オータム・ラドキーが死ねば一番得するのは誰か  ビットコインと租税自主権  権力と対立する電子仮想通貨  シンガポールでビットコイン取引所社長殺害


ありがちな勘違いからMt.Goxとビットコインの立ち位置を学ぶ

 

外国為替証拠金取引(FX)には「店頭取引」と「取引所取引」の2通りがある

外国為替証拠金取引(FX)には「店頭取引」「取引所取引」の2通りがあり、金融機関によって、どちらの方法がとられているかが異なります。

「取引所取引」とは、投資家の注文を、金融機関が外国為替証拠金取引(FX)の公設の取引所に取り次ぐ、というものです。取引所取引には、東京金融取引所が運営する「くりっく365」などがあります。

一方、「店頭取引」とは、取引所を介さず、利用者(投資家)と金融機関の相対によってお取り引きを行なうものです。
外国為替証拠金取引(FX)を扱う金融機関の多くは店頭取引で、ソニー銀行の外国為替証拠金取引(FX)もこの「店頭取引」です。どんな通貨を扱うかなど、取り引き条件は金融機関によって異なります。

取引所取引では、くりっく365が扱っている通貨に取り引きが限られています。
税制面では、2012年1月1日(日)の取引分より取引所取引と店頭取引で課税の仕方が統一され、課税対象所得の額に関わらず外国為替証拠金取引(FX)の利益に対する税率は、2037年12月31日までは復興特別所得税が課され所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%となります。

オータム・ラドキーが死ねば一番得するのは誰か  ビットコインと租税自主権  権力と対立する電子仮想通貨  シンガポールでビットコイン取引所社長殺害 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 %e6%94%bf%e7%ad%96%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81 politics international %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin jiken

via: 外国為替証拠金取引(FX)には「店頭取引」と「取引所取引」の2通りがある|外国為替証拠金取引(FX)|MONEYKit – ソニー銀行

 

とまあFX(と言ってもオプションと為替は俺はやらないから詳しくない。)の仕組みから学んでもらえればと思うんだけど、マウントゴックス民事再生を指してあのフランス野郎は詐欺師、と言う人がいるけど、ビットコインの発行に実はマウントゴックはなんにも関係なくて、ただの店頭取引所みたいな立ち位置がそれだったわけ。

まぁ、一昔前に週刊誌に広告を打ちまくっていた○○プライムキャピタルだの、○○コモディティみたいなもんで、取引の仲介業者だったってこと。

仮に紛失した盗まれたとなっても、現物株なんかと一緒で証券番号と取引状況で追跡できるわけで、最終的なカバレッジは発行体がその気になったらできるものなわけだけど、発行体はそれに応諾しないか、依頼できない事情があるんだろう。

まぁ、無くした無くさない、とったとられたという話について、普通の貨幣でも刑事事件にして被害者と加害者で解決してください、という姿勢を一般的にはとってるわけだけど、ビットコインも通貨を自称する以上その問題の解決にも仲裁にも乗り出さないってことなんだろう。

 

わかりやすく言えば、盗難の状況まで克明に把握できるけどそれをやってない、再発行もする気がないビットコインは限りなくいい加減で詐欺師に近いけど、取引の仲介で僅かな寺銭を徴収していただけのマウントゴックスの社長に責任を求めてもちょっと無茶じゃないかと思うな。

持ってる株券が無価値になっても東証は弁償してくれないわけで、それは投資の基本として認識しなきゃいけない。

被害者なことは確かだとしても誰の被害者か勘違いした時点でただの迷惑クレーマーになっちゃう。

 

ちなみに音声データによると、マウントゴックスの一日の主要取扱い高は、メーンバンクのみずほの口座で一億円くらいらしく、両手取引で売買の手数料を徴収したって僅かなものでしかないだろう。

たとえ毎日5%手数料をとったところで500万、一年52週4営業日計算で10億円の収入にしかならない。なんで会社としてボロボロになっちゃったか賢い人はそれで推察できると思う。

 

なんでビットコインは暴騰したのか

 

