埼玉・祖父母強殺 居所不明児だった少年、母親の指示で襲撃した背景・全てに見放された生い立ちが法廷で明らかに


裁判長困惑「周囲の大人は何をやっていたのか」

 

埼玉県川口市で今年3月、少年(18)が祖父母を殺害し金銭を奪った強盗殺人事件の裁判員裁判の過程で、少年が社会問題化している「居所不明児」として学ぶ機会を奪われ、暴力やネグレクトなど虐待を受けてきた生い立ちが浮かんだ。公判で裁判官が「大人は救いの手を差し伸べられなかったのか」と発言する一幕もあった。判決は25日、さいたま地裁(栗原正史裁判長)で言い渡される。【山寺香】

via: Yahoo!ニュース – <埼玉・祖父母強殺>被告少年は「居所不明児」、無援の年月 (毎日新聞)

 

完全に孤立していて誰も居所を知らないという話ならまだわかるんだけど、周囲の親戚がコンタクトがある状態でこれという絶望的な事件だったみたいだね。

言葉は悪いけど、大抵ここまで悪化する家庭の周囲の世帯もあまりまともではないという典型例なのかもしれない。

まともにサバイバルして育つことができるかどうかは運次第という。

 

昨日もチラッと触れたんだけど、貧乏というのは馬鹿ってことで、少なくとも元の地頭がまともだったとしても回転する境遇にないってこと。

首も頭も回らない、悲しいことに。

金という潤滑油がないせいでパニックになる奴が大半で、冷静に耐えて凌げる奴なんてのはどれほどもいないんだろう。

 

普通、ここまで追い詰められて金蔓である祖父母にまで手を付けた上に、子どもと一緒に警察沙汰になるような事件を起こすくらいなら、生活保護に駆け込むとか性風俗店に転がり込むとか何とか逃げていく方法というのはあるはずだよね。

 

働くのも嫌なんだろうし、一番楽な逃げ道は生活保護になるはず。

ところがこういう生活環境の人は手続きが難しいとか役人がムカつくと言ってはこういう方向に走って他人から奪って生きていく。

そもそもそれがあることを知らなかったり、頭の中から消えていたりするのかもしれない。

 

福祉というものはハードルを上げるとろくな事にならないという典型例だ。

 

これって何がショッキングかというと、90年台に爆発的にヒットした漫画で「天然少女 萬」という貧困家庭のコギャルの作品があったんだけど、当時は絵に描いたような貧困を文字通りネタとして楽しんでいて、物語としてヒットしてたのが、あの当時豊かな社会の影で本当にこの少年のような奴が次々に生まれていたということ。

 

今から20年もしない程度の昔に「まさかそこまでの貧困なんて」と笑っていたのが今や現実になってるということにカルチャーショックを受けてしまう。

つまり常識の尺度がまるで変わった社会になる直前まで来てしまってるということで、僅かな期間の日本の凋落にちょっと慄然としてしまうね。

 

この手の酷いニュースが頻繁に報じられる時代になったけど、そんなのニュースどころか物語の世界だったんだから、ほんのちょっと前で。

 

 

埼玉・祖父母強殺 居所不明児だった少年、母親の指示で襲撃した背景・全てに見放された生い立ちが法廷で明らかに %e8%b2%a7%e5%9b%b0 %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 economy seiho health crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%a0%b8%e5%ae%b6%e6%97%8f%e5%8c%96 %e6%95%99%e8%82%b2 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a syounen domestic %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 jiken %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

当時の世相が伺える名作なんで、90年台初頭を知らない人はぜひ読んでみてほしい。

 

 

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

少年は初公判で、殺害行為を認めつつ「母親の指示だった」と述べた。弁護側も、強盗罪などで服役中の母親(42)らの虐待が背景にあると訴えた。

 弁護側の主張では、少年の父母は就学前に別居し、その後離婚。引き取った母親はホストクラブに通い続け、少年は毎晩家に来て酒を飲むホストに付き合わされ、小学4年からほとんど学校に通わなくなった。

 母親はホストを追いかけ1カ月ほどいなくなったこともあった。母親は再婚し、一時は元ホストの義父と母親と3人で静岡に暮らし、2~3カ月間は静岡の小学校に通った。その後、住民票を残したまま埼玉に戻り、小学5年からは学校に通っていないという。

 日雇い仕事で義父に収入がある日は3人でラブホテルに宿泊し、仕事がない日は公園で野宿した。ささいなことで義父に殴られ、前歯が4本折れたこともあったという。

 少年は母親と義父の指示で、親類らに金銭を無心していた。弁護側証人として出廷した父方の祖母の姉は「約4年間で振り込んだ金は400万~500万円。借金して調達した」と証言した。

 その後、義父は塗装会社に就職し、会社の寮で暮らした。間もなく義父は失踪し、少年は16歳から代わりに働いた。母親は少年に給料の前借りを強要し、金が尽きた直後、事件が起きたという。

 少年を精神鑑定した精神科医は公判で「少年は、虐待する母親の言う通りにするしかない『学習性無力感』の状態にあり、仮に母親の(殺害)指示がなかったとしても、(金を必要とした)母親の言葉の意図を察知して殺害に至った可能性がある」と分析した。

 公判では、裁判長が検察側証人の被害者遺族として出廷した少年の母の姉に「決してあなたを非難しているわけではないが、周囲にこれだけ大人がそろっていて誰か少年を助けられなかったのか」と尋ね、裁判員がため息をつく場面もあった。

via: Yahoo!ニュース – <埼玉・祖父母強殺>被告少年は「居所不明児」、無援の年月 (毎日新聞)

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • むむむ
    • 2014年 12月 26日

    世の中は社会インフラによって貧しい人をカバーしようというよりも、
    人が誰かを殺めてしまうところまでいっても、こっちの方がコスト的には安いと
    思ってるんじゃないかな。

    隣の隣の芝、隣町の芝は、身近には感じにくいだろうし。

    最近こういったニュースというか、殺人事件の報をかなり目にするようになった気がする。

    ここで自民を叩くために挙げる訳ではないけど、1に自助、次いで共助、そして公助、これが自民党。
    とういうよりはこれこそが日本なんだなきっと。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る