次回から選挙はエンタメ・芸能枠で報道すべき 馬鹿丸出し日本マスコミ、安部総理の改憲発言に発狂


もう選挙はAKB枠にした方がいいのでは?

 

次回から選挙はエンタメ・芸能枠で報道すべき 馬鹿丸出し日本マスコミ、安部総理の改憲発言に発狂 health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics houdouhigai netouyo

 

マツコ・デラックスという奇妙な男、結構苦手なんだけど、片端者の不意の利剣を時々抜き放つやつだよね。

特にこいつが批判すればするほど、選挙の実態「AKB化した選挙」が炙りだされて陰を穿つのかなと思う。

 

 

 

今回、もっと言えば前回の総選挙から顕著だったんだけど、選挙も政治家を選ぶという政治的な行動から、もっと根暗なものに姿を変えてしまった気がする。

具体的に言えば、「野党の論客と大物の落選を楽しむバラエティーイベント」。

 

誰を信任するかじゃなくて、誰に対してデマをばらまいて、狙ったやつを落選させるかの根暗なホビー。

自民党のここ最近の選挙戦略の転換も、安倍ら中枢の人間がマスコミとネットを上手く連動させて、大衆の根暗な衝動に火をつけることに成功した部分を多とすべきだろう。

 

淑女を姦したい=もっともらしいことを言ってるやつを引きずり落として痛烈に罵倒したい

 

こういう欲望は誰しも持っているし、選挙でそれをぶつけるようにいつの間にかなっている。

例えば安倍晋三が落選したら、相当ひどく中傷されるんだろう。

 

今はそれが野党のターン。逆さに動いた時に、今ネット選挙を手中に収めている自民党に、歯止めをかけられるのかどうか。

 

 

ネット選挙のおかげで下落する投票率

 

次回から選挙はエンタメ・芸能枠で報道すべき 馬鹿丸出し日本マスコミ、安部総理の改憲発言に発狂 health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics houdouhigai netouyo

 

このネット選挙の功罪の最も大きな罪というのが、投票率の下落の促進という副作用に絞り込まれる。

 

今回戦後でも最悪の低投票率だったらしいけど、投票率の下落とネットの利用普及率、及び地域ごとのネット利用普及率と投票率を俯瞰したら多分確実に高い相関性が見られるだろう。

利用率が上がれば上がるほど必ず投票率は下がる。

そうすれば組織力の高い政党が勝つ。

 

そしてネット選挙の有用性(?)を再確認し更にネットでの選挙活動を推し進めるという悪循環になるのだろう。

 

つまり、一般人がなにか真面目な生活上のイッシューを持って選挙を考えた時に、デマと悪口、何の合理性も見られない馬鹿っぽい妄想が飛び交うネットがものすごくモチベーションをそいで嫌悪感を発生させるわけだ。

 

「うちの子、学費とか将来どうしよう」とまじめに心配している両親が見るのが『安倍・下痢・ミンス・カンコク・参政権』、もうちょいディープなユーザーが目にするのは「不正選挙・ユダヤ・アメリカ・軍産複合体・CIA」。

どう?やる気出てくる?

ものすごい逆噴射だよね。

 

そして投票率は下がった。

一体マスコミは何やってるんだろうか?

 

仕事ができなくなったマスコミ。お前ら中卒か?

 

次回から選挙はエンタメ・芸能枠で報道すべき 馬鹿丸出し日本マスコミ、安部総理の改憲発言に発狂 health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics houdouhigai netouyo

 

日本人もつくづく馬鹿が増えたなと思ったんだけど、今回の選挙後の報道で多くの人が、憲法改正とかのイッシューに発狂していることだ。

それ、仮に公約に一行も書いてなくても、やるのは火を見るより明らかだったし、少しでも自分の頭で考えたら、なぜそうなるのか誰の目にも明らかだったろう?

 

その程度の問題を喝破できなくなった日本人、そしてその可能性を報道することもなくなったマスコミの姿が今まともな人々の眼の前に横たわっている。

 

まぁ、まともな人になればなるほど余計にやる気が失せるんだろう。

俺も同じだな。

 

社会の木鐸というのであれば、せめて明らかな危機や可能性に対してくらいその音を響かせろ、と思うけど木鐸の木の舌はとっくに抜けてるらしい。

 

ぎっくり腰とかディスコでダンスとか、下らないこと調べる暇に、本当に国民が知らなきゃいけないことをなぜ報道しないのか理解できない。

池上彰もいまさらにテレビ番組で問い詰めている始末で、「賢い日本人(笑)」が知性の象徴的に崇めている池上尊師でさえただの性悪のコウモリだったことは明らかになった。

 

つまり、選挙で知るべきことを知ろうともしないし、メディアも知らせようとしない中で、現実と剥離した「イアンフ・コクボー・カイケン・センカク」をわめき続ける奴が群がるイベント、それが今の選挙だ。

 

よーく考えて欲しい。

2,3万払ったら遊びに行けるキャバクラに居そうな女を追いかけ回す芸能団体と信者にそっくりじゃないか?