ビットコインの暴騰をして色々陰謀論を勘ぐる人も居るらしいけど、実は今世界的に投資向け実需は有り余っている。

株式相場・先物・オプション市場への投資はみんな手控え始めていて、ここ4、5年で債券、為替に振替える人が目立っているけど、それも一部の話であってキャッシュポジションは唸ってると言っていいだろう。

日本でも法人の金融資産保有率は低下して、現金に振り替わってる場合が多いんじゃないのか?2004-7年あたりの好調期に持ち合い株の含み損整理でみんな損出しを済ませて、キャッシュに振り替えてみたもののこれといった投資先もなく、償却した分の現金は残している。

(それを設備投資に使った奴は去年までにだいぶ倒産してるだろうしね。)

 

そんな中、世界的には金融大恐慌を恐れ、経営者でも敏感な奴は大不況の到来を予期してかなり慎重になっているおり、レア金貨、宝石、骨董切手、美術品と現物が値上がりしてきた。

上原さくらの元旦那のイケメンのあんちゃんも、名車保有で名を馳せていたけど、多分あの自動車も資産価格は跳ね上がっただろう。

銘柄にもよるけど、アメリカで発行されているレトロなレア金貨は2000年代に入ってからだけで実に10倍以上の値上がりを示していて、商品も払底してオークションの場が立たなくなるほどらしい。

(コレクターの柘植久慶氏大勝利だな。)

 

そのジワジワとした値上がりの最中に中華マネーとロシアマネーが大挙して押し寄せてきて、一気にあらゆる現物資産の値段が上がり始めて、面白いことに絵画成金や骨董成金まで出てきているらしい。

そして売り物が払底して(実際、共産革命で歴史遺産がなくなっちゃったため、迎賓にふさわしいインテリアを揃えるだけで一大需要らしい)行き場を失った金がついにビットコインにまで流入したというのが暴騰の裏事情だろう。

金ダメ、レアメタルダメ、コモディティーダメ、為替不安で債券も投資できない、株は誰がどうみても値嵩。

必然として発生した暴騰だった。

 

マネーの囲い込みに失敗したら権力は崩壊する

 

つまり、みんな海外旅行に行く時に税関や出国審査をくぐって出て行ってると思うけど、場合によって発生する所持品検査というのは「勝手にみかじめ料を払ってない物を持ちださせないためにやっている」のが本当。

外為法とか今の時代に何言ってんのかって法律はそのためにある。

例えば、シティーバンクに口座を作ってしまえば、世界中どこにでもシティーバンクの支店ならすぐ振り込めるって思うでしょ?

ところがあれだって外為手続きを経過しないとできないんだよね。

 

ビットコインが登場して、暴騰を経てメジャーになり始めて、今怪事件が頻発している。

これをアングラ集団、つまりマフィアなんかの犯罪を疑う人は多いと思うけど、恐らく国家機関的なものの行為と見るほうが妥当だろう。

海のリラックス映像なんかでよくでっかいハタ科の魚が出てきて、小さなエビに口の中を掃除させているのを見たことない?

 

ハタは腹が減ってもあのエビは食わない。マフィアもテロリストも同じ原理で生きている。

 

ビットコインの権力にとって恐ろしいところは、電子化してしまった通貨の正常な流通を認めてしまうと、今は税関と法律で閉じ込めることに成功している金が、どこへ行くか想像できなくなってしまうことだ。

つまり、例えば大儲けした起業家が金を持ちだそうと思えば、地下銀行を使うかある方法を用いて手荷物検査をうけずに出国するしかない。

ところがビットコインが一般的になったら難関が崩壊し、税金を徴収するべき金がいきなり消滅することになる。

 

整理すれば、オータム・ラドキーを殺したのはどう考えてもけちなマフィアとかしょぼいテロリストじゃなくて国家機関だろう。

ビットコインの発行母体を攻撃すれば、必ずそのグループと大げさなプロパガンダ合戦に発達して、権力の威信を傷つけることになる。

ところがそういう大きなシステムに寄りかかって食っている無力な者を公然と捻り潰せば業界は震え上がって勝手に縮小するわけで、金を盗んで消滅させたのも、殺したのもただの犯罪ってわけじゃないと考えたほうがいいだろうということ。

 

昔、ある右翼が「最も有効なテロはピラミッドの底辺を攻撃することだ。ピラミッドの頂点を破壊しても誰かがそれを新品にすげ替えるだけ」と言ってたけど、まさにそうしたテロの哲学を地で行く攻撃じゃないんだろうか?

