青色LED中村教授に騙される日本人 つまりは金の問題、サラリーマンと役人に金を仕切らせるのをやめるべき スタート資金=イノベーション


右翼丸出し呼ばわりでとばっちりの安倍ちゃんw

名城大学教授・名古屋大学特別教授 赤﨑 勇氏、名古屋大学教授 天野 浩氏、カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授 中村 修二氏に本年のノーベル物理学賞の受賞が決定しました。
 日本人として20人目、21人目、22人目の受賞を、心からお慶び申し上げます。
 今回の受賞は、青色発光ダイオードの実現に関する業績が世界で高く評価されたものです。
 三氏の御業績に心から敬意を表するとともに、我が国の学術研究の水準の高さと人材こそが日本が世界に誇る最大の資源であることを改めて国内外に示されたことを日本人の一人として誇りに思います。
 この受賞を契機に、グローバル化等に対応する人材力の育成を強力に進めるとともに、魅力あふれる研究環境を整備することで、我が国が「世界で最もイノベーションに適した国」となるよう目指してまいります。

via: 平成26年10月7日 ノーベル物理学賞 内閣総理大臣コメント | 平成26年 | 総理指示・談話など | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ

 

中村さんという人も随分エキセントリックな人らしく、随分あれこれ言ってるけど「この人は成功者だ」「あなたの視点から見て何がダメなのか教えて下さい」と言ってるうちは永久に何もうまくいかない。

なぜなら実際成功した奴になぜ成功したか聞いて、その通り再現しようと思ったところでその時にはもう実行可能な環境なんかありゃしないからだ。

 

今の御時世に中村氏が徳島で働いていた頃の日亜化学の経営者みたいな人がいるんだろうか?

それこそ出会いだけの問題で運不運の問題になる。

 

では、英語が国民的にうまくなったらイノベーションが起こるんだろうか?

こんなもんは詭弁でしかない。

英語の平均レベルは、白人観光客で飯を食ってる東南アジアは、日本よりはるかに上だ。

 

それで、東南アジア発で何がイノベーションだったのかぜひ教えて欲しい。

むしろ英語が喋れる国になる前の、固有文化だった頃に数学や航海技術、あるいは建築技術や塗料、芸術分野で今よりはるかに盛んに固有の発明をやっていたはずだ。

言語とイノベーションに相関関係はない。

 

かろうじて相関関係を指摘するのであれば、独自言語による文化と歴史、そして実験などの記録をどれほど蓄積しているかということに相関関係がわずかにあるくらいだろう。

日本は英語なんか覚える必要がない。

もう少し独自の言語で世界の最先端文化まで学習できる環境を感謝して利用すべきくらいじゃないか?

 

こんな文化は世界にいくつもない。

 

今現在、昭和45年位までの勢いを日本が失っていることの大きな原因に、資本家の死滅があげられるだろう。

あのくらいまでに大なる企業を築いた創業者は絶大な権力を持っていた。

戦前だって、高度成長期までの日本の発展を支えた技術開発ができていたのは、財閥の資本の集約と、当主による果断な投資の決断があったからであって、日本でイノベーションが死に絶えつつあるのは、株主の力が強くなったことと、投資の決断をサラリーマンが会議で行うようになったからとしか言いようが無い。

 

アメリカや先進的な技術を持っている国と日本の大きな違いを一口で言えば

 

アメリカ⇔日本の違い:資本家が持ってる権力と個人資産の桁の違い

欧州⇔日本:社会的な決断力を持っている支配階級と日本のサラリーマンの権力の違い

 

ここに集約されている。

今日本でイメージ最悪の経営者といえば、ワタミの渡辺元会長があげられるけど、この人の個人資産だって100億も行ってない。

もしうまく財形をやっていても200億もないのが現実だ。

 

アメリカで国民的にあれだけ知名度があったらどれほどの資産になってるだろうか?

