舛添東京都知事「東京湾は大腸菌だらけ、マリンスポーツは競技場所変更を」  生態系崩れる東京湾、この際抜本見直し必要


富栄養化により大量発生したプランクトンが死滅して海底に沈殿し、バクテリアによって分解される過程で海中の酸素が大量に消費される。その結果、溶存酸素の極端に少ない貧酸素水塊が形成される。通常、この水塊は潮流の撹乱により周囲の海水と混合されて分散するが、内湾ではこの力が弱い。また、東京湾などでは浚渫工事に伴う土砂の採集跡が海底に窪地として残されており、ここに溜まった水塊は貧酸素環境が特に保たれる。貧酸素水塊中では嫌気性細菌が優占する。嫌気性細菌の一種である緑色硫黄細菌などの光合成細菌の一部は大量の硫化水素を発生させる。この硫化水素を大量に含んだ水塊が湧昇すると、水中の酸素によって硫化水素が酸化され、硫黄或いは硫黄酸化物の微粒子が生成される。微粒子はコロイドとして海水中に漂い、太陽光を反射して海水を乳青色や乳白色に変色させる。多くの場合、青潮は未酸化硫化水素による独特の腐卵臭を伴う。

貧酸素水塊が上昇する主な原因は対流であるとされている。表層付近の海水が強風により外洋へ流されて離岸流が発生すると、それを補うように底層水塊が上昇してくる。東京湾では北~北東の風が吹く時期に青潮が起き易い。他に、底層水が直接外洋水によって押し上げられて青潮となる場合もある。

近年発生した青潮では、2002年三河湾で発生した青潮がよく知られる。この青潮で沿岸のアサリの大量死が起きた。対策としては、海底の天然の浚渫窪地を埋め、貧酸素環境が生じやすい環境をもとに戻すことによって青潮の発生が抑えられると唱える学者もいる。現在三河湾では海底の天然の窪地の人工的な埋め工事が行われている。

via: 青潮 – Wikipedia

 

東京湾というのはかなり奥深くまで入り込んでいる湾で、潮の動きが鈍い分環境汚染の耐性が低いんだよね。

大阪湾とかも同じような感じだけど。

東京で海岸に行ったことがある人はわかるかもしれないけど、潮の香りの中に少しだけ硫黄みたいな香りが混じってる場所が所々あるでしょ?

 

東京湾全体で言えばあそこってまれなほどいろいろな生物が住み着いている豊かな海なのは間違いないけど、沿岸の潮が鈍いところは死の海とかしつつあるな。

と言っても観光に行きついでに、観光客が行ける程度の海岸べりを散歩したりしてるだけなんだけど、ヘドロの発酵してガスが発生した奴の匂いがしている場所が所々ある。

大抵、暗渠や川の河口が見当たらないところで、なおかつ潮が鈍い。

 

そしてこういうところが汚染源になってエリアを広げていく傾向がある。

↑の引用の通り海洋の内湾の汚染の多くが酸素の少ないスポットに踏み込んでしまった生き物が大量死して、それがバクテリアに分解されるときに更に酸素濃度を低下させて、死体から出来上がった有機物と一緒に徐々にエリアを広げていくようになっている。

(バクテリアが有機物を分解するときに酸素を大量消費する)

 

ちょっと前鉄腕DASHの人だったかが東京湾で生態系が崩れて増えてしまったサメ(ホオジロとかじゃなくて刺し身で食えるような、田舎者の皆さんは知ってるあれだ)でかまぼこだったかはんぺんだったかを作っていたけど、あれが増えてるってことは捕食性の生き物ばかりが増えて小さい生き物が住みにくい嫌気性低酸素環境が増えていってるんだろね。

江戸前のコハダというけど、コノシロが住みやすい海ってのは基本的に汚染に弱い。

潮の入れ替わりが弱いから、とにかく汚染物がたまった時の自浄能力が低いんだわ。

 

大潮の引き潮で、白くなった貝殻が見え出したら黄色信号。(東京じゃ目視できる水深の海を探すのが大変だろうけど)

察するに、ここ20年余りの不景気でしゅんせつ工事なんかの海洋工事をやらなくなったのが影響してるんだろ。

もともと砂浜が都市部には生き残りにくいのもすごい大きな生態系破壊の原因なんだけど、東京の場合は暗渠も含めた河川がそれなりに海に流れてるからヘドロさえ何とかすれば見違えるくらい健康な海になるだろうと思う。

 

それがオリンピックに間に合うかは別問題で、どっちにしても問題解決に10年20年はかかって当たり前の大事業になっちゃうんで、とりあえずは場所変えるってのは現実的なんだろうね。

千葉とか、海が綺麗だったし。

 

 

舛添東京都知事「東京湾は大腸菌だらけ、マリンスポーツは競技場所変更を」  生態系崩れる東京湾、この際抜本見直し必要 economy health %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%b1%b1 %e6%94%bf%e7%ad%96%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81

 

ヘドロにはゴカイもすまないからね。
あんまりよろしくなさそうな雑菌のコロニーになるだけだよ。

 

 

