チケットぴあでノートパソコン紛失、顧客情報が14080件漏洩のおそれ


サラリーマン諸君にとっての危ない伏兵「落し物」にご用心

 

 

チケットぴあで情報漏洩と言うんだけど、去年騒動になってたクラッキングでやられた奴と違ってどうやら落し物らしいね。

出張が多い人、今でもそうだと思うけどノートパソコンって案外嫌なお荷物なんだよなぁ。

今だと随分ましだけど、一昔前だとノートPCが重いのなんのって。

 

今だと、比較的良いサイズのモニターでかいノートでも多分1KGそこらだと思うんだけど、昔だと2KGとか余裕で超えてて、移動時間が長い出張の時はついつい、おいとけるとこにおいてしまう事が確かにあった。

 

もうかなり前になるけど、新大阪駅で中央官庁の幹部官僚らしき人が公衆電話かなんかの上だったと思うけど、ノートパソコンや資料が入ってる荷物をひとまとめ忘れて行ってることがあったのを思い出す。

仕事で叱られたらかわいそうだと思って、落ち合えるなら目的駅で直接届けてあげようと思って荷物を開けて名刺らしきものを探そうとしたら、大臣の携帯番号とか難しそうな打ち合わせ資料が入ってて固まってしまったのを思い出す。

 

幸い、思い出したらしくて本人が能面のべしみみたいな顔で回収に来たからよかったけど、あれだって悪いやつに拾われてたら大変なことになってたんだろう。

チケットぴあでノートパソコン紛失、顧客情報が14080件漏洩のおそれ economy %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7 yakunin %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b

べしみ

 

あの鬼気迫る表情、どす黒いと見えるほど血の気の引いた顔、ものすごい速度の走り方は一生忘れられない気がする。

 

これは、みんなノートパソコンを手荷物に分けて運ぶことに起因してるからで、アタッシュケースかリュック、スーツケースに必ずノートを入れて荷造りを工夫してしまえば防げる問題だ。

大半の人はノートPCだけ別持ちで運んでいるけど、手放せない荷物の中に入れてしまったほうが結果的に忘れ物をしたり落として壊したりする可能性は低くなる。

 

多分、仕事先での移動とかそういう都合で別荷物にしたがるんだろうけど、かさばらないPCケースを買ってきて、必ず荷物はひとまとめで持ち運ぶことだと思うわ。

 

それと、職場のシステムでそうなってるならもうどうしょうもない問題だけど、メーラーでメールするのもそろそろやめた方がいいだろうね。(まだ結構居るらしいね。)

最終最後、バックアップさえしっかり取ってたらWEBメーラーに優るシステムも無いわけで、端末の中身も荷物の数もスッキリまとめて軽くしておくのが事故防止のコツだ。

 

 

チケットぴあでノートパソコン紛失、顧客情報が14080件漏洩のおそれ economy %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7 yakunin %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b

 

お客さんにとっては気の毒だけど、組織としてはこういうのは責めてもいかん気がするんだよな。
うっかりは誰にでもあるわけだし、それでキャリアが終わるのは違うだろと。
みんなで一緒に謝っとけば済む問題でしょ?

 

 

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

どうやら悪人にとって利用価値が高いらしいチケットぴあ 出張にはご用心

 

8月上旬以降、ツイッター上には「チケットぴあ」を通じた被害を訴える書き込みがいくつも寄せられている。請求額はいずれも高額で10万円を超える報告例も一つや二つではない。

「チケットぴあ」を使った不正購入問題は2014年5月にも発覚した。不正アクセスによってチケットを購入したとして電子計算機使用詐欺容疑で逮捕され、容疑を認めた中国籍の男女6人は、約100人分のIDを不正に使用していた。報道によれば、容疑者らは13年9月から14年3月にかけて約850万円分(約400枚)のチケットを詐取していたといい、チケットは約300万円で転売されたとみられている。

報道後、チケットぴあは「今回の事案に関する個人情報は、当社サイトより流出したものではありません」と報告していた。

サイトには現在のところ、最近の不正アクセスについて書かれたものは見当たらず、「不正利用を未然に防ぐためのお願い」という2012年のお知らせ文があるのみだ。

 

via: 「チケットぴあ」不正アクセス&高額請求の報告ネットに続々 「ぴあ」は自社からの情報流出は否定 : J-CASTニュース

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る