ジャーナリスト石井孝明  「放射脳」教師のTwitterを教育委員会に通報、懲戒処分迫りネットに電話番号や所属情報ばらまく  「言葉誤解」は大嘘、リンチと血祭りが得意技


人の言論を封殺する前に、これがジャーナリズムなら自分が活動をやめるべき。就職をおすすめする

たとえリンチの意味を誤解していたとしても、正しくKKKのリンチであり、紅衛兵の自己批判強要であって、意味を知っていたか以前にジャーナリズムの姿勢とコモンセンスの問題

 

リンチの語感を誤解していたと釈明

 もちろん本当に雁屋氏への集団リンチを呼びかけているわけではないが、不適切な表現とみる人は少なくなかったようで、「ジャーナリストを称する人間が、言論ではなくてリンチという、制裁を許容するのですね」との反応も寄せられた。これに石井氏は「言論による市民による私的制裁という意味ならリンチとして使うけどね」と釈明したが、それでも発言が拡散すると「批判とリンチの区別ぐらいはつけましょう」「リンチといってますが、テロです。言論によるとか後付していますが、前段は暴力なわけです」などと批判的な声はあがり続けた。

 「バクネヤング」などで知られる漫画家の松永豊和氏も、リンチ発言を問題視し「なんというバカ。なんという無知。作家というものは放っておけばなんでも書くキチガイであり、そこにこそ作家の価値がある。その倫理を見極め、世に送り出す判断を担うのは編集者だ。全責任は小学館にある」と、ツイッターで石井氏の主張に異議を唱えた。

 すると8日、石井氏は「リンチ」を辞書でひいたところ、自身が考えていた「最大限で皆で糺弾する(文化大革命の軽いやつ)」ような語感ではなく、「頭筋肉の危ないプワーホワイトが殺人、私的絞首刑」というようなイメージだったとして、反省し、「みっともないが消そう」と前出のツイートを削除した。

via: ジャーナリストが「美味しんぼ」原作者の「リンチ」呼びかけ? 石井孝明氏、批判されツイートを削除 (J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

 

※福島県民ではなく近隣の他県民の方だったようです。訂正。(ホンマに個人情報書きまくってたんで、記事をあまり見ないようにしてたんだ。)

 

Twitterで面白いんで本件を観察してたら、びっくりしたんだけど福島県民の中学校の教師の奥さんが、旦那さんを石井孝明に晒されて、職場にいたずら電話をされたり、石井孝明に懲戒しろと教育委員会に要請されたりしてほんとに困ってるというね。

「いくら何でもそんな馬鹿なことしないだろ普通」と思って見たら、どうやら件の奥さんはアゴラに掲載されたその記事に、何回も削除をお願いしてるけど、アゴラの責任編集者池田信夫の指示で放置されているらしい。

ジャーナリズム、言論。こういう人達が自分の活動の正当化のために言葉を使い始めたら始末におえないことになる。

 

首尾一貫して、危険物取り扱いとか宅建業みたいな資格が、ジャーナリズムだの言論だのというものに存在しないのは、それだけ取り扱いがセンシティブで、それを利用する人にリテラシーが求められるからだって言ってるけどこれなんかまさに典型例だね。

 

誤解してる人が多いけど、言論は別にして、ジャーナリズムは基本的に権力に対して阿る行動をするのはタブーなんだよ。「常に反権力でいること」が前提条件なんだよ。

これがわかってない奴がジャーナリズムとか言うからおかしくなる。「言論」であれば何を言おうが勝手で、権力に阿諛を述べようがどうしようが構わない。(基本的に、それは軽蔑される路線だろうけどね。)

なぜなら、言論の場合は求められるのがロジックとしての正しさや現状からの分析の帰結であって、ジャーナリズムみたいに弱者の盾を代理する存在じゃないからなんだ。

 

発見・再発見・思索の言論である一方、ジャーナリズムは弱者の盾。

権力は広報手段を自分で持っているし、多数派は影響力を既に持っているからこそジャーナリズムが体制に阿るのはタブーになっている。

「どこの国の放送局だよ」というスキンヘッドの右翼もいるけど、どこの国もクソもない、体制に寄りかかった時点でそれはジャーナリズムじゃない。

 

昔、イズベスチヤとかボイスオブロシアとかが小馬鹿にされていたのは、体制の報道機関を兼ねていたからであって、ジャーナリズムというもののコアから逸脱していたからバカにされていた。

 

「福島で本当は安全なのに危険だと言われて困ってる人はどうなるんだ」とこういう奴は必ず言い始めるけど、これだけ国と科学を盲信しておきながら、双葉町に今現在誰も住んでないという事実をどう捉えるんだろうか。

仮に、「今日から危険じゃなくなったので元の家に帰ってください」と突然言われて、本当に安心して暮らせるか、当の町民は?

