代表戦、岡田氏が新代表に 民主党にクロージングベル、自浄能力に加えて学習能力も失っていた模様


細野氏の離党含み、でしゃばりが治らなかった岡田氏の党運営に赤信号

 

海江田万里代表の後任を選ぶ民主党代表選は18日午後、東京都内のホテルで開いた臨時党大会で投開票された。1回目の投票で過半数を得票した候補者はなく、細野豪志元幹事長(43)と岡田克也代表代行(61)が決選投票に進んだ。

事前に行われた党員・サポーターと地方議員の投票結果は細野氏202ポイント、岡田氏199ポイント、長妻昭元厚生労働相(54)が94ポイント。党所属の衆参両院議員と次期参院選の公認内定者の投票結果は細野氏96ポイント、岡田氏95ポイント、長妻氏74ポイント。合計で298ポイントを獲得した細野氏が1位、294ポイントの岡田氏が2位、168ポイントの長妻氏が3位だった。

 決選投票は同日、国会議員と公認内定者によって行われる。

 

via: 民主代表選:細野氏と岡田氏の決選投票へ – 毎日新聞

 

さすがに細野氏が落選するとは思わなかったけど、こりゃぁ民主党も終わりだな。

岡田氏が党首というのは色んな意味で党の生命力が尽きてることを示している。

 

まずいままで、岡田氏は代表とか代表代行を歴任してきた重要な役職員で、わかりやすく言えばババ抜きのババを引く係で、その点で言えば海江田氏と一緒で功労者と言っていいだろう。

でもその能力面を大将として問うのであれば、海江田氏と同じく石田三成と同じような立ち位置になるゾーンの人で、今まで負けまくってきた選挙の実績がそれを示してるんだよね。

 

しかも海江田氏のように割と後続の若手の人にオープンな性格かといえばそうでもなく、空気読まずに立候補して最後まで食い下がるアスペルガーみたいな性格で。

しかも今までさんざん選挙に負けまくってきた実績を棚上げにして

民主党代表選で、細野豪志元幹事長と岡田克也代表代行の舌戦が激しさを増している。細野氏が先月の衆院選で伸び悩んだことへの反省を求めたのに対し、岡田氏は野党再編をめぐる細野氏の「転向」や派閥的グループを率いていることを批判。政策面で異なりリベラル色が強い長妻昭元厚生労働相をよそに、両氏のバトルは個人攻撃の様相を呈している。

via: 民主代表選:舌戦激化 細野氏VS岡田氏 – 毎日新聞

 

その若手と不毛な論争まで繰り広げる始末で、つまり組織として持ってなきゃいけない

・この人が親分では勝てないという学習能力

・ダメだった部分を改善しようとする自浄能力

がないってことを白日のもとにさらしてしまった。

 

だからこそこの期に及んでまだ自民党との対立軸とか言う寝言を言い出すのであって、

民主党代表選が18日、投開票され、決選投票で岡田克也代表代行(61)が細野豪志元幹事長(43)を破って新代表に選ばれた。1回目の投票では細野氏が僅差(きんさ)で1位だったが、決選投票で岡田氏が長妻昭元厚生労働相(54)を支援した議員の支持を集めて逆転した。政策をめぐる意見の違いが表面化しがちな党内をまとめ、「1強自民」に対して対立軸を示せるかが新代表の最大の課題だ。

via: 民主新代表に岡田克也氏 決選投票で細野氏を逆転:朝日新聞デジタル

 

やりようによっては単独改憲にリーチがかかるほどの勢いを持ってる巨大与党と、死にかけの水に落ちた犬を競争させようとか正気の沙汰ではないってことですら理解できてない。

 

そもそも自民党との対立路線と言ったって、鳩山氏を追放して、菅直人を黙殺しまくって基本的な部分で選挙互助組織に成り下がった状態で、対立するほどの政治信条の違いがどこにあるというのか?

だとしたら対立するとかではなくて自分たちの独自政策を考えるべき話であって、すべての話の前提に「自民党ガー」を持ってくるのをそろそろやめにするしかないわけだ。

 

そういうことに気づかなければ生存が不可能な状況でこの状況を生んだということはまさに『終わった』わけで、「大将」の器を持ってる細野氏は遅かれ早かれ党から出て行くことになるだろう。

それがとどめになって崩壊するのではないかと予想する。

 

そして民主党に在籍して岡田氏を支援した人はそれを非難する資格はないと思う。

 

大事な事はなにか?

それは日本を政治家としてどうしたいかの構想と行動なのであって、自民党との対立ではない。

そして自民党以外のほとんどの政党はその打ち出しに失敗している。

 

 

代表戦、岡田氏が新代表に 民主党にクロージングベル、自浄能力に加えて学習能力も失っていた模様 politics

 

岡田が悪い→☓
岡田ではどう考えても無理→○
だからな。言ってることがまともで筋が通ってても、
この人に出来ることと出来ないことがあって、今からできないゾーンのことが大事になるわけで。

 

 

代表戦、岡田氏が新代表に 民主党にクロージングベル、自浄能力に加えて学習能力も失っていた模様 politics

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

海江田万里代表の後任を選ぶ民主党代表選は18日、東京都内のホテルで開かれた臨時党大会で投開票され、岡田克也代表代行(61)が細野豪志元幹事長(43)と長妻昭元厚生労働相(54)を破って新代表に選出された。

【個人攻撃の様相】民主代表選舌戦激化 細野氏VS岡田氏

 事前に行われた党員・サポーターと地方議員の投票結果は細野氏202ポイント、岡田氏199ポイント、長妻氏94ポイント。党所属の衆参両院議員と次期参院選の公認内定者の投票結果は細野氏96ポイント、岡田氏95ポイント、長妻氏74ポイント。合計で298ポイントを獲得した細野氏が1位、294ポイントの岡田氏が2位、168ポイントの長妻氏が3位となり、過半数を獲得した候補者がいなかったため、上位2氏が決選投票に進んだ。

 決選投票は国会議員と公認内定者によって行われ、岡田氏が133ポイントを獲得し、細野氏の120ポイントを上回った。

via: <民主代表選>新代表に岡田氏選出 決選投票で細野氏制す (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ルイー痔
    • 2015年 1月 19日

    民主党は小沢中心でなくなった時に終わってると思ってる。

    小泉が登場してから政界全体に恥ずかしい勘違いの空気が生まれたなーと思ってて。
    その流れは小沢を必要としなかったんだろうなあ。

    • 迦陵頻伽
    • 2016年 8月 01日

    岡田が代表になった時点で「こりゃ、民主党はダメだな」と思ったのですが
    本当に今回の参院選並びに都知事選で、岡田克也の絶望的な無能さと人望の無さが改めて認識出来ました
    (敗戦の責任からも逃げるクズですね)

    しかも今回の都知事選はかなり有利な戦いであり、例え負けたとしても
    ここまで無様な結果になる勝負ではなかったハズです

    せめて岡田は自民党のスパイであればまだ救いようがあるのですが
    ここまで役立たずなら党追放、代表を推薦した連中を徹底的に粛正すべきだと思いますよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る