国交省職員が汚職、川村竜也・金沢星らを贈賄容疑で逮捕 航空機整備用格納庫の斡旋で現金授々


羽田空港利用契約で50万円、借地料の延滞もみ消しはかる

 

 

世間的にいい仕事とかお硬い仕事と言われる銀行員と公務員、証券関係の人々。

まぁ確かに、雇われる立場での待遇はそれなりのものがあるんだろうけど、ぶっちゃけあの手の仕事って大変で。

 

どの仕事も共通して「この後この人、ひょっとして万が一の・・・・」つまり生死に関わる最終的な局面に、望まなかったとしても強制的に立ち会わされる仕事だよね。

 

一昔前に流行った仕組債で、円ドルレート110円以上の状態が維持できていれば金利が0,06%だとかその手の商品を売って、何億円も安く借りた人に円ドルが80円90円になってから、跳ね上がった14%の利息を請求しに行った人も「完全にこれって、首吊りの足引っ張ってますよね」と言っていたのを思い出す。

負債総額が確か30億円少し。

リーマンショック前の未曾有の好景気に乗って設備投資、通常貸付で銀行から借りればよかったのに、わずか1%足らずの金利を惜しんだ為にその企業は民事再生法を申請して、再生の認可が降りずに破産していた。

(仕組債で債権者が再建計画に同意してくれるほど甘くなかったようだ。)

 

銀行員なんかも手形の管理や当座口座の管理をやっていて、客以上に頭が混乱したりもするんだろうし、役人だって一つの許認可の結果で今眼の前にいる人の人生に引導を渡すことになるのは避けられない。

 

この贈賄事件で若い係長が50万円受け取ったのは、満身創痍で死亡遊戯を戦っているおっさんの迫力に押し切られたのだろうし、還暦を過ぎた自分の親みたいな年の人に引導を渡すだけの覚悟ができなかったんだろう。

 

ところで、羽田の航空機の格納庫なんて、修理の仕事には苦労しそうもないのになんでまた経営難に陥ったかというと、航空各社の航空機のサイズ縮小が案外厳しい航空業界を物語っている。

本当に空の便の需要が伸びていたら飛行機は大型化するし、路線整理なんてことも起きない。

 

現実的に毎年何十万単位で人口が減り始めた国の衰退の影響を、格納庫でも例外なく露骨に受けていたってことだろう。

海外の航空会社は巨大なサイズの機体をどしどし導入している横で、日本の航空会社はどこも燃費の良い小型便に切り替えているのが実情だ。

 

勿論、過去のレガシーコストの問題も随分あるんだろうけど、結局のところ乗客の数のバランスで言えば機体をサイズアップするなんてとんでもないってことだろう。

当然、運輸関係の航空機から旅客機に至るまで自前整備を推進するだろうし、それ以外の個人所有や法人所有の航空機のメンテナンス需要もどんどん縮小していってるはずだ。

 

だぶついた機体の稼働率を上げるために、自前整備を推進している航空各社もチャーター便の安値営業を積極的に始めてるはずだ。

結果的にどんどん修理専門会社なんかは居場所がなくなるんだろう。

(特別な売り物でもないかぎりは。)

 

国交省の係長がたった50万のために危ない橋を渡るはずもなく、許認可関係で個人的に面識ができた人が破綻するという重さに耐えられなかったんだろう。

「良い人」がお硬い仕事につくと、案外ストレスが多い。

世の中何やってもなかなか美味しい所どりってのはできないってことだ。

 

 

国交省職員が汚職、川村竜也・金沢星らを贈賄容疑で逮捕 航空機整備用格納庫の斡旋で現金授々 economy %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89

 

飛行機の格納庫=悪人が逃げようとして最後に撃ち殺されるところってイメージあるよね。
まぁ日本でそんなに自家用機ポピュラーなわけがないんだけどさw

 

 

国交省職員が汚職、川村竜也・金沢星らを贈賄容疑で逮捕 航空機整備用格納庫の斡旋で現金授々 economy %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

羽田空港にある格納庫の使用許可に絡み、便宜を図った見返りに業者から現金を授受したとして、警視庁は23日、国土交通省航空局運航安全課の係長川村竜也容疑者(39)=千葉市稲毛区小仲台5丁目=を収賄容疑で、航空機整備会社元役員の伊集院実容疑者(61)=金沢市高尾=を贈賄容疑で逮捕した、と発表した。ともに容疑をおおむね認めているという。

 捜査2課によると、川村容疑者は航空局首都圏空港課の係長だった2013年12月、整備会社が国から得ている羽田空港(東京都大田区)の格納庫の使用許可を更新できるよう便宜を図った見返りに、伊集院容疑者から現金50万円を受け取った疑いがある。整備会社は、格納庫の使用料の滞納を繰り返していたという。

via: 国交省係長、収賄容疑で逮捕 羽田空港の格納庫許可巡り (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る