橋下徹新党「金ならくれてやれ」発言嘘だった!? 都構想のPR買掛金、維新の党に未払いなすりつけ逃亡していたことが判明


金は分配すると旧維新の党から申し出、拒否の橋下市長は買掛金をなすりつけ

 

橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)は16日の定例記者会見で、10月設立を目指す新党の結成方法について、大阪系の国会議員らが維新の党から離脱する「分派」が望ましいとの考えを示した。未支給の今年分の政党交付金は新党に配分されなくなるが、「しょぼいこと言わずに、金なんか全部向こうに渡しておけばいい」と述べた。

 政党の分裂には、政党をいったん解散して別々に新党を作る「分割」と、元の政党を存続したままで離脱した議員が新党を作る「分派」がある。分割の場合、維新の党が受け取る今年の政党交付金26億6500万円のうち、今後支給される約13億円が所属議員数に応じて配分される。

 

via: 橋下・大阪市長:新党、維新から分派意向 交付金配分求めず – 毎日新聞

 

「金なんか全部向こうに渡しておけばいい」と威勢のいいこと言って逃げちゃった橋下・松井コンビだけど、維新の党からしたら『何言ってんだよテメー、都構想の買掛金の精算は金分配するから自分でやっていけよ』という話みたいで。

 

ニュースを熟読して、事実上引退を撤回した挙句に、もう終わりにしようとしていたはずの都構想を再びぶちあげた経緯がうっすら見えてきた感じだ。

つまり、もう終わりにしよう、負けたと悟ったものの、そうは問屋が卸さない状況をあの大博打で作り上げてしまっているってことだ。

落とし前をつけないことには幕を引けない状況になっちゃったってことだろう。

 

都構想の買掛金が未だに未払いで維新の党に残ってるってことがその規模を物語っている。

あんだけ派手にCMやポスターのばらまき、街宣活動をやって、どこから金を準備したのか不思議だったけど、都構想成立とバーターで無償でしてもらったことが山ほどあったってことなんだろうし、本人たちは僅差でも勝つと踏んでいたってことだ。

 

政党交付金の残高が13億からある状況で、5月に終わったイベントの買掛金が精算できてないってことは、ぶっちゃけ敗戦確定の時点で夜逃げ同然に事務機能が麻痺していたことを物語っているし、13億の残高で払えないくらいの買掛金が発生したってことだろう。

維新の党の現在の執行部の状況を他人事ながら想像すると、送られてきている請求書を1つずつ精査しながら片付けていってるものの、次から次へと聞いたことないような請求書がジャカスカ届いて、これはいっぺん買掛金を言い出しっぺの橋下氏に債務者として引き継いでもらわないとどうにもならないと悲鳴を上げているような状況だろう。

(勿論のこと、「屁理屈言わんとはよ払えやボケ!」とか言われてるはずだ。)

 

そしてそれがわかっているから、「維新の党に金は全部おいてきました。当然債務者も維新の党ですので、請求はあちらにどうぞ」としらばっくれるために尻をからげて逃げちゃったって事だろう。

勿論バーター前提の取引なんかは、表沙汰にできるものでもないがために、党の離脱とセットで人間関係ごとリセットしてしらばっくれようと言うアイディアだったんだろう。

 

その上で、それでも深いところまで踏み込んで精算を迫る相手に対して「今でも都構想実現しようとしてるじゃないですか。都構想はありまぁす」と言い訳するために都構想を再びぶちあげて、それ以上のトラブルは問題処理に慣れている自民党に持たせるために接近を図ったというのが真相なんだろう。

全部が全部当たってなかったとしても多分かなりニアピンの推測だろう。

 

結局のところ、都構想が敗れた時点で官軍になりそこねたわけで、台風の目だった今太閤橋下徹もいまや彰義隊みたいにならないように必死で逃げまわる小知恵の効く中年男に成り下がったってことだろう。

