与方針を明らかにして以来、
保留されている。ある関係者は、和平会議の開催は少なくとも8月まで先延ばしされたと述べた。

プーチン大統領は、オバマ大統領がロシアの孤立化を図ったことを示唆。
他の首脳の見解は分かれており、シリア反体制派への武器供与計画が先月のロンドンでの
兵士殺害事件の背景となった可能性があるとの見方を示した。

一方で各国首脳からは、アサド政権を支援するロシアの姿勢への批判が強まった。
この問題をめぐる米ロ首脳会談の雰囲気も重く、平行線のまま終了した。

ソースは
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE95H09R20130618
関連スレは
【ロシア】プーチン大統領 G8サミット参加のため英国へ出発[06/16]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1371374689/l50
【シリア内戦】「人肉食べる者を支援するな」露大統領、欧米に警告[06/17]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1371442732/l50
等々。

2: :2013/06/19(水) 11:12:32.44 ID:
日本としてはロシアにも理解を示さんとな

26: :2013/06/19(水) 18:54:53.30 ID:
>>2
ふざけんな

28: :2013/06/19(水) 19:14:33.37 ID:
>>2
世界情勢見ながら日本の国益を考えたら、普通はそう思うよね。

Putin: Didn’t feel isolated, not all G8 leaders agree Assad used chemical weapons
http://rt.com/news/g8-assad-chemical-putin-885/
【要点】
これまで同様に積極的対話での解決を望んでいるプーチン大統領は、昨日のG8の各国首脳会談で、
『仮にアメリカ政府が外国人テロリストらに兵器を供給するのであれば、ロシアはシリア政府に対し、
S-300迎撃ミサイルシステムだけでなく、さらに強力な兵器を供給する意向である。
また、指摘されているような孤立感は感じていない』と冷静沈着な態度でありながらも、徹底抗戦の構えを見せた。(終わり)

欧米メディアがいつものようにプーチンバッシングを展開中ですが、孤立を恐れず、立ち向かう
プーチン大統領が正しいと思います。孤立を恐れ、長いものに巻かれてばかりいれば、ヤクザ者と
それにへつらう臆病者たちによって、どうしようもない世界が続いてしまいますから。
『チェーンジ!』と言う資格があるのは、オバマではなく、プーチン大統領だったようですね。

アメリカや、その傀儡国日本では、報道機関としては三流以下の主要メディアやマスコミから
偽情報・誇張した情報は流されても、ロシアの高官の言葉に匹敵するような、
率直な発言を聞くことは決してありません。
アメリカの世論調査では、65%の米国民が、アメリカのシリア介入に反対しています。
この明らかな国民の意志表明にもかかわらずオバマ政権は、非宗教的なシリア政府を打倒するために
送り込まれた米・英国政府の傭兵テロリストに、さらに武器を与え、シリア上空の“飛行禁止区域”設定
というプロパガンダを強化しつつあります。

このように、仮に飛行禁止区域を設置して軍事介入するような事態になれば、地上のシリア政府軍を
アメリカやNATOの航空機が攻撃し、歪曲的に“シリア反政府派”と呼んでいる米・英国政府が送り込んだ
傭兵テロリストらの“空軍”として機能することになります。

屑と成り果てたメディアやマスコミによる“年中無休の洗脳工作”にもかかわらず、アメリカや日本国民の
大多数が、オバマの「対シリア戦争」に反対しているということです。

3: :2013/06/19(水) 11:14:01.78 ID:
シロアリは駆除しないと

6: :2013/06/19(水) 11:24:15.04 ID:
>>3
アナグラムか?w

シリア+ロシア=シロアリ

4: :2013/06/19(水) 11:20:54.77 ID:
エジプトもリビアも、結局国が目茶目茶になっただけなんだよな

5: :2013/06/19(水) 11:22:47.06 ID:
>>1
世界の首脳も気づいていないようだが、

このシリアの内乱は、裏でイスラエルが糸を引いている可能性が高いんだよな。

7: :2013/06/19(水) 11:25:05.60 ID:
オバマが悪い

8: :2013/06/19(水) 11:26:10.59 ID:
>世界の首脳も気づいていないようだが、

9: :2013/06/19(水) 11:26:39.68 ID:
  国連事務総長に続いて国際赤十字もシリア政府軍の毒ガス使用を否定、
それでも「人道介入」とか言うなら欧米の王侯貴族国家の方が世界から孤立だろ、イラク
リビアと構図さらけ出しになってるのに、

10: :2013/06/19(水) 11:44:10.75 ID:
寧ろ欧州に戦火広がって貰いたいのだがな。
移民排斥も加速して日本にとってウマウマですから。
そしてそのままイスラエルも滅ぼしてくれ。

11: :2013/06/19(水) 11:48:44.62 ID:
今ついったーにぺたりんこしてきてやんよ。

12: :2013/06/19(水) 12:42:34.38 ID:
世界の主流がBRICSにシフトしてるのにいつまで欧米は十字軍遠征とか植民地派兵みたいなことやってんだよ、ってこと。

23: :2013/06/19(水) 18:22:08.93 ID:
>>12
在日工作員消えろ!BRICSなんててめぇら左翼の幻想だ!

