陛下の祈りとは裏腹な激動の一年の幕開け

 

皇居・宮殿では午前10時すぎから新年の一般参賀が始まり、天皇・皇后両陛下をはじめ、皇族方がベランダに立つと、集まった大勢の人々から大きな歓声が上がりました。

 「本年が、国民一人ひとりにとり、安らかでよい年となるよう願っています。年頭にあたり、我が国と世界の人々の平安を祈ります」

 一般参賀の初回には、先月、100歳の誕生日を迎えた皇族最高齢の三笠宮さまも、妻の百合子さまと共に列席し、車いすから立ち上がって手を振るなど、元気な姿を見せられました。

via: 皇居で新年一般参賀、天皇陛下「安らかでよい年に」(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

 

恒例通り陛下の一般参賀から幕を開けた2016年。

平安を祈念する平成帝の願い通りの一年になるのだろうか?

 

陛下の願いとは裏腹に、多分2016年は歴史年表上のメルクマールというべき年になるだろう。

幸いそうならなかったとしても、後の20年30年、現在を生きている我々の脳裏に焼き付く一年になる可能性が高い。

 

今年は今までの一年とは違った一年になるだろうと強く予感してるので、今年の年頭は通年と違い平常運転的な感じではなく一年の流れを予想してみようと思う。

 

経済にせよ、政治にせよ後年の変化の萌芽はまさにこの一年に芽生える感じになるだろう。

一言で言えば時代は激変期に突入したってことだ。

 

2016年 時代の激変期に突入 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 health %e6%ad%b4%e5%8f%b2 god budah your life soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

 

世界経済激変の萌芽と、日本の財閥経済の終わりの始まり

 

経済的な変化は、日本ではまず財閥経済の終わりの始まりというのが表現としてぴったりだろう。

国際的にはインターネットの基本無料化という方向の動きが今後の10年-15年の動きになって、それにともなって各国の財閥が次々に姿を消していくはずだ。

東芝が2016年1月末までに3000億円規模の追加融資枠の設定を、三井住友銀行など主力取引銀行に要請する方針を固めたことが29日、分かった。16年3月期はパソコンやテレビなどの構造改革に伴い、多額の費用が発生するため、追加融資枠で資金を確保したい考え。
 東芝は今年9月、主力行と4000億円の融資枠を設定する契約を結んだ。不正会計問題で信用を失い、社債発行など市場からの資金調達が困難になる事態を見越した措置だった。しかし、構造改革費用が2600億円に膨らむ見通しとなり、資金不足に備え、追加の対策が必要と判断した。

via: 3000億円の追加融資枠=構造改革へ資金確保―東芝 (時事通信) – Yahoo!ニュース

消えていく財閥組の特徴は、新興経済と対立あるいは、自前で同じ業態を構築しようとしていたという一点に集約される。

 

アメリカみたいな国と違って新興の企業に積極的に関与してこなかった日本の各財閥は消えていく財閥組の筆頭になるだろう。

今までの日本の経済はまさに財閥経済というべきもので、三菱や松下、三井や住友が甚大な影響力を発揮していた。

こういった企業グループの中で生き残る可能性があるのはせいぜいTOYOTAとかその程度のもので、今後彼らが座っていた座席はソフトバンクやユニクロの様な新興企業に明け渡さざるを得なくなる。

 

その過程の年の瀬に東芝は早速運転資金に行き詰まって上述の様なニュースを出していたけど、シャープと同じように「救い様がない組」に分類されて国有企業に近い道を歩み始めた。

今現在でも、三菱の軍需への進出が象徴するように、飯の種がなくなった古い財閥はどんどん公共への依存度を高めている。

官民ファンドの産業革新機構と経済産業省は経営再建を進める東芝の事業再編を支援する。赤字が続く白物家電事業をシャープの同事業と統合し、新会社に革新機構が出資する案などを検討する。原発事業についても、国内大手との再編を後押しする。事業ごとの再編案に関与することで、東芝の再建を早期に進める狙いだ。

via: 革新機構、東芝を支援 シャープと家電統合検討 :日本経済新聞

新興財閥組が少ない日本は国家社会主義みたいな経済構造になる事が避けられないだろう。

 

古い重厚長大産業でも、新興経済に投融資を通じて親和的だった企業とそうでなかった企業の行く末の違いはアメリカ企業がお手本を見せている。

ライブドアの買収を頑なに拒否して今転落しているフジテレビと、新興企業に何らかの手法で投資したり協業していた企業の違いは何なのか?

 

それは巨大化する企業の成長から、フジテレビは何一つ利益をえることが出来なかったのに、投資をしていた会社は成長に正比例した利益を最低限得て己の糧にしているということだ。

 

敵が勃興して巨大化していく最中、自分の企業活動は衰退していくばかり。

これが日本の電機・電子関係のセクターを持っている多くの財閥の決定的な弱点だ。

ソフトバンクのやり方に毀誉褒貶があったとしても、とりあえずある産業の発展にともなって必ずソフトバンクが利益享受者として登場している事実を軽く見てはいけない。

 

さらに、インターネットが生活のライフラインの一環としてあらゆる経済活動に影響をし始めた今、世界のインターネットは無料化に向けて集約されるという未来予想は間違いなく現実のものになるだろう。

