斉藤理玖君放置死、「いずれ衰弱死すると思った」餓死の可能性認識した上での放置認める供述  父の幸裕、週に1,2回しか食事与えず  神奈川


「供養に、死後一度だけ帰宅」 厚木男児遺棄、父が供述

朝日新聞デジタル 6月2日(月)15時21分配信

 神奈川県厚木市のアパートで白骨化した男児の遺体が見つかった事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたトラック運転手の斎藤幸裕(ゆきひろ)容疑者(36)が、長男理玖(りく)君(当時5)が死亡した後、「供養のため一度だけ部屋を訪れた」と話していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、斎藤容疑者は「(理玖君は)2006年10月ごろ死亡した。死亡した約1週間後、飲み物などを持って部屋を訪れ供養した」と話している。その後はアパートを訪れておらず、県警の調べに「死亡後は怖くて家を出た」と話しているという。

 理玖君とみられる遺体は6畳間の和室で布状の物の上で見つかり、ゴミが散乱した室内で遺体周辺だけ空間ができていたという。遺体発見時、部屋の電気やガスの供給は止まっていた。

朝日新聞社

via: 「供養に、死後一度だけ帰宅」 厚木男児遺棄、父が供述 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

 

↓の画像は児童虐待で衝撃的な問いかけをしている個人の作品。

子供の社会観をうまく表してる名作だと思う。ぜひ興味のある人はリンク先で読んでみて欲しい。

 

で、この親父だけど、色々供述してるけどホントはこいつ殺しただろって思うんだけどね。

5歳の子供に週に1,2回の食事とか、どう考えたって途中で腹減って泣きわめくに決まってる。

そして鍵を開けて外に出て、わーわー泣いているうちに近所の誰かが気づいて警察呼ぶなりして事件になってるはずなんだよ。

 

それが、この事件でそんな記録の話が一切出てこないってことは、事件化してないってことだよね。

ってことは外で泣き喚いたわけでなし、近所の人から食事をもらってたわけでなしってことだ。

そんなに音も立てずに静かに死んでいくはずがないんだよね、どう考えたって。

 

たとえ閉じ込めたとしたって泣けば隣の部屋のやつが異常を感じるもんだし、事件化のきっかけにはなる。

でもそれすらない。

 

って事は、可能性としてはこのオヤジが絞め殺した可能性のほうが高いと思うんだけどね。

もしくは、病気にかかった時に、これ幸いと見殺しにしたのか。

 

神奈川ったら関東圏で、本格的な田舎というわけでもないんだろうけど、それにしたって子供がわんわん泣いて、それが毎日四六時中となったら普通誰かが何かするはずなんだよ。

それを誰も覚えてない、事件にもなってないなんて馬鹿なことあるはずがないんで、必ずこいつがなにかやってると思うね。

 

そもそも、仮に言うとおりの死に方だったとして、5歳の子供に飯を食わさないとか殺人なんであって、こんなやつ2,30年ぶち込んでやればいいと思うよ。

生き物としての基本的な部分が壊れてるんであって、生きてる意味が無いと思うわ。

 

 

斉藤理玖君放置死、「いずれ衰弱死すると思った」餓死の可能性認識した上での放置認める供述  父の幸裕、週に1,2回しか食事与えず  神奈川 crime %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 jiken r18

 

今回の件で思うんだけど、児童虐待って本当に発見が難しいよね。
人口割で言えば、ものすごく少ない人数で職員がきりきりまいして、
その中で事件化もしたことがないこの事件をよく発見に導いたと思う。
何故か責めている人もいるけど、今回は児童相談所はよくやったんじゃないのか。

 

 

斉藤理玖君放置死、「いずれ衰弱死すると思った」餓死の可能性認識した上での放置認める供述  父の幸裕、週に1,2回しか食事与えず  神奈川 crime %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 jiken r18

 

↓関連記事↓

 

 

 

死ぬのがわかっていて放置していた、と供述

仮に直接手を下してなくてもこれは殺人ではないのか?

神奈川県厚木市のアパートで白骨化した男児の遺体が見つかった事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたトラック運転手の斎藤幸裕(ゆきひろ)容疑者(36)が「週に1、2回しか食事を与えておらず、いずれ衰弱死してしまうと思っていた」と供述していることが1日、県警への取材で分かった。遺体は長男理玖(りく)君(当時5)とみられ、2日に司法解剖して死因などを調べる。

via: 「いずれ衰弱死すると思った」 厚木男児遺棄、父が供述:朝日新聞デジタル

 

トラック運転手の給料で6年間5万円以上の家賃を支払い続ける。

少なくとも何をしたのか把握できていたはず。

捜査関係者によると、斎藤容疑者は理玖君について「2006年10月ごろ死亡し、亡くなる前の約2カ月は週に1、2回程度しかアパートに戻らなかった」と話しているという。アパートに戻った時はコンビニで買った弁当など1食分の食事を与えていたといい、「これだけの食事では足りず、いずれ衰弱して死んでしまうという認識はあった」と述べているという。

 県警によると、斎藤容疑者は妻が家を出た05年秋以降、別の場所で女性と暮らし始めたが、当初は週に5日はアパートで寝泊まりしていた。妻の所在は不明だという。

 斎藤容疑者は理玖君の死亡後も月額約6万円のアパートの家賃を払い続けていたといい、その理由について「理玖君の死体が見つからないようにするため」としているという。ただ、「子どものことは一日たりとも忘れたことがありません」などと、反省の言葉も話しているという。

 捜査関係者によると、アパートの部屋の窓などは、テープで目張りがしてあったといい、県警は遺体が見つからないようにするためだった可能性も含め、調べている。

 県警によると、斎藤容疑者は2006年10月~07年1月の間、理玖君に食事や水分を十分に与えずに衰弱させ、死亡させた疑いがある。

via: 「いずれ衰弱死すると思った」 厚木男児遺棄、父が供述:朝日新聞デジタル

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • パパ
    • 2014年 6月 03日

    自分の子供を、見殺しにするなんて親として以前に人間として終わってる。

    • ママ
    • 2014年 6月 08日

    奥さんも闇に葬ったのか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る