クリミア併合問題、ロシア向けVISAカード決済停止  ロシアで凍結される総額12兆円の人質、市場から消えるロシアマネー、安保理での衝撃発言  西側の孤立化策は成立するか?


 

銀聯カードモデルのクレジットカードで対抗

 

 【モスクワ=田村雄】ロシア紙イズベスチヤ(電子版)は21日、ロシアが独自のカード決済システムを普及させ、ウクライナ南部クリミア編入を理由に米国が発動した制裁に対抗すると伝えた。

 VISAカードなどが同日、米国の制裁対象となった「ロシア銀行」などロシアの七つの銀行との取引停止を決めたためだ。

 今後、一部の店舗や飲食店などでVISAカードによる支払いができなくなる。同紙によると、露国営銀行「ズベルバンク」のポポフ副頭取は、「今やいかなる国際的なカードでも停止される危険がある」と、VISAカードの対応を批判した。

 ロシアの決済システムでは、銀行が顧客にカードを発行し、買い物などの代金を後日、銀行口座から引き落とす。中国で決済用に普及している「銀聯カード」がモデルという。このシステムにはズベルバンクなど14行が参加しており、政府が今後普及を後押しする。

via: ロシアが独自のカード決済、VISA停止に対抗(読売新聞) – goo ニュース

 

アメリカが謳っているロシア孤立化政策が成功するかだけど、これはちょっと無理じゃないかってお話で。

いかにもヨーロッパだなと思うけど、テメーらでウクライナの取り込みをはじめて、アメリカを巻き込んで。問題が激化したらいきなり及び腰。

欧米は一枚岩になれない。

 

アメリカの対露投資の残高1兆5千億に比べて、EUは総額で10兆円ほどの投資残高があって、ロシアの資産を凍結しますと発表したらロシアもその資産を凍結するわけで、むしろ儲かるのはロシアの方だったりする。

容赦なく接収してロシアの財産へ。プーチン大統領は手ぐすねを引いて待ってるだろう。

 

むしろ、今回の問題で一番顔面蒼白になってるのが中国で、欧州側につけばいいのか米国側につけばいいのか、それともロシア側につけばいいのか、独自姿勢を追求して沈黙を決め込むのか。

最終結果が誰にも分からない面倒な問題だけに、頭を抱え込んでるだろう。

北朝鮮はここぞとばかりにロシアに接近して外交カードを失うわ、金融市場が不安定化して中国が抱え込んでる爆弾がいつ爆発するか気が気じゃない。

「頼んでもないのに、勘弁してよ」が本音だろうな。

 

その最中に安保理でロシア大使が述べた「今後ロシアの協力が得られなくなってもいいのか」発言は今後の中央アジアと中東での政策でお前らの思い通りにいかなくなるという脅しそのものであって、この間のカタールでの一悶着はロシアの影が色濃く影響していたってことを強く示唆してるね。

 

まぁ、十中八九そこまではならないだろうけど、ここまでやってるってことはロシアとしては小規模紛争程度までの覚悟はしてると思ったほうがいいわけで、仮に米ロで紛争が起きるとすれば、アフリカ南部や地中海、中央アジアでの代理戦争か、アリューシャン列島と北方領土を巻き込んでの小規模紛争になるんだろう。

仮にアリューシャン列島で紛争が起きたら、多分それが集団的自衛権行使の第一例になるのは間違いなく、そうなったら北方領土問題にアメリカが介入してくるきっかけになるだろう。

本当は争いなんか起きないのが一番なんだけど、壊れかけている日米関係修復の特効薬になるんじゃないか?