ネットサービスやEコマースで利益を上げる事業がこれだけ増えた現在、回線を無料にしてでも全員に使ってもらうだけの理由がサービス提供者にはある。

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)はインドの主要紙に寄稿し、同国での無料インターネットサービスを認めるよう訴えた。同サービスについては意見が分かれており、当局が意見を募っている。

フェイスブックが提案する「フリー・ベーシックス」プランは、ユーザーが自分の携帯電話からデータ料金なしで同社のサイトのほか教育や医療、求人情報など他のサービスにアクセスできるようにするものだ。このプログラムがネットの中立性の原則を脅かし、インド国内で異なるサイトへのアクセスの料金体系を変える可能性があるとの意見もある。

 

via: ザッカーバーグ氏、インドでの無料インターネット計画への支持求める (Bloomberg) – Yahoo!ニュース

 

恐らくFBやGoogleは持てる資本をネットの無料化にかなりの勢いで投資するだろう。

その前段階で新興企業財閥による人工衛星の打ち上げプロジェクトは過熱化するはずだ。

この現象で注目するべき部分は、この動きをリードする国が自動車の自動運転時代の覇者になるということだ。

 

今日本ではTOYOTAらが必死でその時代に対応しようと活動しているけど、おそらくその努力のすべてがGoogleやApple、FaceBookに塩を送る結果になる。

国産の携帯電話のアプリやサービスの全てが、AndroidやiOSによって吸い上げられたついこの間のパラダイムシフトが、プラットフォームを握れない事業の儚さを示している。

 

日本語は国際言語ではない。

つまり日本語を前提にそういったサービスを作ったところで国際的シェアは得られないし(だからアセンブリ時代の日本の工作機械は強かった)、宇宙を飛ぶ衛星の大半はロシアとアメリカ製だ。

そして無料化するインターネットは人工衛星によって提供される。

(地球という球体の表面をWi-fi化する事を目論んでいるんだと思う。)

 

荒唐無稽に思うかもしれないけど、今世界のインターネット利用者は32億人弱、その中でブロードバンド環境を確保できたユーザーは4割を割っている。

これが地球の人口の71億人に飛躍して、全員の回線環境が高速化したとしたら、ネットサービス各社の利益はどれだけ伸びるだろうか?

 

今のところ数ではロシアの人工衛星がアメリカの優位に立っているけど、流石にロシアが自動運転の覇者になるとは思えないので、今後アメリカが打上数でロシアを追い抜いて覇者の座に収まるんだろう。

 

わかりやすく言えばこういうことだ。

世界中の水道を一元化した蛇口を誰かが握っていたとして、一人ずつから水道料金を徴収するのと、ただで水を供給してみんなの生活コストの全てを収益化するのとどっちが儲かるか?

 

すでにFaceBookもGoogleも、第三世界からネット無料化を試験し始めている。

 

※世界経済の今後しばらくの渦の中心は、人工知能と(医用)生体工学だ。どちらもプラットホームは通信に依存する。先行して発達する自動運転が人工知能のテクノロジーを飛躍的に発展させるだろう。

 

 

再び上昇する先物、狂乱物価の始まり

 

2016年 時代の激変期に突入 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 health %e6%ad%b4%e5%8f%b2 god budah your life soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

今年いっぱいで他に起こることといえば、世界的な金融市場の不調だろう。

今までサブプライムローン問題から始まって、CDS問題から世界中で市場は悩みに悩んできた。

各国の金融緩和や打開策でなんとか埋め合わせてきたものの、問題はそれらの問題で発生した損失が解決したわけではないという部分だ。

 

つまり、特損を出した企業に特別融資をして乗り切ったものの、特損は依然として残っているというような状況が今の金融市場の概況だ。

 

日本経済がなかなか立ち直れないのも、バブル崩壊以来の傷んだBSが未だに解決してないからなのと同じことで、早晩金融市場は黄色信号が点灯するだろう。

(勿論、日本の市場は選挙が終わるまでは必死で政府が買い支えるだろうけど。)

 

そういった中で、現在狂乱物価から小康状態に落ち着いている先物は必ずもとより高いところまで値が上がる。

金融市場が危ないとなったら、今は先行きの見通せない為替に行くよりは商品先物に金が流れるのが必然だ。

恐らく、目先の利く大金持ちは小麦とか食用油の先物にじわじわ金をシフトし始めているだろう。

 

昨今の商品先物の小康状態は中国の過剰生産によって維持されてると言って良い。

今のところ経済市場で核爆弾と同じインパクトの武器を持っているのは中国だ。

 

年産で8億トンに迫っている鉄鋼生産能力をフル稼働させて、それを投げ売りするだけで世界の商品市場を一撃で破壊できる能力を持っている。

現実的に2014、2015と鉄や銅の投げ売り、中国人観光客の海外流出で影響力を誇示してきたのが中国だった。

 

その旅行客の消費に規制をかけ始めた以上、商品市場でも投げ売りを停止して逆に売り惜しみの方向にシフトするはずだ。

 

もともと、商品先物は増加する一方の地球人口の実需によって押し上げられていた。

その人口が減ったわけでもないのに値が下がるほうがおかしかった。

2006年~2012年あたりの、生活物資の高騰で町の食堂やうどん屋が頭を抱え込んでいた時代が再来するだろう。

 

それが始まったら当然、第三世界では文字通りの「食えない」で動乱が相次ぐはずだ。

 