 

そいつらの群れに入っておなじになりたくない、これはまともな人間ならだれでも考えるんだろう。

この風潮が続く限り、まともな国民は選挙と政治に背を向けるのだろう。

安倍晋三首相は12月14日夜、自民党本部からテレビ各社の選挙特別番組に中継で出演した。このうち、テレビ東京の番組の司会だった池上彰氏のインタビューに、声のトーンを上げて反論する場面があった。

安倍氏は池上氏から、低い投票率や解散権の行使についての所感を尋ねられ「政治においてしっかり信頼を獲得するよう努力していきたい」などと落ち着いて答えていたが、「集団的自衛権のことはあまり触れなかったのではないか」と問われると、声のトーンが上がった。

「そんなことはありませんよ。テレビ討論会でもずっと議論したじゃないですか。街頭演説で1時間の講演なんかできないですから。いくつかの新聞はそれが争点だとキャンペーンを張っていた。自民党が負けたらそれが原因だったと言われるかもしれないが、勝ったら訴えなかったというのはおかしい」と反論した。

さらに、「選挙というのは公約をお配りして理解して頂いて投票して頂く。それが基本的な姿勢。お示しした政策にご理解を頂いた。集団的自衛権については夏に解釈変更をしていますから、それを加味した上での選挙でした。テレビの討論会においては何回も申し上げています」と続け、「何回も」のところで声のトーンを上げた。

また、池上氏は「憲法改正が視野に入ってくる。やはりご自身の手で成し遂げたいか」と問うたのに対し、安倍首相は「国民的なご理解が必要です。3分の2の勢力をつくったとしても国民投票で過半数の支持を得なければなりません。そこから理解を得ていきたい」と述べた。

池上氏が「憲法改正に向けて一歩一歩進めていくということですね」と再び聞くと、安倍首相は「そういうことです」と認めた。

 

via: 池上彰氏の質問に安倍首相が反論 集団的自衛権「何回も申し上げた」【選挙速報】

 

絶対食えない女や何の役にも立たない朴念仁を崇め奉りケツを追いかけ回す不気味さ。

それが今日本に蔓延している、ネット選挙と池上彰のせいで。

 

選挙結果から読み取れる「民意」の中核

 

次回から選挙はエンタメ・芸能枠で報道すべき 馬鹿丸出し日本マスコミ、安部総理の改憲発言に発狂 health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics houdouhigai netouyo

 

今回、次世代の党などの「ネット選挙特化型政党」はほぼ壊滅して、親玉だった石原慎太郎は政界を引退したけど、ザマァミロという話とは別に、これがネット選挙に対する国民の声だってことだろう。

 

つまり、次世代の党は基本、ネトウヨ受けを狙って、「外国人への生活保護廃止、改憲、イアンフが何とか」を党是に掲げた政党だったけど、ネット選挙やネットの意見が全面的に日本的なイッシューであれば大躍進してなかったらおかしいだろう。

しかし今回、こいつらは壊滅した。惨憺たる惨敗。

 

国民的には「お遊びはいいかげんにしろよ」とマスコミ・ネトウヨ・陰謀論のブサヨ・政治家全体に対して考え始めている兆候だろう。

実際問題、経済や福祉なんかで現実的な問題を抱えている人の神経を逆撫ですることしか出来なかったからそうなった。

杉田水脈とか言う糞女なんか落選どころか懲役刑に処したっていいくらいだろう。

 

多分、次回の選挙で今度はその順番は自民党に回るだろう。

 

なんとかして、政治のキャンペーン部分とネットを切り離す努力をしなければいけないし、党の方針は別として、議員は地元に帰らなければならない。

天下国家もケッコーだけどあなた達は地元の代理人だ。代理人が代弁するのは本人の望みと利益だ。なぜ違うことばかり話すのか?