 

 

クリミア併合問題、ロシア向けVISAカード決済停止  ロシアで凍結される総額12兆円の人質、市場から消えるロシアマネー、安保理での衝撃発言  西側の孤立化策は成立するか? %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%b6%88%e8%b2%bb politics international %e4%b8%80%e6%ac%a1%e7%94%a3%e6%a5%ad

 

紛争の可能性は限りなく低いにしても、
オバマ大統領側が振り上げた拳を下ろせなくなる可能性は十分にあるからね。
「武力行使をしない」と明言したとあるけど、
しないと言ったことに限ってやってしまうのもまた人間ってことだ。

 

 

クリミア併合問題、ロシア向けVISAカード決済停止  ロシアで凍結される総額12兆円の人質、市場から消えるロシアマネー、安保理での衝撃発言  西側の孤立化策は成立するか? %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%b6%88%e8%b2%bb politics international %e4%b8%80%e6%ac%a1%e7%94%a3%e6%a5%ad

 

↓関連記事↓

 

 

 

EUからの10兆円の対ロシア投資残高、一枚岩になれない構図浮かび上がる

JETRO統計

クリミア併合問題、ロシア向けVISAカード決済停止  ロシアで凍結される総額12兆円の人質、市場から消えるロシアマネー、安保理での衝撃発言  西側の孤立化策は成立するか? %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%b6%88%e8%b2%bb politics international %e4%b8%80%e6%ac%a1%e7%94%a3%e6%a5%ad

 

EUが強硬な対露経済制裁を10兆円と大量の天然ガス・暖房用灯油を捨てて実行するか??実効性が疑わしいG7

ウクライナ情勢への対応を話し合うために、週明けの24日に開催されるG7=先進7か国の首脳による会合では、ロシアの孤立化を進めるため各国がどこまで結束して断固とした姿勢を示せるかが焦点となっています。

この会合はウクライナ情勢を受けて、アメリカのオバマ大統領の呼びかけで急きょ設定されたもので、オランダのハーグで開かれる核セキュリティーサミットに合わせて行われます。
会合では、ロシアがクリミア自治共和国の編入を宣言したのを受けて、G7各国がすでにロシアに対して科している制裁について今後、どこまで強化するのか協議する見通しです。
G7の中にはロシアと経済的な結び付きが強い国もあり、制裁の強化を巡っては各国でばらつきがあることから、会合では各国が検討している追加制裁の内容について意見を交わし、立場を調整するものとみられています。
また、ことし6月にロシア南部のソチで予定されているG8サミット=主要国首脳会議の扱いや今後、ロシアが事態をさらに悪化させた場合、G8からロシアを締め出すかどうかという点についても、意見が交わされる見通しです。
会合の開催を呼びかけたアメリカのオバマ大統領が、ロシアの孤立化という共通の目標に向かって各国の立場をまとめて断固とした姿勢を示すことができるかが焦点となっています。

via: G7 ロシア孤立化への結束が焦点 NHKニュース

 

決定打に欠けるエリート層の財産封鎖、ビットコインへの揺さぶりに伺われる政府機関の関与

オータム・ラドキーが死ねば一番得するのは誰か ビットコインと租税自主権

クリミア併合問題、ロシア向けVISAカード決済停止  ロシアで凍結される総額12兆円の人質、市場から消えるロシアマネー、安保理での衝撃発言  西側の孤立化策は成立するか? %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%b6%88%e8%b2%bb politics international %e4%b8%80%e6%ac%a1%e7%94%a3%e6%a5%ad

 

プラント・パイプライン・輸送経路の新造で活性化が見通されるロシア内需 すべてプーチン大統領の手のひらの上

 ロシア議会はクリミア併合の条約を週内にも批准しようと準備を進めている。議員らはクリミア併合をロシアの勝利として歓迎しているものの、今後数十億ドルの負担を伴うとみられることから、低迷する国内経済が一段と圧迫される可能性もある。

 ロシアの政党、公正ロシアのミロノフ党首は20日までに、モスクワで記者団に対し、議会はクリミア併合に関する全ての法的手続きを週内に終える計画だと明らかにした。

 一方、ロシア経済発展省のリハチョフ次官は、東京で19日に開かれた第6回日露投資フォーラムでクリミアへの支出について、輸送インフラの建設費用約28億ドル(約2870億円)や娯楽施設の再建費用10億ドルなどを含むと説明。総額は恐らく50億ドルに達するとの見通しを示した。