その独裁的個人が言うほど金持ってないことが決定打になって日本は遅れつつある。

独裁者の決定で金を動かさないと企業経営はろくな結果を産まない。

 

終身独裁路線のバークシャー・ハサウェイと野村のディーリング部門の成績を見比べてみたらどうだろうか。これが答えだ。

 

イノベーションは、たいてい偏屈な個人が不満や怒りを原動力に出産する。

その時に最も大事なのは、安定でも待遇でも英語でも褒章でもなく、彼らが鬱憤を形にするための資金になる。

 

日本では東京メタリック通信は倒産した。

普通はありえない話だけど、見え透いている未来に投資家がついていけず、35億円の投資でケツを割って逃げ出した。

アマゾンの株主はどうだったろうか?

 

環境と英語というまやかしに騙されてはいけない。

日本は案外研究環境も必要な情報も行動の自由も整っている。

 

足りないのは金だけだ。

もっぱら問題なのは、日本で起業しようと思えば、大筋では東京で有名大学に行き、友人をたくさん作り、そして学閥と縁故の関係でVCから金を集めなきゃいけない金の問題だ。

 

気の毒だけど貧乏人とか普通の家で育った、才能のある普通の子は、失敗した時に親が返せる人と違って投資など受けられない。

無理とは言わないけどそうじゃない金持ちの子弟と違って相当にハードルは上がる。

嘘だと思ったらプライベート・エクイティーに特化してる会社の投資先を見てみりゃいい。

 

銀の匙を咥えて生まれ、そこまで人生を計画してやっと集まる金が数億円。イノベーションどころか5,6年キャバクラ通ったら消えてしまう。

一発で何十億のスタート資金の需要に応えられる国造りが一番のイノベーション対策になるだろう。

 

年金をベンチャー企業の株に投資するとか、株に投資するというけど、いっその事科学技術の投資ファンドの大規模なのを、5000億くらいの資本で作ってみたらどうだろうか?

15年、20年で随分違う結果になると思うんだが。

(当然、孫正義とかあのくらいの経営者にボードメンバーを仕切らせる必要があるけども。)

 

 

青色LED中村教授に騙される日本人 つまりは金の問題、サラリーマンと役人に金を仕切らせるのをやめるべき スタート資金=イノベーション %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 %e8%b5%b7%e6%a5%ad economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 health politics %e5%8c%bb%e7%99%82 %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9

 

中村さんて人の研究環境や会社での待遇ってそんなにひどかったのか?
むしろ途中で研究から生じる利益に爪伸ばしただけじゃねぇかと思うけどな。
話盛りすぎだろ。右翼丸出しは面白いけどw

 

 

青色LED中村教授に騙される日本人 つまりは金の問題、サラリーマンと役人に金を仕切らせるのをやめるべき スタート資金=イノベーション %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 %e8%b5%b7%e6%a5%ad economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 health politics %e5%8c%bb%e7%99%82 %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9

 

↓関連記事↓

 

 

 

中村氏曰く「アメリカのいいところは多様性でしょう。学生を見ても、インド系やアジア系の学生がいるからいいのです。もともとのアメリカ人だけだと国としても衰退すると思いますよ。でも彼らアングロサクソン系のアメリカ人のすごいところは、とにかく理論が好き。ものごとの事象について、あとからうまく理論付けしてくる。本もよく読む。

アジア系の学生が、理論はよくわからないけどチカラ技でなにかをつくると、それをしっかり理論で説明してくる。この両者があるからうまくいくんでしょう。

いま私のところの学生は、アメリカ人が5割、あとはインド人、中国人、台湾人、韓国人ですね。日本人はいません。外国人はハングリーだから、やる気もすごいですね」

via: 中村修二氏からの忠告「このままじゃ日本は沈没する!」(田代 真人) – 個人 – Yahoo!ニュース

 

語学力とイノベーションに相関関係なんかないです、はい。

アメリカの理工系の教授はみんな、100%、企業のコンサルティングをやっています。そのうち半分はベンチャー企業の経営者でもある。なぜならそういう人しか、大学が採用しないからです。そうやって旬の情報を学生に還元するわけです。いま起こっていることを学生に教える。だから学生も現場で起こっている生の情報を学べるわけです。

でも日本は違いますよね。昔のことを永遠に教えている先生もいる。学生がかわいそうですよ。だから優秀な若者はどんどんアメリカに来ればいい。そういうふうな流れが当たり前になれば、さすがに日本政府も考えを改めるんじゃないですか。もしくは行くところまで行って沈没すれば目を覚ますかもしれない。半導体がダメ、テレビ業界もダメですから、システムを変えない限り、最後は自動車業界にまでダメになって、このままあらゆる業界がダメになっていきますよ」

