リッパート駐韓米大使襲撃事件、80針縫う大怪我に 果物ナイフでキム・ギジョンが襲撃、ソウルに潜伏する北朝鮮の工作員か?


「正義の刃」事件後即コメントを出し賞賛した北朝鮮

 

【ソウル時事】ソウルでリッパート駐韓米大使を切り付けて逮捕された男(54)は5日、連行された警察署で「一人でやった。米国のやつらが正気を取り戻すように、叱ってやろうと思った」と語った。警察関係者が明らかにした。
 男は取り押さえられた際に足を負傷して病院で治療を受けた。その際には、「戦争演習を中断せよ。演習のために南北離散家族再会が実現しなかった」と強調。聯合ニュースによると、男は「講演の案内状を受け取った後、10日間計画を練った」とも述べたという。

via: 「米国を叱ってやろうと」=10日間計画練る―駐韓大使襲撃犯 (時事通信) – Yahoo!ニュース

 

ソウルでアメリカ大使が攻撃されて大騒ぎ、というのでネトウヨがホルホルしてるけど、常識で考えたらただのネトウヨみたいな奴がこんなテロに成功するわけがないんだよね。

 

日本みたいなテロと無縁の警戒が緩い国でも、閣僚クラスが移動するとなれば相当護衛体制を固めて襲撃なんかとても無理になるのに、なんで韓国みたいにこの間まで軍事政権だった国であんなことが成功するのかと。

どう考えたって警備を意図的にガラガラにしていたとかでもない限りは、アメリカ大使が出席するような会合の襲撃にトーシローが成功するはずもなく、かなり周到に準備していたとしか思えない。

 

事件後すぐに北朝鮮が声明を出しているところに裏事情が透けて見える訳で、ソウルには北の工作員が大量に潜伏しているというの、あれ多分本当なんだろうなぁ。

 

おそらく北朝鮮が狙ったテロという見立てが一番正解に近いところで、韓国の対外的な評価の下落を狙ってるんだろう。

 

だからこそ「米韓同盟と無関係の事件」と当事国双方が主張しているわけで、我々第三国には承知できないところで何かしら南北関係が緊張し始めている兆候なのかもしれない。

 

多分この事件にひき続いて、少し前の北朝鮮が韓国を砲撃したような事件が勃発する可能性が高いだろう。

あるいは何か他のテロをやるのかもしれない。

 

金日成から金正日に代替わりした時も相当派手なテロをやっていた。

金正恩の代ではそういう路線からおさらばするのかと思っていたけど、そうでもなかったって事かもしれない。

 

北朝鮮の為政者交代イベント「テロで大花火」。

可能な限り日本と関係ないところで暴れて欲しいもんだけどね。

 

 

リッパート駐韓米大使襲撃事件、80針縫う大怪我に 果物ナイフでキム・ギジョンが襲撃、ソウルに潜伏する北朝鮮の工作員か? ajia international jiken

 

日本でもケネディ大使とかFBやらに攻撃されて、
東アジアの国々は全員頭おかしいとか思われてんだろうな。
他人のふり見て我がふり直せとはよく言ったもんだ。

 

 

リッパート駐韓米大使襲撃事件、80針縫う大怪我に 果物ナイフでキム・ギジョンが襲撃、ソウルに潜伏する北朝鮮の工作員か? ajia international jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

リッパート駐韓米大使がソウルで会合出席中、男に切り付けられ重傷を負った事件で、警察当局は5日、現場で取り押さえられた襲撃犯の男が動機について「南北和解の雰囲気を妨げる米韓合同軍事演習に抗議するため」と供述したと発表した。容疑者が米韓同盟や日米韓の安保協力に反対するチラシを作成していたことも分かり、警察は詳しい事情などについて調べを進めている。
 警察は、襲撃犯をキム・ギジョン容疑者(54)と断定。単独犯で、凶器の果物ナイフは自宅から持ってきたとされる。韓国メディアによると、男は事件後、報道陣に、シャーマン米国務次官(政治担当)が日韓関係悪化の責任は韓国にもあると取れる発言をしたことと大使襲撃とは「関係ない」と語った。
 一方、大使が搬送された病院の担当医は、大使が顔の右側に長さ11センチ、深さ3センチの傷を負うなどし、顔だけで約80針の縫合手術を受けたと明らかにした。手術は成功し、容体は安定しているという。
 手術は約2時間半にわたって行われた。頸(けい)動脈や顔面の神経、唾液腺などには刃物が到達しておらず、担当医は「機能的に大きな問題はない」との見解を示した。
 ただ、顔の負傷に加え、切り付けられた際に腕で防ごうとして、刃物が左前腕を貫通。筋肉のほか感覚神経も損傷し、担当医は指の感覚異常などの後遺症が予想されると述べた。大使はツイッターで「大丈夫だ」と強調した。
 韓国外務省当局者によると、在韓米大使館幹部は襲撃について「(米韓同盟とは無関係の)独立した事件とみている」と表明。韓国の安豪栄駐米大使とラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が接触し、「米韓同盟に対する否定的な認識や誤解が広がらないよう、緊密に協力する」ことで一致した。尹炳世外相もリッパート氏に電話し、この事件で米韓同盟が揺らぐことはないとの認識を確認した。
 李完九首相は、各国大使館の警戒や大使ら外交使節の身辺警護を強化するよう指示。国家安全保障会議は常任委員会を開き、犯人の反米・親北朝鮮活動や背後にいる勢力の有無について徹底的に調べ、抜本的な再発防止策を立てることを決めた。

via: 「軍事演習に抗議」と襲撃犯=傷11センチ、80針縫う―同盟影響回避・駐韓米大使 (時事通信) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る