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 1月 02日

    >中国に占領されたほうがむしろマシなのが日本の現実だ。

    ケインズ「英国がアメリカの植民地になる?そんな幸運はないよ」

    第二次戦後の英国よりも日本は悲惨な状況になりそうですね。
    徒手空拳の庶民は、どうやって生き残るか必死に考えなきゃいけないですね。
    ホモウヨみたいに頭空っぽにすれば楽なんでしょうけども。
    今年も軍荼利さんの記事を読んで勉強して、生き残りを図っていきます。

    • アール
    • 2016年 1月 02日

    グンダリさん、明けまして
    おめでとうございます。
    いつも為になる記事を
    ありがとうございます。

    ついに、改憲される
    可能性が高くなりましたか…
    加えて、財政破綻の可能性も
    ありますし…
    これからは、何も頼れない
    時代の幕開けなのでしょうか?
    正直、先行きが不安です。

    • 在日日本人
    • 2016年 1月 03日

    軍茶利さん、明けましておめでとうございます。
    だけど、この記事を読むと、2016年は「開けまして」本当に「めでたい」かどうかわかりませんが・・・。
    本当に、「門松は冥土の旅の一里塚」を地で行くような話ですし。

    >ダイナミックな財産の簒奪手法を用いることが出来ない個人も、自己防衛で
    >そういった時代の流れをキャッチアップして何かを考えざるをえないだろう。

    来てはほしくない未来のために、自力で食べ物が作れるよう家庭菜園をやっていますし、まだ購入してませんが、軍茶利さんが言われたよに収支が黒字の自治体の土地を買おうと思ってますし、それを買うぐらいのお金ならあります(実は、軍茶利さんが言う日本の十大都市の一つに住んでいます。十大都市でも、端のほうはまだまだ畑や田んぼもあります)。
    ただ、自分の頭ではこれ以上「自己防衛」する案が思いついませんし、これ以上のことが自分にできるかどうかも、自信がないです。
    正直な話、歳くって今まで生きた時間よりこれから生きる時間があからさまに短いのに、「生きるために」あくせくすることに果たして「意味があるのか?」と考えますし。
    やっぱり、晩年はゆっくりしたいし、貧しいながらもせめて人生を楽しめるようなことをしていきたいと思いますし。

    軍茶利さんのコメント欄でこんなことを書いていいのかわかりませんが、せっかくのコメント欄なので、自分としては、軍茶利さんはじめ、軍茶利さん以外の人の「自己防衛術」や「人生を楽しむための趣味(できたら実益を兼ねた)」を聞きたいです。意見交換して、真似できるのは真似したいですし、参考にできるのなら、参考にしたいです。
    ちなみに今自分は、実益なんかまったくゼロで完全な趣味ですが、自分の手で「VR」を作りたいので、Unityを学んでいます。
    てか、軍茶利さんは次に来るのは「人工知能」と「(医用)生体工学」と読んでますが、来年確実に来る「VR」は確実に来る分だけ、今更入ってもやっぱり「手遅れ」なんでしょうかね。まあ、自分でもやろうとしていることですし、VRコンテンツで一番簡単な全天球パノラマ動画も、4万円しないカメラで一発で作れますし…。

    いつも取り留めのないことを書いてすみません。

    • gundari
    • 2016年 1月 03日

    @在日日本人 さん

    あけましておめでとうございます^^

    財政が黒字の自治体の土地と並んで注目するべきものはあります。
    でも今年自分も買おうと思ってるので、それを買い終わったら公開しようと思っています(笑)

    VRコンテンツはHTML5と並列で注目して良いんじゃないでしょうか?
    目先の3年、4年は飯の種になるんじゃないかなーと思っています。

    生活全体の防衛で、今日本人に最も必要なのは、海外の保険にどうやって加入するかの一点に絞られると思いますね。

    円安はホモウヨのお望み通り、日本人がギブアップしてもどんどん進むと思います。
    トルコでロシア軍機が撃墜されても全然円高にならなかったことがそれをはっきり予言してます。

    つまり、円安と輸入物価の高騰、インフレ、将来の生活基盤(家自体)の崩壊を考えたら、円建てで受け取る殆どの保障に何の意味も無いってことです。
    (30年位の単位で見たら。)
    勿論、外貨建ての金融商品も購入できたとしても発行体が日本だったら信用出来ないですよね、なにしろ政府の社会保障でも約束が反故になるんですから。

    一昔前に海外の銀行口座開設ガイドを商売にしてるチンピラが山ほど居ましたが、今後は海外で保険に加入するガイドが立派な生業として登場すると思います。
    海外で保険会社を起こす奴も今の日本の状況に目をつけて必ずそういう商品を発行するでしょう。

    自己防衛術は私の場合は特権階級の人とそれなりに親しくすることですね。
    そしていつでも海外でやっていけるだけの能力を維持することです。
    人生を楽しむための趣味は今は釣りですな。実益も兼ねてますし。
    (水温が低くなった昨今、成果はイマイチですが。)

    少し血が騒いできているので、恐らく近々で少しづつビジネスに復帰していくだろうと思っています。
    今の日本の産業構造から、嫌でも東京に近いところに移動せざるをえないのがなんとも言えない嫌な気分ですけどね。
    (もはや自分の地元がそういう意味で終わってることを認めることに他ならないので。)