中村氏の指摘のとおり、いくらアベノミクスだなんだといっても、日本はいま、円安などで一時的に景気がよい感じがするだけであって、中小企業含め企業が大きく成長している実感はない。いま抜本的な改革を行なっていかないと、人口も減りつつある現在、日本は本当に衰退していくのだろう。英語が話せないうちに体力もなくなって優秀ささえ失われていくかもしれない。

via: 中村修二氏からの忠告「このままじゃ日本は沈没する!」(田代 真人) – 個人 – Yahoo!ニュース

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 10月 10日

    まともな論戦できるサヨクを期待して今までここの記事を読んできたけど、先ほどの産経起訴の記事で
    情治国家土人の現実を肯定するような、なんの素養もないご都合主義的記事をトリ上げてきたただけの
    無能と気付きもう来ないと思ってたけど・・・
    中村叩くならどんどん叩いてください。
    会社に与えれた環境で他人の研究結果にタダ乗りしてなんとなく結果が出ちゃったくせに成果を主張しまくって法外な金を要求しまくるような守銭奴が、一方で恨が原動力と主張し日本人ぽくない価値観を
    主張しているようでは出自が予想出来ちゃって、、、、
    あと何億か払えば韓国籍になってくれるからさ、、
    それでも今後100年はおたくの国では無理なノーベル症買えばいいんじゃね?wwww

    • gundari
    • 2014年 10月 10日

    @迦陵頻伽

    つまり自分の定見なんてものが微塵もなく、結局は日本に自省を促す批判をシャットアウトしてるだけの白痴なんだよね、お前は。
    お前みたいなのばっかりになったらそら大学のレベルが失墜してイノベーションなんか消えるわ。

    得意なこと:韓国の悪口、twitter・ブログのコメント荒らし
    苦手なこと:日本語と頭をつかうこと

    お先真っ暗だね。少子高齢化の方向で正解じゃないかと思うよ、気色悪い。

    • 名無し
    • 2014年 10月 10日

    ようは、悔しいニダですか?

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 10月 10日

    悔しいニダ

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 10月 10日

    >まともな論戦できるサヨクを期待して今までここの記事を読んできたけど
    すまんがこの記事の内容にサヨクの要素がどこにあったんだ?
    せいぜい金持ちの子しか資金を集められないようになっている程度の話にしかおもえないのだが、
    いったいどこをたて読みしてきたんだよ。

    だいたいいってることがまともじゃないよw
    >会社に与えれた環境で他人の研究結果にタダ乗りしてなんとなく結果が出ちゃったくせに成果を主張しまくって>法外な金を要求しまくるような守銭奴が、一方で恨が原動力と主張し日本人ぽくない価値観を
    >主張しているようでは出自が予想出来ちゃって、、、
    え? 出自の問題なの??
    アメリカみたいに国に利益になるなら日本人中村でも受け入れるほうが勝つ時代に
    (つかそうでなかった時代なんてどこにもないが)
    純血主義でますます埋没していけって愛するのは国ではないなにかのような気がしますが
    サヨクのかたですか? なるほどまともに議論できませんw

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 10月 10日

    今まで無かった事を研究して発明する事と
    既存の理論で商売を後押しする事をごっちゃにしないでほしい
    歴史を見ても分かる通り、偉大な発明や発見は様々な環境や条件化で生まれてきた
    貧乏でなければ成しえなかった物も沢山あるし
    凡人が天才の作り方を決め付けで主張してもただの妄想としか取れないよ

    • 日本猿
    • 2014年 10月 10日

    中村氏が会社と裁判沙汰になったときのインタビュー内容覚えてるんだけど、開発当時は低報酬(たぶん2万円だったかな)でも疑問を持たなかった、と。でもアメリカ行って、そこで言われたのが”スレイブ”。中村氏はここで自分が損をしていることに気付いたそうな。それで会社に正当な報酬を求める裁判を起こした。

