カフェで夫婦喧嘩、 拳銃で中国人ギャング 曹剣平が妻を射殺  胸と顎を撃たれ即死  池袋


射殺した中国人 曹剣平は黙秘 中国人ギャングの模様

取り押さえた店員さんは相当の勇者。すごい根性だ

6日午後10時40分ごろ、東京都豊島区池袋2丁目の「サクラホテル池袋別館」1階のカフェテラスで、客の女性が、拳銃で撃たれた。

女性は病院に運ばれたが、胸とあごを撃たれており、間もなく死亡が確認された。

男性店員が、女性と一緒に来ていた男を店前の路上で取り押さえ、警視庁池袋署員に引き渡した。

 

感情が激しいというか、夫婦喧嘩でいきなり射殺ってのがいかにも大陸的な沸点の低さですごすぎるなw

普通殺すにしたって人目のないところを探してやるとかが、衆目路上でワーワー言い争って憚りもせずに射殺ってのが激昂していた様子を彷彿とさせる。

 

それにしても、東京現地で色々話を聞いてると近頃外国人の犯罪者が相当増えてるというね。

昨日近頃仲良くしてる人と飯食ってて聞いたんだけど、六本木なんか路上で外人が薬物販売してるらしい。

それで、昔は相手みて売ってたのが、クロンボが見境なく誰彼もなく売ってるという。

 

まぁ、これもしょうがない話で、ヤクザはヤクザの怖さがあるけど、生き物としての平均スペックで言えば日本人は仮に犯罪者でもまだまともな人が多いところに、ライオンやキリンと戦うスペックの肉体を持ったアフリカ人とか、沸点が低くものすごい速さで切れてしまう朝鮮・中国人が同じシマで活動してるわけで、そりゃヤクザだっていちいち対抗してらんないだろうな。

 

これも中国人だったらまだましだけど、朝鮮人に至っては空港のイミグレでのわずか2,3分のやりとりで何かに怒りだす奴がいたりで、それが仕事とはいえそういう民族の中でも選りすぐりの悪と戦っているヤクザにちょっと同情を感じたりするね。

 

それにしても、この店員さんの取り押さえたというの、たしかにすごい根性でお手柄、表彰ものだと思うけど、一般的には人間に武器の刃を向けるくらいネジが飛んでる奴には近づかないほうがいいよ。

拳銃なら弾が切れたらただの鈍器くらいにしかならないと思うけど、刃物を持ってた場合はものすごく危険。

 

「格闘技やってるからある程度行ける」とかそういうのは錯覚です。^^;

あれはある程度ルールが有る枠内で初めて役に立つもので、刃物を見て足が竦まない人、刺されても致命傷じゃなかったら冷静なままでいられるような人じゃないと思った通りの結果は出ないからね。

 

 

カフェで夫婦喧嘩、 拳銃で中国人ギャング 曹剣平が妻を射殺  胸と顎を撃たれ即死  池袋 health crime ajia %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a gaijin crime jiken r18

 

昨日から東京に用事で来てて思ったけど、活気ないなぁ。
死んだ顔の人が多い。そして外人が激増してるね。
昔から東京に住んでる人たちは、地方出身者と外人に
生活環境を激変させられて、ここでもある意味「故郷を喪失」してるなと思った。

 

 

カフェで夫婦喧嘩、 拳銃で中国人ギャング 曹剣平が妻を射殺  胸と顎を撃たれ即死  池袋 health crime ajia %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a gaijin crime jiken r18
山崎産業
売り上げランキング: 161,404

 

↓関連記事↓

 

 

 

組織犯罪対策2課によると、殺人未遂容疑で逮捕された男は中国籍の職業不詳、曹剣平容疑者(54)=板橋区大谷口上町。

調べに対し、黙秘しており、組対2課は、容疑を殺人に切り替えて調べている。

死亡した女性は、中国籍の50代の妻とみられ、身元の確認をしている。

曹容疑者は女性と来店後、口論になり、バッグから拳銃を出して立ち、いきなり女性を撃ったという。警視庁は現場から回転式拳銃1丁を押収し、入手ルートを調べる。

店には当時、10人以上の客がいた。  

現場はJR池袋駅から数百メートル北西の繁華街の一角。

朝日新聞デジタル

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る