ASKAと逮捕された栩内香澄美  豪華生活の秘密  ただで手に入る覚醒剤、広がる人脈  狙われる女達


ASKA容疑者と逮捕された栩内(とちない)香澄美容疑者は37歳の会社員。自宅マンションは東京メトロ・表参道駅から徒歩3分で、一般的なOLの収入では手の届かなそうな都心の1等地にある。ASKA容疑者はこのマンションに足しげく通っていたようで、2人は知人の域を超えた親密な関係だったといえる。

 日本全国で200人程度の珍しい名字。2011年に化粧品の利用者レビューで、黒髪の清楚(せいそ)な同姓同名の美人が顔写真入りで、まつ毛のメークについて書き込んでおり、インターネット上では「同一人物なのでは?」との声が上がっている。

via: ASKA容疑者と共犯の37歳女、ネットに続々“情報”上がる (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

ASKAと一緒にパクられた栩内というおねーちゃん、ネットで色々書かれてるらしいけど、こういうグルーピーの女の悲哀だな。

学生でも、悪くて有名なのの追っかけみたいなのからヤンキーになる女とかいるけど、その延長線上だよ。

クラブみたいなのとかに出入りしたり、バンドを追っかけてみたり、芸能界に少しだけ足をつけたり。

 

そんなことやってるうちに、あちこち顔が広くなって、ある日やばいものを持った奴が現れて味を教えこまれるわけ。

そして、その後客としてむしられる奴も居れば、拡散係として道具になる奴もいるんだよ。

どっちも薬を手に入れるために必死になることだけは共通している。(後者の場合、自分の地位保全のために必死になってるのかもしれないけどね。)

 

押尾というアホなあんちゃんも薬を持ち歩いて女に使いまくって、しまいには事故が起きて刑務所に行ってしまったけど、ああしたネットワークが広い奴ってのはただで薬物が手に入るもんだ。

ヤリマン割引・イケメン美人割引ってのがある。大学生のガキなんかで訳知り風のやつが合法ドラッグをヤッてたりして、何故かイケメン・美人が多いのもそういうことなんだな。

そいつと関わりがある太い客になりうる奴に薬物をそいつが教え込む場合もあれば、そいつ自信の取り巻きも手を出したりするようになる。

 

押尾だって、あいつの交友関係者が大物過ぎて手が出なかったってだけで、案外押尾中心に薬物とセックスが癖になってる資産家なんてぞろぞろ出てくるのかもしれない。

この栩内というおねーちゃんも、そういうつながりから薬物の拡散係になって、その薬物と芸能界への広い顔を中心にして小銭を稼いでそのマンションを買ったんだろう。

 

薬をただで手に入れて、人を紹介することで流れにイッチョがみして、自分の取り巻きに売るときは卸から買い取って代理店的に販売してたんじゃないか。

 

芸能人として成功したわけではないらしいけど、訳知りなだけのそういう哀れな奴ってのはどんな業界でも時々はいるもんだ。

実刑になったら、ムショから出てくるときにはもう見る影もない状態になって出てくるんだろうけど、文字通り薬物と男に「食われちゃった」たぐいなんだろうなと思うと哀れな話だと思っちゃう。

あんまり責める気には、ならなかったりするな。

 

というか、捕まる前に俺にもやらしてくれればよかったのにと思うw

 

 

ASKAと逮捕された栩内香澄美  豪華生活の秘密  ただで手に入る覚醒剤、広がる人脈  狙われる女達 geinou %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 jiken r18

 

まだ見てない人は、ぜひ。
洋の東西を問わず似たようななもんなんだよな、という名作だ。

 

 

ASKAと逮捕された栩内香澄美  豪華生活の秘密  ただで手に入る覚醒剤、広がる人脈  狙われる女達 geinou %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 jiken r18

 

↓関連記事↓

 

 

 

覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)の東京都目黒区の自宅から、警視庁が、尿の覚醒剤成分を判定する検査キットを押収していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。一方、Chage(56)は広島市内でファンイベントを開催。逮捕後、公式ホームページにコメントを発表していたが、公の場に姿を見せたのは初めて。トレードマークの帽子を取って、「すみませんでした」と謝罪した。

 同庁組織犯罪対策5課は、ASKA容疑者が日常的に覚醒剤を使い、発覚を恐れて自ら検査していたとみて捜査。同法違反(使用)の疑いでの立件も検討している。

 メタンフェタミンやアンフェタミンを対象にした薬物検査キットはネット通販もされている。キット本体を取り出し、尿を数滴垂らすと、5分後に結果が出るというもので、1セット1700~2000円程度。捜査関係者によると、検査キットは未使用の状態で数個見つかった。病院や警察で使われるもので入手が難しいという。

 また、押収した覚醒剤とみられる粉末は十数回使用できる分量だったことも判明。自宅で押収した合成麻薬MDMAとみられる錠剤は約90錠あったことも分かった。

 ASKA容疑者と知人の会社員・栩内(とちない)香澄美容疑者(37)は、東京都港区にある栩内容疑者の自宅マンションで覚醒剤を所持したとして、17日に逮捕された。組対5課によると、2人とも容疑を否認しているが、いずれも尿検査で陽性反応が出た。ASKA容疑者はMDMAも陽性だった。

 組対5課は、ASKA容疑者が今年に入って月に数回、栩内容疑者のマンションに出入りしているのを確認。週末の未明に訪れ、明け方に出て行くことが多かったという。

 近隣住民らによれば、栩内容疑者は身長160センチ以上で、容姿端麗。顔を合わせれば、必ずあいさつし、人当たりもよかったという。近所の飲食店では、栩内容疑者が男性ミュージシャン、女性アーティストと来店したこともあったという。

 同課は18日午前、覚醒剤取締法違反の疑いで両容疑者を送検した。

via: ASKA容疑者、自宅から覚醒剤検査キット 発覚恐れ自ら使用か : 芸能 : スポーツ報知

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 5月 19日

    美人ならおとなしくしてれば適度に幸せな生活が手に入りそうなもんなのになぁ…と、こういう事件を見る度つくづく不思議に思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る