ペラペラ口が軽い寿司屋のジロー、程度低い日本政府のおもてなし  来訪中の国賓に失言する閣僚、嘘つき総理  ネトウヨ日本にふさわしい最悪の顔ぶれ


この発言に対して宮根氏は「日米同盟はちゃんとやったのになぜTPPでは折れないんだという怒りで安倍総理って言ったんですか?」と質問すると、春川氏は「私はそう思います。やっぱり不自然ですよね。しかも安倍さんは(共同会見で)一回ではなく、何回もバラクバラクって言っているのに…。昨日はおすし屋さんの前で(オバマ大統領は)シンゾーって言った訳ですよねー。記者会見なんで政策の細かいこと言うときはprime、presidentって言うんでしょうけど、(共同会見の)頭の、『昨日はおいしいおすしをご馳走になった』っていうところはやっぱり普通はシンゾーって言いますよね」と不自然さを強調した。

via: 日米首脳会議の共同会見で、ファーストネームで呼ぶ安倍首相に対し、ファーストネームで応えなかったオバマ大統領は「怒っている」と「ミヤネ屋」で識者が指摘 – ライブドアニュース

 

今度のオバマ大統領訪日で、忘れてる奴が多いけどもともと来る予定なかったのを安倍チョンが支持率のために自分で呼んだんだよな。

寿司屋はいいと思うし、結構刺激的で楽しい体験だったんじゃないかと思うけど、選んだ店の大将はろくなもんじゃないな。

っていうか、すきやばし次郎美味いか、あれ?

 

一回行ったことあるけど別に普通だったけどな、味の割に高いって思っただけで。

あの手の「高額なだけ」の店って、イタイ客が多くて嫌になるのもあるし、店の人間の勘違いもイライラするんだよね。

ぶっちゃけ、弟子を雇ってやるような店よりかは、気難しい親父だけどそれがこの世にあることを知らないまま死んでいくほうが多いような全く次元の違う寿司を出す店のほうが好きだな。

 

弟子を雇う金で食器類も面白いものを揃えていて、徳利・ぐい呑みから醤油皿までこだわってる店で、目と耳で楽しみながら目利きが本当にできる奴が選んだネタを、こだわりぬいて選んだもので寿司にしたほうが・・・

そういう店は今まで2軒だけあっていきつけにしてたけど、やっぱり食は都会の技術を田舎で使うもんだってことを痛感させられたもんだ。

そういう点では次郎はいまいちだった。多分、二度と行かない。物語に愛されている本物のお江戸の寿司、いつか出会えないもんかと内心は思ってんだけどな。

 

話はそれてしまったけど、麻生副総理の発言も、報道機関も今回ばかりは黙ってたほうが良かったんじゃないかという失礼な発言だな。

何も決められない大統領、というけどそれってタダの勘違いで、民主主義では何事も簡単に決まらない、ってのがホントなんだよ。

 

「戦争が始まって、今我々は攻撃されている」みたいな誰もが全員一致する状況を別にして、なんのために選挙なんかやってるんだよ。

何でもかんでもすぐ決まる民主主義なんかないよ、江戸幕府でも何でも討議して決めていた。

 

決まらない政治がいけないんじゃなくて、基本的な発想が狂ってる政治がダメなんだよ。

安倍とオバマ大統領のどっちが狂ってると思ってんだ。

 

靖国で引き起こした面倒を、靖国に参拝する信徒や参拝者に押し付け、不可侵であるべき宗教行事を政治問題にした張本人で、しかもその尻ぬぐいができなかったのを外国の大統領に押し付けた安倍チョン。

そして支持率維持のために来てくれって拝み倒して、来てくれることになったらその来日前にまた靖国神社を触る。

そしてその閣僚たちは、民主主義国で議会制政治の選良に自らなっておきながら「何も決められない」などと議会制民主主義を全否定した発想をしている。

 

オモテナシでオリンピックを呼び込んだ日本。

そのトップの連中のオモテナシがこれか?

恥ずかしくて外国に顔向けできない政府になりつつあるんじゃないか。いつだって問題は自分にあるってことを忘れたら人間終わりだぜ。

 

 

ペラペラ口が軽い寿司屋のジロー、程度低い日本政府のおもてなし  来訪中の国賓に失言する閣僚、嘘つき総理  ネトウヨ日本にふさわしい最悪の顔ぶれ %e9%a3%9f%e3%83%bb%e5%97%9c%e5%a5%bd%e5%93%81 defence economy health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc politics yakunin %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 netouyo tpp soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

ま、寿司自体は良かっただろうな。
半分残したなんて言うけど、ある程度年行ったら物理的に食べられない人も多いしね。
オバマ大統領の食事の満足とは別問題だと思うよ。
生魚と聞いて飛び上がる国の人間でも、日本のカウンターの寿司を食ったら意見が変わってる。
食文化として、料理として寿司は優れてるよ。

 

 

ペラペラ口が軽い寿司屋のジロー、程度低い日本政府のおもてなし  来訪中の国賓に失言する閣僚、嘘つき総理  ネトウヨ日本にふさわしい最悪の顔ぶれ %e9%a3%9f%e3%83%bb%e5%97%9c%e5%a5%bd%e5%93%81 defence economy health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc politics yakunin %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 netouyo tpp soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6
NewCookDay 骨抜き DG-2073

posted with amazlet at 14.04.26
貝印
売り上げランキング: 1,892

 

