南京大虐殺、慰安婦がユネスコ世界遺産へ 中国の連合国強調外交に敗北する安倍ぴょん


ホモウヨ「世界は真実の日本を理解し始めている」←ウソでした

 

 

「慰安婦の真実をアジアも世界も知っている!」「南京大虐殺はウソなんて世界の常識!!」と喚き続けていたホモウヨ。

あんだけ自信満々に喚き散らしていたのにどうも結果は伴ってないようで。

 

またウヨウヨほもほも湧いてきて意味不明な言い訳を繰り返すんだろう、中国の陰謀とかそんな感じで。

たとえ陰謀だったとしても、今の政府に陰謀に対抗する能力ないって主張してたわけだけど、それは間違ってると主張していたホモウヨから総括する声は一度も出てこない。

(匿名の弊害の典型例だろう。)

 

ところで、今般ロシアと中国で、この手の外交姿勢が大きく変化していることがなにかわかるだろうか?

中国が「旧日本軍の犯罪」の記録と主張する歴史資料がユネスコによって「世界的に重要」と認定されたことになり、習近平指導部は今後、歴史問題をめぐる対日攻勢を一層強めそうだ。

 日本が申請した第2次大戦後のシベリア抑留資料と国宝「東寺百合文書」も登録された。

 中国は「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」と位置付ける今年の登録を目指し、昨年申請を行った。日本政府は「ユネスコの場を政治的に利用している」と批判し、中国に抗議。申請の取り下げを求めたが、中国は拒否していた。

 中国が申請した南京大虐殺関連資料は、日本の指導者や軍の戦争犯罪を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)と南京軍事法廷の記録や、旧日本軍が撮影したという虐殺関連の写真、米国人宣教師が事件の模様を撮影したフィルムなど。2009年から申請を準備していたとされる。

 

via: 南京大虐殺を記憶遺産に ユネスコ、シベリア抑留も  :日本経済新聞

それは今まで特に中国においては、「抗日戦争」の勝利を喧伝していたものが、どちらも「ファシズムとの戦いの勝利」と変化している部分で、これはかなり前から予測していた「日本が踏み絵化する」現象の入口部分に該当すると言っていいだろう。

 

ロシアと中国は基本的には連合国サイドの主要国家でありながら、対米対立軸を前提にあまり連合国がどうという主張はしていなかった。

当時においては連合国=アメリカだったために、その冠をかぶっても実権を得られないという判断からそうしていたのだろう。

 

現在それが変化として可視化している部分から、対米従属路線に待ち受ける茨の道が予見される。

今後世界のバランスは20年前には想像できなかったレベルで変化を見せるだろう。

 

萌芽は既に2,3年前から徐々に現れていて、対応が後手に回る一方の日本政府の無力さを克明に描写している。

 

この「実行」にあたるユネスコの動きが、日本が70年談話を出しかつシベリア抑留関係の資料の登録と並行して起きていることも無視できない。

今日本がいかなる反論をしたところで、「日本も原爆ドームやシベリア抑留関係の資料を登録してるじゃないか」と言われたら反論のしようもないからだ。

 

枢軸国が戦争資料を申請して登録してもらえる機関に、連合国側が連合国側として認識している事実を登録申請して断るわけがないのであって、抗議そのものが事態を悪化させる要因になると思うけどね。

(それがあったかどうかという部分について争っているのは日本国内だけの話で、海外ではそれは議題にもなってないし。)

 

南京大虐殺、慰安婦がユネスコ世界遺産へ 中国の連合国強調外交に敗北する安倍ぴょん health ajia %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%ad%b4%e5%8f%b2 politics international %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

 

消費に中国人の爆買、政策の失敗に脅威論で中国を利用 反感を持たれて当たり前

 

こうした動きに至った原因で、日本側が一番反省しなきゃいけないのは、今現在国内の消費では中国人の旅行客消費に依存する一方(他の外国人の2倍近い一人あたり消費額を叩き出している)、安保法案の成立や、あるいは他の政策の失敗でひたすら中国を利用して政権維持を図ってきていたここ数年の現実だろう。

 

日本人がインドネシアの高速鉄道計画失注で発狂している原因はなぜだろうか?

それは多額の支援を昔していたのに、今になって思い通りに動かないどころか、ライバル国の中国に発注したことを怒っている。

(これが受注企業がアメリカとかフランスならこんな反応そもそもしてないはずだ。)

 

中国人の理屈を想像したら、「あれだけ物を買って、今までの20年近く中国進出で利益を上げておきながら、なんだあの態度は」となってもしょうがないんじゃないだろうか?

