柔道、卓球、フェンシング 相次ぐ海外遠征中止、日の丸使用禁止 テロとの戦いでどんどんトリモロされる日本人の安全 


テロとの戦い=石油資源の確保=大嘘 スポーツ大会を開催している産油国達

 

過激派「イスラム国」による日本人人質事件を受け、スポーツ競技団体が中東で開催される国際大会への選手派遣中止や、安全対策を見直す動きが出ている。リオデジャネイロ五輪を来年に控え、出場権獲得や強化計画に影響が出る恐れもあり、対応に苦慮している。

 日本卓球協会は5日にカタールとクウェートで開催される2月の国際大会への石川佳純(全農)らの派遣を見送った。日本レスリング協会もイランで2月2~14日に予定していた合宿と大会参加を「中東地域が緊迫した情勢である」として取りやめた。

 日本のテロ対策支援を理由に、イスラム国が今後も日本人を標的とすると予告したことから、日本フェンシング協会は欧州遠征中だった五輪2大会連続銀メダルの太田雄貴(森永製菓)らに「空港で日の丸を隠す。『JAPAN』のウエアを着ない」(強化担当者)などの異例の指示を出した。

 卓球の場合、国際大会の成績を基に算出される世界ランキングで五輪出場が決まるため、大会不参加は選手にとって大きな痛手になる。

 クレー射撃は五輪出場権を懸けたワールドカップ(W杯)が3月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催される。安全か危険な地域かの線引きも難しく、日本協会の大江直之事務局長は「選手は行きたがっているが、何かあった場合には協会の責任を問われる。選手の自己責任とも言えない」と困惑を隠せない様子だった。

 

via: 東京新聞:人質事件 スポーツ界にも影響 中東へ派遣中止 安全対策見直し:スポーツ(TOKYO Web)

 

今回のテロとの戦い騒動で、ホモのネトウヨのせいで物凄くまともな家庭の父だった後藤健二氏が巻き添えで殺されて、大腸炎のネトウヨ総理のおかげで日本人がテロのターゲットにされたわけだけど。

 

愛国とかやかましい奴が行動するたびになぜか他の日本人が巻き添えで迷惑を被るのはなぜなのか?

大筋でネトウヨは「中東の安定確保は燃料資源の安全保障に重要」「秩序の維持に貢献して」と言っていた。

 

それで、結局蓋を開けてみたらそれは大嘘でした、という話な。

今まで海外に軍事で関わらないという大前提を持っていた日本までもが出兵する・関与するとなったら、とっくにサウジアラビアとかカタールも混乱を極めてなきゃおかしいのに、普通にスポーツ大会を開催して日常生活は続いていたわけで、一体全体なんでそんな平穏なところにわざわざ関わったのか、と。

 

安全保障が重要ならどちらかと言えばイエメンと紅海の海上警備になると思うんだけどな。

(紅海でテロが発生しだしたらスエズ動乱に直結して、傭船料と船舶保険が暴騰し一発で原油価格が跳ね上がる)

 

秩序をトリモロスとか言ったって国際大会を開催している国のどこに秩序がないのか全く理解できない。

資源の安全保障とか言われたって、イラクやシリアから買っていた原油なんかありゃしないし、むしろ他の国で活動している燃料関係の企業の人が危なくなっただけ。

 

トリモロス活動の結果親善活動は停滞している。

 

今回、国際社会で国威を発揚するために出来もしないテロとの闘いをぶちあげたアホのおかげで、草の根レベルで交流を強くしていた格闘技やスポーツの活動が大幅に制限され始めた。

なんでだか知らないけど、中東の王族や富豪というのは格闘技とかスポーツが本当に好きらしい。

冒険家のたぐいも大分好むようだ。

 

中東との交流の基板になっていたのは格闘技団体とかスポーツ団体のコネをまとめていたとある財団の人脈で、日本の中東外交の基礎だった活動が制限されることで、外務省にだけ頼らざるを得なくなる日本の外交活動は更に制限されるだろう。

自民党議員にも若干名、個人的にあちらの社交界にコネを持ってる人は居るけど、糸としては細いからね。

政府間交渉で解決できなかったイラク人質問題を猪木が解決したのは何故だったか忘れてはいけない。

 

それとも、憲法改正の材料のために後藤さんを殺したように、日本人の柔道選手とかにも3,4人死んでほしいとか安倍は思ってるんだろうか?

