巨人軍、また野球賭博発覚 高木京介選手が関与、4人目 ナベツネがついに引責辞任に


なぜか語られない八百長疑惑

 

巨人は8日夜、東京都内の読売新聞本社で会見を開き、高木京介投手(26)が野球賭博に関与していたことを明らかにした。昨年10月に発覚した一連の賭博問題の責任を取って元オーナーの渡辺恒雄最高顧問(89)、白石興二郎オーナー、桃井恒和球団会長が辞任することも発表。会見で森田清司執行役員総務本部長コンプライアンス担当は「球団の責任者として、3人とも去年で膿を出し切れなかったという責任を強く感じているということ」と説明した。

via: 巨人・渡辺恒雄最高顧問が辞任 新たな野球賭博問題発覚で (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

 

巨人で4人目の野球賭博関与と言うんだけど、やっぱりこういうのって八百長とかも絡んでるんだろうか。

選手が博打に関与して、賭けて楽しむというのもピンと来ないし、多分どうしても勝ってはいけない試合とかがあってそういう風に試合運びをしたりしてるような気がする。

 

野球賭博の関与と聞くと原監督の1億円疑惑なんて浮かんでくるけど、プロ野球がどういう理屈で暴力団に食い下がられるんだろうか?

新聞とかメディア、大手上場企業がスポンサーのプロ野球に暴力団がとっつく隙があるようにも思えないんだが。

場外で勝手に野球賭博をやるのはまぁ、つきものなのだとしても選手や球団の幹部が接点を儲ける糸口がイマイチ理解できない。

 

芸能関係から接点ができるのか?

 

ところで、野球賭博というのは案外、これといってヤクザチックでもない人々に経済効果ももたらしている。

野球賭博は競馬のノミ屋とほぼ一緒で、末端の集金や賭けの募集は一般人がやっている。

歓楽街の飲み屋に出入りしている酒屋とか、ビルの大家さんとかがそういう事をしてる事例が多い。

 

特に甲子園の開催時期なんかが典型例で、球児が汗をかく時期は無関係な酔客や酒屋、ビルの大家も手に汗握っている。

 

そういう時期に世の中の好景気が重なってくると、そういう副業で小銭が儲かった奴らが賭博場に出入りして、賭博で儲けた小銭を賭博で溶かすという無情な光景が散見される。

殆どのそういう連中はこれがまた、てんでダメなくらい博打に弱いのも通り相場で、大体はアルバイトでせっかく稼いだ数百万を凄まじい勢いで溶かして、最後は家族会議でボロカス言われる宿命のようだ。

 

巨人もそういう観点では歓楽街の住人や、借金で身を持ち崩した人生終わっちゃった人々に夢と希望、そしていくらかの小遣いを渡すことで貢献してたと言えなくもないかもしれない(笑)

 

リーマンショック前までのプチバブルの頃も、そういう連中は全国の歓楽街にそこそこ居て、飲んだ後体温を下げるために訪れたアングラカジノで、ルーレットやブラックジャック、裏スロットでどんどん金を溶かしていたのを思い出す。

 

こうして摘発が相次ぐようではそういう業界も今後は縮小するのだろうけど、今度は何を博打のターゲットにするのか?

 

高木選手も博打でいくらか小遣いを稼いだんだろうけど、博打場で身を持ち崩した彼らと一緒で、悪銭身につかずを地で行く結末を迎えるんだろうか。

 

 

巨人軍、また野球賭博発覚 高木京介選手が関与、4人目 ナベツネがついに引責辞任に geinou %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 jiken

 

裏スロットなんかは論外として、数ある博打の中で勝った時の倍率が2倍を割り込んでいる博打はやってはいけない。
具体的にはバカラ。
BJでインシュアランスを賭けるタイプの貼り方だ。
バカラで負けたら絶対に浮上できない。
ハウスごとのバランスにもよるけど、バランスに天井がある倍率2倍以下の博打で勝てるわけがないのは明らかなんだが。

 

 

巨人軍、また野球賭博発覚 高木京介選手が関与、4人目 ナベツネがついに引責辞任に geinou %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

巨人は8日、東京・大手町の読売新聞東京本社で緊急会見を開き、高木京介投手(26)が野球賭博に関与していたと発表した。

 

 野球賭博問題の主な経緯は次の通り。

 

 ▽2015年10月5日 巨人が福田聡志投手の野球賭博関与を発表。同僚の笠原将生投手に紹介された知人との間で賭け。日本野球機構(NPB)の調査委員会が初会合

 

 ▽10・6 遠藤利明五輪相が「卑劣な行為」と批判。スポーツ振興くじをプロ野球に拡大する法改正に「導入はなかなか難しい」との見方を示す。巨人は全選手や監督、コーチ陣に事情聴取開始

 

 ▽10・7 巨人が熊崎勝彦コミッショナーに野球協約で定められている告発をする

 

 ▽10・8 ソフトバンクなどが問題を受けて選手らに聞き取り調査を開始

 

 ▽10・9 NPBも全職員、審判員に聞き取り調査を開始と明らかに

 

 10・21 NPB調査委は新たに笠原投手と松本竜也投手も野球賭博を行っていたと発表

 

 ▽11・9 巨人が福田、笠原、松本竜の3投手との契約を解除する方針を発表し、原沢敦球団代表は引責辞任。NPBは臨時実行委員会で再発防止策を12球団に説明

 

 ▽11・10 警視庁が3投手から任意で事情聴取したことが判明。熊崎コミッショナーが調査委の処分案を受けて3投手を無期失格とし、巨人に制裁金1000万円を科した

 

 ▽16・3・8 巨人が高木京介投手も野球賭博に関与と発表。渡辺恒雄最高顧問、白石興二郎オーナー、桃井恒和会長の辞任を発表

 

via: 巨人高木京介で4人目/野球賭博問題の経緯 – 野球 : 日刊スポーツ

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 3月 09日

    とりあえずオリンピックで野球は出来なくなりそうですね。
    元々東京オリンピックでの目玉の一つだったのにそこだけが残念です。どうせ追求もなぁなぁで済ますでしょうし。今後どこまで野球人気が墜ちていくのかというのが、これからの野球界の数少ない見所のかもしれませんね。本当に残念です。

    それにしても管理人さんはバカラに余程思い入れがあるようで、過去の楽しい思い出が垣間見えて羨ましい限りです(笑)

    • gundari
    • 2016年 3月 09日

    @迦陵頻伽 さん

    私はルーレット、BJ、ポーカー専門です。
    サイコロと手本引き、バカラはやってる奴が皆破滅しました。
    真面目にやめたほうが良いと思うんで結構本気で書いてます。

    付け馬に追いかけられてまずいことになってる奴も、見かけたの一人二人じゃないですしね。
    しょっぱいバランスでも、負ける奴は半年で5000万以上負けたりしてますんであれはガチで危ないと思う。

    ルーレットはよっぽどのレートの店以外、一晩でせいぜい数十万。
    平和な上に勝つときはしっかり勝てる遊べるギャンブルです。
    テクニックで結構しのげますしね、BJ同様に。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る