村上ファンドに再び強制捜査 中世以来の族滅刑復活、粉飾決算の東芝は強制捜査無し 衆参同時選の準備進む


明らかな言いがかり逮捕、般若の会、村上ファンドと消えていく政治家の金庫番

 

「もの言う株主」として知られ、旧・村上ファンドを率いた村上世彰元代表が、複数の銘柄の株式を市場で大量に売って株価を意図的に下げるなどの相場操縦をした疑いがあるとして、証券取引等監視委員会は25日、村上元代表や投資会社を運営する長女の自宅などを捜索し、強制調査に乗り出しました。 強制調査を受けたのは旧・村上ファンドの村上世彰元代表(56)です。
関係者によりますと、村上元代表は、上場している複数の銘柄の株式を市場で大量に売って株価を意図的に下げるなどの相場操縦をした疑いがあるということです。関係者の話では、株価を下げたあと買い戻したうえで、その後、株価が上昇した際に再び売るなどしていたとみられるということで、証券取引等監視委員会は25日、東京・渋谷区にある村上元代表や投資会社を運営する長女の自宅などを金融商品取引法違反の疑いで捜索し、強制調査に乗り出しました。監視委員会は、捜索で押収した資料を分析し、売買のいきさつとともに、利益などについても詳しく調べることにしています。
通産省出身の村上元代表は「もの言う株主」として知られていましたが、平成16年に旧ライブドアの堀江貴文元社長などからニッポン放送の株を大量に買う計画を聞いて株を買い集めたとしてインサイダー取引の罪に問われ、4年前、執行猶予のついた有罪判決が確定しています。その後、村上元代表はシンガポールに拠点を移し投資活動を行っていましたが、ことし8月、長女が運営する投資会社が東証1部に上場する大阪の電子部品商社「黒田電気」の株式を大量に取得し、村上元代表を社外取締役にするよう求めるなど、再び市場関係者の注目を集めました。

via: 村上世彰元代表に相場操縦の疑い 強制調査 NHKニュース

 

村上ファンドがまた逮捕と言うんだけど、内心ではザマァ見ろと思いつつ、これってやばいニュースなのが現実で。

 

蛇足だけど、村上ファンドの娘って結構べっぴんさんだなと思うけど、顔の作りは親父そっくりだよね。

親父と同じような作りの顔だと認識するのに可愛いと思うというのは不思議な心理的現象で、親父を見ても可愛いと全く思わないのに似た形状のものを可愛いと思うのは一体何なんだろうか。

 

最近の証券関係のニュースで、目立ったのは東芝の粉飾決算、般若の会と村上ファンドの摘発だろう。

後ろ2つに絞って言うと、厳密に言うとどちらも明白な違法行為は犯していないわけで、これを摘発するのは罪刑法定主義に明らかに反しているわけで。

 

般若の会のトレードは泰山時代から知っているし、般若の会以降の組織運営も知っているけど、どれもリーガルチェックを済ませた立派な合法行為で、証券会社と同じ程度の行為しかしてなかった。

村上ファンドに至っては、ライブドア時代からごく普通の合法的な取引しかしておらず、摘発される法律的理由はいまだに分からない。

 

今回、般若の会と村上ファンドが摘発されて、組織が家族単位の根こそぎで身柄をさらわれているのは、中世以来の族滅刑の復活と言わざるをえないだろう。

一回摘発されたくせにまだ同じことで飯を食っているのかという発想以外の何者でもなく、同じような行為を罪と断定するなら東京から外資証券の出先窓口と外資系銀行は消滅するはずだ。

よしもとも創業者からの経営陣は根こそぎ逮捕されるだろうし、日立もNECも日興も東芝も企業として抹殺されるのは不可避だろう。

 

どちらかと言えば、般若の会と村上ファンドは庶民に対しては味方の側面が強く、彼らが自分の意志を証券市場に反映させることで大きく飛ぶ値は多くの投資家を潤してきたのが現実だ。

 

これらのニュースのヤバさは、証券界の保護というお題目で個人が利益を出すチャンスを踏み潰すという国民を馬鹿にしている部分であって、そういう連中に罪というレッテルを貼り付けられて前科者になった場合二度と復活できないというヤバさだ。

石川五右衛門は釜茹でにして、子と一緒に茹で殺せというのが証券取引の取り締まりの発想なのだろう。

そういう恣意的な発想で司法を運用できるという恐怖を国民はあまり自覚してはないようだけど。

 