25: :2013/06/19(水) 18:46:14.02 ID:
>>23
TPP反対の抗議デモに参加した一般国民を左翼とウソつくあべ総理と同じだね
見境もなく左翼扱いするなんて、どっちが在日工作員なんだかw

13: :2013/06/19(水) 13:09:13.63 ID:
ロシアが正しい

後武器を売る中国は死ね

14: :2013/06/19(水) 13:19:03.97 ID:
アフガニスタンが混乱してアルカイダの拠点化
ソマリアが混乱してアルカイダの拠点化
イラクが混乱してアルカイダの拠点化
リビアが混乱してアルカイダの拠点化
シリアが混乱してアルカイダの拠点化

プーチンの「シリア反対派を支援したら中に入り込んだアルカイダが数年後に
武器を持ってヨーロッパへ襲い掛かるだろう」という認識は正しい。

>>13
ロシアも武器売ってますよ

15: :2013/06/19(水) 13:30:31.84 ID:
>>14
露はジュネーブ条約に基づき、正式な契約でシリア国家に迎撃ミサイルシステムを売っただけだ

ユダアメバックのテロリスト共に兵器を横流してきた、米欧その他の基地外国のそれと一緒にすんなボケ!

16: :2013/06/19(水) 14:08:32.33 ID:
最近のプーチンは色々と詰んでる気がするなぁ。整形、愛人&離婚等
ロシア国内はもとより、海外でも俗物っぽいイメージになりつつあるし。
ま~俗物になってきたというより、今までのイメージがロシア政府によって作られた物だったんだけどさ。

20: :2013/06/19(水) 16:16:54.90 ID:
>>16
変わった見方するなオマエ、まあオマエだけだが

22: :2013/06/19(水) 17:51:26.55 ID:
>>20
変わってるかな?整形も愛人も事実じゃん。
そもそもプーチンって首相に成り立ての頃は結構ひょうきんなオッサンだったのに
武道や獣と戯れてみたり、ちょっと前は海底から古代の壺を発見したり(後でヤラセってばれたけどw)
北の将軍様みたいな強面アピールはロシア国民からは冷めた目で見られてるよ。

24: :2013/06/19(水) 18:22:58.93 ID:
>>22
あんたの願望的主観じゃないかな。つんでるのはNSA問題バラされた米英の方だと思うんだがwww

17: :2013/06/19(水) 15:06:39.78 ID:
安保理承認もなしにアメリカは食人族を軍事支援するんだな。
アメリカも大変なことだ。

18: :2013/06/19(水) 15:23:59.39 ID:
こういう話は国連でやれってかそのための国連だろ?

もうG7に戻そうぜ
西側の経済枠組みを決める会合におそロシアを混ぜたのが間違いなんだ

19: :2013/06/19(水) 15:46:08.73 ID:
>>18
 それは今後の楽しみに
ところでどこかの国を孤立させたかったん?
支那チョンがいないG8でまとまらないと今後大変・・・ッw

21: :2013/06/19(水) 17:06:31.89 ID:
「アフター・アース」のステマだろ。

27: :2013/06/19(水) 19:01:35.98 ID:
ロシアはアメリカ政府が嘘をついているのを確実に知っている。
ラブロフ外相は上品な人物で、立場上、強い言葉は用いないが、他のロシア高官達は
アメリカ政府による“真っ赤な嘘”を、辛辣に片づけている。
プーチン大統領補佐官ユーリー・ウシャコフは、
『アメリカは、アサド政権による化学兵器使用についての情報を提示しようとしているが、
率直にいって、説得力はないと考えている。“国連でイラクの大量破壊兵器を主張した
パウエル国務長官の「悪名高い嘘」の例をあげようとは思わないが、我々から見て、事実にはまったく説得力がない』

また、ロシア議会下院国際問題委員会の委員長アレクセイ・プシコフは単刀直入に言った。
『アサドが化学兵器を使用したというデータは、サダム・フセインの大量破壊兵器の嘘を
でっちあげたのと同じ組織による、でっちあげだ。オバマはジョージ・W・ブッシュと同じ道を歩いている』

29: :2013/06/19(水) 19:36:04.16 ID:
中東に関してはロシアの言い分が正しそうなんだよね
ウソから出たマコトって感じで

30: :2013/06/19(水) 19:44:55.91 ID:
>>29
うん。イタリアやドイツはロシア側についてるから、プーチン氏は孤立感なんて感じていないのに
西側メディアは貶めるような記事ばかり書いている。
それに、プーチンはG8に出席するにあたって、水と食料持参で向かったというよ。
卑劣なのぞき魔の暗殺部隊、モサドやCIAから毒殺されないように、相当用心しているというね。