そして、双葉町からそう遠くないところや、いわゆるホットスポットと言われる場所じゃないかという不安に苛まれている人、こういったマイノリティーの安心を取り戻すのがジャーナリズムの弱者の盾としての仕事であって、「危険だというやつのおかしさ」をいくら並べたってそういう心理的な恐怖感なんか取り除かれるはずがない。(そもそも除染も進んでないと言うじゃないか。メンタルもフィジカルも全然ダメじゃないのか。)

 

福島県民の同じ住民同士での相克も、「放射脳がおかしなことを言う」から起ってるんじゃなくて、「原子力発電所が爆発した」から起きている。ちょっとした距離の違いで起きている。受け取った賠償金の額の違いで起きている。

「爆発した、これは危ない」と言う人がいる一方、親戚や友人の住む今の生活環境・住宅ローン・仕事・子供の学校・引越しにかかる費用を考えて、「安全だ」と言い張るしかなくなっている人がいる。

この相克の構図で、どちらか一方の福島県民を悪者にすることのどこが弱者の盾なのか、それはジャーナリズムとは言わないんだよ。

 

どうしょうもない人間同士の対立を、ジャーナリズムは20世紀だけでも数限りなく解決してきた。

アパルトヘイト、インドの植民地支配、アメリカの黒人差別、誰も知らない場所で抹殺されてきたユダヤ人。ベルリンの壁崩壊。

全て、ジャーナリズムが権力と対立しながら事実を白日のもとに引きずり出し、そして最後には人間同士の融和を実現させた。

 

アゴラも石井孝明も報道や責任を自称しながら、なんの罪もない人々の対立を煽り、なお自分が気に入らない言動をしているものを見つけて、リンチにかけ晒しあげ、謝罪もせずに開き直っている。

どこにただの一教師の勤務先や所属先の電話番号までばら撒いて懲戒処分を迫り、奥さんまでコケにする必要があったのか。

やってることはジャーナリズムじゃなくて言論弾圧であって、自分に都合のいいメンツだけを集めた報道ごっこだろ。速やかにジャーナリズムの看板を下ろすべき。

 

いくら公務員だからと言って、思想信条の自由はある。それが問題になるのは逸脱した手段で他人に押し付けた時だけ、石井孝明のように。

尚の事、科学的な立証が難しいがゆえに、世論を二分するものについて自分の考えを持って当たり前。

仮にすべての公務員が世間の言う理論しか持つことが許されないのであれば、ドイツ第三帝国の教師はユダヤ人の生徒を殺せばよかったのか。生徒に特攻散華を奨励した日本教師は英雄になったのか。

 

教師でありながら親や夫である人間が、人間的な心情として放射能に不安を訴えても全く不自然じゃないし、禁止される筋合いもない。

何しろ、近頃じゃジャーナリストまでがKKKの真似をし血祭りにあげ木に貼り付けろと声高に叫び、リンチを扇動しているんだから、現実に。

 

 

ジャーナリスト石井孝明  「放射脳」教師のTwitterを教育委員会に通報、懲戒処分迫りネットに電話番号や所属情報ばらまく  「言葉誤解」は大嘘、リンチと血祭りが得意技 economy health houdouhigai domestic tepco yakunin jiken %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 netouyo %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

教師が石井孝明の言うような人間ばかりになったら、
はだしのゲンが克明に描写したおかしな教室が現実になる。
我々人間は歴史から学んだのか、そうじゃないのか。
その答えをああいう変わった連中の言動で今まさに目撃している。

 

 

ジャーナリスト石井孝明  「放射脳」教師のTwitterを教育委員会に通報、懲戒処分迫りネットに電話番号や所属情報ばらまく  「言葉誤解」は大嘘、リンチと血祭りが得意技 economy health houdouhigai domestic tepco yakunin jiken %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 netouyo %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

石井孝明のジャーナリズムは、反対論者を血祭りにあげるのがやり口か?まさにKKK

 

「クズ」と連呼する公立中学校教師

私は行政取材の経験が長いが、XX教諭のように他の自治体や一般市民への中傷を、名前を公表して繰り返す公務員など見たことがない。

XX教諭のツイッターを見てほしい。(@herobridge)つぶやき数は約3年で10万6000回、平均1日100回程度だ。このような大量の書き込みが可能であるほど、群馬県の公立中学校教師という仕事は暇なのであろうか。勤務時間中にやっていないのだろうか。

またXX教諭は反原発の主張を繰り返し、デモや政治集会に参加を続けることを公言している。そして原発肯定と彼が認定した特定政党、政治家への批判を繰り返す。個人の思想信条は尊重されるべきだが、公立中学校の教師は中立性が要請され、行動には自省と制限が求められるはずだ。(文部科学省通達「教職員等の選挙運動の禁止等について」)

XX教諭のハンドルネーム「英雄橋」や、XX裕行の名前で、ツイッターや、まとめサイト「togetter」を検索すると、異様さが分かる。毎日、有名人に話しかけ、気に入らない人を攻撃してののしり合いを続けている。私も彼に話しかけたことはないのに、原発推進派として絡まれた。

ジャーナリスト石井孝明  「放射脳」教師のTwitterを教育委員会に通報、懲戒処分迫りネットに電話番号や所属情報ばらまく  「言葉誤解」は大嘘、リンチと血祭りが得意技 economy health houdouhigai domestic tepco yakunin jiken %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 netouyo %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

