「裁判でおぞましい真実を明らかにしたる」百田尚樹、裁判で認否行えず 異例の口頭弁論に NHK委員も辞任 口数が永遠の0に


「おぞましい現実」に辟易したNHKは百田を追放、ノンフィクションはもう勘弁?

 

作家の百田(ひゃくた)尚樹氏(58)が、2月末の任期満了をもってNHKの経営委員(定数12)を退任することが30日、分かった。複数の関係者が明らかにした。政府は百田氏を含む4人の経営委員の人事案を2月上旬にも国会に提示、衆参両院で同意を得たい考えだ。

via: <NHK経営委員>百田氏が退任へ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

 

本当はNHKとか多数の国民にとって一番おぞましかったのって百田じゃないのというお話。

NHKの経営委員はいくらなんでも続投は無理だったろうけど、一応政府側は慰留したみたいね。

それどんな感覚ですかと思うけど、本人はこれ以上ヘタを晒して追い詰められるのは得策ではないと判断したんだろう。

 

近年稀にないまともな判断だったね。

ところが、裁判の方は逃げにかかっても逃してくれないみたいで、口頭弁論が始まったのに認否をせずに逃げまわったおかげで、開始地点ですでに大分追い込まれているらしい。

 

裁判で言う認否というのは、基本的には原告から被告に対して訴えられた事に対して

・原告が主張している書籍の第何項何行目の文言に名誉毀損の意図があったという主張につき争う

・記載内容が○○だったという事実は認める

・記載内容について▲▲という部分は事実と相違するため否認する

・賠償金の金額について、そのような金額の損害は発生してないのが明らかであるため争う

 

と主張する一番基本的な部分で、これをやらないと裁判はまともに戦えない。

この認否に基づいて後の陳述を立証していくのが裁判なので、相当追い詰められている証拠といえるね。

これは弁護士が一番困ってると思う。

 

想像にすぎないけど、「証拠はある、バッチシや」とか言うので安心していたら、出てくるのが自分で書いた取材メモみたいなのばっかりだったり、証人になってくれるとあてにしていた人が逃げたりして、何で認否して戦えばいいか方針が定まらないような状態なんだろう。

で、とりあえず被告側の主張だけ盛り込んだ答弁書が出来上がる、と。

どちらの代理人もげんなりして、原告本人が頭にくる気持ちが物凄くリアルに想像できる。

 

めったに訴訟で経験することがない状況で、ちょっとした椿事と言っても差し支えないだろうね。

たかじんの娘さん側からしたら「こいつ何抜かしとるねん」と思って相当頭にきたと思うけど、法廷では非常に有利な状況といえるんじゃないだろうか。

 

さすがに百田も大人なんだし、証拠とか真実とかある程度確信でもあって言ってたのかと思ったけど、これはちょっとどうしょうもない。

ネトウヨとか悪質2chネラーとか、法廷に出た途端いきなり今までと違う主張になったりすることが多いけど、多分主張の方向性を変えて違う土俵で戦うという決断が百田には出来なかったんだろう。

 

往々にしてこの手のことで訴えられた場合、「傷つけるつもりはなかった」「それは私の主体的発言ではない」とか、180度反対の方向に尻尾巻いて、相当恥知らずな言い逃れをしないと手も足も出なくなるんだけど、それだけは絶対にしたくないとごねまくってるのかもしれない。

それはそれで、物凄くダメな方向の恥ずかしいことなんだが・・・

 

 

「裁判でおぞましい真実を明らかにしたる」百田尚樹、裁判で認否行えず 異例の口頭弁論に NHK委員も辞任 口数が永遠の0に %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics netouyo

 

尻を隠して頭を隠さないタイプの馬鹿だね。
まぁそうでもなかったらあそこまで馬鹿な言動なんかするわけ無いか。
↓は個人的には恋愛小説の傑作だと思ってる逸品。

 

 

「裁判でおぞましい真実を明らかにしたる」百田尚樹、裁判で認否行えず 異例の口頭弁論に NHK委員も辞任 口数が永遠の0に %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics netouyo
津本 陽
サンケイ出版
売り上げランキング: 2,505,766

