風評被害は誰が拡めたのか  美味しんぼ犯人説の「放射能信者」本音は「福島を忘れたい」だけのヒステリー患者たち  東電と原発を擁護しても国土は還らない


25日、東京・港区で開かれた会議で、メーカーの技術者などに燃料の取り出し方法の検討状況が報告され、廃炉を技術的に支援する組織「国際廃炉研究開発機構」の担当者は、これまでの調査から、格納容器の損傷箇所の特定や十分な修復が難しく、冠水できないおそれがあると説明しました。
そのうえで、放射線量がより高い状況でも燃料の状況を把握する映像技術や水を使わずに放射線を遮蔽する方法など、冠水せずに燃料を取り出す技術の募集を国がことし6月から始める方針を明らかにしました。
国際廃炉研究開発機構の鈴木一弘専務理事は「冠水できない場合、放射線を遮蔽する新たな対策が必要になる。困難を乗り越える斬新なアイデアを出してほしい」と話しています。

via: 冠水しない燃料取り出し技術募集 NHKニュース

東京電力が30日発表した2014年3月期連結決算は、経常利益が1014億円(前期は3269億円の赤字)と3年ぶりに黒字を回復した。電気料金の引き上げで増収となったほか、設備修繕の先送りで経費を削減した。必達目標としてきた経常黒字は確保した

via: 時事ドットコム:東電、経常益1014億円=値上げ、費用減で3年ぶり黒字ー14年3月期

 

風評被害、正しい怖がり方を知らない、勉強が足りないだけ、いろんな事言う奴がいるけど、そのへんでトマト買ってきてかじるだけのことに、今まで勉強した奴っているんだろうか。

マヨネーズつけるか、ドレッシングにするか、塩にするか悩みはするけど俺は少なくとも勉強した記憶が無い。

風評被害って言葉を口にするやつ、アホなんじゃないだろうか。

 

スーパーで買ってきて料理する、それ以上に何か勉強が必要なような食料品を普通買わない。

事故が起きて、至って当たり前のリアクションが起きた。つまりこれは風評被害じゃなくて現実被害なんだよ。

グリコ・森永事件の時に買い控えが起きたけど、これ風評被害か?ニチレイの農薬混入事件も風評被害になるよ、その理屈なら。問題の食品以外は全て無害だったんだから。

 

ちょっと前の記事のコメントで面白いことを書いてる人がいたけど、この手のヒステリー反応を起こす奴って多分本音では放射能が有害だったらどうしよう、っていう恐怖があるんだろうな。

放射能が有害となったら、今安心して生活している自分の基盤の根底も危うくなる、っていう潜在的恐怖があるからこそヒステリックに「なかったコトにしたい」んじゃないか。

つまり、福島の肩を持つふりをしながら「忘れたい」んだろうな。

関東に住んでない俺からしたら、全くの他人事として非常に客観的に見れるわけで、ずるいと言われるのかもしれない。

 

ただ、肩を持つふりという書き方に意味するように、「忘れる」「なかったことにする」ことで福島の人が受ける不利益を忘れないほうがいい。

現実に今後も売上が回復することもなかったり、帰る家と農地をセットで失った人もいる以上、逸失する利益は今後も莫大な金額になるだろう。

風評被害といえば聞こえはいいけど、実際は賠償する必要のない世情的な一過性の損害にすぎないという東電がいかにも使いそうな訴訟上の屁理屈をどんどん補強することになる。

 

いくらキャンペーンなんかやったって、中国の毒入り餃子や薬漬けのウナギイメージと一緒で売上は回復しない。

現実的にはその損失を東京電力や政府がどうやって・いくら賠償するかが今後も被害者にとってのキーワードになる。

別に賠償しなくてもいいけど、それなら彼らが納得する形で同等の資産を取得して与えなきゃいけない。タダで済ませようという根性で作られた「風評」に乗せられてるのはどっちなのかという話になる。

 

福島に住みながら、こういう話は迷惑だという人の気持ちを放射能信者は本当にわかっていってるんだろうか。

 

どうせそれも便宜的に利用してるだけなんじゃないのか?

家の資産価値や、事業資産の価値、生活基盤まで数字で否定(危険だと指摘)されたらどうすればいいんだという現状肯定動機は、心理的恐怖と裏腹に働く場合だって十分考えられる。

放射能汚染が現実だったらどうしようという恐怖も、現実の生活基盤を喪失するかもしれないという切実的感情であるに決まってる。だからこそ否定している可能性が高いと思うよ。

それほど近所づきあいや友人関係も含めた生活というのは重たいものなんだから。

 

現実は、そういう現状維持的な動機とは裏腹な動きを今示している。

この間、野菜の土を買いにホームセンターに行ったらエライ安い土を山積みで売っていた。

買おうと思ってよく見たら、宮城の土だった。他が20kg800円位の単価のところが、300円を切っていたよ。(ほんのちょっとの足し米だし、俺はそれ買ったけどな)

