菅野完氏とソーシャルハラスメント 山口敬之を無罪にする豊田商事病


激増するキチガイのクソリプで無力化する社会の良識

 

 

twitterはアクティブな使用をやめてしまったものの、社会の定点観測の一部で観察だけ続けている昨今。

中村某とかいうホモのキチガイに通報されて凍結されてからこっち、右左無関係にあふれかえるクソリプのあまりにも低劣な内容に辟易して使用をやめてしまったのが実情だったりする。

このホモキチ(現在仕事の状況を調査中)、twitterの話はまたの機会にするとして、近頃メジャーステージに踊りだしつつある菅野完氏に押し寄せている、ネットのハラスメントにフォーカスしたいと思う。

 

埋め込んだ内容以外に、ほとんど全ての発言内容にぶら下がる菅野=性犯罪、非人間性にゾっとするキモいクソリプの数々。

あまりに気持ち悪いので探すのをやめてしまったけど、少なくない数、自称フェミニストとか、#Metooってつぶやいてる連中がいる。

 

どうも観察してる限りでは、ネトウヨではないそいつらは性犯罪全体が許せないと言ってるようで、同じアカウントで山口敬之にも罵声を浴びせかけるつぶやきを大量に発見している。

しかし、彼らが何を考えているのか知らないけど、こいつらが騒げば騒ぐほど、山口敬之は「わーたーしーはやってない、けーぱーくーだー」と声高らかに歌って、D○Cチャンネルかなんかでヘラヘラ笑うだけだろう。

 

やったもん勝ち。

自称フェミニスト・ホモキチのおかげで山口は詩織女史を強姦した罪から逃げおおせて、やったものを批判した菅野氏は性犯罪者の烙印を押されて社会的に抹殺。

有能すぎる人々のおかげで山口もテンション上がって、今日も乳鉢で睡眠薬を粉末にしたりしてるんじゃないだろうか。

 

「君も恵比寿で睡眠薬いっぱい飲まない?」ってノリよ。

 

 

クソリプが溢れるほどレイプが軽犯罪化する現実

 

ここで摘示の対象になる人々はこの手の話を理解する能力がない前提で、この記事はそれ以外の人のために書いている。

なぜ、彼ら彼女ら(?)のクソリプが山口を無罪化するのか?

 

森友、加計学園問題で官房長官が出したコメントを要約すると、事件が大騒動になる前は

「真偽が不明な話、取り上げる価値がない」

事件が騒動になってからは

「そもそもの違法性が成立し得ない話。違法行為でもないものを取り上げるのは如何なものか」

一部市民が裁判に訴えて刑事告訴した後は

「現在係争中につきコメントを差し控えたい」

 

こういうものだった。そして山口やその類友、ネットのシンパたちも同じような事をミミツンボにしてひたすらわめき続けている。

そして、クソリプを送って山口を批判しつつ菅野氏にクソリプを送っているやつに話しかけてわかったことは、

「あなたは裁判にまでなった被疑者、容疑者を擁護するのか」

という考えを持っていることだった。

意味わかるだろうか。つまり

 

フェミニストの一部は山口は絶対無実

 

と声高に絶叫している。

自分たちで批判している一方は裁判にまでなった性犯罪者。

ところが批判してるもう一方は裁判にならなかった上に、真偽も定かじゃないただの一般人ということになってしまう。

 

既に摘示した官房長官の論旨は常にあの通りで、こうやって発狂すればするほど

「司法は嫌疑なしと判断した」

と切り捨てて終わり、同じ口で

「私達を批判する裁判の被告をあなたは信用するのか」

と言ってのけるだろう。

 

山口だってそのノリが通用し始めたら「続・総理」などと書いて、またスパコンのコンサルでもやり始めるんじゃないか。

元から法に触れることは一切してないと強弁し続けている。

裁判にもなってない私を疑うのかと彼が言っても、ホモキチも自称フェミも顔真っ赤にして意味不明なことを喚くことしかできないだろう。

 

共通しているのは、このクソリパー達は自分でなにか考えた、経験したという裏付けを全くスキップしたまま、裁判になった、被害を申告する人がいると言っては批判している子供じみた異様な態様を示していることだ。

つまり大人として自分で主体的に判断した何かを全く経由させずに、どっかで痴漢でもされたとか、ホモの岡惚れに失敗した恨みを、菅野完氏とかそういう藁人形にぶつけているってことだ。

 