そしてこの二つ共が多くの政治家が政治資金に使いたい金の運用口に使っていたのは紛れもない事実だ。

 

村上ファンドに再び強制捜査 中世以来の族滅刑復活、粉飾決算の東芝は強制捜査無し 衆参同時選の準備進む %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy jiken

 

 

東芝、東電、シャープ 株主に黙ってもらいたい上級国民たちの実情も 東芝は強制捜査なし

 

Xデーの有無も、これと無縁ではない。国内外で株主訴訟の動きがあるとはいえ、捜査当局はまだ音なしの構え。水面深く潜行している可能性はあるが、一方で聞き捨てならない話も囁かれている。いわく「東芝は9年前に大枚を投じて米原発会社を買収したのを機に粉飾のドロ沼にハマった。そんな内情が関係者の口から出てきたこと自体、立件を躊躇する捜査当局への当て付け」というのだ。

 買収の舞台裏へ斬り込めば、引責辞任後も自分の部屋と車を与えられ、同社奥の院でにらみを利かせてきた3人の元社長が火ダルマになるのは明らかである。
 「そうなれば、彼らの先輩の西室泰三さん(日本郵政社長)だって尻に火が付く。彼ほどの実力者が粉飾を知らなかったわけがありませんからね。これで“東芝爆弾”が炸裂すれば、日本郵政の上場も吹き飛ぶ。そんな政府の強い意向が捜査当局を弱腰にしているフシもあるのです」(市場関係者)

via: 「東芝」新体制スタートの裏で囁かれる“強制捜査ナシ”の根拠 – リアルライブ

 

なぜこの2つのファンドが逮捕されたのか?

第一次安倍政権以来、証券市場で目立ったのは証金の規制の厳格化だ。

(実際民主党政権の時は規制があまり発動されなかったのが記憶に新しい)

 

株式投資に興味がない多くの人は証金と言われてもピンと来ないかもしれないけど、証券会社の提供する無期限信用取引以外の、多くの信用取引を仲介する取引の仲介会社を証金という。

大証金と日証金の2つがあって、北浜あたりで「大証金ビル」なんてビルを複数保有している。

今もやってるかは知らないけど証券担保融資もやっていて、担保掛目はそこそこ緩めで2,3億までは一声で決済してくれる便利な機関でもあった。

 

信用買いの玉と信用売りの玉の決済を請け負っていて、信用取引の仲介停止などの規制を発動するのがこれらの機関だ。

長い間、証券取引で個人投資家を潤してきたのは大きな仕手戦だった。

もっぱら、仕手株マニアが大きく利益を上げてきたのは、相場が過熱化した時の逆日歩(売り方が株不足に陥った時に、買い手に貸株料を払う。とんでもない日歩になる。)だったし、加熱した相場に引導を渡してきたのは信用取引の新規受付停止や、増担保規制、代用株担保の受付停止処分などだった。

 

逆に言えばこれらをすぐに発動した場合、仕手株は加熱せず、気が抜けたビールみたいな相場になる特徴がある。

180円位から玉を仕込んで暴騰していた新日本理化(般若の会)の時も、加藤氏の狙い通りの金額(公称1200円、内輪公約が確か2000円ちょっと)までジャンプできなかったのは早い段階で規制が入ったからだった。

 

それでも怪物級の値動きを誘発する村上ファンドや般若の会はそれなりのパフォーマンスを出し続けていたのは事実だ。

つまり、証金の規制で排除できなかったから逮捕されたのではないかと個人的に想像している。

 

そしてそれはつまり、「政治家の政治資金」に裏口を許さないという、一部の自民党関係者の発想を反映した取り締まりではないかと思うわけだ。

それがビンゴなら政敵を資金的に抹殺してやろうと言う明示的な攻撃なのだろうし、来年には衆参同時選があるという予想をしている材料にもなっている。

 

もう一つに、こうしたモノ言う株主(村上ファンド)は現状上級国民にとっては最も目障りで最高にムカつく存在だということだ。

株屋の分際で総会で答えにくい質問を投げかけるなんて無礼千万だという発想だろう。

 

多分、来年は中国の爆買は沈静化するだろう。

銀聯の出金額にはげしい制限がついて中国人で外国銀行の口座を利用してない人は派手な浪費ができなくなりつつある。

 

耐震偽装の件も合わせて、東芝みたいに今までごまかし続けてきた決算を大幅に修正する会社も出れば、救いようがない状況まで転落して倒産する大企業も出るはずだ。

 

その状況に火を放つモノ言う株主は定期的に懲らしめておかねばという上級国民の意志をひしひしと感じる。

特にかばわなければいけない企業として東芝、東電、シャープ、土木関係の数社と、どれもモノ言う株主からしたら叩きやすい相手だ。

 

政権と上級国民の利害は現在激しく一致している。

 

村上ファンドに再び強制捜査 中世以来の族滅刑復活、粉飾決算の東芝は強制捜査無し 衆参同時選の準備進む %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy jiken

 

 

「冷やし玉」で逮捕ってことは年金と日銀にも強制捜査?