 

風評被害じゃない、現実の損害だよ。

影も形もないものじゃなくて、現実に800円で売れたはずのものを300円で売っている人がいる。

東京電力の肩を持っても、除染は進まないしそれが800円にならない。

 

福島の人の肩を持つ「ふりをする」くらいなら300円でも山積みになっているものをまず自分が800円で買うことからはじめなきゃいけない、「風評にすぎない」って証明するために。どうせ口拭って知らん顔するだけだろうけどな。

尻馬に乗って騒ぐ奴の顔と根性は常に卑しい。

 

結論:真実は一つしかなくても、事実は常に複数ある。フィールドワークで取材する中でいろいろな話を聞くだろう。美味しんぼが糾弾されるときは全てが捏造だった時だけだな。

 

 

風評被害は誰が拡めたのか  美味しんぼ犯人説の「放射能信者」本音は「福島を忘れたい」だけのヒステリー患者たち  東電と原発を擁護しても国土は還らない %e8%a9%90%e6%ac%ba%e3%83%bb%e5%81%bd%e8%a3%85%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e7%ad%89 health saigai %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%b1%b1 politics domestic tepco %e5%8c%bb%e7%99%82 %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b netouyo %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9

 

ただでさえ逸失利益を認めさせるのは難しい。
しかも再取得価格ややり直しを考慮した金額になることは殆ど無い。
だからこそ世論が感情に基づいてしっかりした本音を言わないといけない。
「本当の被害者」が被害を回復できなくなるから。
お為ごかしの偽善ヅラが本当は一番迷惑なんだよ。
食料品も日用品も、感情が購買動機であって、科学的事実を参照して行われるものでもなんでもないからね。(しかもそれが嘘か本当かも信用出来ないし。)

 

 

風評被害は誰が拡めたのか  美味しんぼ犯人説の「放射能信者」本音は「福島を忘れたい」だけのヒステリー患者たち  東電と原発を擁護しても国土は還らない %e8%a9%90%e6%ac%ba%e3%83%bb%e5%81%bd%e8%a3%85%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e7%ad%89 health saigai %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e9%87%8c%e5%b1%b1 politics domestic tepco %e5%8c%bb%e7%99%82 %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b netouyo %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b9

 

↓関連記事↓

 

 

 

「いや、もう『避難者です』と言うのもいやになりました」

 渡辺さんは苦笑いしながら言った。渡辺さんが初めてもらした「弱音」だった。

 「『いつまでも甘えている』と思われてるんじゃないかと心配なんです・・・テレビでは『南相馬市で運動会がありました』なんてニュースをやってます。『もう帰れるじゃないか』と思われてるんじゃないか、と先読みしちゃうんです」

 この話は避難者からよく聞く。避難先の人に気を使うあまり、相手の気持ちを先読みするのだ。

 入院は何だったんですか。私はそう聞いた。

 「実は・・・下血でぶっ倒れました・・・」

 びっくりした。渡辺さんは体が丈夫が自慢だとずっと言っていたのだ。前回書いた石谷貴弘さんが吐血して倒れた時点でも、渡辺さんは大丈夫だと言っていた。

 久恵さんが加わって説明してくれた。

 2013年9月の夜。10日ほど下血が止まらないので、大学病院で検査を受けた。当時住んでいた寒河江市のアパートに戻ると、3階の自室までの階段が息切れして上れない。部屋に入ったらトイレで吐いた。立てなくなった。

 「大変だと思って救急車を呼んだんです。到着したので、じゃあ、と玄関を出ようとしたら、気を失って倒れた」

 担架が下半分血で真っ赤になった。搬送されてそのまま2週間入院した。

 その半年ぐらい前から、体のあちこちに異変が起きていた。2013年3月頃には、頭の後ろに「十円玉はげ」が数個できた。「円形脱毛症」だった。

via: すでに転居は4回、けれども南相馬には戻れない 3年目の原発難民(その3):JBpress(日本ビジネスプレス)

 

2013年の10月ごろから、不正出血が止まらない。医師の検査を受けたが異常はなかった。止血剤を飲むと出血は止まる。しかし薬を飲んでホルモン周期をつくっている状態だ。

 南相馬市に帰りたいと思いますか、と私は尋ねた。久恵さんは言った。

 「帰りたいとは思うけど・・・」

 でも、と言葉を継いだ。

 「道路標識で『南相馬市まで何キロ』という表示を見ると、頭痛がしてくるんです」

 2011年春に一時帰宅したとき、故郷の沿岸部はまだ津波に破壊され尽くしたままだった。住宅街が消えてしまっていた。漁船や住宅のがれきが荒野を埋めていた。

 以来、怖くて津波の映像を見たりすることができない。偶然ネットで津波の映像を見てしまった後は、悪夢になって出てきた。夏に山形で海を見に行ったとき「ザブーン」という波の音に怯えている自分に気がついた。精神的なトラウマが消えないのだ。

via: すでに転居は4回、けれども南相馬には戻れない 3年目の原発難民(その3):JBpress(日本ビジネスプレス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5割の家族が離れ離れ=全避難世帯に初の調査―福島県