また「税金を食べる」身分なのに、納税者、特に日本経済を支える製造業を罵倒している。
ジャーナリスト石井孝明  「放射脳」教師のTwitterを教育委員会に通報、懲戒処分迫りネットに電話番号や所属情報ばらまく  「言葉誤解」は大嘘、リンチと血祭りが得意技 economy health houdouhigai domestic tepco yakunin jiken %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 netouyo %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

これらの書き込みは一例だが、「クズ」「ネトウヨ」などとは、教師が使う言葉とは思えない。こんな調子の発言が延々と続くのだ。

[email protected].com

(生徒への悪影響を考えXX教諭の勤務先を明かすつもりはなかったが、ネット上で知れ渡っていること、行動を改めないことから、公開に踏み切る

via: 「放射能測定、この人は嘘つきだ」–郡山市民に訴えられた公立中学校教師その1 : アゴラ – ライブドアブログ

 

取材活動を「偽計業務妨害」?

私は一連のXX裕行教諭の行状について、関係するメディアで使うために彼の属する中学校の管理組織である群馬県吉岡町教育委員会に取材を書面で申し込み、XX教諭へ委員会を通じて質問状を送った。するとXX教諭は、ツイッター上で「取材を拒否する」と述べ、私をののしり始め、「偽計業務妨害で警察に訴える」と騒いだ。XX氏の妻という人も私を罵った。

この行為は公務員が職務上知り得た得た情報をネット上で漏洩し、第三者にも伝えたことになる。教育委員会にこれを知らせると「そんな行動は想像もしていなかった」とあきれていた。また取材活動が「偽計業務妨害」として刑事事件となった例など聞いたことがない。社会常識を疑う。

群馬県吉岡町教育委員会に話を聞いた。XX教諭の行動への批判、クレームが何件も同委員会に寄せられているという。「何度も彼を呼び指導している。教師にふさわしい言葉づかい、また職務の精勤を求めているのに態度を改めない。『個人の問題だ』と繰り返すばかり」と、困惑していた。

XX教諭の行動について管理者としての責任を聞いたが、委員会側は「問題がないように指導したい」を繰り返すのみだった。XX教諭、彼の属する群馬県と吉岡町の教育委員会のそれぞれの行動は、民間企業では考えられないいいかげんさで、「公務員の甘え、無責任」にしか思えない。もちろんXX教諭の行動が異常だが、その放置も問題だ。組織構成員が社会に迷惑をかけるなら、まともな組織は懲戒などの権限を行使してその是正を迫る。

委員会からの質問に、XX教諭は「私は戦っている。攻撃されている」と述べたという。「誰と戦うのか。教師が戦う必要などあるのか」と委員会側がつっこみを入れた。するとXX教諭は「戦っているんだ」と繰り返したそうだ。

原発をめぐるネット世界上の善と悪の最終決戦「ハルマゲドン」に参戦しているという妄想に、XX教諭はとらわれているのかもしれない。属する組織内ではこの人に冷たい視線が向けられているようだが、ネットは自分の存在が確かめられる逃避先になっているのだろうか。大人ならネットではなく自分の仕事や、現実の諸問題と格闘するべきなのだが。

普通の人なら「おかしな変人」で笑ってすむ話だが、XX教諭が公立中学校で子供たちを教えているという現実を考えると恐ろしい話だ。

via: 原発事故で、なぜ福島を攻撃するのか?–郡山市民に訴えられた公立中学校教師その2 : アゴラ – ライブドアブログ

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 5月 09日

    「ジャーナリスト」と名乗るなら例え冗談でも「リンチせよ」なんて公に書き込んでしまったり、気に入らないから…という理由で一般人の勤務先突撃なんてやらかしたら最悪ジャーナリスト生命が絶たれてもおかしくないと思うんですが、違うんですね。

    やってる事がネトウヨの鬱憤晴らしと似たり寄ったりでみっともないなぁ。

    • 名無し
    • 2014年 5月 11日

    ジャーナリスト?
    まあ、正義感っての容赦が無いね。
    一人一人、価値観や考えなんて違うのに。
    主義主張と誹謗中傷の違いは理解したいもんですね。
    このジャーナリストさんは、いじめはダメだって社会に言えるのかな?

    • 石井孝明
    • 2015年 2月 22日

    石井孝明の手法っていわゆる「やくざ」そのもの。
    こういうのに、対抗する手段はないんですかね。

    • gundari
    • 2015年 2月 22日

    @石井孝明

    まぁ暴力でしょうな。
    うろちょろしてる時にかっさらって、半日痛めつけてやったら二度と舐めた口を利かないと思いますよ。

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 3月 08日

    なるほど、ここが「放射脳」がおかしなことをいってるページですか。
    おめでたいですね。
    「バカを自覚しない」と決めた人は、死ぬまで自分が「放射脳」まみれの
    バカを自覚せずに死んでいけるんだから、幸せでしょうねヽ(^o^)ノ

    • gundari
    • 2015年 3月 08日

    @迦陵頻伽

    自分のコメントを読んで異様なもの感じない時点で狂ってると思いますよ。
    リンチで治した方がいいんじゃないのそれ?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る