 

別に中国脅威論がダメというのではなくて、脅威だったらはじめから依存しなきゃ良いってことだ。

中国人の入国や国籍の付与に制限でも与える方向に行くならまだしも、実際は脅威論を煽る横で緩和する一方。

「金だけ使いに来いとは馬鹿にするにも程がある」と思う人が出て当たり前。

 

もともと中国政府はここ10年位で今日の状況をつくり上げることを狙っていただろう。

それ以前の日本は、この手の外交的な攻撃を繰り返したところで挑発に乗らず、謝罪とも反省とも取れる事をのらりくらり述べて、適当に頭を下げながら金だけ儲けるものすごく厄介な相手だったはずだ。

 

石原慎太郎や安倍晋三が出てきてくれたおかげで、やりやすくなって大助かりというのが本音だろう。

つまり元々計画はあったところに、千載一遇のチャンスがやってきたわけだ。

 

故田中総理~故小渕総理の殆どの総理大臣、小泉元総理、鳩山由紀夫元総理とやりにくくてしょうがない相手だったはずだ。

(鳩山氏に至っては、TPPに加入を促したらわざわざ中国と一緒に加入しようと言い始めたり、外国の日本にタカリたい国にとって最悪の相手だったと思う。)

 

安倍政権が長期化すればするほど泥沼は泥濘を増すだろう。

もし後任に稲田とかもっとしょうもないやつを指名したら、結果は悲劇的なものになるかもしれない。

 

安倍総理になってから突如中国人の爆買が始まって(円安やバブルのせいだけじゃない)、その一方でこうした外交的な変化が畳み掛けるように始まったことをもう少し日本人は謙虚に分析することだろう。

 

優秀な強い敵に向かって積極的に討って出るような博打をやるバカが居るだろうか?

こっちを弱いと思って力量を見切ったから攻勢に出ている。

弱い上に馬鹿だから、積極的に材料を作って攻撃の種を毎日のようにばらまいてくれるおまけ付き、攻めるなら今だろうなと当の日本人でもすぐわかる。

 

この流れは、数年後かそれともすぐかはわからないけど、爆買いという蛇口を閉めて経済的な兵糧攻めに出る結末もかなり強く示唆している。

「あんなに中国人を馬鹿にした国から買い物なんてしなくていい」と相手に言わせるための材料は自分から提供している。

 

そしてそれは中国に日本人が築き上げた商業的権益が破壊的な打撃を受ける結果もありかねないとも示唆しているのだろう。

 

安倍晋三首相が他国を武力で守る集団的自衛権行使の代表例としたのは、日本周辺の有事に際し、邦人輸送や弾道ミサイル迎撃にあたる米艦の防護だ。政権が「安全保障環境の変化」と強調する柱は中国の軍備拡張だが、偶発的衝突を除けば、中国が米軍に攻撃を仕掛けることは現実には想定しづらい。

 集団的自衛権は、主に北朝鮮と米軍が衝突する朝鮮半島有事を想定している。では、どのような状況なら安全保障関連法に基づき、行使が可能となる「存立危機事態」と認定するのか。首相は「政府が総合的に判断する」などと繰り返した。「(敵国に)手の内をさらすことになる」(首相)と詳細な説明を拒否し、国民の生命に関わる「参戦」の具体的な状況は分からないままだ。

 ただ国会審議では、その考え方の一端をのぞかせる答弁もあった。首相は「(弾道ミサイルを警戒する米艦への)攻撃が起こった段階では時間的に当然間に合わない」と指摘。半島有事が発生すれば、早期に事態認定する可能性に言及した。弾道ミサイル対処能力がない米艦や、邦人が乗っていない米艦でも防護する意向も示した。

 存立危機事態の認定は、他国への攻撃でも「日本の存立と国民の生命が覆される明白な危険がある」ことが要件。だが政府の説明では、半島有事で日本周辺の米艦防護をするため、さまざまな状況で集団的自衛権の行使を想定している。

 これまで半島有事では「周辺事態」を認定し、自衛隊は公海上での米軍への補給など「支援」にとどまることになっていた。だが安保法では、同じ状況なのに自衛隊が武力行使に踏み切る可能性がある。

 

via: 東京新聞:これからどうなる安保法 (9)集団的自衛権行使:政治(TOKYO Web)

 

 

再三指摘していた「AIIB・上海協力機構の次は、協力国に踏み絵を踏ませる」が具体化

 

その上で、今の一連の中国の動きは、出来立てで結束力の信頼性に難がある上海協力機構やAIIBの結束を、日本を踏み絵にして固める方向に必ずなるだろう。

 

ユネスコと慰安婦問題のニュースはそのはっきりした前兆現象だ。

中韓に絞り込んで発狂している大多数の日本人の想像を上回って、他にも複数国が登録に協力する動きになるだろう。

 