 

もともと村上ファンドは大っ嫌いで、娘さんもいい女だな程度にしか関心がない一方で相変わらず、ファンドとしての活動には嫌悪感しか感じない。

こいつらは経営効率を口にする一方で、自分で完全買収して経営するということを自分ではやらないから嫌いなわけで、正直逮捕されてもザマァ見ろとしか思えない。

つべこべ言うなら自分で買収して口にするだけの実績を出してみろと常々思っているからだ。

 

しかしやっぱり問題なのは、罪刑法定主義の破壊という部分で、司法という刃物をキチガイが振り回すというのはやっぱりまずいわけだ。

(女だからかばっているわけでは断じてない(笑)

 

村上ファンドの強制捜査の理由は、現在のところ相場操縦というもので、具体的には市場に売り物を出して、つられて出てきた売り物を買い集めたという内容らしい。

 

これは一般的には冷やし玉というもので、時々取引してたら、とんでもないでかい売り物が成り行きで売られて、歩み値表を見て愕然とする勢いで値が崩れるやつだ。

しかしこれで誰が損をしたのか考えたら、なんで逮捕しなきゃいけないのか全く理解できなくなってしまう。

 

大抵の冷やし玉は一瞬のもので、長くても崩して一営業日引っ張るのが関の山。

つまりこれでつられ売りして損するのはデイトレーダーと機関投資家のディーラーだけなわけだ。

あとはアルゴリズムによるトレードか。

 

仕組みは至って単純で、個人のデイトレーダーは別にして、アルゴリズムでトレードしているシステムや、ネイキッドショートセリングできるディーラーはロウソク足を秒単位で把握して、崩された値を追って空売りする。

大量に株を集めたい村上ファンドは出てきた空売りを買い集めて持ち株を増やしていたわけだ。

これが何故違法になるのか当局は説明できるんだろうか?

 

そもそもこれが違法だったら、毎日300億ずつ市場に金を出して株を買い漁っている年金や日銀も強制捜査されないと理屈が合わなくなる。

単に成り行きでバンバン買うだけでそんな金額運用できるとかまじで思ってんだろうか?

 

大量に売りを出したのがだめだというなら、年金と日銀は利益確定できない。

 

この強制捜査のニュースは法的な矛盾と政治的なヤバさを多分に含んでいる。

面白半分で揶揄する奴は山ほど出てくるだろうけど、そこまで踏み込んで考えたほうが良い実は重いニュースだ。

 

これは紛れも無く囚人に刺青をしていた江戸時代の発想で、司法が族滅刑を実施したという酷いニュースなのが現実だからだ。

 

村上ファンドに再び強制捜査 中世以来の族滅刑復活、粉飾決算の東芝は強制捜査無し 衆参同時選の準備進む %e9%87%91%e8%9e%8d%e3%83%bb%e5%b8%82%e6%b3%81 economy jiken

 

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 11月 26日

    確かに娘さん可愛くて笑った
    まぁ親父さんも可愛いと思ってたけどw

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 11月 26日

    インサイダーとか虚偽で大量に売ったとか風説の流布とかなら分かるんだけどコレはわけがわからない量の問題なのか何が問題なのか
    自分の株を大量に売ったら何故市場操作になるんだろうか、株を売るなというのだろうか?
    ていうかこんなのより東芝しょっぴけよって感じ

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 11月 26日

    はいはい。

    • gundari
    • 2015年 11月 26日

    @迦陵頻伽

    それって「のびちゃん、宿題できたの」って言われた的な反応なの?
    四文字しか書いてないのに馬鹿っぽさが伝わってクスっとくるね。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 11月 26日

    日本だけじゃない世界はパワーゲームで成り立ってる、これ否定するとこの世界に居場所は無い
    いい加減村上はそこの所を理解した方がイイ
    頭良いのに意固地だからいつも脇が甘いって言われるんだよ村上

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 11月 27日

    親父さんは欽ちゃんに似ていると思っていた

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る