福岡 中洲の裏カジノ摘発 バカラのハウスで摘発16人 歌舞伎町ではカジノに物件賃貸の不動産屋も摘発


お遊びはBJまで、バカラに手を出したら店も客も終わり

 

福岡県警は7日、福岡市・中洲でバカラ賭博をさせたなどとして、住所不詳、自称無職矢島恩(めぐる)容疑者(41)ら男女16人を賭博開帳図利容疑で逮捕し、客の男3人を賭博容疑で現行犯逮捕した。

 県警は収益が暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて調べる。

 発表によると、矢島容疑者ら16人は昨年12月~今年1月、福岡市博多区中洲3のビルで、客にトランプを使ったバカラ賭博をさせ、手数料を受け取った疑い。客の男3人は7日、バカラ賭博をした疑い。

 県警は7日、ビルなど十数か所を捜索し、バカラ台や現金数百万円などを押収。矢島容疑者が賭博場の経営者で、他の15人はディーラーなどの従業員とみている。

via: バカラ賭博させた容疑、16人逮捕…客の3人も (読売新聞) – Yahoo!ニュース

 

博打で逮捕って事はまだこういう都会は景気いいのか、と思ったら客は3人しかいなかったみたいね。

他に凌ぐ方法もなく、だらだら赤字を続けながらなんとなく運営してしまってましたみたいなハウスなんだろう。

 

津々浦々の賭場も近年、リーマンショック以来閉まったままで、場当たり的に裏スロットなんかが出てきては消えていってるね。

不景気以前に、懐に金が余っててどこからともなく副収入が期待できる時代以外はパッとしないのがギャンブルビジネスの基本だ。

バブル崩壊以降の地方競馬もそういうわけでどうも元気が無い、と。

 

ところで、この手の遊びの中でバカラというのは不幸製造機だったりする。

勝って2倍以上になる博打以外全ては破産者をすごいスピードで生み出す。

 

一回ドバっと当たった時に+で勝ち逃げできること、懐の金の範囲である程度テクニックがあれば粘れることが健全な博打の基本条件だ。

その点ではBJ、ルーレット、ポーカー、この辺が無難といえば無難なんだろう。

一番妙味があるのはルーレットでディーラーと一対一で勝負する事だな。

 

バカラの場合は、当たってもバンカーの手数料分が差し引かれるし、バランスを超えた金額はBetできない。

プレイヤーとバンカーで掛け金の差額が25万だった時に、30バラの店なら上限30万までは店が足りない分張ってくれる。

その範囲内で動いている掛け金しか一度には張れないので、一回大きく崩れたら二度と立ち直れないのが特徴だ。

(大王製紙の息子さんみたいになってしまう。金がいくらあっても無駄。)

 

他のギャンブルでも大筋で上限があるのは同じなんだけど、スプレッドやPairBet、本命筋の厚張りや読み筋違いの引っ掛かり、ハッタリとそれぞれテクニックがあって挽回する余地が大いにある。

 

バカラの恐ろしいところは、熱くなった客が勝手に破滅するだけじゃなくて、こうして逮捕まで直結しやすいところにある。

たまに腕利きのディーラーなんてのがいるけど、ほっといても確立相応の(薄利)利益は必ず出るんで、普通は若いのにカードさばきだけ教えて店に立たせている。

 

つまり世間知があんまりないチンピラの若いのが盆を仕切るので、客を止められない。

そして不思議なことにバカラは暴力団やギャングの経営の店が多いので客に高利貸しをしたりして余計に張らせる。

まともな奴がディーラーをやってる店では、大体は「もうこの辺にしといた方がいいです」と止めるからね。

 

この賭博開帳で店をパクるというのは案外難しい。

大抵の場合は、多重債務に陥った客が、付け馬をつけられて取り立てを食らって、追い詰められて警察に行くことが発端になるんだ。

「私は確かに○○で賭博をして○○万円負けました」という証言がないとなかなか法廷を維持できないそうだ。

 

バカラの場合上述までのリスクを抱えた賭博である上に、店の運営筋がよくないのでこういうトラブルの可能性をはじめから内包している。

客もやばい筋のチンピラが多いし、博打の中でも百害あって一利なし。

読者の皆さんも博打がやりたくなったら、できたらルーレットやBJにしといたほうがいい。

 

バカラで何もかもなくした人はずいぶん見てきたよ。しまいには↓みたいに欲かいた不動産屋まで倒産させる悪魔のギャンブルだな。

 

 

 

福岡 中洲の裏カジノ摘発 バカラのハウスで摘発16人 歌舞伎町ではカジノに物件賃貸の不動産屋も摘発 economy %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 gaijin crime jiken soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

生かさず殺さずで遊ばせるのも腕の内だよ

 

 

取り締まりの時は小路をバスで封鎖して逃げ道を完全に塞いで袋のネズミ状態らしいね。
連行された奴は店と客で分散してバスで移送だと。
流行ってるハウスなら取調室足りないんじゃねぇか?

 

 

福岡 中洲の裏カジノ摘発 バカラのハウスで摘発16人 歌舞伎町ではカジノに物件賃貸の不動産屋も摘発 economy %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 gaijin crime jiken soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

バカラ賭博店と知りながら店舗賃料を受け取ったとして、警視庁保安課は組織犯罪処罰法(犯罪収益収受)違反容疑で、東京都新宿区歌舞伎町の不動産管理業「リー企業」経営、桜井哲人(あきひと)容疑者(38)=新宿区箪笥町=ら2人を逮捕。法人としての同社を書類送検した。同課によると、2人とも容疑を認めている。

 逮捕容疑は同社ビル内のバカラ賭博店「アトム」から、昨年の6カ月分の賃料計約370万円を受け取ったとしている。

 同社は歌舞伎町に8棟のビルを管理。これらのビルと賃貸契約した賭博店が過去にも複数回摘発されており、警視庁が同社に対し、契約前に賭博店の疑いがないか確認するよう警告していた。

 アトムの経営者は昨年11月、ロボットのディーラーを使ってバカラ賭博をさせたとして、常習賭博容疑で同課に逮捕されている。

 

via: バカラ賭博店と知りながら賃料370万円受け取る 容疑の不動産経営者ら逮捕 警視庁 – 産経ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る