↓関連記事↓

 

 

 

板前に立つ奴は、まず口を噤め。味の論評はその次だ。

 

寿司外交は本来、天ぷら外交になる予定だった──。

 オバマ大統領の訪日初日、安倍首相が夕食の場に選んだのは銀座の高級寿司店「すきやばし次郎」だったが、ここに落ち着くまで政府の店選びは二転三転。一度はオバマに天ぷらを味わってもらうことも考えたが、提供する店側に断られていた。



 政府が候補に挙げていたのは、銀座の「てんぷら近藤」だ。ミシュラン2つ星店で、1人当たりの平均予算は2万円前後と、こちらも都内屈指の高級店である。



 今月6日に安倍は来日中だったアボット豪首相を元赤坂の迎賓館に招いて、夕食会を開催。この時に迎賓館まで出張し、アボットに揚げたての天ぷらを振る舞ったのも、近藤の主人だった。



 主人の近藤文夫氏は日刊ゲンダイ本紙の取材に「今回も外務省から打診があったのは事実。けど、オレがペラペラしゃべるわけにはいかないねえ」と多くを語ろうとしなかった

via: 日刊ゲンダイ|オバマ大統領より予約客優先 銀座「てんぷら近藤」の心意気

 

日本の売りがオモテナシだというならあまりの発言じゃないかね?擁護はフォローになってないよ。

 

麻生太郎副総理・財務・金融相は25日午前の閣議後の記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る日米協議が大筋合意に至らなかったことについて「オバマ(米大統領)が国内でまとめきれる力はいまないだろう」と語った。オバマ政権が11月に中間選挙を控えていることを指摘し「いま協議がまとまったとしても米国の議会で通る保証はない」と主張。「5、6カ月あるから、いろんな話を継続していくということでいいのではないか」とも語った。

 一方、菅義偉官房長官は同日の記者会見で麻生氏の発言について問われ「米国国内のことで、麻生副総理がどういう状況で発言したのか分からないのでコメントは控える」と答えた。そのうえで「合意を達成する道筋は確認できたので、そこに向かっていく」と説明。「大筋合意に向け、互いに重要懸案について配慮しながら、包括的で高いレベルの合意を実現する道筋については、互いに確認できた」と強調した。

via: 麻生財務相、TPP「オバマにまとめる力ない」  :日本経済新聞

 

この発言に対して宮根氏は「日米同盟はちゃんとやったのになぜTPPでは折れないんだという怒りで安倍総理って言ったんですか?」と質問すると、春川氏は「私はそう思います。やっぱり不自然ですよね。しかも安倍さんは(共同会見で)一回ではなく、何回もバラクバラクって言っているのに…。昨日はおすし屋さんの前で(オバマ大統領は)シンゾーって言った訳ですよねー。記者会見なんで政策の細かいこと言うときはprime、presidentって言うんでしょうけど、(共同会見の)頭の、『昨日はおいしいおすしをご馳走になった』っていうところはやっぱり普通はシンゾーって言いますよね」と不自然さを強調した。

via: 日米首脳会議の共同会見で、ファーストネームで呼ぶ安倍首相に対し、ファーストネームで応えなかったオバマ大統領は「怒っている」と「ミヤネ屋」で識者が指摘 – ライブドアニュース

 

米大統領としては18年ぶりに実現したオバマ大統領の国賓訪問で日本のもてなしは手厚かった。「最大規模」という言葉がついてまわった。しかし、オバマ大統領は安倍晋三首相と一定の距離を保ち、温度差を感じさせた。

24日、皇居では天皇、皇后両陛下が主催する宮中晩餐会が開かれた。晩餐には「平成」という年号を使い始めた1989年以降最大の169人が出席した。天皇、皇后両陛下は、オバマ大統領に陶磁器の花びんなどをプレゼントした。国賓訪問に同行しなかったミシェル夫人のためにも宝石箱の贈り物を準備した。

一方、このようなもてなしにもオバマ大統領の態度は冷ややかだった。オバマ大統領は24日午前、安倍首相との首脳会談の後、別に昼食をとった。日本側は自然に昼食につながるよう首脳会談を準備したが、米国側から断られたのだ。

日米首脳の「すし外交」で大きな関心を集めた前日の高級すし店での夕食も、伝えられたのとは違って雰囲気が硬かったという。AFP通信は24日、すし店と同じ階にある飲食店の店主の言葉を引用して、「安倍首相は一つずつ出されるすしを全部食べたが、オバマ大統領は半分だけ食べて箸を下ろした。会話のムードはかなり硬かった」と伝えた。この店主はこのような話をすし店の料理長から聞いたという。

オバマ大統領は今回の国賓訪問で迎賓館ではなく米大使館近くのホテルに宿泊した。車も、天皇、皇后両陛下が使用する車を断り、米国から持ってきた専用車を使った。日本政府では、「オバマ大統領はなぜこのように冷ややかなのか」という声が出ている。

via: donga.com[Japanese donga]

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る