    • gundari
    • 2016年 1月 03日

    @迦陵頻伽 さん

    多分、その部分に骨髄反射して「チ、チベットガー」とか言う奴も居るんでしょうけど、ダライ・ラマですら経済政策は中国に任せたいと言ってる現実がありますからね。
    今まで中国がああした地域に投資してきた金を考えたら、今後は経済による緩やかな支配、パクスアメリカーナと同じ方式の支配しかしないだろうと合理的な推測に落ち着くわけです。

    今後の資産防衛で重要な部分は、世界が4-5ブロック化するという認識でしょう。
    中核は ブラジル インド 中国 アメリカ イラン あたりになるはずです。
    ブラジルは、アメリカと距離が近すぎて最も激しい摩擦があるでしょう。
    イランは外人にフランクではないので投資は難しい。

    必然的に、インドと中国に為替で資産を少しずつ移しておくのが大事だと思います。
    小さいエリアでの覇者はインドネシアも浮上するはずです。

    インドネシアルピアへの投資も十分妙味があると思います。
    フィリピンにせよ、インドネシアにせよ発展は本当にめざましい。

    @アール さん

    改憲というか、暴挙に等しい事が起きるだろうと思っています。

    不安とは、一定の規則性が何かに期待できなくなったことによって発生するわけですが、小泉政権成立以来、日本人は自分で規則性を破壊する連中を歓迎してきた実績があります。

    「決められる政治」は『国民の言う事を聞き入れる政治』という基本的規則性を破壊したワンマン政治を意味していますので、これは自業自得の側面が大きいと思っています。

    これからの時代は何も頼れないのは事実だと思います。
    実際、羅生門の応仁の時代、親子が骨肉喰らいあっていた時代ですらありましたが、人間は危険水準を超えて転落したら本当に何をするかわからないって事です。

    頼れないという事実を認識して、先を自分なりに考えるのはとても大事なことだと思います。
    国に依存しようが家族を依もうが、そのどちらも自分が破滅の瀬戸際に瀕したら命綱をためらわずに切断します。

    そのくらいの段階で多くの人は神にすがりますが、神様もそこまで転落する前に自分に祈らなかった愚か者は、あの世まで呼び戻して再教育するしか無いと見放すのが関の山です。

    苦しい時の神頼み、という皮肉は、事態が悪化する前に色々と算段を立てようと言う先人からのアドバイスなのです。

    • 梨さん
    • 2016年 1月 03日

    大阪都構想が爆裂死した時点で改憲投票など出来る筈が無いとは思ってましたが
    安倍なら解釈改憲と言う名の実質改憲をやるに違いないと思っていたので
    今回の記事を拝見して恐怖を感じています。
    ここ3年の司法判断がおかしくなっている点を見ても何でも合憲になるのは目に見えているので

    • 元通りすがり
    • 2016年 1月 03日

    軍荼利さん、皆様、明けましておめでとうございます。
    ネトウヨ・ホモウヨが周りにウヨウヨ(笑)しているのが当たり前になっている昨今。今やこのサイトを見る事が、私のモチベーションを保つ源となっております。
    軍荼利さんおっしゃる通り、今年は日本にとって日本人にとって大きな一年になるんでしょうね。
    生活に汲々とした毎日の中でただ流されるだけには成りたくない。私がこのサイトで見つけた事は「気づき」の大切さなんですよね。
    今年も末席から参加させて頂きますので宜しくお願い致します。

    • アール
    • 2016年 1月 03日

    @gundari さん
    返答ありがとうございます。
    まさに因果応報という
    感じですよね。
    放っておけば、こうなるって
    事を見越してた人も
    いたんでしょうけどね。

    老後の事まで考えて、
    何かしらアクションを
    起こさないと、どうにも
    ならないっていうのは、
    私も実感してます。
    海外でもやっていけるように
    英語の勉強を始めようかと
    考えてます。

    • りんご
    • 2016年 1月 04日

    いつも刺激をいただいています。
    解釈改憲するも、そもそも憲法改正を掲げてた前回総選挙の投票率が過去最低だったのに、集団的自衛権の採決でいまさら大騒ぎしてるようなら、なんでも簡単ですよね。
    日本人は政治的なことを議論し思考することに慣れてないからか、すぐ極端な思考に影響されてしまい、結局利用されてる人が大多数に思います。

    もともと手作りの特定の嗜好品を企画製造販売している仕事をしてますので、日本の大きな財閥の破綻は直接関係がないですが、日本全体の地盤沈下はこわいです。
    これからは国や組織の枠組を超えて、生き残るものと取り残されるものと分かれていく気がします。

    • 在日日本人
    • 2016年 1月 04日

    @gundari さんコメントありがとうございます。
    軍茶利さんの返信を読んで思ったのですが、やっぱり国民年金や国民年金基金の払いをやめたほうがいいですかね?
    今の財政状況考えると、支給も遅れるだろうし、お金も減額されるだろうし、ましてや今の安倍チョン政治なら鼻から問題解決する気はないだろうし。
    親や近所の人たちには「自分のためじゃなくて、面倒見てもらった今の親世代の人たちのために年金を払っている」とうそぶいてましたし、10年前の本では「このままでは年金は崩壊するから、最終的に税金として徴収される方式で維持されるので、払っていないと後々損をする」と書かれていましたので、今まで惰性で払っていましたが、今現在から見るとその目はもうないと思うので、もう見切りつけたほうがいいでしょうか?