    まあカネの問題ですよね。個人にせよシステムにせよ。

    • gundari
    • 2014年 10月 10日

    @迦陵頻伽

    なるほど。金なんか用意しなくてもガレージかなんかで発明して取るノーベル賞もある、そんなことより株や先物で儲けようってことですか。
    それも一つの考えかもしれませんね。
    まるでアラブの石油王みたいで素晴らしいんじゃないでしょうか。

    @日本猿 さん

    ぶっちゃけ人間関係でこじれたんじゃないかなと思うんですけどね。
    技術者を飼い慣らすのは難しいです。
    金じゃなくて、酒食を共にして一緒に暮らすつもりで面倒を見てようやくじゃないかと心底思いますね。
    もちろん常識はずれとかで生じる摩擦も全部かばいきる覚悟だっているでしょう。
    できるやつ・職人としての生命力が強いやつほど平均的には偏屈です、ホント。

    • 愛国左派
    • 2014年 10月 10日

    貧乏じゃなきゃなし得ない事ってなんなんだよ
    あーあ金持ちに生まれたかったなぁ
    まぁそこまで贅沢言わないからせめて髪フサフサにしてよ

    • ルイー痔
    • 2014年 10月 10日

    貧乏で得るものはハングリー精神
    ゆえに孫正義はこう言った
    ”髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである”

    グレイト!!

    • コア
    • 2014年 10月 10日

    日本は研究者に厳しい国なのでは?
    ゴーンなんて何も発明せず、ノーベル賞取ってないのに10億近く毎年貰ってる。
    ソニー前社長や東電清水も赤字だそうが責任取らないで金貰ってとんずら。
    これはひどい。

    • CB250RS-Z
    • 2014年 10月 10日

    反ネトウヨ・反安倍な言辞からサヨク・社会主義的なアレかと思ってたら早合点だったのかな?

    >その独裁的個人が言うほど金持ってないことが決定打になって日本は遅れつつある。
    >独裁者の決定で金を動かさないと企業経営はろくな結果を産まない。

    これはまあ妥当な意見だと思う。
    結局、「独裁者」がどれだけ大きなリスクを取れるか、がものをいう話ではありますな。
    ただ、それだけ例えば創業者や投資家が大きな資本を動かすためには収益を投資家・経営者に大きく配分せねばならず、それって搾取って呼ばれてしまうんじゃない?

    管理人氏は資本主義を否定しているわけではないのか。

    >(当然、孫正義とかあのくらいの経営者にボードメンバーを仕切らせる必要があるけども。)

    これは大きなギャンブルに耐えられる精神力と先見性をボードメンバーに要求するわけだけど、それはまあ、教育の問題ではないか。

    • gundari
    • 2014年 10月 11日

    @CB250RS-Z さん

    >それだけ例えば創業者や投資家が大きな資本を動かすためには収益を投資家・経営者に大きく配分せねばならず、それって搾取って呼ばれてしまうんじゃない?

    資本・資産のストックは個人向けの税制の問題、特に所得税もしくは相続税の問題を何とかしたらどうにかなるんじゃないかね。
    大きな資本の前提部分は搾取以前に、市場の規模が小さすぎることにあるわけで。

    投資資金の巨大化を行うためには、財閥解体した時に発生したサラリーマンによるサラリーマン統治機構を解体したらそれで終わりになると思う。
    株式持ち合いで事実上レームダックになった市場で、健全なボラティリティと信賞必罰が死んだせいで金を投資しなくなったのが実情だし。

    >反ネトウヨ・反安倍な言辞からサヨク・社会主義的なアレかと思ってたら早合点だったのかな?

    全くの誤解ですね。首尾一貫してアホがロジックに手を出すのをやめてくれと言ってるわけです。
    論理的なものは理屈屋、科学的なものは科学者、と餅は餅屋に任せるようにしないと、愛国者なら何でもかんでも出来るわけじゃないんだから。

    そして為政者たるもの、任せる餅屋にまともなものを選ぶことと、成長の光が当たらない弱者に社会正義と救いをもたらす事こそが必要です。
    ネトウヨにも安部総理にもそれが無理なのは見えてるわけだから。

    >これは大きなギャンブルに耐えられる精神力と先見性をボードメンバーに要求するわけだけど、それはまあ、教育の問題ではないか。

    正直ストレスによる自殺製造マシンになるんで無理があると思う。
    孫正義にかぎらず、損してもへこたれない奴はトリガーハッピーなわけだからね。神経の図太さが違いすぎるよ。