 

 

オータム・ラドキーが死ねば一番得するのは誰か  ビットコインと租税自主権  権力と対立する電子仮想通貨  シンガポールでビットコイン取引所社長殺害 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 %e6%94%bf%e7%ad%96%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81 politics international %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin jiken

 

税金をして国の財政という人がいるけど、その本質は支配と統治の象徴なわけだ。
本質的には税金というのは自由やウェルフェアと対立する発想なわけで、
にも関わらずいかに自由な国でも徴税は絶対にやっている。
民衆に お前たちは支配されている と認識させるための司法と並んだ重要手段であって、
その枠を打ち破るものは必然的に権力と対立することを避けられない。

 

 

オータム・ラドキーが死ねば一番得するのは誰か  ビットコインと租税自主権  権力と対立する電子仮想通貨  シンガポールでビットコイン取引所社長殺害 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 %e6%94%bf%e7%ad%96%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81 politics international %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin jiken
新潮社 (2013-11-22)
売り上げランキング: 7,850

 

↓関連記事↓

 

 

 

[シンガポール 6日 ロイター] -シンガポールの警察当局は6日、ビットコインなど仮想通貨の取引所を経営する米国人女性が死亡した件で、死因に不自然な点があるとして捜査を開始したことを明らかにした。

死亡したのは仮想通貨取引所「ファーストメタ」の最高経営責任者(CEO)で、米国人のオータム・ラドキーさん(28)。ラドキーさんは先月26日、シンガポールの自宅で死亡した状態で発見された。

警察の広報担当者は5日、ラドキーさんの死に不自然な点があり、捜査を開始したと発表したが、それ以外の詳細については明らかにしていない。

ファーストメタは仮想通貨の取引所を運営しており、昨年はビットコインと米ドルの交換も行っていたが、現在は取引を停止しているという。

via: シンガポールでビットコイン取引所の経営者が不審死、警察が捜査 | Reuters

 

年商8億円で年収3億円という渡辺容疑者の大嘘

企業買収目的は、ダミー会社を買収して上場すること(ハコノリ上場)

日本橋倉庫 Jブリッジ なが多 オリンパス クロニクル

「ハワラ」イスラム系地下銀行でマネーロンダリング?

 

まぁ、経営者の所得とか資産というのは、知らない人は知らないもんだろうからしょうがないんだろうけど、年商8億円で年収3億円取れると言ったら、 化粧品 風俗 マルチビジネス 出会い系 オンラインアダルト 振り込め詐欺みたいなチンピラビジネス まぁこの辺だろうな。コツコツ地道に食い物の貿易やってそんな年収あるわけ無いだろ。利益率50%越してても無理だよ、常識で考えなって^^; 投資ファンドで数億円損しようと思ったら、投下資金の倍は金持ってないと到底投資なんかできないよ。

 

つまり、その年収3億円はもし本当だったとしても、水産物の輸出入以上の仕事が裏であったからなわけで、中東のドバイで食い物以外にみんなに売り込めそうなものってマネーロンダリングに決まってるだろ。オフショアとオランダも有名だけど、東南アジアと中東にはハワラとかいうイスラム系地下銀行があって(だから北朝鮮やアルカイダの資金源をアメリカでさえ根絶やしに出来てない)、下手に合法的な機関を使ってマネー・ロンダリングするより、そのものズバリの「キャッシュ」をデリバリーするのは比較的簡単なんだよ。今ドバイはエジプトの富裕層の資金洗浄で湧きに湧いているよ。しかもドバイは欧州やオフショアに直結してるからな。あれほど便利な場所もそうそう無いだろうね。(まぁ、地下銀行といえど時々に応じて締め付けはあるわけで、渡辺容疑者が廃業した時期とアメリカのテロ資金規制を突き合わせてみれば何か面白い話が出てくるかもしれないな。ああいう規制がかかったら一気にすべての資金がアウトになるから。)