31: :2013/06/19(水) 21:00:24.55 ID:
G7とかG8って似たもの同士の国が
とりあえずの方針を決めるから意味があるのにな。

32: :2013/06/19(水) 21:44:08.22 ID:
日本もプーチン支援しろよ
イスラエル調子乗りすぎだよ

33: :2013/06/19(水) 22:28:23.91 ID:
>>32
過激派がシリアを掌握したほうがイスラエルは困る

34: :2013/06/19(水) 22:37:56.93 ID:
ヒズボラ参戦しちゃったからそれは無いんでね。
既に反政府側は劣勢にまわっちゃったし。

ハマス、ヒズボラにシリア撤退要請 「敵はイスラエル」
http://www.asahi.com/international/update/0617/TKY201306170478.html

シリア大統領、対イスラエル戦線拡大を示唆 露ミサイル一部受領もほのめかす
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2947096/10825884

35: :2013/06/20(木) 14:29:52.19 ID:
米軍戦闘機、シリア領空を侵犯 2013/06/19(水曜) 23:41
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/38111

情報筋が、アメリカ軍の戦闘機がシリア領空を侵犯したと伝えました。

パレスチナのサマー通信がヨルダンの情報筋の話として伝えたところによりますと、
アメリカの戦闘機が18日火曜、シリア領内を侵犯し、同国の上空を飛行したということです。この報道によりますと、アメリカの戦闘機は、シリアの滞空防衛システムや戦闘機の攻撃を受けることなく、シリア上空を飛行しました。
アメリカはシリアの飛行禁止空域の設定を支持しています。

36: :2013/06/20(木) 19:38:12.31 ID:
シオニストユダヤ系の狡猾で卑劣な性分が、さらに証明されて、喜ばしい。ロシアを支持します!

Mossad Recruiting Algerian Youths for Fighting Syrians
http://www.thetruthseeker.co.uk/?p=73607

イスラエルの諜報機関『モサド』は、シリア政府軍と戦っている外国人勢力のテロリストたちを
支援するために、アルジェリア人の青年らを勧誘し集めて、シリアに派遣しようとしている…
と、水曜日、アルジェリアの新聞が明らかにした。

匿名の情報筋はアルジェリアの新聞アル・ファジルに、アルジェリア国内の活動家たちである
「サラフィ・グループ」は、モサドの監視下にあり、これらのグループはアルジェリア人の青年たちを
彼らが「シリアのジハード(聖戦)」と呼ぶ戦いに参加させ、一般市民の虐殺や騒動を煽らせるための
勧誘活動をしていると述べた。
情報筋はまた、サラフィ・グループは、チュニジアの彼らの宗教の信者と直接的な接触を維持しているおり、
カタールから金融的・軍事的支援を受けていると語った。

今週始めには、オーストリアの高官によって似たような指摘が暴露された。
彼は「イスラエルにより、ロジスティクスや軍事的、および医療支援がシリア内のテロリストグループに対して行われている」
と指摘していた。

17日、匿名のオーストリアの高官は、パレスチナのアル・マナール紙のインタビューで、
「イスラエルは、頻回にシリアとの国境を越え、シリア側の国境の村落に介入し、反乱勢力とテロリストグループに対する、
あらゆるロジスティクスや軍事的、医療支援活動を行っている」と語った。
さらに彼は、「イスラエルとテロリストグループは、シリアと占領されたパレスチナの間の国境地帯に、
双方の間の活動を調整しながら、反乱グループに対し、さらに支援しやくするための合同作戦会議室を置いている」と語った。
この高官は最近、多国籍軍としてゴラン高原に派遣された人物だが、彼によると、
「イスラエルは野戦病院と臨床センターで、負傷した反乱軍の兵士の治療にあたっている」と指摘した。

関連情報として、カタールの治安当局が16日、イスラエルがシリア問題調整担当官のアフィフ・シャビトを、
ロンドンでのカタール政府の高官と共に、反乱軍勢力にさらに武器支援を行うための会合をするため、
5月下旬に派遣したこと明らかにした。

「5月20日、英国在住のカタール市民、ハリド・アアベドのロンドンのブラウム・ハウスにある館で、
4時間にわたる会議が行われた」と、匿名情報筋はFNAに語った。
「この話し合いの間に、シリアのテロリストが必要とする武器をイスラエルが準備、供給することが決定された。
これによりイスラエルは、欧州の兵器製造企業と交渉に入るという決定のほか、カタールは資金供給と武器購買のために
必要な予算の責任を持つことが決定された」と情報筋は語った。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る