    • 在日日本人
    • 2014年 10月 11日

    この話は、自分の主観であって、現実に合ってないかもしれないですが・・・。

    自分はお金以前に、今の日本は人材が少ないと思います。
    「ノベーションは、たいてい偏屈な個人が不満や怒りを原動力に出産する。」とありますが、今の日本では偏屈な人たちの不満や怒りは「愛国」と「韓国たたき」「サヨクたたき」と「ネット荒らし」に注がれて、イノベーションを産出する方向に向かっていないと、感じます。
    自分たち個々人が持っている不満や怒りを、自らの能力によって克服しようとするのではなく、「韓国」「中国」「サヨク」などのせいにして、消費者気質のクレームによって、他人に解決してもらおうと思っている。

    能力や才能は、先天的なものはどうしようもないけど、後天的なものはひとえに個人一人一人の気持ちと努力によるところが大きいのに、外部に責任と解決を求めることは、結局は自分たちに非も無ければ、能力が劣っているとは思ってない証拠で、自らの能力に疑問をもたず動こうとしないんなら、才能も開花しないし、イノベーションも起きないと思うんです。

    何だかんだ言っても、大半の国民が小・中・高と結構高等な教育を受けているのに、気持ちに蓋をしているのか受けた教育分の力を発揮してないし、不満や怒りを持った偏屈な人々はその鬱憤を「イノベーションの産出」ではなく、他者に因縁を吹っかけることで晴らそうとする。
    いくら金があっても、お金を払いたくなるような人材が無ければ、お金の使いようが無いと思うんですよ。

    みんながみんな成功者になれるわけ無いですが、それなりの自己啓発の意識って必要だと思うんです。イノベーションを起こせる人材って一握りだけど、そのような人材を多く出すには、裾野が広いほうがいいですし。
    自分もたいしたことをしてませんが、自己啓発の一環として趣味でプログラミングをやっていて、今はアンドロイドアプリ制作の勉強をしています。jayaやandroid特有のactivityとかなれないことが多くて四苦八苦して、形になるのはいつになるかわかりませんが、これでも別の言語のプログラムコンテストに入賞したことがありますし、二人打ちながらネット通信対戦麻雀を作ったことがあります。
    自分でもこれぐらいできるんだから、ネット上で「俺は偉い」「俺は賢い」「すばらしい日本」と書き込んでいるばかりでなく、口先でなく自らの行動や成果物で、それを証明してほしいと思いますよ。

    • CB250RS-Z
    • 2014年 10月 11日

    在日日本人さん

    >自分はお金以前に、今の日本は人材が少ないと思います。

     インフラに影響するほどのイノベーションって、管理人氏がいう東京めたりっく通信とかでもそうなんだけど、そりゃもう既得権益と戦う強烈な信念をもつ才能(偏屈?)と莫大な資金を運用する責任(=失敗のリスク)に耐える図太い神経を持った投資家が必要なわけで、それこそ貴重なんです。

     んで、そういう人材が確率論的に発生するとして絶対量を増やすにはあなたもいうように裾野を広げるしか方法はないと思う。
     その裾野を広げるには、現実には才能を育てる教育であり、投資家のリスクを軽減する制度設計、そして、「苦労した人間には十分な見返りが与えられ、失敗しても過度な責任を負わせない」というコンセンサスが必要じゃないですかね?そのコンセンサスを作り上げるのもまた教育なんだと思うのだけど。

    >ネット上で「俺は偉い」「俺は賢い」「すばらしい日本」
    現実には ネトウヨ=ルサンチマン×偏狭なナショナリズム()^2 なんだからそっとしといてあげて。

    • CB250RS-Z
    • 2014年 10月 11日

    @gundari
    俺の頭の悪いレスに付き合ってくれてありがとう。管理人氏って案外優しいんだね。

    >ネトウヨにも安部総理にもそれが無理なのは見えてるわけだから。

    ネトウヨはともかく、安倍さんってそんなに悪いかなあ?

