自画自賛しながら中韓の背を追う日本人  女まで取られたらお手上げの証  韓流女性ファン、関根麻里  ネトウヨのせいで美しい日本から消えていくもの


日本人はたとえ表面上だけであっても、謙虚さを失わないことを「最高の美徳」としてきた。この謙虚さは経済力と共に、世界で日本が尊敬される重要な要素でもあった。ところが、その日本の美徳が急速に失われようとしている。世界で日本は最も優れていて、最も尊敬される国だと触れ回る「『自画自賛』症候群」が日本社会に広がっているためだ。

 「嫌韓・嫌中」書籍を相次いで出してきた日本の出版各社は最近「日本はなぜ美しいのか」「日本は世界から尊敬されている」「世界が絶賛する日本人」「日本人に生まれて良かった」といった類いの本を競い合うようにして出している。日本の優越性を強調する内容の中には、とんでもないものも多い。イギリス在住の日本人が書いた『日本はイギリスより50年進んでいる』という本は「イギリスに住んでみたら、日本は天国だった」という内容になっている。著者は「イギリス人は肥満だが、日本人はスリムだ」「ロンドンには慢性の交通渋滞があるが、東京はそうではない」といったことを日本が優れている根拠として挙げている。

 日本の優越性を証明するためなら外国人も動員する。人口3万人という小国サンマリノ共和国の駐日大使であるマンリオ・カデロ氏が書いた『だから日本は世界から尊敬される』は、天皇制や靖国神社に対し賛辞を並べ立てている。経済専門家らもこれに加わり、『そして日本経済が世界経済の希望になる』『負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵』『もしも日本が消えたなら』といった本を出版している。

via: Chosun Online | 朝鮮日報

 

昨日までどんどん日本から失われていくまともな女、つまり優秀な日本の未来を書きまくってきたけど、とうとう来る所まで来てしまったらしいね。

最近は朝鮮とか中国に負けてるのが認められないまま必死で自画自賛を繰り返してるらしい。

今日本屋に行ってよく本棚を見たらそういやキモい本でいっぱいだった。

 

最近はネトウヨの年寄りがNHKの会長になったり総理大臣のアドバイザーをやるんだってね。

百田尚樹も、永遠の0のヒットで鼻高々らしいけど、ありゃ団鬼六の「往きて還らず」という知覧の特攻前の青年将校をテーマにした小説のオマージュなんだけどね。

百田のより団鬼六のほうが生々しく真に迫ったものだったのを鮮烈に覚えてるな。

(ちょうど、去年サイパンに行ってて、終戦記念日にはバンザイクリフに慰霊をかねて線香を上げに行ったんだけど。ホテルで読破した百田の作品も味わい深いものではあったけどね。)

 

まぁ、自意識の上で中韓より上に立っているのはしょうがないけど、何しろ関根麻里みたいな才色兼備の美女が韓国に嫁ぐ時代だろ?

金だって日本人のチンピラみたいな規模の金持ちと違って、中国の金持ちは桁違いだしな。

やっぱり女があっちに流れるってことは敗北を認めたほうがいいってことなんだよ。

 

太平洋戦争でも負けを認めなかったから特攻までしなきゃいけなくなってピカドンを落とされたんだろ?

 自画自賛しながら中韓の背を追う日本人  女まで取られたらお手上げの証  韓流女性ファン、関根麻里  ネトウヨのせいで美しい日本から消えていくもの netouyo

深みにハマる前に降参して従順な姿勢を見せるべきかもしれないね。どうせ、ネトウヨなんか口先だけでろくなことが出来ないんだから。

 

その証拠に無条件降伏したあとはアメリカ軍に日本人女性のケツを差出して命乞いをした歴史があるよね、さんざん口だけで大ぼら吹いて。。

そしてその女は騙して雇用していきなり白人の相手をさせた。

しかもその騙した女達をパンスケ呼ばわりして差別したんだろ。最低だと思うわ、ドン引きだよホント。

 

女の本能は強烈だから、いざとなったらアメリカ人に女を差し出す日本人より抗日パルチザンで戦った中国人や韓国人になびくのもしかたがない。

女のケツを差出して命乞いをする日本人<<<<<超えられない壁<<<<<<抗日パルチザン

 

そのうち堀北真希とかああいうアイドルも韓国の文化人とか、アメリカの金持ち実業家とくっついたりするんだろう。

今この瞬間も韓国人や白人様の彼氏の背に手を回して強く抱きしめているのかもしれない。

 

土台、百田と籾井、アメリカ人のエリートや韓流俳優を見比べたらもう話になってない、降参するしかないのは明らかなんだから。

 

 

 

自画自賛しながら中韓の背を追う日本人  女まで取られたらお手上げの証  韓流女性ファン、関根麻里  ネトウヨのせいで美しい日本から消えていくもの netouyo

 

自画自賛しながら中韓の背を追う日本人  女まで取られたらお手上げの証  韓流女性ファン、関根麻里  ネトウヨのせいで美しい日本から消えていくもの netouyo

 