    >特権階級の人とそれなりに親しくする
    >海外でやっていけるだけの能力を維持する
    これは自分にはまねできそうもないですね。「特権階級の人とそれなりに親しくする」なんて自分がしたら、それこそ「生体SPAM」になってしまいますし、「海外でやっていく」には外国語ができないといけませんが、自分はあんまり勉強ができなかったのですが一番できなかったのは「英語」で、学生時代あれだけやっても、単語が全く覚えられず、中一レベルの問題でも未だにできないと思いますよ。

    >水温が低くなった昨今、成果はイマイチですが。
    野菜に関しては、今年は・・・じゃなくてじゃ去年ですが、暖冬で、白菜やキャベツやブロッコリーにはアブラムシや青虫など大量発生して大変でした。その前の年は寒かったせいで虫にはやられず、できも良かったので今回も「楽勝」と思ってたのですが・・・。
    また、正月の雑煮に入れる小松菜も育ててたのですが、暖かったのであっという間に大きくなったため、正月前に食べることになり、結局雑煮に入れる小松菜はスーパーで買うことになってしまいました。
    お天道様相手ですから、自分の思い通りにはいきませんよね。

    >嫌でも東京に近いところに移動せざるをえないのが
    >なんとも言えない嫌な気分ですけどね。
    こんなことを書いてはいけないだろうし、軍茶利さんも気を悪くするかもしれませんし、だからコメントを削除しても構わないですが自分としては軍茶利さんには、東京・首都圏に行ってほしくないです。
    首都圏の放射能汚染は尋常じゃないレベルだと思うんですよ。
    軍荼利さんは自分より多くのことを知っていますが、唯一自分が軍茶利さんより知っていると思えるものがベクレルモニターを使った放射能測定だと思うんです。
    見る人が見れば「頭おかしい」と思われるし、自分もある意味恥ずかしいと思うのですが、自分は10時間で測定下限約10ベクレルほど測れるNaIシンチレーションベクレルモニターをもっていています(当然スペクトルグラフを表示できるやつ)。もちろん、市民測定所へ行って、放射能測定の講習も受けましたし、独学で放射能測定やその計算方法を勉強してきたし、当然放射能測定も好きなだけやっているので、「測定に関してだけ」の知識は間違いはないと思います。
    ちなみに、10時間で10ベクレル測るのがやっとの測定器で、100ベクレルののものを測るのにいくら時間がかかるかというと、実は6分なんですよ。50ベクレルだと、24分になります。
    詳しいことは省きますけど、測定限界の数値を1/nに下げるには、測定時間はn*n倍かかりますし、逆に測定下限の数値をn倍にするには1/(n*n)倍の時間で足ります。
    はっきり言って10ベクレル測れる機械は、ベクレルモニターの世界では「おもちゃ」レベルで、そんなおもちゃでも100ベクレルの汚染は数分で測定できるレベルの汚染で、関東圏の汚染は少なく見積もっても、数百ベクレルもあり、おもちゃのベクレルモニターでも短時間で測定限界どころか定量限界の10σを簡単に超えます。
    今自分の住んでいるところや、軍茶利さんが住んでいるところの地面の土を何十時間測ってもベクレルどころか、ガンマ線スペクトルグラフでもカリウム以外の放射線反応は出ないはずですし、それは2011年以前の日本では、どこにいってもそれが当たり前のことでした。
    いくら「空間線量だと大したことない」「放射能は人体に影響がない」といっても、あっという間に定量限界を超えて測れる土壌の放射能汚染は、それだけでも十分「異常」だと思うんですよ。
    軍茶利さんのすることにケチつける気は全然ないですが、もし行かれるとしても、十分気を付けてほしいと思っています。

    毎度変なこと書いてすみません。

    • gundari
    • 2016年 1月 04日

    @在日日本人 さん

    野菜と気温の関係は私も痛感します。
    田舎なので、ルッコラ食いたいとか葉物野菜がほしいと思っても、そこらで売ってないので、めんどくさいので私も自分で栽培してるんですけど、今年はアブラムシがすごいタイミングで湧いてましたね。
    11月でもまだ普通に付いてるのを見て呆然としました。

    結局、アブラムシだけはてんとう虫がやってこない季節は殺虫剤で駆除してます。

    ところで、首都圏ですが、東京から電車で3時間ほど離れたところを狙ってるんです。
    私はそんなに測定の知識はないのですが、風向きとかが原発災害地域からずれていて、海流で言えば上流(つまり南側)にしようと思ってます。

    東京に住むなんて、放射能がなかったとしても私には全然無理ですね。
    電車乗っただけで風邪が移るし、人口密度のせいか腹壊すことが多いんであんなとこに住んだら死んでしまいます。

    多分伊豆半島に拠点を置くことになるだろうと思います。

    そもそも論なんですけど、私は多分、大きな震災は10年単位で見たら相次いだといえる50年位のタイミングなんだろうと思ってますので、今から2030年位までの間にあと1,2回は阪神大震災や東日本大震災みたいなのがあるだろうと思ってます。
    従って、津波と地割れ、噴火災害や原子力事故は結構気をつけて考えております。

    伊豆と西日本の両方に拠点を持っていたらなんとかかわせるんじゃないかなーと思ってます。
    どっちもやられたら、故郷と心中しようと思ってます。
    チェルノブイリで野生化した地元民みたいに。