 同次官によると、ロシア企業各社がすでにクリミア向けの投資に関心を寄せており、上記の支出が財政に与える影響は一定の水準で緩和される見込みだという。

 ロシアのシルアノフ財務相は20日までに国営テレビで、クリミアと特別市のセバストポリが抱える財政赤字を約550億ルーブル(約1556億円)と試算。その全額をロシア政府が肩代わりすることになると述べた。(ブルームバーグ Olga Tanas、Anna Andrianova)

via: 露、クリミア併合で経済圧迫 週内に手続き完了、負担総額50億ドル予想 – SankeiBiz(サンケイビズ)

 

極めてロジカルに動くロシアと対極的に、行き当たりばったりのネオナチクーデター政権 食料や燃料の確保は成功するか?

ネトウヨの言う通りにしたらこうなるという結果の見本市

 ◇プーチン大統領演説放映は「ロシアのプロパガンダに加担」

 【キエフ篠田航一】ウクライナ南部クリミア半島のロシア編入を宣言した18日のプーチン大統領の演説を放映したテレビ局に反発し、ウクライナ民族主義の極右政党「自由」の国会議員ら5人が同日、首都キエフのウクライナ国営第1チャンネル本部に侵入し、パンテレイモノフCEO(最高経営責任者)を暴行し強制的に辞表を書かせる騒動があった。同党は欧米が支援するウクライナ新政権に参加しており、新政権内で民族主義色の濃い空気が生まれている状況が浮き彫りになった。

 議員らはこの様子を撮影し、動画サイトで公開。ヤツェニュク首相は「これは私たちのやり方ではなく、決して受け入れられない」と議員らを非難した。

 地元紙によると、CEOは「視聴者には知る権利がある」と主張したが、議員は「ロシアのプロパガンダに加担した」と述べた。欧州放送連盟(EBU、本部ジュネーブ)も19日、非難声明を出した。

 新政権内の極右勢力の「暴走」が、ロシアの新たな介入を招きかねないことから、新政権はバランスを取ることに苦慮している。ヤツェニュク首相は18日の演説で、欧州連合(EU)首脳会議が開かれる21日にEU加盟に向けた「連合協定」の一部に署名する方針を表明。

 だが、EUが要求する自由貿易協定部分については「(ロシアと結び付きの強い)ウクライナ東部の工業地帯にマイナスの影響もある」と、署名に慎重姿勢を示し、ロシアへの配慮も見せた。

via: ウクライナ:極右政党「自由」国会議員らがテレビ局襲撃 – 毎日新聞

ロシアが1兆6千億円超請求へ 対ウクライナ天然ガス代

 

 【モスクワ共同】ロシアはウクライナ南部クリミア半島の編入に伴い、同半島セバストポリ海軍基地の貸与を受ける見返りに天然ガス代金を割り引く両国合意を破棄し、計160億ドル(約1兆6360億円)の返済をウクライナに求める方針を決めた。ロシア紙などが21日報じた。

 プーチン大統領が主宰する国家安全保障会議で決定。返済額には既に値引きした110億ドルや滞納分20億ドルなどが含まれる。

 ロシアはウクライナへの経済的圧力を強めることで、北大西洋条約機構(NATO)加盟を目指す政策の放棄や、ロシア系住民が多いウクライナ東部への大幅な自治権付与などを求めていくとみられる。

 

via: ロシアが1兆6千億円超請求へ 対ウクライナ天然ガス代 – 47NEWS(よんななニュース)

【セバストポリ田中洋之、ブリュッセル斎藤義彦、ワシントン及川正也】ロシアが編入宣言したウクライナのクリミア半島で、親露派の自衛部隊が19日、ウクライナの黒海海軍基地を相次いで制圧した。ロシア側は、クリミア半島に残留する1万5000人規模のウクライナ軍を排除することで編入を既成事実化する作業を始めた。