台湾、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、インドと有形無形に何かしらの動きを示すはずだ。

マレーシアやスリランカという、本当は日本に味方するはずの国も、今の日本政府と海外で目立とうとしている幸福の科学の信者たちを見て、とても助け舟を出す気にはならないだろう。

(台湾は既に慰安婦問題の資料館を建設したし、クマラスワミ女史に至ってはスリランカでは女性の人権の象徴みたいなもんなんだが。)

 

日本人のありがちな錯覚で、ベトナムが親日国家とか、バオダイを擁立してホーチミンを憲兵隊が追い掛け回していた日本に親日なはずもなく、友好的な態度をとっていた国も「枢軸国ではなくなった日本」に対して友好的なだけだった。

今あの頃の国を称揚する政権を彼らが支持するかどうか、火を見るより明らかだろう。

国が一新されて「信用できる穏健な恩人」になった日本は、過去には彼らの国を征服して、慰安婦を連れて行った国だったということにあまりにも無神経な人が多いのではないか。

 

「ライダイハンで韓国を攻撃しよう」と言ったって、強姦の犯人を糾弾するのに、強姦被害者が別な事件の強姦犯罪者の手は借りない。

その常識がなくなった国に今日本がなっている事を、有権者はもう少し真剣に考えるべきだと思う。

 

こうした結果を狙って策動する場合に、今までと同じように中国VS日本の基軸で訴えかけても協調の材料にしにくいものが、連合国としての立場から訴えたら全然違う結果を導き出すことが出来る。

 

当然、その動きは結果的には上海協力機構の実効力を強める結果に直結しているだろう。

中国がアジア全域において第二の国連的権威を持つことを目論んでいるのは明らかだからだ。

 

今まで国連を通じて連合国による核抑止力の流出防止を目論んでいたアメリカと、そのタガから外れた国が上海協力機構に結集し始めている状況は、その意思を明に示している。

 

この出来たての上海協力機構や、AIIBの結束力を固めるのであれば今後踏み絵が必要になる。

それはそこそこ強大な相手で、悪役のイメージがつけやすく、集団的な利益が対立している相手方である必要がある。

 

南沙諸島や南シナ海の領有権の行方にくちばしを挟む日本ほど好都合な相手はいない。

おそらく中国は飛んで火にいるなんとやらで待ち構えているだろう。

 

日本の過去の進軍という加盟国に取っての共通の経験、対立する利益、歴史修正主義者の宰相、これほど叩きやすい相手はいないはずだ。

対日戦勝式典をこの加盟国の二大巨頭が今年行う意味は決して軽くない。

 

via: なんで日本が南沙諸島と南シナ海守らなきゃいけないの? 一方的な変更(笑)に発狂する全体主義者達 »軍荼利

 

 

ユネスコに抗議しても意味が無いことがわかってない絶望的に無能な日本政府

 

この問題の解決に日本は拠出金を盾にユネスコに抗議をするらしい。

しかし連合国側で事実だったということで話が終わっているものを、枢軸国側の立場を代弁する日本が抗議することでイメージは悪化するだけだろう。

インドネシアでやったのと同じ失敗をまた繰り返しているわけだ。

 

そもそもユネスコが中立で、こうした事物の登録を断るべきだというのなら、なんで原爆ドームやシベリア抑留の資料を登録したと言うんだろうか?

 

近頃の日本人は、よく「中立」「公正」「不偏不党」「両論併記」と九官鳥みたいに繰り返しているけど、原爆ドームやシベリア抑留関係の資料に、アメリカの言い分やロシアの言い分は記載されてないし、靖国神社の遊就館にアメリカの言い分は一つも見られない。

せめて他人に求めるものを自分で用意してから何か言えよとせせら笑われるのがオチだろう。

 

原爆記念館の前を通ると、時々白人が泣いているのを目にするけど、日本人は同じような施設が外国にあったら「国辱ものの大嘘だ!」と発狂する。

高いと自慢している民度や教育を少し見直した方が良いのではないだろうか。

原爆が落とされたことすら学んだことがなかったようなプリミティブなアメリカ人やオーストラリア人が、ショックを受けて泣いているのとあまりの落差に唖然としてしまう。

 

ところで、この問題を解決したかったらどうすれば良いのか、実は鍵は台湾が握っている。

南京大虐殺の告発者は台湾の国民党だ。

つまり、ユネスコや中国にいくら抗議したところで意味なんか一つもないってことだ。

 

政府がいま南京大虐殺に抗議するってことは、南京大虐殺はなかったと主張しているわけで、だとすれば南京大虐殺を撤回できるのは台湾政府以外に有り得ないだろう。

あったなかったのレベルでの議論を再度国際社会にしてもらいたいのであれば、嘘つきの台湾に頑張って抗議することだ。

 