     零細企業のオヤジ目線からみると、うちみたいに成長の光が当たらない弱者にもいろいろ施策を打ってくれてるように思えるんだけど。
     それがまた役所の縛りのせいか微妙に使いにくい制度だったりして、ちょっとずれてる感が無くはないんだが、それは日本の統治機構の問題であって安倍さんがいますぐどうこうできる話でもない。

     じゃ、誰ならいいんだよって話ですわね。

     ところで、産経新聞起訴ネタのほう、コメントかけないけど、コメント数上限ありですか?

    • gundari
    • 2014年 10月 11日

    @CB250RS-Z さん

    >ネトウヨはともかく、安倍さんってそんなに悪いかなあ?

    悪いんじゃなくて、きつい言い方だけどやっぱりある程度以上の境遇で育ってる人間の何割かは、下流の人とかを同じ人間だと思ってないわけですよ。
    思ってたら出来ない仕事だっていっぱいありますしね。安倍はその何割かですね。

    ・自民党が下野して、民主党が資金源を攻撃し窮乏した党の財政
    ・縁切りになった支持者

    これらの埋め合わせを富裕な自民党議員がやって、今現在絶大な権力を握るに至ったわけですが、前者は、下流を同じ人間だと思ってない人々の金、後者は広告代理店経由でネトウヨをコントロールして埋め合わせたわけですね。

    まともとはとても思えない。泥沼の上にビルは建たんのです。

    >零細企業のオヤジ目線からみると、うちみたいに成長の光が当たらない弱者にもいろいろ施策を打ってくれてるように思えるんだけど。

    太陽と一緒で、面で当てる光はセクター単位で当たるんでいい場所に居たってことじゃないですか?
    製造業全体の動向は化学業界のプラントの動きでだいたい目視できるけど、先行きは相当厳しいと思いますがね。

    一部が良い事を持って全体がいいとはいえないし、その証拠に指数は悪化してるわけです。
    木を見ずに森を見なきゃいけないですね。

    >じゃ、誰ならいいんだよって話ですわね。

    よく聞く話ですけど、理想の政治や政党っていうものは、国民が健全な批判を通して作るものです。
    百姓でもうまい野菜を作るために色々工夫しますよね。
    野生の果物じゃあるまいし、山中歩いて果物を探すという発想ってよく考えたら異常で原始的ですよ。

    他に方法がないということで思考停止したらそこから緩やかに死が始まります。

    >ところで、産経新聞起訴ネタのほう、コメントかけないけど、コメント数上限ありですか?

    ないですよ。多分リロードしたらいけると思います。

    • gundari
    • 2014年 10月 11日

    @在日日本人 さん

    @CB250RS-Z さんの言うとおり、ネトウヨが抱えている程度の絶望やリビドーをほんとにできるやつは大きく上回っていて、あれを放置するのは良くないという前提付きで人材不足は別な流れだと思います。

    具体的には、バイオなんかで痛感したんですけど、先端の偏屈組・アスペルガー組はアメリカへ行ってました。
    日本程度の資金では何も出来ないという理由からです。

    被害者にしかなれないネトウヨ程度では開発とかビジネスというので、人生や巨額の金がかかった賭博なんか到底やり仰せないと思います。
    実際、損した時なんかしびれ上がるくらい損しますしね。

    問題はその手足になる部分の末端労働者にネトウヨみたいなのが増えたってことじゃないでしょうか?
    日本中被害者だらけです。

    勝つ、儲けるってことは平たく言えば加害者になるってことなんですが、その根性や能力、覚悟が欠落した労働者が増えたと思います。

    >みんながみんな成功者になれるわけ無いですが、それなりの自己啓発の意識って必要だと思うんです。イノベーションを起こせる人材って一握りだけど、そのような人材を多く出すには、裾野が広いほうがいいですし。

    その通りですよね。私はズバリ貧乏で海外に旅行に行く奴が減ったことが遠因になってるんじゃないかと思います。
    もう一つにマンション育ち、マンション住まいのやつが増えて、今その第一世代が大人になり始めてることがあげられると思います。

    家と世界観は広けりゃ広いほどいいわけで、嫌な言い方だと思うんですけど狭い家でろくなガキが育たないと思うんです。

    都市開発に制限をかけて、一戸建てに住む環境を促進していくことと、外人の留学生に支給する金を日本人にも出して、どんどん海の向こうから何かを持って帰ってくるやつを増やすべきだと思います。