【現地からのルポ】「国境」には義勇兵 「ロシア領守るため」

 クリミア半島南部の特別市セバストポリにあるウクライナ海軍基地に親露派の自衛部隊ら約200人が乱入し、司令部を占拠。その後、ロシア黒海艦隊のビトコ司令官がウクライナ海軍のガイドゥク司令官と交渉し、明け渡しで合意した。ウクライナ兵は退去し、司令部にロシア国旗が掲げられた。さらにロシアはクリミア西部のノボオゼルネ海軍基地も制圧した。

 ウクライナ新政権は19日、「ウクライナ軍はあくまでクリミア半島にとどまる」と述べ、徹底抗戦を訴えた。一方、地元メディアによると、クリミア自治共和国のアクショーノフ首相は、半島にいるウクライナ兵士に対し、クリミアの人々に忠誠を誓うか、武器を置いて出て行くかの選択を要求した。このままロシア側がウクライナ軍の武装解除や基地制圧を続ければ、偶発的な衝突も起こる可能性がある。

 ロシア憲法裁判所は19日、ロシア連邦入りに関するクリミア側との「条約」を合憲と判断。ロシア軍は19日、ロシア北西部で戦闘機が参加する演習を始めた。また、米軍も同日、ミサイル駆逐艦が参加する軍事訓練を黒海で開始。軍事的緊張は一層強まっている。

via: <クリミア編入>露、海軍2基地制圧 ウクライナ兵明け渡し (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

VISAカードの停止で打撃を受けるのはただのロシア人旅行者だけ、政治的エリートには有効性0

ロシアが独自のカード決済、VISA停止に対抗

クリミア併合問題、ロシア向けVISAカード決済停止  ロシアで凍結される総額12兆円の人質、市場から消えるロシアマネー、安保理での衝撃発言  西側の孤立化策は成立するか? %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e6%b6%88%e8%b2%bb politics international %e4%b8%80%e6%ac%a1%e7%94%a3%e6%a5%ad 2014年3月23日(日)11:12

 【モスクワ=田村雄】ロシア紙イズベスチヤ(電子版)は21日、ロシアが独自のカード決済システムを普及させ、ウクライナ南部クリミア編入を理由に米国が発動した制裁に対抗すると伝えた。

 VISAカードなどが同日、米国の制裁対象となった「ロシア銀行」などロシアの七つの銀行との取引停止を決めたためだ。

 今後、一部の店舗や飲食店などでVISAカードによる支払いができなくなる。同紙によると、露国営銀行「ズベルバンク」のポポフ副頭取は、「今やいかなる国際的なカードでも停止される危険がある」と、VISAカードの対応を批判した。

 ロシアの決済システムでは、銀行が顧客にカードを発行し、買い物などの代金を後日、銀行口座から引き落とす。中国で決済用に普及している「銀聯カード」がモデルという。このシステムにはズベルバンクなど14行が参加しており、政府が今後普及を後押しする。

via: ロシアが独自のカード決済、VISA停止に対抗(読売新聞) – goo ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • だんご
    • 2014年 3月 23日

    どう考えても プーチンのほうが 一枚上手 アメリカ EUは 制裁をすればするほど どつぼにはまっていくような
    ロシアの最終目的が見えないと 制裁しても意味がないと思います
    自分は武力を使わず ウクライナをデフォルト
    そして 世界金融恐慌を起こす
    先進国家は 大混乱
    資源があるロシアは 高みの見物といったシナリオかな~~と勝手に考えています

    考えすぎの最悪のシナリオとしては 世界が大混乱に 便乗して ロシアと中国 北朝鮮が 攻め込んでくる
    ロシアはウクライナ 中国は 台湾と尖閣諸島 北朝鮮は 韓国・・・・
    ただの妄想やろうです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る