    • gundari
    • 2016年 1月 04日

    @梨さん さん

    結局、国民投票を回避する方便さえ準備できれば、既存の憲法さえ放置すればなんでも出来るんですよね。
    私は「言語の殻の破壊」はそれが狙いなのだろうと思ってますので、五分五分の確率で国民投票が行われないだろうと思っているんです。

    @りんご さん

    すでに地盤は沈下してるのですが、今のところ過去の遺産という基礎杭で支えてる状況です。
    財閥の弱体化がその崩壊のメルクマールになるんだろうと思ってます。

    すでに三井家が住友の軍門に降り、東芝がバンザイして、関西の三和が三菱の軍門に降ってますが、私は当時からそういう感覚で捉えてました。

    財閥依存型の経済で、財閥の頭数が減るということは、多様性を失うということです。
    今の日本の全体主義や閉塞感の遠因とも言えるものだと思いますよ。

    • gundari
    • 2016年 1月 04日

    @元通りすがり さん

    >今年は日本にとって日本人にとって大きな一年になるんでしょうね。

    右もリベラルも左も発狂することになるでしょうね。
    ルールを破ったやつを罰するのは、罰さなかったらまたルールを破るからだ というシンプルな事実を思い知らされることになると思いますね。

    @在日日本人 さん

    ちなみに年金ですが、経年払ってる人は受給資格までは払っておいたほうが良いんじゃないかと思います。
    私は払うつもりは全くありませんけどね。

    最終的に税で一本化されるとか、いろんなことを言ってる人が想像してないことがあります。
    それは、最終最後、最悪の状態になった時に、既存受給者の支払いを基金が出せなくなっているというシナリオです。

    もしそうなったらどうなるか?
    国鉄の精算と一緒で、債務を弁済するために税をみんなから徴収しなきゃいけませんよね。

    つまり、年金はもらえないのではなくて、過去の遺物を精算するためにみんなが負担する税金化する可能性のほうが高いと思ってます。
    つまりもえらないけど金だけは取られ続けるパターン。

    ただし、今まで宝くじを買っていたのなら、くじ引きに参加する資格くらいは買っておいても良いのではないかと思うわけです。
    で、払込履歴の長い人はとりあえず払ったほうが良いのかなと。

    ちょっとシンガポールとか香港とか旅行に行って(アメリカでもいいでしょうし)、外人が加入できる年金保険の終身者を探してみても良いかもしれませんね。
    多分シンガポールと香港なら確実にあると思います。
    日本国内でも保険会社が出してますが、インフレ予測が外れたらボーナスだと思って、1000万円分くらい加入しといても良いかもしれませんね。

    私なら米ドル建てで3000万円分くらい、博打だと割りきって(海外の保険に)入りたいです。
    インフレ予想があたってくれたら、多分その金で豪華マンション(笑)を購入して、豊かな老後が送れそうな気がするので。

    • 在日日本人
    • 2016年 1月 05日

    @gundari さんコメントありがとうございます、
    静岡県の放射能汚染については、ここに書かれていることが一番詳しいうえに、わかりやすいです(HP主催者は基地入ってますけど、この情報だけは正しいはずです。)
    http://www.ikaganamonoka.com/intr/kinoshita/03.html
    http://www.ikaganamonoka.com/intr/kinoshita/04.html
    伊豆半島に拠点を置くにしても、東側は絶対だめです。
    お勧めは三島市で、汚染度も住めると思われるレベルの低さだし、新幹線を使えば東京都心まですぐ行けますし。
    でもここに書かれているとおり、焼津市はだめで、駿河湾沿いに汚染があるので、拠点はできるだけ内陸部にしたほうがいいです。

    >どっちもやられたら、故郷と心中しようと思ってます。
    >チェルノブイリで野生化した地元民みたいに。
    自分もね、本当にダメだったら「あきらめるしかない」と思っています。
    脳卒中とか心筋梗塞が多いらしいので、できることならポックリ行きたいです。

    >国鉄の精算と一緒で、債務を弁済するために税を
    >みんなから徴収しなきゃいけませんよね。
    >年金はもらえないのではなくて、過去の遺物を精算するために
    >みんなが負担する税金化する可能性のほうが高いと思ってます。
    >つまりもえらないけど金だけは取られ続けるパターン。
    これは自分も考えてませんでした、自分は年金をやめる時「金なら返さん!」とか言って、徳政令か借金踏み倒しのような感じで、強引にチャラにすると思ってたんですが、普通に考えたらそんな無理やりなことできませんですよね。
    新規の年金の受付をやめて、既存の人たちだけ面倒を見るってのが、やめるにしても自然ですよね。自分の場合、親が気を聞かせて20歳の時から年金を払っているので、確実に払込履歴の長い部類に入りますから、確かに今のうち払って、資格を得るのは得策かもしれません。

    そして外国の年金保険も考えておきます。ただ自分は、堀江バブルの時にインデックスファンドをいじったぐらいで、金融商品の知識はまったくないです。今の保険も、いとこが保険の外交員をやっているので、それに入っているだけなので。
    だけど、年取って自分が働けなくなったら、お金に働いてもらうしかなく、自信が無いからやらないでは済まされないので、勉強するしかないですね。

    • gundari
    • 2016年 1月 05日

    @在日日本人 さん

    放射能関係は、私の友人がアメリカで物理系の博士になったのですが、アメリカ政府が学費やら生活費やらをフルサポートしてたので彼は信用できる科学力があるのだろうと思って彼に相談してたりします。
    科学者的アスペルガー特有の「不確定要素0」の計算ばっかする奴なので、そいつの結論を二倍化して考えてる感じですね。

