LINE通話事業開始  通信キャリアの天敵に電話会社は勝てるか?  再現するライブドア問題、日本の総ネトウヨ化に火をつける可能性


LINE通話事業開始  通信キャリアの天敵に電話会社は勝てるか?  再現するライブドア問題、日本の総ネトウヨ化に火をつける可能性 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 %e8%b5%b7%e6%a5%ad %e8%a3%bd%e5%93%81 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 %e6%b6%88%e8%b2%bb domestic soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

もうライブドアっていうDNAの宿命なのか、どうあっても既得権益との対立に突っ込んでいく会社だよね。

ライブドア騒動前もVOIPテクノロジーでSKYPEをベースにスカイプ電話機とかを販売していたのを思い出す。

(もっとも、当時と今ではもう同じ会社ではないわけで、エンティティーも全く違うんだけど。)

 

今度のLINEの通話事業の話だけど、最終的には必ず成功するんだろうけど、政治経済でかなり激しい摩擦を生み出すことになる。

最終的にはある政治家のバックアップを得てどうにかブレイク・スルーするんじゃないかと思うけど、既存キャリアの持っている既得権益は半端じゃ無いわけで、LINEの保有しているユーザー数との戦いになったら相当なりふり構わない攻撃を仕掛けてくるだろう。

 

多分、わかりやすい話としては韓国企業の事業としてのLINEを喧伝することはほとんど疑う余地がないわけで、売らんが為にネトウヨに媚びるマスコミも尻馬に乗って総攻撃するんじゃないかと思う。

NHNの味方をする会社は多分ドワンゴくらいになるだろね。

政治的問題に発展するのはまさにそこからであって、その騒動で恐らくネトウヨは激増するだろう。

 

ビジネス的な動きとしては、そろそろNTTの保有する回線以外のネットワーク網の構築や、既に埋まっている光ケーブルの活用という方向に社会が切り替わっていく緒になるんだろう。

それは例えば通信用衛星打ち上げとか、ダークファイバーの活用という方向性で。

 

簡単な話なんだけど、TCP/IPのネットワークが電話会社の回線に接続せずにはいられない現状が、「通話料」というなかなか生活と切り離せない公共料金を存在させているわけで、電話にソフトウェアをインストールして、接続するネットワークを選択できるようになった時代、ようやくその軛から脱出できる可能性を模索できるようになったってことだ。

そうするとユーザー間通話に接続料が4円かかるため利益がでない、という縛りも早晩クリアできる可能性が非常に高いわけで、通話そのものによる利益もいずれは相当の金額になるんじゃないかと思う。

 

スマートフォンユーザーなら簡単に接続するネットワークを選べるし、通信に利用するソフトも選択できる。つまり、ユーザー間通話に対して電話会社のネットワークから分離独立していく未来だって想像できるわけだから、利用するユーザー数や端末数を考えたらLINEの通話事業開始っていうのは日本のTCP/IP通信の革命になる可能性ですら秘めている。

そして今回の事業には後援する政治家の影も確かに見て取れるわけで、以前のライブドア事件の時のように既得権益に攻撃されて敗北するってことはまずないだろう。

 

流行に乗り遅れる感じで実に恥ずかしいけど、実は俺はLINEの使い方は知らない。

というより知っていたらめんどくさいからわざと覚えてない。

スマートフォンもパズドラと電話にしか使ってない。使い方がよくわかってないソフトで電話帳データをシェアしてしまったら大変まずいことになる人が結構居るため、知らないし覚えるつもりもないと言いはっている。

 

そして、こういう新しい話題は知らないってことにしておけば、優しい女性は必ず「教えてあげますよ」と言い始める。

ここで何を考えているか大体の人はわかったんじゃないかと思うけど、そういうことだ。

みんな色んな意味で頑張ってほしいと思うw

 

最近、パズドラにめちゃくちゃはまっていて、↓の掲示板に出没してホルスのフレンドを必死で探しまわっているw

パズドラも知らなかったけど巨大なコミュニティーを形成してるんだね。

次はヘラ降臨を突破せねば・・・・

 

 

LINE通話事業開始  通信キャリアの天敵に電話会社は勝てるか?  再現するライブドア問題、日本の総ネトウヨ化に火をつける可能性 %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 %e8%b5%b7%e6%a5%ad %e8%a3%bd%e5%93%81 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 %e6%b6%88%e8%b2%bb domestic soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

パズドラもチャットでかなり面白いって評判だったんでやってみたんだけど
結構コンボ作るのが難しいよね。
操作ミスで死にまくってる。

 

↓関連記事↓

 

 

 

2月下旬、「モバイル・ワールド・コングレス」がスペインで開かれた。世界最大のモバイル関連展示会で、モバイル事業者にとっては新商品のお披露目の場だ。

 日本の関係者らも、こぞってスペインに押し寄せるさなか、日本で衝撃的な発表がなされた。無料メッセージアプリLINE(ライン)が、通話事業に本格参入することを明らかにしたのである。

 その中身は、この3月から、アプリの入っていない携帯電話や固定電話にも、LINEのアプリから通話できるというもの。しかも、大手キャリアの通話料金が1分42円かかる中、携帯電話向けで1分6.5円からという格安料金だ。

 通信網に接続するだけで4円程度かかるため、もうけはほとんどない。それでも「通信キャリアにはできないことをやる。料金設定も追求していきたい」(舛田淳・LINE執行役員)と意気軒高だ。

 LINEの通話本格参入は、通信キャリアのお株を奪いかねない。というのもLINEは、これまでメッセージやアプリ同士の通話のみならず、ゲームやEコマースなどを展開。それにアプリ外への通話まで加われば、キャリアサービスと遜色がなくなるからだ。

 世界3億7000万人まで成長した鍵は、携帯電話番号と電話帳情報をアプリで押さえたことだ。

 電話番号は、基本的にキャリアが本人確認をした信用できる情報で、個人を特定する上でこの上ないもの。加えて、人間関係のつながりがわかる電話帳情報を使って、利用者を爆発的に増やしてきた。

 今、LINE同様のアプリに注目が集まっている。2月だけで、楽天が「Viber(バイバー)」を9億ドル(約900億円)で買収。米フェイスブックは、「WhatsApp(ワッツアップ)」を190億ドル(約1.9兆円)で買収すると明らかにした。

 各社が大枚をはたいてまで欲しがるのは電話帳情報を持っているから。いずれも世界で2.8億人以上の利用者を抱えているが、電話帳に入っている人にまでサービス利用を促せば、利用者はその何倍にも広がりさまざまな事業に使えるとの思惑があるのだ。

via: キャリアの“お株”を奪うLINE通話本格参入の衝撃|inside Enterprise|ダイヤモンド・オンライン

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る