 

今はまだ新しい方法が見つかってないから、力のある議員は公共事業の予算配分しか成功してないけど、今後はもっと違う形での密着の必然性は高まる一方だろう。

ちょっと前に、友人の会社員から話を聞いて驚いたもんだけど、「公共事業で潤うのはいいけど、このつけをうちらの業界だけで賄いきれるのか」とマジで言っていて驚いた。

 

土建業界は確かに儲かっているけど、それで儲かったあとの事を考えたら素直に喜べないらしい、たとえ給料が上がっても。

 

じゃぁ地方代議士はどうすればいいのか?

それは自分がやりたいことをもっと支持者や地元民にPRして、仲間を増やすことだろう。

 

ほとんどの選挙民は、その候補者が何をするつもりの本音を持っているのかしらない。

あるいは、「この街の代表は私しか居ないだろう」という動機だっていいんじゃないか。

金で下請けを増やすより、仲間を増やすことだ。

 

ネット選挙に付き合えば付き合うほど、仲間は離れていくよ。

それを平沼と石原が実証した。

 

政治が選挙を陰険なエンターテイメント枠に転落させたように、選挙を陰険なエンターテイメントから脱却させる事も政治にしかできない。

 

殆どのまともな国民は右翼も左翼も陰謀論ももう沢山だと思っている。

「やりたきゃ下野してからやってくれ」確かにその意思があることを民主党の松原、次世代の党、ほか若干の議席喪失者がそれを証明した。

 

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 熱斗茶浴
    • 2014年 12月 16日

    以下の問題は大げさだと思う人も多いかもしれないんですが、このような問題に向き合えるか
    未来のディストピアを回避できるか否かを占う重要な時期に差し掛かっていると思います。
    少しづつ対応を進めないと古い仕組みの社会が壊れる方が早いのでは

    http://synodos.jp/economy/11503
    機械が人間の知性を超える日をどのように迎えるべきか?――AIとBI
    井上智洋 / マクロ経済学

    • kum@
    • 2014年 12月 17日

    選挙に対して興味がなくなってきているのは間違いないでしょうね。
    ほんとうに危険なことだとは思いますが、その原因の一つが投票が意味を持たない部分が増えてきていることにもあるように思います。
    その意味で鳩山政権が失敗したことは非常に罪深かったと言わざるを得ません。

    また、本気で何かの罰ゲームなんじゃないかと疑うような選挙区も有りますよね。
    それがその選挙区の民度なんだ、と言われればそれまでではあるのですが。

    個人的にはマイナス票制度を作って欲しいくらいです。
    マイナス票が投票された候補者はマイナス一票w

    • gundari
    • 2014年 12月 17日

    @熱斗茶浴 さん

    大げさというか、明白な事実ですね。
    まず先に、人間がロボット化して寿命とかの概念が崩壊すると思いますよ。

    この技術的な転換は、2045年時点では機械が人間の上位互換になるのではなくて、人間が機械化する方向で始まると思います。
    多分その時点で一旦コンピューティングテクノロジーの進歩が止まって、宇宙開発に人類はフィーチャーするだろうと思ってます。

    ついこの間試験に成功してましたが、重要な要素として
    ・光の加速
    ・脳のアルゴリズムの解析
    ・脳の通信
    これが必要なのですが、どれもアルファ版の手前程度のレベルで成功していますので、私はそうなるだろうと予想しています。

    今現在の人類の未来計画では、人間が直接宇宙に出ていくことを想像しているようですが、私の考えでは人間の意識が遠隔通信できるようになって、機械の体を送り込んで人間の意識をアップロードして行うのではないかと思っています。

    どう考えても光より早い乗り物を作るより、光より早い信号を物理的制限から開放された宇宙空間で加速させまくって、光年単位の距離をリアルタイム通信するほうが現実的だからです。
    (そもそもそんな物理的加速に今現在の金属が耐えられるはずがないし、エネルギーも足りるわけがないですし。)

    熱斗茶浴さんの想像では機械が人間の上位互換になる社会を予想されているようですし、それによる社会の崩壊を予想されているようですが、私は人間が機械化して、通信の世界に新しい観念的世界ができて、宗教的な世界と物理的な世界に二分されるのだろうと思っています。

    多分、それから一世紀くらい経てからようやく、機械が人間の上位互換になるのだと思います。

    いずれにしても、それらの進歩の過程のすべてが、財産の私有や為政者による人民統治を否定するロジックを含んでいますので、何かしら想像を絶するシステムが登場するのだろうと思っています。

    最初の宇宙開発に熱中する期間を経て、その熱が覚めたあとに崩壊するのではないかと思ってます。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 1月 04日

    キャバクラ選挙を何時間も流したりアホばっか

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る