ホモウヨの言い分では、台湾は日本に支配されていた時代を懐かしむ世界きっての親日国らしい。

それが本当だったらウソの撤回くらいすぐやってくれるはずだし、無論「日本の支配がありがたい」と国連で証言してくれるだろう。

 

南京大虐殺、慰安婦がユネスコ世界遺産へ 中国の連合国強調外交に敗北する安倍ぴょん health ajia %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%ad%b4%e5%8f%b2 politics international %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1 netouyo

 

日本鬼子は南京で30万人殺した!と絶叫する産経新聞

posted with amazlet at 15.10.13
サンケイ新聞社
サンケイ出版
売り上げランキング: 780,395

 

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 10月 13日

    軍陀利かと思ったらやっぱり軍陀利だった

    • gundari
    • 2015年 10月 13日

    @迦陵頻伽

    青山繁晴が書いてたらユネスコに登録されてないとかそういうの?
    さっすがホモを誤魔化すために国士になっただけあるね、まるでキチガイじゃん!

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 10月 14日

    ユネスコの拠出金停止、削減とか変な方向に行き始めてますね
    戦前の国際連盟脱退もそうだけど、自分の思い通りに行かないと
    強行的な手段をとるのはいかがなものか
    まあ、ホモウヨ的には、このようなのが取り戻すべき”美しい日本”
    なんですかね

    • 在日日本人
    • 2015年 10月 14日

    >消費に中国人の爆買、政策の失敗に脅威論で中国を利用
    >反感を持たれて当たり前

    >絶望的に無能な日本政府

    書かれている一字一句「おっしゃるとおり」としか感想が書きようが無いですし、「弱い上に馬鹿だから、積極的に材料を作って攻撃の種を毎日のようにばらまいてくれるおまけ付き、攻めるなら今だろうなと当の日本人でもすぐわかる」って、自分でもそう思いますよ。
    ホント、安倍チョンの外交の目標というかゴールはどこに設定しているのか、まったく見えません。本当に設定してたら、現実と照らし合わせて成果を判断するはずですから、逆に安倍チョンjapanは「わざとやってるんじゃないか?」と疑うレベルですよ。
    大体「中国にしてやられている」というより、日本が勝手に墓穴を掘って、自分から穴に入って土かぶせている感じだし。
    これをわざとやってなかったら「馬鹿丸出し」だし、本当に今の日本のトップに、「こんなことやめとけよ」と言って止める奴はいないのでしょうか。
    絶対この路線で行ったら、政治的にも外交的にも、そして経済的にも「北朝鮮」まっしぐらとしか思えない。日本会議かなんか知らないけど、国を支配して良い目みたいと思っていても、絶対思ったほど贅沢なんか出来ないと思うよ。昔テレビで北朝鮮の高官の結婚式の写真を見たけど、そこにあったテーブルのご馳走より、名古屋とかの結婚式のほうがもっといいもの食って派手にやっているはずだよ。

    • 大威徳明王
    • 2015年 10月 14日

    書くことすべてに悪意がある。何の役にも立たない論評だ。日本の無力は日本人自身が一番知っている。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 10月 14日

    大威徳明王様
    >日本の無力は日本人自身が一番知っている。
    この記事は日本の無力を書いたのではないと思うのですが…

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 10月 15日

    日中戦争の日本の相手は国民党で、現在の台湾政府だってホモウヨは知らないのかな?
    日本が侵略しなければ、中国がこんなに影響力を持つ国にはならなかったのにね

    • あSDF
    • 2015年 11月 21日

    ここ三十年くらいの日本の首相はなんの存在感もなかった、その点に関しては小泉も3バカ首相も全く同じ。

    しかし安倍首相の目的は本当にわかりやすいしそのために強力に動いている、彼の目指すのは強い日本を作り上げること、ただし再びアジアを支配下に置くようなことではない。
    アメリカの国力(軍事・経済)の低下を補佐しアメリカの大番頭になることで日本の安全を守ろうとしている、アメポチになるわけでは決してないない、国力を増強させることでアジア太平洋地域をアメリカが安心して任せられるような状況に持っていくことが目的だろう。
    決してアメリカと覇を競うためでなくその地域の安定と繁栄を目指すことであり今風の大東亜共栄圏を作り上げその中心に日本を据えることだと思う。

    中東関係のテロが頻発している状況を考えると、是非はどうあれ日本の力がアジアを植民地から解放したのは非常に良いことだったと考えている、一応それらの国の基本(自前の軍事力やインフを)を整備したことだ各国の発展の礎を築くことで他の地域に比べてテロの発生を未然に防ぐことが出来ている。

    • gundari
    • 2015年 11月 21日

    @あSDF

    お前の言う強い日本って海外に税金垂れ流してFBでお前みたいなキチガイ集めてホルホルする国のことなんだろ?
    お前、家族や友達にキチガイって言われない?

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る