舛添東京都知事「東京湾は大腸菌だらけ、マリンスポーツは競技場所変更を」  生態系崩れる東京湾、この際抜本見直し必要 economy health %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%b1%b1 %e6%94%bf%e7%ad%96%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81

 

↓関連記事↓

 

 

 

東京都舛添要一知事は30日、2020年東京五輪・パラリンピックトライアスロン会場をお台場海浜公園(港区)から変更する可能性があることを明らかにした。日本外国特派員協会での講演後、お台場上空が羽田の管制空域に含まれる点を指摘し、「競技撮影用ヘリが飛ぶには制限がある。そういう問題が今ごろになって出てきている」と話した。

 さらに、トライアスロンのスイムを実施する東京湾について「大腸菌がいっぱいあって汚いんじゃないのか。対策をどうするのか」と指摘。関係者によると、国際大会開催の実績が豊富な横浜市が候補に挙がっている。

 一方、トライアスロンと同じ会場で行われる水泳・オープンウオータースイミング(OWS)は、国際水泳連盟のロニー・ウォンOWS委員長が同日、現地を視察し、「立地もよく、問題ない。管制空域はトライアスロンの問題で、OWSには影響がない。水質については、問題ないことを示す行政の証明書が必要になる」と述べた。日本水泳連盟関係者は、OWSは空撮が必ずしも必要ではないとの見解を示した。

via: 都知事「東京湾は大腸菌いっぱい」 五輪競技会場変更も:朝日新聞デジタル

 

第5回
ヘドロにすむエイリアン
都会の海底で繁殖し船に付いて全国に広がる

文/藤田 香(日経エコロジー編集委員)
2006年5月19日

舛添東京都知事「東京湾は大腸菌だらけ、マリンスポーツは競技場所変更を」  生態系崩れる東京湾、この際抜本見直し必要 economy health %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%b1%b1 %e6%94%bf%e7%ad%96%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81 写真/中村 征夫

 東京湾のヘドロの海底にうごめくのは、クモの大群? いや、「イッカククモガニ」と呼ばれるカニである。甲らの長さが2cmほどのこの小さなカニは、北中米の西海岸からやって来た外来種。船舶に付いて1970年代に東京湾に侵入し、あっという間に増殖。今では仙台湾、大阪湾、伊勢湾、博多湾など全国の海に広がっている。

 イッカククモガニは都会の汚れた海で巧みに生きてきた。ヘドロの中の有機物を餌にしながら素早く成長し、1年中繁殖する。湾が汚濁して貧酸素になる夏には沖の集団が生き残り、その子供が再び湾内に入って冬に繁殖する。悪環境下でも数を増やしてきた。

 奈良大学の岩崎敬二教授によれば、全国にこうした外来種の海生生物は42種おり、うち20種の定着が確認されている。東南アジア原産のムラサキイガイは養殖カキやホタテを死滅させ、発電所の取水口に付着して発電機能を止めるなどの被害も及ぼしている。

 これら外来種の約半分は船舶のバラスト水や船体に付いて侵入したが、環境省の外来生物法では規制対象になっていない。港湾を管理する国土交通省、水産業を管理する水産庁と役割が分かれ、防除が難しい点が原因だ。「大きな被害が発生する前に法的措置を取るべき」と、岩崎教授は強調する。

via: ヘドロにすむエイリアン / SAFETY JAPAN [すぐそこにある危機] / 日経BP社

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 01日

    大腸菌汚染は何十年も前からそんなに変わっていない。会場決定時点でわかりきっていること。
    いまさら気がついたなんてことが事実なら幹部クラスが更迭される。
    放射能がらみで海外で騒がれたか、本当に心臓マヒでも出そうなくらいセシウムが濃いんだろう。

    • 在日日本人
    • 2014年 8月 01日

    その大腸菌うようよのお台場の海を、子供たちがすでに泳いでいるんですよ。

    NHK「五輪会場のお台場 2日間海水浴場に」
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140726/k10013311161000.html

    五輪を前にお台場の海をPRするために行ったのですが、水質が国の基準を十分に満たしていないで、ふだんは遊泳禁止なんですよ。
    しかも、「2日限定」「海に顔を付けない」という条件を付ける位ですから、主催者側だって「危険」と言う認識を十分持ってるはずです。本当に安全なら、それこそ毎日、素潜りだろうがなんだろうが、好きなだけ泳がせますから。

    子供たちが泳いだからといって海の汚れが消えるわけ無いんだし、自分なんかそんなに安全性をアピールしたいのなら、JOC会長と皇室芸人の竹田親子が、トライアスロンコースを遠泳すればいいのにと思ってしまいますが。

    放射能安全厨が「放射能は自然界にいたるどころにあるから、多少被曝しても安全!」とか言ってるように、「大腸菌は腸内にいっぱいいるから、水質が国の基準を満たして無くても安全!」と言うのでしょうかね。

    五輪のPRのためには、安全を二の次三の次に子供たちをヘドロの海に泳がせることが「美しい国」のやることで、それに疑問を持たずに子供をヘドロの海に泳がせることが「普通の日本人」のすることなんでしょうか。
    自分なんか、心の底から「マジキチ!」と思ってしまうのですが、そこまでして得られるものって、いわゆる「日本人の誇り」って奴ですかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る