林達夫という評論家が昭和十四年十一月にエッセイで
「日本人が日本人に向かって日本人の優秀性を説いている風景は、よく観ると、何か不健全な、奇怪な、異様な心理風景である」
と書いているけど、その後の現在本格的に不健全な時代になりつつあるね。

 

 

自画自賛しながら中韓の背を追う日本人  女まで取られたらお手上げの証  韓流女性ファン、関根麻里  ネトウヨのせいで美しい日本から消えていくもの netouyo

 

↓喚き散らすネトウヨたち↓

 

 

 

NHK BSは毎週『cool japan発掘! かっこいいニッポン』という番組で、外国人による「日本賞賛リレー」を放送している。日本テレビ、テレビ朝日はバラエティー番組にも外国人を多数出演させ、日本が住みやすい国であるということを強調している。

 

 こうした動きに火を付けたのは政界だ。安倍晋三首相は「美しい国、日本」「この国に生まれたことを誇りにできるようにしたい」という言葉を口癖のように言い続けている。

 

 東京新聞は30日「近ごろ日本を覆う『自画自賛』症候群は何の表れか」という記事で「近ごろ、本屋に立ち寄ると、気恥ずかしくなる。店頭に『日本人はこんなにすごい!』という『自画自賛本』が平積みにされているからだ。この国から『奥ゆかしい』とか『謙虚』といった感覚が急速に消えていっているように感じる。だが、そうした違和感を口にすると、どこからか『自虐だ!』という悪罵が飛んできそうだ」と書いた。新潟青陵大学大学院の碓井真史教授は「日本が圧倒的な経済力と技術力を誇っていた時代には謙虚さがあったが、大震災や原発事故、韓国・中国の台頭で余裕がなくなった」と分析した。恵泉女学園大学の高橋清貴特任准教授は「日本の自画自賛は周辺国に対する隠れた優越意識をあらわにしたもの」と話している。

via: Chosun Online | 朝鮮日報

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 仏眼仏母
    • 2014年 8月 02日

    日本が好きというだけでネトウヨなのか!!

    というトンチンカンな書き込みがされるでしょうね

    日本が好きだからネトウヨといわれるんじゃなくて、「態度が悪く反知性」だからネトウヨといわれるだけなのに

    • こたろう
    • 2014年 8月 02日

    日本が好きとゆうより日本が好かれてると書くような日本人は人としてどうかと思う、しー。島国から出てもない人が言ってたとしたら、はいはい、わかりました、犬(こたろう)の散歩いってきまーす。

    • 発狂チョンコロ乙
    • 2014年 8月 02日

    まともに日本に勝てるもののないチョンコロはもとより、
    中国なんて環境を壊しながら中共の上のやつらだけ稼いでるだけの独裁政治の国に負けてることなんて国民の数くらいでしょ(笑)
    ま、日本に勝ってる!って永遠に吠えとけばいいよ

    • 在日日本人
    • 2014年 8月 03日

    「謙虚」でいるのは、「向上心」の表れなんですよ。
    「自分はまだまだこんなモンじゃない」と現状に満足せず、努力してより高みを目指した姿勢なんです。

    「すごい日本」は誰が作ったかといったら、敗戦後「生き残った日本人」が、焼け野原になって何もなくなった日本から、「前だけ」「上だけ」見つめて努力して突っ走った結果です。
    自分が思うに、戦後復興と高度成長期からの経済大国化の原動力って、いわいる「自虐史観」だと思うんですよ。
    「悲惨で辛い過去」は変えられないんだから、「輝く明るい未来」を作るしかなかったんだし。

    「自由主義史観」「ネトウヨ史観」は、それを信奉する人たちに、薄っぺらい「日本人の誇り()」を与えかかわりに、すっかり「前を向く」「上を見る」ことを放棄させてしまったと思う。
    「駄目」だから、足りない所を埋めるため、努力して「偉くて立派」になろうとしているのに、最初から「偉くて立派」なんだから、努力する必要もないですし。
    だけどその「日本人の誇り()」も「偉くて立派」の思い込みも、自分自身の能力や努力で勝ち取った「背景」がなく、他人様に言われたことを「根拠」にしているだけだから、ちょっとの批判だけですぐにファッピョる。
    「誇り」も「自信」も自分の内なるものではなく、他人の屁理屈なので、その「誇り」や「自信」を守る手段が、自分の能力・実力の発揮ではなく、「屁理屈」になり、努力して積上げられたものなんかないから結局は「自分より劣っている(と思ってる)もの」と比べることしかできないから、いつまでも「下ばかり」「後ろばかり」見てる。

    「英霊に感謝」といってるけど、結局はただ「感謝」しているだけし、「国を愛する」といっても、その愛の証明が、ストーカーのように、他人に「愛するように」押し付け強要するだけ。

    ウサギだってカメに負けるまでは、昼寝しててもカメに負けるとは思ってなかったし、キリギリスだって冬になってひもじくなった時焦り始めたんだし、日本の優位性は過去の先人の努力の賜物なのに、その上に胡坐を掻いて食いつぶしているいるさまは、まさに「真綿で首を絞められている茹で蛙」。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る