    で、箱根より西の放射能関係ですけど、最悪期から小康期に入って2年、3年の現在、最初は飛散したんだろうけどだいぶ洗い流されただろうなと思ってます。
    それより東は多分、今でも飛散物が時々降下してるでしょうね。
    (中国から黄砂が飛んで来るのを見て、安全を確信してる奴って頭おかしいですよね。)
    それより気にした方がいいのは異様に安くなってる東北の一部地域の米とか、妙に安い高級魚だと思いますよ。
    型はイマイチだけど異常にやすいヒラメとか、売ってますよねたまに。
    で、よく見たら産地が・・・

    お金に働いてもらう話ですけど、それは為替によるのが一番いい方法だと思っています。
    インドネシア・ルピア 人民元 インドルピア この3つは財形に最適だろうと予想してます。

  1. 国民年金支払いは国民の義務ですし、年金基金は一回入ったらやめられないんですよね…。
    一度厚生年金に入って抜けるという荒業は有りますがw

    年金については私もぐんだりさんと同意見で、年金貰えない=生活成り立たない→生活保護
    のルートしか見えない以上は、年金がもえらなくなることはありえないと思います。
    支払いの年齢は少なくとも70歳までは上がるでしょうが、それまでは働けるように健康を維持しておくこと重要。
    また、国民年金については半分が税金入っている以上、払い損になるリスクはそんなに高くないし、掛け金も大した金額じゃないので私は払っています。
    共済年金の赤字まで背負わせられる厚生年金は事業請負化してでも外れてもいいとも思いますがw

    ところでお金に働いてもらうなら、私はやはり軍事力・経済力・政治力がその担保となると思うんですよね。
    そういう意味で、安定性重視であればUSドルもしくはロシアルーブルの方がいいかなあ、と思います。
    利益を求めて成長センターに投資するならインドネシアルピアかフィリピンペソあたりですかね…。
    但し買うならインデックスファンドかREITあたりになると思いますが。

    • gundari
    • 2016年 1月 05日

    @[email protected] さん

    前、クタで爆弾テロがあった後、白人客が激減してホテルが閉店ラッシュになって、地元の親しいやつから買わないかって言われたことがあるんです。
    その時の値段が6000万くらいでした。
    ちょっと前にバリ島に遊びに行ったら、そのホテルが10年ちょっとで7億円になってました。

    それからバリ島みたいな不動産流通の盛んなところで、開発妙味があるそうな土地をじっと見てるんですが、かなりの値上がり率ですね。
    土地は通貨に先行して高騰します。
    つまり、金融商品を買わなくても、素でルピアを買っちゃえばいいんじゃないかと思うわけです。

    知り合いの超金持ちがインドネシアの僻地に別荘を持っていて、預金を2億円ほどしてるそうですが、数十人の使用人と遊び金は利息で全部支払いが出来て、この15年間預金の元本に食い込んだことも一度もないそうです。

    年金については、私は支払えなくなるだろうなと思ってます。
    税金の補填はその内できなくなります。
    しかし、すでに支払いを開始した人が死に絶えるまでは、支払いを債務としてそれ以外が全員で税金で払うことになるだろうなと思ってますね。

    なぜそう思うかは実に簡単で、どうせ残高も偽造残高証明が大分混じってるだろうと思うからです。
    つまり収支計算や発表されている資料を私は全く信用してません。
    ネコババが相次いで、ずさんな資産を取得簿価で計上して、関連の組織に金城湯池を作って、残高を人に見られて困らないように維持できる組織なんかあるはずがないので。

    生活保護はその頃には姿を変えて、福祉住宅と福祉配給みたいな形になってると思いますよ。
    都市部の縁から住宅地が崩壊したら、年金とかそういう問題の前にどのみち生活を丸抱えせざるを得ません。

    水道管も下水管も維持できないということは、ほぼ確実にそうなるんだろうと思うわけです。

    • 在日日本人
    • 2016年 1月 07日

    @gundari さん
    >私の友人がアメリカで物理系の博士になったのですが、
    >アメリカ政府が学費やら生活費やらをフルサポートしてたので
    >彼は信用できる科学力があるのだろうと思って彼に相談してたりします。
    放射能の危機回避対策はばっちりじゃないですか。軍茶利さんのような頭のいい人でも、放射能関係は知らない(2011年3月までは知らないのが当たり前で、知る必要がなかったんんですが)と思っていましたが、ちゃんとした研究者がバックについているんですから、自分のような素人は出る幕がないですね。

