小金井市で女性が包丁で首を切断され死亡 事件通報者の井出俊昭が容疑認め逮捕 警視庁


29日午前1時15分ごろ、東京都小金井市梶野町4丁目のアパートの一室から「殺人事件です」と男の声で110番通報があった。小金井署員が調べたところ、2階の部屋の寝室のベッド脇で、60代くらいの女性が首を切られ、死亡していた。署は、室内にいた60代くらいの男が何らかの事情を知っているとみて、任意同行して話を聴いている。

 署によると、署員が駆けつけたとき、入り口のドアは施錠されていたため、約2時間半後に管理人に開けてもらって中に入ると、入り口近くに男が立っていた。女性は床に倒れ、首がほとんど切断されていた。署は、この部屋に1人で住む女性とみて、身元を確認している。台所のシンクの中に文化包丁があった。男は任意の事情聴取に黙秘しているという。

 現場はJR東小金井駅から約600メートル北の住宅街にある木造2階建てアパート。

via: Yahoo!ニュース – 女性が首切られ死亡、室内にいた男を聴取 東京・小金井 (朝日新聞デジタル)

 

熟年版痴情のもつれだろうなーと思って事件を見てたけど、別れる別れないの話で殺したんだろうか。

案外、結構ないい年齢になっても人間燃え尽きるまで煩悩から開放されないというやつらしい。

 

パッと見てそういうことを想像しないのが普通の人だけど、街中のそこここに怪しさあふれる熟年カップルが闊歩している。

平日に遊園地前とかを通ると、痛すぎる不倫カップルが満面の笑みで歩いているのとはまた別の、なにか異様な光景。

(不倫の場合大概どちらか一人は普通の年齢だしね。)

 

普通の男だとやっぱり若い女相手にしか興奮しないものの、若い頃からひたすら熟年・熟女マニアだった奴が年取ってやっと年齢の釣り合いが取れるようになったとか、多分そんな感じなんだろう。

 

知ってる奴も歳の差25歳、60代の”彼女”が出来たと激白していたけど、そいつが言うには閉経したような年齢の女相手じゃないとどうしても興奮しないらしい。

 

そういう何処か異様な精神世界を持った奴の痴情のもつれならやっぱり異様なものになるんだろう、だから首切って殺してしまったってところなんだろうね。

 

複数人数で乱交をしているのとかを観察しててよく思うんだけど、やっぱりやばい年齢の熟女とかの性行為風景というのは相当異常なもので、どうしてそれに勃起できるのか全然理解できない。

しかし世の中やはりそういう需要が根強くあるわけで、明けて2015年も熟女マニアが闊歩して鶯谷や高齢化した住宅街に色恋の花が咲くってやつなんだろうw

クワバラ、クワバラ。

 

 

小金井市で女性が包丁で首を切断され死亡 事件通報者の井出俊昭が容疑認め逮捕 警視庁 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 health crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%a0%b8%e5%ae%b6%e6%97%8f%e5%8c%96 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a jiken

 

櫻井よしこファンのおっさん爺さんにかぎらず、「よくそんなババアありがたがれるよな」
とマジで思わせる奇妙な状況に突き当たる。
あれが昔からババマニアだったとするならものすごく腑に落ちるな。

 

 

小金井市で女性が包丁で首を切断され死亡 事件通報者の井出俊昭が容疑認め逮捕 警視庁 %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 health crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%a0%b8%e5%ae%b6%e6%97%8f%e5%8c%96 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

東京都小金井市のアパートで29日未明、ほぼ首が切断された状態の女性の遺体が見つかった事件で、警視庁は同日、殺人容疑で、現場室内にいた通報者の男を逮捕した。同庁によると、逮捕されたのは、千葉県我孫子市根戸、職業不詳、井出俊昭容疑者(57)。調べに対し、当初は黙秘していたが、殺害への関与を認め「女性は知人だ」などと説明しているという。

 警視庁によると、女性は1人暮らしとみられ、台所のシンクに凶器とみられる包丁が置いてあったほか、刃物の収納棚に血痕が付いていた。同庁は詳しい殺害動機や経緯を調べている。

 現場はJR東小金井駅から北に約300メートルの住宅街。

via: Yahoo!ニュース – 「知人」の男を殺人容疑で逮捕 首ほぼ切断の女性遺体発見で 東京・小金井 (産経新聞)

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る