 

それをガチでやりかねない不気味さが本当にあるところが恐ろしい。

後藤さんの人質解放事件でデマが飛び交っているけど、あんなの自己責任で家族が自力解決できていたはずの問題だった。

 

誘拐保険に加入している以上、保険会社が責任をもって交渉をまとめてくるに決まっていた話で、それが止まっていたのは何故だったのか誰も追求してない。

交渉が停滞してすぐに中東でイスラム国に宣戦布告をした行為を指して「殺した」というのであって、安部の発想では憲法改正のためにちょっとぐらい日本人が死んでも、むしろ好都合だということなんだろうか。

 

政治的目的のために国民が死んでも構わないという、まるで毛沢東の大躍進政策みたいな発想。

近頃の右翼は国民と国土を売り渡しても政治目的が優先するものらしい。

恐ろしいことだ。

 

一言:性的マイノリティーの処刑とか、残虐な鞭打刑、投石公開処刑、これってイスラム国の専売特許じゃなくて、イランやサウジアラビアでも日常だから。

 

 

柔道、卓球、フェンシング 相次ぐ海外遠征中止、日の丸使用禁止 テロとの戦いでどんどんトリモロされる日本人の安全  defence international

 

本当に燃料の貿易に支障が出るような状況なら、
フェラリーを純金でドレスアップして、近代的な街で走り回る余裕なんかないはずだろ。
そもそも為政者が入れ替わったら中東は石油の輸出をやめるのか。
全く意味がわからない。
どちらに転んでも、米と一蓮托生になって何かあるたびに禁輸制裁されるだけじゃないのか?

 

 

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

柔道男子日本代表の井上康生監督(36)と同女子の南條充寿監督(42)が12日、欧州遠征帯同のため、成田空港発の航空機で出発。「イスラム国」による邦人人質殺害事件を受け、現在の遠征から、選手に会場以外で日本代表ウェアを着用させないことや、一人での外出を禁止するなど、テロ被害の防止策を講じることを明かした。

 今回は女子がオーストリアとドイツ、男子はイタリアとドイツの遠征となるが、南條監督は「何かあってからでは遅い」と説明。柔道では5月にクウェート市でアジア選手権(13~17日)、ワールドマスターズ・ラバト大会(23、24日・モロッコ)とイスラム圏で大会が行われる。現状では参加の是否は決めていないが、井上監督は「影響があるかもしれない。(遠征ができるか)心配です」と語った。

via: 【柔道】日本代表、会場以外で日の丸ウエア禁止 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

日本フェンシング協会は6日までに、過激派「イスラム国」による邦人人質事件を踏まえ、海外遠征中の選手らに日本代表のジャージーの着用を禁止する通達を出した。イスラム国が今後も日本人を標的とすると予告している点を重視し、ジャージーやバッグなどに付いている「日の丸」を隠すことが狙い。ドイツ遠征中の08年北京五輪フルーレ個人銀メダルの太田雄貴(29)ら海外遠征中の選手約20人に連絡したという。

 日本フェンシング協会は、中東以外でも安全対策に万全を期すことになった。協会関係者はこの日、すでに海外遠征中の選手、スタッフに注意喚起したと明かし、「『日の丸が見える日本代表のジャージーは着るな』『用具などの日の丸も見えないように隠せ』と、大会に参加している選手たちにも気をつけさせています」と話した。

 現在、協会から海外に派遣されている選手、スタッフは約20人いる。太田らが出場する男子フルーレのW杯ドイツ大会と、女子フルーレのW杯アルジェリア大会が10日まで。米国で強化合宿中の選手もいる。イスラム国が日本人を標的にすると予告しており、標的になるリスクを減らすため、ジャージーなどの「日の丸」を隠すよう求めた。

 26日から3月9日まではジュニア・カデ世代のアジア選手権が、中東のアラブ首長国連邦(UAE)で開催される。中学、高校、大学の選手43人とスタッフ14人を派遣予定だが、日本協会の関係者は「週明けまでに結論を出したい。親御さんの心配なども加味して考えたい」と、派遣中止も検討しているという。

 前日5日には日本卓球協会が中東2大会への選手派遣を中止すると発表し、同じような動きは各競技団体に広がっている。日本レスリング協会は、イランで2月11、12日に行われるタクティ杯への選手派遣を中止。日本クレー射撃協会は3月下旬にW杯UAE大会の選手派遣について中止を含めて近く協議する。このまま海外遠征の中止などが続けば、16年リオデジャネイロ五輪の強化などに影響が及びかねない。【鎌田直秀】

 

via: 海外遠征選手に“日の丸を隠せ”通達 – スポーツニュース : nikkansports.com

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ウズムジュ事務局長
    • 2015年 2月 13日

    いよいよ本格的に他人事じゃなくなってきましたね。個人的に興味あるのは自衛官募集の広告。敵が明確になった今、「守りたい君がいる」とか「誰かを守れるキミになる」みたいな能天気なポエムじゃなく「罪を償わせたいイスラム国がいる」とか「いつテロと戦うの?今でしょ!」の様に説得力の有るキャッチコピーにする事が求められます~。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る