    >それより気にした方がいいのは異様に安くなってる東北の一部地域の米とか、
    >妙に安い高級魚だと思いますよ。
    自分ちの近くにできた「まぜそば」のお店はご飯食べ放題なのですが、そのお米のが入っていると思われる30㎏紙袋が北関東のものだったんですよ。
    そしてね、コメの卸から直接聞いたんですけど、その卸が扱ってる業務用の無洗米には宮城県産が使われています。
    ただ、ここのページで書かれているとおり、思ったよりも食品の汚染度低かったと思われます。
    http://www.ikaganamonoka.com/intr/kinoshita/11.html
    10時間で10ベクレルしか離れない機械で、魚沼産コシヒカリを12時間測ったことがありますが、数字でもグラフでも反応がありませんでしたし(どっかの米屋が測定下限3ベクレルまで測っても出なかったみたいですし)、実を言うと23年度の会津産の玄米を12時間測定しましたが、セシウムの反応はありませんでした(下限が10ベクレルですから、安全を証明するまでには至りませんが)。
    でも、2012年1月に伊藤園の「かりがね茶」を測ったら、見事にセシウムを検知したときは、血の気を失いました。天下の伊藤園が、セシウム入り茶葉を売っているんだから「ふざけんじゃねー!」と心底思いました。しかし、半年後同じ製品を買って測ったら、きれいさっぱりセシウムの反応がなくなってるんですよね(たぶん反応する茶葉は、パットボトルのお茶になってると、自分は思っています)。
    あくまで自分が思っていることですが、一番やばいのは「外食」だと思うんですよ。普通にスーパーなどの小売りで売っているものは、市民測定所や自分みたいなベクレルモニター持ちがいるため、チェックされる危険性があるので、変なものは出さないと思うんですよ。そこで検査される可能性がないのは、その場で食べる「外食」で、やばいと思うんです。
    そして、外食以上にやばいのは「刑務所の食事」だと自分は思います。学校給食は親たちの反発があるけど、刑務所は囚人が反発するとは思えないですし。

    でも、軍茶利さんほどの人が下手打つわけないですし、勝手に心配した自分が悪いですね。

    • gundari
    • 2016年 1月 07日

    @在日日本人 さん

    放射性物質の汚染ですけど、全般的には雨と風で飛散したり洗い流されたりしますので、今心配したほうが良いのは極めて限定的なエリアだと思います。
    (多分、伊藤園のものも指定農園の降水前と降雨後みたいな要因があったんじゃないでしょうか。)
    でも、農地については汚染度とかわかりませんし、一定の範囲外の農地は土入れ替えたりしたわけじゃないんで、私は怪しい地域のものはパスですね。

    ちょっと水が汚い港の魚なんか、臭かったりまずかったり当たり前じゃないですか。
    人死が出るわけでもないただの汚水でそうなるのが、放射性物質で当たりくじ引いた時に大丈夫だとはどうしても思えませんし。
    実際一部東北地域の米が異常に安いのを見てると食べる気しませんよ。

    というわけで回避は正しいリスク管理だと私は思います。
    雨で洗い流されたらそのうち地下水になるのだけはっきりしてますんで。

    ちなみに、件の科学者の奴もそうなのですが、ああいう人達って計算根拠がつねにはっきりわかってるものしか入れませんので、言ってる内容を倍がけにしてリスク管理してちょうど位だと思います。
    よく御用学者なんて言われますけど、お金より渡す情報を調整することで都合のいい計算結果しか出さない科学者の出来上がりです。

    たまにオプション取引で、学者が作ったアルゴリズムで運用してるファンドが破綻してますけど、彼らが馬鹿なのではなく、取り入れる情報の要素に欠落があったってことなんです。
    見えないものを計算しないからああなるわけなんですが。。

  2. ドイツ第三帝国のアドルフ・ヒトラー曰く 
    「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

    しかも進むのはそれだけじゃない。人間がそうなるにしたがって、地球にも宇宙にも大変動が起こるのだ。1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフィ(大破局)が近づくのだ。

    若いころ私は、『我が闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。それが1989年以後の状態だ。人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。私が生まれてから150年後、21世紀に来る究極に。私自身もそれを霊感ではっきりと見てさえ、信じられないような究極に。」

    「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、実質はナチズムが支配していよう。デモクラシーの国も社会主義の国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは天変地異の期間でもある。人類は大自然から手ひどく復讐される。気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃(かんばつ)が代わる代わる地球を襲うだろう。」

    資本主義と共産主義は対立しているように見えて、本質的に同じ存在に過ぎない。
    資本主義社会では資本家財閥が力を振るい、共産主義社会では共産党員が力を振るう。

    金融業を生み出したのも、共産主義を考えたのも悪徳なユダヤ人だ。

    富の不公平を解消し、平等社会を実現する最善の方策は国民社会主義である。

    ヒトラー統治下のドイツでは、500万人の失業問題が瞬く間に解決し、自殺者が減少した。
    1日8時間労働・有給休暇・累進課税・扶養控除など先進的な労働福祉・税制政策を導入。
    大企業・資本家に増税し、労働者に対しては減税を施し、富の再分配を実現した。

    ドイツの国民社会主義、イタリアのファシストの政策は同盟国の日本にも影響を与えた。
    国家による産業指導、護送船団方式などは戦前に確立され、戦後の高度成長の源泉になった。

    「一億総中流」と呼ばれる、高度成長しながらも国民が比較的平等であった奇跡の日本経済は国民社会主義体制によるものだった。
    この時代は俗に「日本は成功した社会主義国」と表現されるが、正確に言えば「日本は成功した国民社会主義国」である。

    これが崩壊するのは、中曽根政権頃から広まった新自由主義による結果である。
    プラザ合意などで英米は日本に規制緩和を要求し、日本は国民社会主義を放棄した。
    その結果が、バブルの狂騒と失われた20年である。

    新自由主義が蔓延した結果、人々は「金権至上主義」に走ってしまい人心が荒廃した。

    貧困・格差・いじめ、様々な社会問題解決のカギは国民社会主義に基づく民族共同体建設である。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る