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

 昨年亡くなったタレントで歌手のやしきたかじんさんの長女(41)が19日、作家の百田尚樹氏のツイッターでの発言が「人権侵害にあたる」として、東京弁護士会に人権救済を申し立てた。

 申し立てによると、発言は、たかじんさんの闘病生活を書いた百田氏の著作「殉愛」の発行差し止めなどを、長女が発行元の幻冬舎に求めた訴訟をめぐるもの。申し立てで長女側は、「発言は自分に対する脅迫であり、提訴に報復するとの宣言だ」としている。

 

via: たかじんさん長女が人権救済申し立て 百田氏発言めぐり:朝日新聞デジタル

 

昨年1月に亡くなったタレントのやしきたかじんさん(享年64)の長女が、たかじんさんの闘病生活を描いた作家・百田尚樹氏(58)の著書「殉愛」のなかで名誉を傷つけられたとして、発行元の幻冬舎に出版差し止めなどを求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁で行われた。

 昨年11月に出版された同書では、たかじんさんの妻さくらさんの献身的な看病が強調される一方で、長女に対しては「会えば金を無心する」など親子の確執が断定的に描かれていた。

 これに長女側が反発して始まった裁判だが、この日は原告代理人の弁護士のみが出廷。ツイッター上で反撃を予告していた百田氏は姿を現さなかった。

 被告側は訴状に対する認否を明確にしておらず、何を争うかも決まらなかった。そのため原告側は用意していた長女の陳述書の提出を見送った。

 閉廷後、取材に応じた原告の的場徹弁護士(61)は「訴訟提起から2か月も経過しているのに、認否も出してこないとはどういうことだ。百田もあれだけ言っといて逃げやがった」と猛批判。

 長女の陳述書によると、報じられているような親子の確執はなく、悩んでいる娘のために、たかじんさんが中国・上海まで会いに来ることもあったという。それらを踏まえ、陳述書には「父からどれだけ嫌われているかということを並べられ、心えぐられる思いです」と記されている。

 次回公判は2月20日を予定している。

via: 百田尚樹氏が「殉愛」めぐる裁判に姿見せず…弁護士が猛批判 – ライブドアニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 2月 02日

    製作者の感情が入った編集って言うなら 偏向というほどのものでもないし 事実を隠蔽したり捏造したりといった マスコリアン特有の Koreanな行いをしているわけでもないってこと?
    で、Koreanな行いをした どう考えても異常犯罪者のたかじん妻について 否定的な感情をもって報道するのは悪いことじゃないだろうし、ん? 何がどうなってるの?
     内輪もめで、金をころして奪った側についてますってこと? TV関係者のほとんどが?
     後藤も誘拐保険金が入った側を徹底擁護してるし 偏向隠蔽しまくってね?
     事実報道だけしたら、人間だっていってもだませなくなるほどなんじゃない?
    内輪もめだよね? Korean集団の。
    このサイト管理者は たかじん妻側犯罪集団に媚びへつらってることしか分からん。
     印象を操作するための 感情文だけ連ねても なんにも伝わってこないよ?
     何がどうしてどうなっているから、自分はこう感じる、社会人としてこうしなければならないと思うので私はこうする。って 人間らしい文はかけない?
     なにこれ、煽ったり操ったりしたいの?
     それとも 犯罪者集団について逆らうなって 脅してるの? Korean見たく?
     むりでしょ、事実検証していかれたら たかじん妻は永久にKoreanがKoreanしたって 記録を検証する人の全てが知るだろうし。
     何でごたごたもめてるのか さらっとばれるんじゃない?
     君が、孤立無援だとあざ笑ってる 被告とやらは、事実を晒してやる といってんだよね?
     事実を言うかどうか、は検証されるだけだし、とりあえずは かれの行動を材料としてもらえるわけだよ。
     そしてそれを求めてるのが われわれ人間社会だよね。
     黙らせるのが正しい、なぜなら疑惑を口にするから。 じゃ、話にならねぇんだけど。
     悪 そのものなんだけど?

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 2月 02日

    @迦陵頻伽
    これがネトウヨの末路か・・・

    • うんこ食べ蔵
    • 2015年 2月 03日

    ブサヨくさーい

    • 名無し
    • 2015年 2月 04日

    ↑これもネトウヨの末路だよ…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る