    >自己啓発の一環として趣味でプログラミングをやっていて、今はアンドロイドアプリ制作の勉強をしています。

    いいですね。あちこちで聞きますが今はアプリ開発者はほんとに人手不足で困ってるらしいですね。
    もうあと1年もしないうちに過剰供給で飽和するんじゃないかと見てますが、個で戦える非常に面白い分野だと思いますよ。

    • CB250RS-Z
    • 2014年 10月 11日

    @gundari さん

    >太陽と一緒で、面で当てる光はセクター単位で当たるんでいい場所に居たってことじゃないですか?

    製造業中心の中小企業向け補助金制度が最近やたらと増えてるみたいなので、うちが日当たりのいい場所にいたというわけではないのだけど、いまさら製造業重視かよというのがずれているといえばずれてますわね。

    >外人の留学生に支給する金を日本人にも出して

    奨学金制度の利子をなんとかしろよとは個人的に思う。

    • 在日日本人
    • 2014年 10月 12日

    @CB250RS-Z さん。

    その「才能を育てる教育」ってのが、「詰め込み教育から経験重視型の教育へ」を目指した「ゆとり教育」だと思うんです。
    結局、「ゆとり教育」の失敗は、ゆとり教育のコンセプトがぜんぜん理解されなかったからだと思うんです。
    詰め込み教育が復活しましたが、21世紀の今ではコンピュータの発達で頭脳労働者の需要が減り、本来ならコンピュータではできないような創造性や判断・決断のできる人材が必要で、そのための「ゆとり教育」だっだんだけど、20世紀型の産業社会に適している「詰め込み教育」では、成果出ないと思います。
    あと、あくまで自分の思いなんですが、「教育の所為」とか、あんまり言いたくないです。軽々しく「教育の所為」と言っている人って、「教育さえしっかりしていれば自分はこんなものじゃない!」と思ってそうで。

    @gundari さん。
    >ネトウヨが抱えている程度の絶望やリビドーを
    >ほんとにできるやつは大きく上回っていて
    やっぱすごい人って、抱えているものもすごいんですね。これは自分の早とちりでした。
    ただ、自分も「偏屈」と言うか「変人」の部類に絶対に入る人間ですが、今のネトウヨとか右傾化は異常すぎて、正直怖いです。ほんの10年前から今の日本を想像するなんて絶対できないと思います。
    「失われた20年」と言われて、その間「閉塞感」を感じてたけど、今はそれに「硬直感」を感じずに入られません。社会全体に車のハンドルのような「遊び」がなくなっているのがヒシヒシと感じます。

    ネトウヨとかの能力ではイノベーションや起業は無理だとしても、ネットで荒らしをする暇あるなら、せめて「自己実現」ぐらいはしろよと思うんですよね。
    「国を良くする」とか言うけど、自分が良くならなければ国や世の中が良くなるわけないと思し、自分を良くする「ノウハウ」やら「行動」などが無い奴に、国や世の中をよくすることなんて出来っこないです。「国が良くなれば自分も良くなう」って、自分としては順番が逆だと感じるんです。
    自分も程度の低い人間ですが、程度の低い人間だからこそ、簡単に変われるし成長することがでます。DQNがちょっと良いことしたら、周りが褒めてくれるような感じで()。
    冗談みたいですが、これはマジです。だって完成されている人って、それに上乗せするって大変だと思いますもん。

    毎回取り留めの無い話ですみません。

    • CB250RS-Z
    • 2014年 10月 12日

    @在日日本人 さん

    個人的には詰め込み教育が悪いとは思いません。
    むしろ中学生くらいまではひたすら詰め込んだほうがいい。学習能力も高いから。

    そこから先のカリキュラムをどうするかですね。

     これは社会風土の問題もあるのだけど、たとえば開発したプログラムをいかにビジネスに結びつけるか、その感性がにぶい気がしますね。自分も含めて。お金儲けが悪いみたいな風潮というのか、品が無いみたいに言われる。

     あらたなビジネスを立ち上げて、雇用を生み出すのはとても健全な社会貢献だと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る