まんだらけ、泥棒の顔写真公開中止  「警視庁の要請」  犯人を逮捕もせず、損を補填もしてやらずに古物商免許を人質に取る警察  圧力は犯人にかけろ


↓の通りの事情で公開は結局見送ったみたいね。

古物商免許取り消しになったらオシマイなわけで、これはしょうがなかったんだろ。

 

でもね、一個商品が売れて多分平均で1万円も儲からないんだよね?

ヘタしたら2000円も儲からんのじゃないかと思うけど、そのしょっぱい商売で25万も損させられて、普段は捜査もまともにせずに届け出を受け取ってファイルして終わりの警察にこの問題の責任があるわけでしょ?

 

コンプライアンスとか法の精神とかいろんな事を無責任な奴が言ってるけど、それで会社倒産したらその社長にどんな救いがあるのかね、法律守って?

何の救いもないよねそれ。

 

そしたら損失を取り返すために必死になるという緊急避難として俺は認めたほうがいいと思うよ。

しょうがないじゃない、警察が普段捜査しないんだから。

今回だけは特例で犯人をまじめに探すんだよね、どうせ。

 

でも普段まじめに捜査してない分の損害は25万じゃきかないわけでしょ?

そこのところに何の反省もなしに要請だけただでやっといて人質を商売の根幹の免許で使うというのは俺は汚いと思うけどね。

 

どう思います?読者の皆さんは。

俺は忙しいのはしょうがないけど、せめて損を取り返す努力をする権利は捜査できないなら返せと思う。

 

 

 

 

 

今回は予想外に多くの方たちの応援メールやお電話を頂き感謝しております。
それだけ多くの一般市民の皆様が法制度や司法・警察の現状にやりきれない思いをお持ちだということも事実として多々あるのだと思います。

しかしまんだらけの基本的な方針としては、あくまでも法令遵守を基本とした上で警察の捜査に協力する立場をとらせて頂くことと、 窃盗した商品を本人の良心にもとづきあくまでも自主的に返還してほしかったことを願っておりましたが、 期日である12日 (火) の夜になりますと、報道陣の方々が店舗のあるビルの入り口付近や店舗周りに集まって来られていて、とても犯人が入って来られる状況にはなかったということがありました。

実はその直前に犯人の身内 (女性です) と思わしき方より「8時 (20時) までに返せばいいのだろうか」という内容の電話があり、 期待して待っていたのですが、どうも無理なようでした。
今後は証拠も十分あるので、警察の方々のお力を信じてお任せしてまいります。

重ねて今回応援して下さった多くの方々にお礼を申し上げます。
本当に有難うございました。

まんだらけ、泥棒の顔写真公開中止  「警視庁の要請」  犯人を逮捕もせず、損を補填もしてやらずに古物商免許を人質に取る警察  圧力は犯人にかけろ police economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 health %e6%8d%9c%e6%9f%bb%e6%80%a0%e6%85%a2 %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin jiken %e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bb%e7%82%8e%e4%b8%8a

via: まんだらけ | 警視庁の要請により顔写真の全面公開は中止させて頂きます

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • トンスル
    • 2014年 8月 13日

    最初から犯人の顔を公開していれば良かったね。

    • 2014年 8月 13日

    これ「店側に脅迫罪を適用できる!キリッ」とか言ってる自称専門家のF欄大学教授がいたな
    そいつの理論で言えば、引ったくりの被害に遭ったから犯人を追いかけて自分の財布を引ったくり返しただけなのに「持ち主に強盗罪を適用する!キリッ」って言ってるような話だよな

    頭にウジが沸いてる自称専門家と犯罪者予備軍は皆隔離して教育しなおせばいいのに

    • a
    • 2014年 8月 13日

    自力救済になりそうだけど

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 13日

    諸悪の根源である犯人が郵送で送り返せば色々な意味で解決するんだけどな

    • 愛国左派
    • 2014年 8月 13日

    あ さんへ
    現行犯逮捕とそれ以外は違うんじゃないの?

