ニュースクリップ@経済  2014/07/09  新しいステージに進み始めた不景気  蜥蜴の尻尾切り、胴体に近づく


アベノミクス、国債バブルで浮揚し実態に引きずり降ろされる

 

今までは末端のブルーカラーの首切りで済んでいたものが、ついにホワイトカラーにもリーチ。

本部管理部門の人員削減は、つまり会社のそういった行動を決定している部門が「身を切らないと」もう削るところがなくなってきた様子を示している。

人件費の平均値で言えば、末端の三倍の効果がある以上、単純な人数のカウントよりは効果額で見ないと実態は見えないはず。

 

今まで「他人の首」を扱っていた者が腹を切るのはいよいよどん詰まりという事

ニュースクリップ@経済  2014/07/09  新しいステージに進み始めた不景気  蜥蜴の尻尾切り、胴体に近づく economy economy news
本部人員の整理は本丸から上がる黒煙
ソニーが本社管理部門で早期退職募集、2012年以来
日本人は迷惑をこうむり外人が絶賛するアベノミクス
表面上の人数は減っているものの高単価人材の解雇が増えているのでは?
実際少人数でも固定費のなんと3割
過剰流動性・国債バブルの世界的なEXITを日本にする気では?
増税しても好景気、実質倒産数最大でも好景気 後退を知らぬアベノミクス

 

スタグフレーション抜けだせず 鶏卵、燃料の次は食用油脂類

 

アベノミクス初期は鶏卵の生産調整を実施して、ものすごい数の鶏が殺処分されたわけだが。

当時から鶏卵のインフレを人為的に起こしたら、波及して食品の値段んがほとんど全部上がると指摘していた。

それが今度は食用油脂にまで届いたわけで、また巡り巡って鶏卵の値上げに直結する見通し。

 

消費税・生産調整・円安 人為的に首を絞められる国民生活

ニュースクリップ@経済  2014/07/09  新しいステージに進み始めた不景気  蜥蜴の尻尾切り、胴体に近づく economy economy news
熱を下げるために人間を氷水に沈める愚挙=アベノミクス
鶏卵の生産調整が始まりだった
好景気のはずが全然所得は上がらず物価だけ値上がり、すでに二周目
明治、チーズとバター10品目を8月に最大10%値上げ、3月に続き
与党内でもがたつき始める

 

日本との蜜月関係の一方頻発するミサイル発射、狙いは・・・・

石川製作所がどう動くかが「何か」を示唆しているかもね。

 

 

いつもなら海外ニュースが大騒ぎし瞬間反応する株が今回も沈黙。

ニュースクリップ@経済  2014/07/09  新しいステージに進み始めた不景気  蜥蜴の尻尾切り、胴体に近づく economy economy news
↑ ミサイル発射を知っていたかのように出来高変動。朝鮮総連関係者買いか?インサイダーの可能性
ミサイル、今度は日本海(ニュース化)を狙い複数発射
今回は海外ニュースも騒がず市場が無反応
タカ派のようでいながら歴代で最も北朝鮮と友好的な安部総理、制裁解除報道と並列でミサイル発射
集団的自衛権発表も市場材料にならず。外資系は無視
対北経済制裁解除発表後即の動き
残された大型材料は核実験か?
「裏で準備する金」があるからややこしい連中と関係ができるのが現実

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る