民主党に再建の兆し 細野豪志、党首選立候補「強い野党を実現したい。賛同できるメンバーを結集する」


細野豪志党首なら民主党は期待できそう

 

民主党に再建の兆し 細野豪志、党首選立候補「強い野党を実現したい。賛同できるメンバーを結集する」 politics houdouhigai netouyo

 

民主党の細野豪志元幹事長は19日、党代表選にいち早く名乗りを上げた。

 記者会見では「党の代表選なので、野党再編は争点ではない。党の再建が争点だ」と語り、再編論議を「封印」した。野党再編に慎重なベテランや労働組合出身議員の支持を得る狙いがあるとみられる。

 細野氏は「強い野党を実現したい。賛同できるメンバーを結集していかねばならない」とも語り、野党再編に含みを持たせたが、かねて前向きな維新の党との合流構想などには言及しなかった。

via: Yahoo!ニュース – 新党にこだわる前原氏、再編掲げ代表選出馬か (読売新聞)

 

海江田さんが落選して辞職、まぁ気の毒なことだったけど、あの人は平時の運転には向いているけど乱世の党首には向いてなかったってことで。

ぶっちゃけ、自民党の谷垣さんと一緒で一番最悪の時期に党首になって、ネトウヨのデマや古傷に傷塩攻撃にさらされて気の毒だったな。

 

それでも負け戦の殿を務めきったのは、あまり根性がなさそうに見える彼にしては精一杯の努力だったろうし、立派だったと一つ拍手を贈りたいところだ。

お疲れ様でした。

 

今回、その後任の党首選に細野豪志さんが立候補するらしいけど、最も適任だろう。

ちょっと前に議員会館で見かけたけど、あれは堂々たる大将のオーラを持っている。

一見して大物だということがよく分かる、安倍晋三とかよりは大将として魅力的な男だろう。

 

多分、あっさり党首選を勝ち抜いて新たな風を巻き起こすんだろう。

 

 

そもそもの民主党の宿痾、今回の党首選で断ち切るべき

 

民主党に再建の兆し 細野豪志、党首選立候補「強い野党を実現したい。賛同できるメンバーを結集する」 politics houdouhigai netouyo

 

そもそも論として、民主党の一番の問題が何かというと、内ゲバしか出来ない組織にあったんじゃないかと思う。

それこそ自分たちの党から出た元総理まで礫を投げて追い出す始末で、その象徴が永田偽メール事件だったんじゃないか。

 

何かで足元を掬われたら身内から袋叩きにあって、振り返りもされないような組織がまともに機能するはずもなく、この欠点は致命的だったと思う。

民主党関係者で失脚して消えていった人のその後を思うと笑えない。

 

細野豪志さんがそういうことをきちんとケアできる人かはわからないけど、あれだけの風格のある人間ならそういう包容力も持ってるだろう。

親分としてのまともな資質を持っている党首を据えて、組織としての活動力を取り戻すのが民主党の最優先課題だろう。

 

自民党を見たらすぐに分かる。お友達内閣と揶揄されようがどうしようが、さすがに抜き差しならない、となるまでちゃんと仲間同士かばいあっている。

これを世間や国民が見たら不愉快かもしれないけど、自分がその組織の一員になった時どうだろうかというのを忘れてはいけない。

 

落ち目になった時に仲間が助けてくれる互助機能を持たない組織なんかはっきり言ってブロイラーの鶏舎同然だ。

そしてそれが今までの民主党。

そりゃ選挙で負けるし、党議拘束に従わない議員が出ても当たり前だったんじゃないだろうか。

 

誰が聞いたって、同じように政治家をやるなら民主党よりは自民党を選ぶだろう。

自民党の谷垣氏へのリスペクトと、民主党の総理経験者の扱い。

この一事に全てが凝縮されているよ。菅直人議員にまともに敬意を払った民主党員はいたんだろうか?まるっきり烏合の衆だった。

 

細野豪志に期待するポイントは親分力と包容力だろう。

女にモテる奴はそれをたいてい、持っている。

組織に包容力さえあれば構成員は組織を土台にして活発に活動ができる。それがあらゆる組織の基礎だ。

 

細野民主党の宿題は、元老たちの扱い

 

民主党に再建の兆し 細野豪志、党首選立候補「強い野党を実現したい。賛同できるメンバーを結集する」 politics houdouhigai netouyo

 

細野豪志さんが党首になってまずやるべきことは、まず創設者だった鳩山由紀夫氏や、ハブられている閣僚や総理経験者ともう一度誼を結ぶことと同時に、今までいい加減な体制で公認を乱発してきた人々と綺麗さっぱり縁を切ることだろう。

 

ボロと関わったらろくなことはない。

それは前々回の総選挙で証明されたし、維新の会も証明している。

今までの関係者たちの扱いを改めてしっかりさせると同時に、組織としての基盤と方向性を示して、手厚い資金を活かして現職議員を取り込んでいく方針でやっていくべきだろう。

 

おそらく、このまま安倍内閣が改憲方向に舵を切り続けていれば、自民党代議士から離反者が若干名出るんだろう。

公明党も連立を離脱する可能性が跳ね上がる。

その時に受け皿となれるのは結局民主党しかいないわけで、「あいつらと関わってもかばってくれないもんなぁ」という不安をこそとりあえず払拭する、これは重要な宿題だ。

 

一見してあれだけオーラを出している男は今の政界にはなかなかいない。

細野豪志だったらやれるだろうと思う。

あれはタダモノではない。

 

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 12月 21日

    褒め殺しwww

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 12月 21日

    あほな記事だぜまったく

    • 愛国左派
    • 2014年 12月 22日

    いい野党ができるかもしれないのにアホはないでしょ。
    それこそ国民の急務なのに。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 12月 22日

    誉め殺しの意味知ってる?
    単に誉めてるだけだよこれは。「ドリルで証拠隠滅なんて並大抵の度胸ではない!」とかいって、本来誉める対象でないことを誉めて
    はたで聞いてる当人がうつむいて顔真っ赤にしちゃうようなのがそうだよ。
    ※1は教養がないね。

    • 日本猿
    • 2014年 12月 22日

    褒め殺しは皇民党事件が有名ですね。

    きっと@迦陵頻伽は提灯記事と言いたかったのでしょう。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 1月 10日

    さっさと若い世代に任せろよ政治

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る