    • 2014年 8月 13日

    あれだろ警察関係者が盗んでるからまんだらけに圧力かけたんだろ

    • 2014年 8月 13日

    実は、警察はそんなもの東京海上日動の公文書偽造の被害届だしても10年以上捜査しないし!!
    監督責任の警察庁に訴えても無視します!!

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 13日

    これ公開して犯人が顔面工事したらどうするつもりだったの?
    そっくりな奴が謂れもないイジメうけたらどうするつもりだったの?

    警察頼ってるのに公開とか捜査妨害以外何者でもない

    • 自称ネトウヨ
    • 2014年 8月 13日

    暴力は国家が独占すべきだから、まんだらけの対応は国家に対する反逆

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 13日

    生存権だ―といって法を破って被害を被るのが誰だか分かってますか?
    犯人?警察?国家?
    違います。一般人です。
    今回の一件のみ取り出せば被害を受ける人がいるかどうかは確率論、絶対誰かが受けるというわけではありません。
    けれど被害者が出る可能性は存在するし、こういった行為が一般化すれば冤罪騒ぎも多発します。
    虚偽の証言や証拠が飛び交えば警察の捜査にも悪影響を及ぼすでしょう。
    公共の秩序、つまり一般人全般の利益と権利が損害を被るのです。

    まんだらけさんはたしかに被害者です。
    犯人に損害の補填をもとめる権利があります。
    警察の捜査に不満を持つのも理解できるし、努力を要請する権利があるでしょう。
    ですが無関係の第三者に害を及ぼす権利はない。
    被害者だから何をやってもいいということにはならないのです。

    どこまでやっていいのか、その線引の基準が法律ですので守りましょう。
    不満なら裁判なり選挙なりで改善するのが近代的法治国家の原則です。

    • gundari
    • 2014年 8月 13日

    @迦陵頻伽

    じゃぁ写真を公開されたら泥棒が訴訟でも刑事告訴でもやりゃいいんじゃないですかねぇ。法治国家なんですし。
    俺は泥棒だけど無法者を懲らしめてくれって警察に言えばいいと思いますよ。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 14日

    @gundari
    ですからまんだらけの行動によって損害を受けるのは泥棒じゃなくて第三者だと言っているのですが。
    万引き犯だと勘違いされたらその人は勿論訴訟するでしょう。
    そして被害を受けるかも知れない不特定多数のために警察が抗議したわけです。
    国民を守るのが仕事ですからね。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 14日

    では警察が公開する逃亡犯の写真も、人権侵害と第三者が勘違いされ被害を受ける可能性があるので取りやめるべきですよね
    グリコ犯のときには実際に勘違いの逮捕までおきましたからね

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 14日

    @迦陵頻伽
    そうですね。警察が行ったとしても損害は発生し得るでしょう。
    ではなぜ警察が行うことは許可されているのか。
    国家、公共の秩序の一部として信任を受けているからです。
    犯罪調査等秩序を維持する専門機関として国家から信用されているからです。

    つまり警察に任せればそういった損害を最小限に留める事ができると考えられているわけです。
    大衆に対して中立の機関として公共の秩序に則った判断ができると信じられているのです。

    勿論信じられない人もいるでしょう。
    そういう人が増えれば警察からその権利が取り上げられ、あるいは組織そのものが改変されることになります。
    そうなっていないということは、大多数は各個人で対応するより警察を信頼して任せたほうが良い結果になると考えているのです。

    • とらふぐ
    • 2014年 8月 14日

    @迦陵頻伽
    まんだらけは法律違反を覚悟でやろうとしたんでしょ。最後は日和ったけど。
    法律を守るか自社の利益を優先するかで後者を選んだけの話さ。
    そしてなんでも法律を守ることが正しいとは限らない。
    まんだらけや管理人みたく罰を受けることを覚悟して逸脱する人もいるということ。
    あなたの言ってることは間違っていないと思うけど、そういう人に枠組みの話を説いても無駄だと思うよ。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 16日

    @とらふぐ
    たしかにそういった覚悟を持って行う人に社会のシステムについてお話しても無駄かもしれませんね。
    本人にとってもデメリットのほうが大きいと思うのですが、巡り巡ってという長期的なお話になりがちなので難しいところです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る