この分では、身近な人間はもっと深い失望を市長に対して抱いているだろう。

おそらく新党構想も買掛金や空手形の事件不渡り化を目論んでいる都合のいい計画も水泡に帰して、もみくちゃにされながら泡沫に成り下がるのが関の山じゃないんだろうか。

 

それにしても、いい面の皮は旧維新の党の執行部の人々だろう。

今の手持ち資金でも足りないような買掛のリスクを抱えて、逃げにかかってスタンドプレーを始めた元同志をどういう気持で眺めているのやら。

 

もともと理念のない烏合の衆だった以上、仕方のない結末かもしれないけど。

 

都構想実現で最も大阪で過激に動くのは、港湾と中の島エリアの不動産だったはずだ。

その思惑で色々な連中が橋下を持ち上げて金を支援してきたことだろう。

 

港湾の地主の中には冗談の通用しない怖い連中も沢山居るわけで、今後はヒステリーを起こし続ける橋下市長を警護するSPの人々も大変な激務になると予想される。

 

 

橋下徹新党「金ならくれてやれ」発言嘘だった!? 都構想のPR買掛金、維新の党に未払いなすりつけ逃亡していたことが判明 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics

 

ここまでの人相と今の人相が同じ人とは思えないほど変わってるよね。
まぁ、それが負けるってことの重みなんだけどね。

 

 

橋下徹新党「金ならくれてやれ」発言嘘だった!? 都構想のPR買掛金、維新の党に未払いなすりつけ逃亡していたことが判明 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

新党「おおさか維新の会」の結党を表明した橋下徹大阪市長による維新の党への攻撃が止まらない。記者会見では維新を「偽物」「みな民主の落選組」などと非難。これに反発した維新側も応酬し、分裂劇は泥仕合の様相を深めている。

 橋下氏は24日の新党結成後、市長任期が満了する12月18日まで暫定で新党代表に就く。9月30日にはツイッターで「偽物の維新の党に負けるわけにいかない。おおさか維新の会が本家本元」と対決姿勢を鮮明に。今月1日の記者会見でも、分党要求に応じない維新執行部を「金にがめつい人はじきに消滅する」とこき下ろした。

 これに対し、維新の石関貴史役員室長は1日のテレビ番組で「新党を作るのは最大の反党行為だ」と批判。柿沢未途前幹事長も2日のツイッターで「罵詈(ばり)雑言のレッテル貼りで正当化する。ご都合主義の極みだ」と書き込んだ。

 執行部は2日、大阪側に対し、今年の政党交付金の残額約13億円の一部を新党に寄付する妥協案を提示。代わりに5月の大阪都構想の住民投票で投じた宣伝費などによる借金を新党が負担するよう求めたが、結論は出ていない。【福岡静哉】

via: <維新>橋下氏「偽物」発言に猛反発 泥仕合の様相 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 10月 04日

    なるほど、わかりやすい記事ありがとうございます
    最後の4行で戦慄しましたw

    どっかの報道で新維新に合流するのが20人以下とかありました
    でもこの流れとするなら政治も辞められない様な気もするんですけど、
    どうなるんでしょうね。

    • gundari
    • 2015年 10月 04日

    @迦陵頻伽 さん

    政治は辞めれないでしょうね。
    そしてその理由を薄々周囲は知ってるから昔みたいに大挙してついていかないんでしょう。

    港湾ででかい倉庫持ってるって、食肉や水産の・・・
    そら、怒らせたら怖いですよね。

    理屈とか法律が通じると思ったら大間違いですわ。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 10月 05日

    「社長が変わったから、当時の会社が依頼してた仕事の代金は、前の社長に請求してくれ!」ってこと言いたいのだろうか?
    もしそうだったら、そんな役員のいる会社とは取引の継続なんかできないよww
    背任行為でもしていないかぎり、会社として発注掛けた仕事の代金は発注元が払うのが当たり前だろう。

    • gundari
    • 2015年 10月 05日

    @迦陵頻伽

    他人の言いたいことを考える前に、まず自分がなにを言ってるか整理することから始めよっか。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る