ストレス解消の一環として性犯罪者を探し出して吊るし上げる、趣味としての行為。

実際意見表明や議論ではない証拠に、相手が普段何を言っている人なのかとか、その時点で何を言おうとしているのか模索した形跡は一切ない。

突然人を性犯罪者呼ばわりして集団で通報してるだけのところなんか、趣味の集団活動としか判断のしようがない。

 

そしてそれはそういう人の被害意識の原体験を作り出した杉田水脈とかが所属している陣営に常に追い風を送っている。

見逃せないのは、性犯罪の訴えがストレス解消の一環である場合が多いとなった場合、強姦疑惑が表沙汰になった後、ネット番組に出て山口敬之が言ってのけたセカンドレイプが真実に相当するという背景を持ってしまうということだ。

 

痴漢も性犯罪も、彼らの論旨が真実性を帯びてしまった場合、軽犯罪として扱う風潮はより強くなるだろう。

だって「私犯されました」と言っても、それがクソリプと違うかどうか検証する取っ掛かりがない場合、眉唾の話になるのは避けられないからだ。

 

そして趣味で人を性犯罪者呼ばわりして冗談で済むのであれば、やっぱり伊藤詩織女史に向かって投げかけられたセカンドレイプの数々も、サブカルでエグいジョークの一類型として大したことないナニカのカテゴリーに入れられて終わりだろう。

 

これからこういうやつが増えたら増えるほど、女をしばき倒して強姦したり睡眠薬盛ってホテルに引きずり込んだりしたやつは、被害を訴える人を前にして

「この人は前から普通ではなかった。私はそんな事をしてないんだ、これは絶対、美人局」

と山口顔負けの満面の笑みで主張するようになるだろう。

 

わけわからない動機で人を性犯罪者呼ばわりすればするほど、「伊藤詩織は美人局」と喚いてるやつが本来背負わなければいけない罪は軽くなって、その手のセカンドレイプは激増する。

どちらもストレス解消。

正しくセクシャルハラスメントだし、それこそ性犯罪カテゴリーのセカンドレイプだと考えている。

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 迦陵頻伽
    • 2018年 10月 03日

    お久しぶりです軍荼利さんがTwitterやってたのは知らなかったです
    正体不明の人から家族含め暴言が浴びされ続けるって何かに似ているかなと思ったらハセカラ騒動思い出しました
    何かしらでも大義らしきものがあると歯止めがかからなくなるこのノリは何なんでしょうね

    • gundari
    • 2018年 10月 03日

    @迦陵頻伽 さん

    ハセカラの元祖がオウム事件だったなぁと(河野さんの報道被害事件も包括して)思うのです。
    ある意味、種類の違うものへの嫌悪感情を爆発させてるようにも見えますので、一種のヘイトクライムなのかもしれないなぁなどと思うこともあります。

    このオウムの申し子がやっぱりサブカル風なニヒリズムを表面に出して罵声を浴びせかけてるところを見ると、生まれも育ちもオウムとサブカルチャーで、ネトウヨと同根なのだなぁと思うのです。

    • 迦陵頻伽
    • 2018年 10月 04日

    かなり偏ったブログですね。笑
    早く日本から出て行って

    • gundari
    • 2018年 10月 04日

    @迦陵頻伽

    偏ってるのお前のちんポジだろ、ホモキチ。

    • ナット
    • 2018年 10月 07日

    自分の読解力がないのが悪いのですが、話があっちこっち行って、あれ何の話だっけ?ってなってしまった。
    要するにうるさい外野のせいで、本筋がうやむやになって、結果的に本来責任を問われるべき人間がそうならなくなるってことで良いのでしょうか?

    • gundari
    • 2018年 10月 10日

    @ナット さん

    レイプ事件やハラスメントセクター全般で、”自意識過剰な人の強めの被害意識”であると主張するたいがいの加害者側のホラが結果から正当化される危険性が高いってことですね。
    事実加害者でもない人に加害者扱いする被害妄想強い女子山ほど居ますし。

    加害者に対しても、そういう人に対しても、それ以外の立場の人ってときにはいうべきことってあるんじゃないかなってことです。

    • 迦陵頻伽
    • 2018年 10月 23日

    「社会人≒文明社会の市民」というパラフレーズで、ずっと疑問に思っていた「社会人」と言う言葉の含意のおかしさがすっきり解消しました。
    毎回記事を読むと自分の中の野蛮さにはっと気づかせられます・・・・。早く人間になりたい(泣

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る