野口愛永さん遺体、井出裕輝親族の敷地に埋めていたことが発覚 大麻栽培も自前だった疑い


低所得のマリファナ常習者に広い土地、大麻も自家栽培?

 

 

近頃の多発していた危険ドラッグ事件とか、何かしら若い奴が事件を起こす度に大麻か危険ドラッグを所持してるというケースが増えているけど、今回の船橋生き埋め事件もご多聞にもれず男衆は薬物常習者だったようで。

まぁ、大麻くらいならそんなめちゃくちゃになったりしないんだろうけど、底辺で低所得なはずの連中が、一体どうやって大麻なんか買ってんだと。

 

危険ドラッグを持ってる奴は、妙な商売をやってる奴ばっかりで整合性感じるけど、電車男みたいな奴が大麻というのは「どうやって買ったんだ?」と。

どうも野口愛永さんの遺体を埋めたのが祖母の敷地と言うんだけど、ひょっとしたら自家栽培してたのかもしれないね。

 

昨今の薬物事犯の多さや、名古屋のダッチ事件らでも薬物関係のツイートが発見されていたけど、昭和脳では想像が出来ないほど日本は薬物汚染されてきてるってことが衝撃的だ。

 

しかも大麻に至っては、この貧乏で頭悪そうなどうしょうもないガキがここまで常習してたということは、おそらくは遺体を埋めた敷地で自家栽培してた路線で、それはつまり今後薬物事件を根絶するのがめちゃくちゃ難しいってことなんじゃないだろうか。

 

こんなどうしょうもないアホでも気軽に栽培できるほど情報が出回っていて、どこからか種を手配できる環境がすでにある。

当然、栽培して自家消費したあまりは仲間内で販売するのだろうし、大麻販売がマイクロビジネスとしてチンピラに定着する時代なのかもしれない。

 

一回だけ大麻密売の現場にでっくわしたことがあったけど、その時代は外国からの輸入で、カラーテレビとか冷蔵庫と交換していた。

大抵、タイとかフィリピンの東南アジアの船員が、袋にパンパンになるくらい、目視で1,2kgはあるんじゃないかって量を交換していた。

 

暴力団新法が出来る前のやりたい放題時代でもヤクザだって栽培なんかしてなかったのに、法で締め付けることで悪い方向に転がってしまったと感慨を持ってしまった。

 

 

野口愛永さん遺体、井出裕輝親族の敷地に埋めていたことが発覚 大麻栽培も自前だった疑い crime %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 jiken

 

買えばそれなりに値段がするんだろうし、底辺は自家栽培がブームなのか。
そういやぁ、のりピー夫妻も薬物どっぷり時代は大麻栽培してたというしね。
すげー時代になったもんだ・・・

 

 

野口愛永さん遺体、井出裕輝親族の敷地に埋めていたことが発覚 大麻栽培も自前だった疑い crime %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

野口愛永さん遺体、井出裕輝親族の敷地に埋めていたことが発覚 大麻栽培も自前だった疑い crime %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 jiken

 

千葉県船橋市に住む18歳の少女が行方不明になり、遺体で見つかった事件です。遺体発見現場は、主犯格と見られる男の親族が所有する敷地内であることが新たにわかりました。捜査本部のある千葉県警船橋東署前から報告です。

 まず、成田空港近くの畑で埋められた状態で見つかった遺体ですが、警察が身元の確認を進めた結果、今月19日から行方がわからなくなっていた船橋市の野口愛永さん(18)と判明しました。野口さんを千葉市内で車で連れ去り監禁したとして、警察は、井出裕輝容疑者と中野翔太容疑者、16歳の少年と18歳の少女の4人を逮捕していますが、その後の調べで、野口さんの遺体が見つかった場所は、主犯格と見られる井出容疑者の親族が所有する敷地内であることが新たにわかりました。

 「孫はここにいた(住んでいた)んだけど、今はずっといなかった」(敷地内に住む井出容疑者の祖母)

 また、警察の取り調べに対し、中野容疑者が野口さんを監禁、暴行した上で埋めたという一連の犯行に関与した旨の供述を始めたことも新たにわかりました。

 「翔太(中野容疑者)が言ったらしいです。殺人したとか拉致して、あれしたとか。(被害者には)申し訳ないとしか言いようがない」(中野容疑者の祖母)

via: 18歳少女遺体発見現場、主犯格とみられる男の親族の敷地(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 4月 29日

    元々乾燥大麻なんてのは自家栽培するものであって、底辺上流に拘らず高い金出してリスク負いながら乾燥葉の状態でやりとりする代物じゃないよ。
    標本としてという名目での大麻種子は普通に流通しているし、罰則も無ければ公安に目をつけられる事も無い。
    関税法上は熱処理されることとあるけど、鳥の餌だとか調味料として種子を輸入する場合は、いろんな種子やらイネ科植物と一緒くたになってパッケージングされて来るから熱処理されたかどうかの確認なんてザルだし。
    ペットショップに行って鳥の餌買って、小一時間かけてより分けて押入れのプランターに投げとけば、あとは待つだけって寸法。
    麻自体が強いから、昔は七味唐辛子をプランターにふりかけるだけで大麻が出てきた!なんて話もあったりね。

    戦後は麻繊維に依存していた小作農が多くて大麻規制に反発が大きかったけど、もう今の世の中は大麻栽培しなきゃいけない人ってのも大分少ないし、医療用以外は種子の段階でも完全規制しちゃえばいいと思うんだよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る