時事通信 4月28日(月)18時1分配信

 福島県は28日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う避難者6万2812世帯(約13万2500人)に行ったアンケート結果を発表した。自主避難を含む避難者全体を対象にした調査は初めてで、家族が複数箇所に分かれて避難している世帯の割合が48.9%に上ることが分かった。県は調査結果を今後の支援策に活用する。

 調査は今年1~2月に実施。住所不明で調査票が戻ってきた避難者を除く5万8627世帯の35.3%に当たる2万680世帯が回答した。

 それによると、「世帯でまとまって1カ所に住んでいる(1人暮らしを含む)」が44.7%だったのに対し、「2カ所以上」に分かれて暮らす家族は48.9%。うち「5カ所以上」は0.6%だった。

 また、仮設住宅や自治体による借り上げ住宅などに住む世帯は69.0%に達し、入居期間の延長や、居住家族の人数変更などに応じた住み替えを柔軟に認めるよう求める回答が目立った。 

via: 5割の家族が離れ離れ=全避難世帯に初の調査―福島県 (時事通信) – Yahoo!ニュース

 

作中では主人公らが鼻血を出したり疲労感を覚えたという描写があり、双葉町元町長の井戸川克隆氏も登場して同様の症状があるとして「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです」と語った。作中では医師が「放射線と鼻血を関連づける医学的知見はありません」と語る場面があり、両者を直接関連づけてはいないものの、「福島に行くようなってからひどく疲れやすくなった」と登場人物が話すシーンなどがあり、不安をあおっているとも受け取れる描写がネットユーザーから批判されている。批判の声はTogetterなどにまとめられている。

 同誌の編集部は「鼻血や疲労感の表現は、綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載させていただきました」とコメントし、鼻血や疲労感が放射能の影響によるものと断定する意図はないと説明している。

via: 「美味しんぼ」に「風評被害を招く」と批判 スピリッツ編集部がコメント (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 5月 02日

    ぶっちゃけ(実際に住んでる人はともかく)風評被害どうので責めたいんじゃないと思いますよ
    美味しんぼ、というより雁屋氏はかなりの嫌われ者ですからね、どれだけ嫌われてるかはちょいと調べれば分かります
    これを機に連載終わらせて業界から追放させたいがために責める、遠くの被災者には上辺だけ哀れんでおく
    人間とはそういうものだろう、私にも覚えがある
    あっ、そうだ(唐突)だったら安い福島産のものを買って倹約しよう!

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 5月 02日

     私は震災直後から福島でボランティアをしていましたが、2011年の夏くらいから心臓の機能低下に苦しんでいます。
     病院で色々な精密検査を受けたものの原因は不明で、検査結果の上では心臓も含めて全て問題が無いのにも関わらず、血圧と心拍の低下が起きる症状に悩まされてきました。
     医者は原因が不明である事から自律神経失調症という病名を診断していますが、原因が不明である為に投薬すらしてもらえていません。
     この症状が始まると立っている事も困難で、何も出来なくなって寝ているしかありません。
     震災ボランティアをするまでは体の丈夫さだけがとりえの40台の中年男でしたが、今は福島を離れて生活しています。症状の悪化が怖いからです。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 5月 02日

    大本営が情報を隠し続けても、無敵のはずの皇軍は「転進」を続け、最終的には米軍がやって来て日本は負けた。
    同じく、どんなに「放射能無害説」という珍説を官民一体となって信じようとしても無駄だ。
    バタバタと「ナゾの病気」で国民が倒れていけば、原発脳の阿保どもも無残な現実を直視せざるを得ないだろう。

    • こたろう
    • 2014年 5月 02日

    わたしは原発反対だけど福島産の食品はごめんなさい、食べません。ゆう訳で国産とか書いてあるだけの食品はかえってうさんくさくて、よっぽど中国産とかの方がいい。こうゆうのは目に見えないから政府は強気でいるのかも知れないけど、日本の報道はおかしいと思う。放射能をどう認識してるのかな。政治家の多くは先が短いからかもしれない。
    アメリカで得体の知れない病気持ちの人をたくさん見た時はあれはきっと目に見えない汚染や食品の積み重ねでやられたもんだと思いました。思っただけだけど、またこれが未だ表に出ないから疑いが深まるもんです。旅と女好きの親戚のおっちゃん曰くチェルノブイリは女の子ばっか産まれるそうです。未来を思うと、原発安全とかそうゆう方向に誘導してる人は学習能力のないアホのせいでいずれ世界は終わっちゃうんだろうなーと思います。

