不倫旅行の上西小百合議員、大阪維新除名 少ない議員に切れない首、グダグダになった記者会見


本当に反省する人は中年も過ぎてチンピラの真似しないって・・・

 

維新の党の上西小百合衆院議員(比例近畿)が3日夜に行った記者会見で、同氏の男性秘書が途中から登場し、自身の記者対応について謝罪した。

 男性秘書は上西氏を取材した記者に対し、巻き舌で「お前、わしの車に当たっとるんじゃ。コラァ!」と制止したもようがテレビで放映された。秘書は会見で「私の振る舞いについて多大なるご迷惑をおかけしたことを深く反省しています。申し訳ございませんでした」と述べ、深く頭を下げた。

via: 維新・上西議員会見 記者に「コラァ!」の巻き舌秘書登場 「深く反省してます…」 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

維新の党所属のアホ女が、地域政党の方の大阪維新の会から除籍処分と言うんだけど、擁立したやつの責任が一番でかいと思う。

顔は口ほどに物を言い、ってやつで、北海道の小野寺とか金子というネトウヨ芸が趣味の地方議員なんかもそうだけど、見たらわかるだろというのね。

 

上西というやつは、美容部員だったらしいけど一日中化粧に関わって必死でメイクしてあの程度にしかならないのを見て、頭の悪さを見抜けなかった奴が悪い。

賢い人はいくら手をかけてもダメなものには早急に見切りをつけて伸びるべきところを伸ばすわけで、諦めて裁縫と料理でもしっかり勉強して、いい人になる努力ができなかった今までの生き様がどれくらい頭と性格が悪いか証明している。

 

政治全体にこうしたしょうもない議員が増えているけど、これは国際化する経済の副産物と言えるだろう。

公務員の程度の劣化もまさにそれってやつ。

 

今までの旧態依然とした日本経済だと、海外の企業に就職して高額所得を狙ったり大きな仕事をしたりということがなかなか出来ず、もろもろの社会的な制約があって海外に留学して学位なんかをとっても帰ってくる人のほうが圧倒的に多かった。

 

高額の給与で優秀な人材を釣る外資系金融のオファーに応諾できる環境が整った現在、十年一日の待遇の日本の公務員や政治家になろうという人は激減した。

当たり前の話で、選挙運動をしたり、しょぼい給料で公僕になって見た所で、できることの限界や無理が見えている国で責任だけ負いたくないわけだ。

 

つまり昔なら政治家や高級官僚になっていた人々は海外に流出し始めて、そこまでのレベルに到達できなかった連中が政治や行政に就職し始めた。

 

その申し子が橋下チルドレンであり小泉チルドレンであり、安倍内閣の出来星閣僚なんだろう。

ワイドショーの一コマとしてこういうものを笑って見れているうちはまだ幸せだ。

現実は日を追って悪い方向に流されていく。

 

実際維新の党も所属代議士の数の確保の為に今クビを切るという発表ができないでいるという。

人材不足はガバナンスの劣化にも直結している。

 

中国などの新興国では、海外に出ていった人材を必死で本国に連れ戻す手立てを講じて、ハーバードやケンブリッジ、オックスフォードやコロンビアと言った所で世界的な人脈までつくったやつを官職に任じている。

スタンフォードやMITで学んだ奴が悪化する一方の国の環境を浄化するために最新の自然科学技術を導入して、製造業にも先進的な技術を持ち帰っている。

 

そしてその基礎は日本企業の技術移転で整えて、円安で撤退する彼らのオカマを掘っただけで整った。

学術の環境も経済の発展にともなって、新興国経済の将来性が逆に先進国の人材を誘引し、大学のレベルを大幅に底上げし始めている。

 

一方で元美容部員とかが代議士になり、総理大臣は算数もまともに出来ない日本。

70年前の話を蒸し返して誇り高い国と喚く一方で、あまり大きな声を出さない新興国は日本に追い付きあるいは追い越した。

 

上西というのは官職の人材不足となぜそうなったかの原因を体現する貴重な人材なのかもしれない。

こういう馬鹿を駆逐できるまともな人材が政治家や官職につこうと思う国ではどういう待遇をしているか?

そこを考えない限りはなかなか困難な状況は打開できない気がする。

 

 

不倫旅行の上西小百合議員、大阪維新除名 少ない議員に切れない首、グダグダになった記者会見 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7 yakunin %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%83%bb%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%a4%be%e5%93%a1

 

警察官から事件師に転職したやつを「ガキデカ」と俺は呼んでいたけど、
そいつの愛人がこいつそっくりだった。
なんかアクが抜けてない山菜みたいで食指が動かないよね。

 

 

不倫旅行の上西小百合議員、大阪維新除名 少ない議員に切れない首、グダグダになった記者会見 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics %e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%83%bb%e5%b0%b1%e8%81%b7 yakunin %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%83%bb%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%a4%be%e5%93%a1

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

議員が少なすぎて首が切れない事を露呈して恥をかいただけの橋下市長

 

「二度と大阪維新の会は公認しない。彼女は政治家として修業が足りなかった」。大阪維新の橋下徹代表(維新の党最高顧問)は4日、大阪市内で維新の党の江田憲司代表と街頭演説を行い、「国会病欠旅行」疑惑が浮上した上西小百合衆院議員(比例近畿)を大阪維新として除名処分とすることを明らかにした。

 橋下氏は演説前、衆院議員を一度退いて出直せば、次回の衆院選に向けて復帰を検討すると上西氏を説得した。しかし、拒否されたといい、橋下氏は「国会議員をずっとやり続けたいみたいだ。あの議員とは二度と付き合わない」と厳しく批判。「29歳あたりで国会議員にさせてしまった僕の責任だ。きちんと国会議員に育て上げることができなかった」とも語った。

 江田氏も街頭演説で「国民の疑念を招いた点で責任は極めて大きい。厳しく処断をしたい」と強調。党としても処分する考えを示した。

 橋下氏と上西氏は3日夜に市内の党本部で記者会見を開催。上西氏の説明によると、嘔吐や下痢のため3月12日昼に都内の病院を受診。平成27年度予算案が採決された13日の衆院本会議を欠席したが、15日は秘書とともに京都府宮津市を訪れて1泊した。

via: 「あの議員とは二度と付き合わない」橋下氏が上西氏に“絶縁宣言” (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

●大阪維新の会が発表した除籍処分の<理由>は次の通り

<理由>

平成 27 年 3 月 13 日に開かれた平成 27 年度予算採決が行われる衆議院本会議の前日に、体調不良のため医師の診断を受け、また診断書を受領しているにも係わらず、同日夜に会食に出かけ、その後3件ほどお酒の出る飲食店を回った。

翌日、体調が優れず予算採決の衆議院本会議を欠席したが、大阪で一人暮らしをしている家で療養することを理由に、午前中に東京から大阪に新幹線にて移動した。

上記の行動に疑義を抱いた報道機関の取材に対する対応において、被処分者は「事務所を通じてくれなければ取材拒否」などと繰り返し言を発し、秘書も言葉を荒げ不適切な対応をした。

これら一連の行動は極めて不可解な行動であり、さらに被処分者の日頃の言動については問題が多く、現在大阪維新の会府議団預かりとして指導を受けているところであるが改善の見込みは全くなく、また被処分者の当該秘書の言動について問題があることも数多く指摘されている。

納税者の視点で税の使い方を厳しくチェックすることを原点とする大阪維新の会としては、被処分者及び当該秘書の給与に対して国民の税金を充てることを是認できない。

via: 大阪維新の会、上西小百合議員の「除籍」を発表 「一連の行動は極めて不可解」 (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る