31歳、しぇしぇしぇのネトウヨ田中勝彦 危険ドラッグと併せてシャブを食っていた模様 貧困とドラッグ、まだらボケと愛国


酒と薬はちゃんぽん禁物。体に良くない

 

女性をナイフで切り付けたとして、警視庁成城署は3日、傷害の現行犯で、東京都世田谷区北烏山、職業不詳、田中勝彦容疑者(31)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。田中容疑者の自宅アパートからは危険ドラッグが入っていたとみられる複数の袋が見つかっており、同署は危険ドラッグを吸引後に犯行に及んだとみて、裏付けを進める。

 逮捕容疑は、3日午前7時ごろ、自宅アパートの隣室に侵入し、住人の女性(37)の顔や手をナイフで計11カ所切り付け、全治2週間の軽傷を負わせたとしている。

 田中容疑者は当時、奇声をあげて暴れるなどしており、事件前に危険ドラッグを吸引したことを認めたという。

 

via: 隣室女性切り付け容疑、31歳男を逮捕 危険ドラッグ吸引 世田谷 – 産経ニュース

 

このヤク中の容疑者、覚せい剤から危険ドラッグまでフルコースだったというね。

やっぱり、脱法だから違法じゃないという理由で薬を始めても、刺激を求めて必ずこうなるという典型例なんだな。

セックスでも博打でも仕事でも何でもそう。のめり込んだら確実にドラッグみたいに中毒になる。

 

レッドネックとマリファナ。東南アジアでマルタみたいになった連中。

ナードな白人のキノコ中毒。ピアスだらけでサイケな連中がビーチリゾートで白目をむいていた。

愛国とキモウヨ。太極旗を振り回して日本の素晴らしさを押し売りしてトランス状態に。

 

今その一部の傾向が危険ドラッグと愛国になったってやつ。

 

冗談はともかくとして、薬物はわからないけど酒もちゃんぽんは禁止で、やっぱりビールからワイン、ウィスキーシャンパンまでフルコースで飲んだら次の日残る。

二日酔いになって二度と酒を飲まないと思わされる瞬間。

 

結局また飲んじゃうんだけど、ひとつの教訓として、酒はケチらないほうが体にいい。

蒸留とかの工程に何か違いがあるのか、当然のどごしや香りが圧倒的に違うんだけど、二日酔いになる確率が圧倒的に低い。

 

ショットで3,4000円は最低でも行かれるけど、ウィスキーはやっぱり20年超えの酒が一番お値ごろで味や香りも飲みやすいよ。

騙されたと思って飲んでみてくれ。

若い酒を飲む気がしなくなる。

 

あと、由来原料も大切。

ブランデーやワインがメインの人はやっぱりぶどうベースの酒のほうが体にあっているし、俺みたいに根っからウィスキー派の人間は、ウィスキーはめちゃくちゃ飲む割にシャンパンは一本でいっぱいいっぱいとなってしまう。

(大好きなんだけどね、シャンパン。)

 

これはやっぱり、由来原料によって体が分解する効率が変わるものらしくて、そこを気をつけて飲むだけでずいぶん違ってくるらしいよ。

忘年会シーズン、飲み過ぎでキツイ人も居るんだろうけど、シラフの時に由来原料考えて酒をオーダーしてみて。

二日酔いになるならないで、QOLは圧倒的に変わってくる。

 

一言:唯一例外なのは地中海の酒だな。グラッパとか。あれは残らない。ただし飲み過ぎたら二日酔いになるのは他の酒と一緒だが。

 

 

31歳、しぇしぇしぇのネトウヨ田中勝彦 危険ドラッグと併せてシャブを食っていた模様 貧困とドラッグ、まだらボケと愛国 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e8%b2%a7%e5%9b%b0 economy health %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 domestic %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken netouyo

 

風邪で下痢してる時なんかも、売薬のコンボは良くないそうだね。
下痢と風邪、どちらに薬を投薬すればいいのか、優先基準はどのへんにあるんだろうか。

 

 

31歳、しぇしぇしぇのネトウヨ田中勝彦 危険ドラッグと併せてシャブを食っていた模様 貧困とドラッグ、まだらボケと愛国 %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e8%b2%a7%e5%9b%b0 economy health %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 domestic %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken netouyo

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

東京都世田谷区のマンションで、女性(37)が危険ドラッグを吸ったとみられる男にナイフで切りつけられた事件で、傷害容疑で逮捕された職業不詳、田中勝彦容疑者(31)の自室から、違法薬物とみられる粉末が付着した空容器などが見つかったことが5日、警視庁成城署への取材で分かった。同署は粉末が覚醒剤の可能性もあるとみて鑑定するとともに、詳しい犯行の経緯を調べる。

 同署によると、空容器はプラスチック製で、同日午前の家宅捜索で発見、押収された。違法薬物の吸引に使ったとみられるアルミ箔やストローなども見つかったという。

 田中容疑者は女性の隣の部屋に住んでおり、切りつけられた女性からの110番通報で駆けつけた同署員が自室にいた田中容疑者を現行犯逮捕。室内から見つかった袋には、銘柄などから医薬品医療機器法(旧薬事法)の指定薬物が入っていたとみられることも判明し、同署が同法違反容疑でも捜査する。

 田中容疑者は当初、危険ドラッグを吸って女性を切りつけたことを認めていたが、現在は「やっていない。覚えていない」などと否認しているという。

 

via: 隣室女性切りつけ容疑、男の部屋から粉末付着の空容器 覚醒剤か – 産経ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 12月 18日

    選挙終わったらコメント欄のネトウヨ君がおとなしくなっちゃった。契約がなくなったのかな。
    いると気分悪いけど全然いないのはちょいとさびしい。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 7月 17日

    浅.井、頭大丈夫?

    魚拓とっておこうっと

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る