    • gundari
    • 2014年 5月 02日

    @こたろう さん

    >政治家の多くは先が短いからかもしれない。

    これは違うよ。コメもミネラルウォーターで炊く人に汚染なんか関係ないでしょ。
    所得によって免れる危険も厳然としてあるってことです。

    チェルノブイリの女の子の話は、多分電力施設が近くにあるせいでしょうね。
    高圧電線、鉄塔、変電所の近くではほとんどが女の子しか生まれません。

    妊娠するタイミングがその場所だといけないのか、それとも性別決定するまでの間なのかわからないけど、これは割と科学的な常識です。
    どうしても女の子がほしい人は、できるまでそういう場所で暮らせばいいってことでもある。

    • こたろう
    • 2014年 5月 02日

    はしょってすみません。
    原発反対ですが、福島の産物を風評被害と思いません。なので食べません。

    • gundari
    • 2014年 5月 02日

    @こたろう さん

    あんだけ安全安全言われたら、「水俣病はノイローゼと同じ」とか言ってたことと被りますよね。
    それで病気になったって誰も責任とってない、食えるわけ無いと思う。

    俺も端折ってた部分を補足すると、「政治家くらいになると地元からの贈答品と、自分で安全ガチガチのものを準備できるんで福島産が危険でも安全でもどうせ食わないから関係ない」と。

    • こたろう
    • 2014年 5月 02日

    高圧電線ーなるほどー>_<勉強になります!

    • こたろう
    • 2014年 5月 02日

    寝てる間に天井から糸で政治家の口に放射能汚染水を流し込みたい。ああめんどくさいしくやしい>_<

    • 虚空
    • 2014年 5月 02日

    「被曝した」と思い込む事で体調が悪くなる事もあるし、すぐに症状が出た人はあまり信用されないだろう。
    仮に身体から放射性物質が出たとしても、「ただちに影響は無い!(キリッ」とか言って誤魔化されるのが見え見え。
    放射性物質が人体にどんな影響を及ぼすか、それがハッキリするのはまだ先かな。
    例えそれがハッキリしても、被害規模がヤバすぎる上に解決策も無いから、日本政府がそれを認める事は永久に無いと思う。
    結局、自分の身は自分で守るしか無い。
    とりあえず妊婦や子供だけは逃げてほしいな。

    • 在日日本人
    • 2014年 5月 03日

    軍茶利さん、コメント紹介していただきありがとうございます。勢いで書いただけに、今読み返すと、誤字脱字あるし、最ゴム幕まとめてられてないし、恥ずかしいです。
    先に書いたとおり、全国の市民測定所や個人の測定者が測定していて、検索かければ一発でわかるのに、今の日本では、放射能汚染の実存を語るのはタブーであり、いろんなところからフルボッコされます。
    ろくに調べもしない頭のおかしいネトウヨはともかく、ブログなどで、結構良い事や為になることを書いていう人でも、こと放射能汚染に関しては、豹変する人が多いです。
    江川紹子や香川リカなど、散々弱者の味方ヅラしていたのに、こと放射能に関しては怖がっている人たちを基地外扱いしてますし。
    たぶん知っているハズの人が、それを完全否定する理由を考えると、放射能汚染や被曝を認めたくないんでしょう。

    あと、鼻血ですが、3年前の震災直後でも、ツイッターやネットで「鼻血が出た!」と言っていた人なんていっぱいいたし、震災ガレキを燃やしたところでも、「鼻血が出た」と言っていた人がいましたから、「美味しんぼ」で取り上げられて大騒ぎするなんて、危険厨の自分としたら「何を今更・・・」って感じです。

    そんな「美味しんぼ」より、去年大ヒットしたハリウッド映画「パシフィック・リム」なんか、黒人司令官は過去の戦闘で放射能を浴て余命いくばくもないのですが、その被曝の影響として思いっきり「鼻血」を出しているんですよ。
    内容自体、巨大ロボットと怪獣が殴り合う、まるで21世紀に蘇った「東宝チャンピオンまつり」みたいな映画で、アニメアイコンのネトウヨ安全厨なら必ず見ている映画で、それを知らないとは絶対言わせない。
    「美味しんぼ」は匂わしているだけなのに、「パシフィック・リム」はもろ「被曝したから鼻血でた」ですから、雁屋哲氏や小学館に因縁つけるなら、それ以上の表現をした「パシフィック・リム」の監督のギレルモ・デル・トロ監督やワーナーにも因縁つけないとおかしい。
    因縁つけないのは、相手がアメリカ様で、しかもハリウッドを牛耳っているユダヤ資本だから、怖いんでしょうか?
    相手見て文句言うようなダブルスタンダードは、いい加減にしてほしいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る