 

例えば、毎日何千万かの上がりを、10日に一回集金して、本部に集めてどうやって金庫にいれるか。こういうことを考えたらハワラってのは効率的なわけだ。中東の人間が多けりゃ多いほどそのシステムは発達してるわけで、東京なんかさもありなんというところだな。特に、最近は本人確認法は厳しいわ、テロ資金がうるさいわ、そもそも日本の銀行は国際業務苦手で、単なる送金するのでも高いわ手続き複雑だわ、個人はシャットアウトしてるわで、元々外人に好かれてないしな。

 

まぁ、渡辺剛容疑者の立ち位置はともかく、年商8億円で年収3億円は非合法か胡散臭い業種以外では稼げないってことだ。中東や北アフリカでの食品貿易も、はっきり言ってそんなものやってる所ではどこでもあるから、儲けにならないよ。みんなの食ってるマグロも、結構な量が北アフリカから中東で捕獲されて、蓄養されたものが送られてきてる。

 

それと、この霜見誠氏は、クロニクルを乗っ取ろうとしていたのかは定かじゃないけど、Red Drum Invest Limitedの沈培今と詹冶が名前出てきているように、旧クロニクルの経営陣や出資者(関東連合や暴力団)とグルになって、何かをハコノリ上場させようとしていたのではないか。例えば、中国系の会社とか。渡辺剛の発言によると、「上場を考えていたけど、どうも難しいので、上場企業を買収して合併しようと思う」と言っていたらしいけど、普通の水産業であれば業種的に何の問題もなく上場できるセクターであって、はっきり言って上場に問題があったのは現在の年商と、株主構成のことだろう。つまり、渡辺剛容疑者の会社自体にどこからどう見てもNGなコンプライアンスの問題があったに決まってる。そうでもなきゃなんでわざわざ、十数億かけてクソみたいな会社を買収するのか?上場して資金を確保できるのが10億円もありゃいいところの業種で、そんな大それたことする必要性はひとつもない。(結構有名で、昔は上場するって言ってたうどん屋チェーン店が上場を取りやめたのも同様の理由だった。「コンプライアンスと公序良俗」な。)

 

そもそも、上場をまじめに検討するとか、主幹事証券や監査法人の選定とか、資本の整理やってからの口で言ってるのか?そんな話一切出てこないってことはやってなかったんじゃないのか。

 

クロニクルへの投資にしても、スイスやリヒテンシュタインのファンドはコモディティ主体で運用している会社ばっかりで、よほど何かないと日本株に直接投資することは少ない。昔、「青い目の日本人」と言われた時代があったけど、日本株を持ってることになってる外資系ファンドは、資金の根をたどったら出資者が日本人で、預かり組成したファンドが信託を受けたに近い形で特定株を買い進めていたりする。つまり、霜見誠氏の200億という運用資産のうち、相当の割合が日本人で、それもクロニクル関係者(ボロ株の仕手筋、関東連合、暴力団)のものがほとんどだったのじゃないかって考えられるってことだ。

 

そういう投資を、業界では「天の声」なんて言うけど、わざわざボロ株に投資していた理由はそのへんじゃないだろうかね。そして上場廃止に至る過程で、クロニクルの中には大変まずい資料があり、その整理をめぐって争いが起きていく。転々と飲食店を転職してきていた、多少知恵が回った渡辺剛に跳ねてもらうなら、今しかない・・・・ってことになったんじゃないのか?

 

おさらいするけど、年商8億円で、年収3億円は、ありえない。ドバイや中東の売り物は、食い物と石油、ガス、それ以外に地下銀行。そして、リヒテンシュタインのファンドは日本のボロ株なんか、基本的に買わない。

 

 

オータム・ラドキーが死ねば一番得するのは誰か  ビットコインと租税自主権  権力と対立する電子仮想通貨  シンガポールでビットコイン取引所社長殺害 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 %e6%94%bf%e7%ad%96%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81 politics international %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin jiken

 

via: 資産家夫婦殺害事件 加害者とその黒幕の筋書きを垂れ流すマスコミ ”ハワラ”イスラム地下銀行 事件の真相いかに? | 軍荼利

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る