滝澤ローラ、中国人富豪「マジメな兄貴」と15年で10億円愛人契約 中華系性風俗色々


日本の「90後(1990年代生まれ)」女優の水咲ローラ(旧名:滝澤ローラ)は数年前、中国芸能界に足を踏み入れ、テレビやゲーム業界で、イメージガールとして有名になり、中国大陸部では絶大な人気を誇っている。彼女はこのほど、北京に姿を現し、覆面姿の謎の男性と共に公開イベントに出演した。2人は、最初から最後まで親しげな雰囲気で、絶えずヒソヒソと内緒話を交わし、人々の注目を集めた。海峡導報が報じた。

via: 中国人富豪、日本のAV女優と15年「専属契約」–人民網日本語版–人民日報

 

ハーフのAV女優が中国人の大金持ちと愛人契約と言うんだけど、日本的な静かな愛人開拓ってのと中国式はまた流儀が違うようで。

10年位前は台湾や香港の金持ちが中国を草刈り場にしていて、「シンデレラごっこ」がブームだった。

 

自分たちの下請けの工場を仕事にかこつけて訪問して、見目麗しい女工を見つけたらいきなり連れだして、美容室でクリーニングしてブランドショップで服装を整え、何百万かいきなり渡して「俺の女にならないか」と。

 

大体の女はどこの国でも「そんな風潮はけしからん」と眉を顰めるものの、自分が当事者になったら結構違う対応をするようでw

そういういかにもなカップルがそこそこ街を歩いていた。

 

今は中国人が日本人を愛人にする時代になって、これも世の流れかと思うけどローラというねーちゃんもしびれるような口説き方をされたんだろうな、多分。

女を口説くというのは惚れさせることだと自称イケメンがご高説を垂れる一方、こういう連中の行動はそれが嘘だってことをわかりやすく解説している。

 

80%くらいの女はセックスすることと好きになることの区別がつかない。

取っ掛かりとしてはセックスせざるを得なかった言い訳を用意するほうがより正しいアプローチだということを露骨に証明している。

大体の女が知らない人とのセックスを避けよう避けようとするのは、自分の感情の変化を本能的に恐れているからだ。

 

ところで中国の性風俗というのは、15年で10億円という何かの契約みたいなあけすけさを見ての通り、日本的なわびさびとは程遠いものがある。

そこは俺は行ったことねぇからよく知らないけど、食事・宿泊が出来る施設で売春をやってるところもあるらしく、なんとそこで一番高いコースは飯食いながらセックスするというわけのわからないものらしい。

 

常識で考えたら食べるのとそれは別にしようよと思うんだけど、それが素晴らしい贅沢に思えてしまう神経なんだろう。

おねーちゃんたちの男をそそるための工夫というのもやっぱり日本離れしていて、「どう、興奮するでしょう?」と言われても口をモゴモゴさせてしまうような感じのものだったりする。

 

この手の大富豪というのは、何人も愛人を抱えていて、『よ~やるなあんたら、感心するわ』というほど面倒を見てるけど、滝沢ローラって人はあの文化についていけるんだろうか?

昔の女がマカオの大富豪の元彼女で、別れたあとシンガポールで開催したパーティーに呼ばれて出かけて行って、それがめっちゃ若い新しい愛人を囲んで内輪で歓迎するものだったらしくて大喧嘩して泣いて電話してきていた。

 

そうして愛人たちに何かしら商売やらせたりして終生面倒を見るような発想なんだって。

(それが女を馬鹿にしてると思って別れたらしいんだが。)

 

見た目は微妙に似ている日中の人間の超えられない尺度の差だな。

日本ではマグロって頼んだら、刺身や寿司になって料理されたものがちゃんと並ぶけど、中国的感覚だとでっかいマグロの冊をドスンと出して終わり的な感覚。

 

同時にマジメな兄貴という富豪がどれくらい脚長いのかしらないけど、滝沢ローラというオネーチャンの身長が170cm超えていたらバックでセックスする時にポコチンが届かないという悲惨なスタイル格差に直面するだろう。

なぜか立ちバックが好きな高身長女子、短足の諸君は爪先立ちで必死で頑張らないと中々狙いを達成することは出来ない。

 

あれは腿の裏がものすごく疲れるよw

 

 

滝澤ローラ、中国人富豪「マジメな兄貴」と15年で10億円愛人契約 中華系性風俗色々 geinou ajia r18

 

中国人ってこういうアニメ顔がホント好きなんだろうな。
ミステリアスなチャイニーズビューティーの方が良いと思うんだけど。

 

 

滝澤ローラ、中国人富豪「マジメな兄貴」と15年で10億円愛人契約 中華系性風俗色々 geinou ajia r18

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

関係者によると、この覆面男性は、仮の名を「マジメな兄貴」といい、エンタメ界では誰もが知っている「隠れた富豪」という。男性は、数億の資産を持ち、その羽振りの良さは並大抵ではない。さらに豪快なことに、彼は5千万元を投じて水咲ローラと15年間の「専属契約」を取り付け、自分の身辺の世話をさせると同時に、中国での女優業発展をサポートすることとした。この契約のニュースが、世間に熱い議論を巻き起こした。

1992年生まれの水咲ローラは、キュートな容貌によって、動画投稿サイト「You Tube」にアップされた様々な動画で人気が上昇、日本の「国宝級美女」「オタクの女神ナンバーワン」と称された。彼女はこのほど、黒いミニスカート姿で北京のイベントに姿を現した。彼女の傍らには、ホワイトジャガーの覆面をつけた「マジメな兄貴」が寄り添い、一目を引いた。人は、舞台上でも舞台を降りても、終始親密な雰囲気だった。「マジメな兄貴」がお金に物を言わせて「女神」と15年契約を交わしたことは、やはり「金さえあればやりたい放題」を裏付けているのだろうか。(編集KM)

 

via: 中国人富豪、日本のAV女優と15年「専属契約」–人民網日本語版–人民日報

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 5月 10日

    オヤジですが、大好きでDVD何枚も持ってます。十年ぶりに出会った女神
    でした。

    それが・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る