京都青酸カリ殺人、容疑者の筧千佐子 否認虚しく起訴 周囲の死亡者から続々青酸化合物検出


毒物の発見で否認の根拠が崩壊した容疑者

 

京都府向日市で夫を青酸化合物で殺害した疑いで妻が逮捕された事件で、京都地検は、勾留期限の10日、妻を殺人罪で起訴する方針。

 筧千佐子容疑者(68)は去年12月、自宅で、夫の勇夫さん(当時75)に青酸化合物を飲ませて殺害した疑いで逮捕されている。千佐子容疑者は容疑を否認しているが、その後の捜査関係者への取材で、京都地検が勾留期限の10日、千佐子容疑者を殺人罪で起訴する方針を固めたことがわかった。

 青酸化合物の入手ルートはまだわかっていないが、自宅から処分された園芸用プランターの土の中の小袋から青酸化合物が検出されたことや、勇夫さんに自殺の動機がないことなど、状況証拠の積み重ねにより立証できると判断したとみられる。

 一方、おととし、大阪府泉佐野市で、バイク事故で死亡した千佐子容疑者の内縁関係の男性の血液からも青酸化合物が検出されていて、大阪府警が捜査を進めている。

 

via: 否認続ける妻を殺人罪で起訴へ 京都夫殺害 | 日テレNEWS24

 

選挙報道のお陰で影に隠れてた感がある京都の青酸カリ殺人だけど、警察が何で確たる証拠を見つけたのか、隠し球にしてるんだろうけど状況証拠と本人の否認でパッと見苦しそうな感じで起訴。

多分だけど、販売元とかそういう所をあたって入手経路を既に特定してるんだろうね。

 

例えば、被告が俺の想像通り、過去夫が経営していた印刷会社の保管していた化合物を使っていたとして、常識的に考えたらその売買のデータはすでに入手できないと思うだろうけど。

売った会社が生存していた場合、総勘定元帳とかから調べられる可能性も結構残ってるんだよね。

 

帳票の保管義務は結構長いんだけど、それでも5年、7年で税法上の保管義務からも逃れられるんだけど、多くの会社で死蔵している総勘定元帳は倉庫に残っている。

「あの時の旦那も死んだし、もう足がつかへんで」と自分は考えていても、売買のもう片方の当事者に帳簿が残っていて、入手経路がはっきりし、なおかつ不純物とかから成分を比較して一致した、みたいな話なのかもしれない。

 

大抵、何かよほど後ろ暗い理由や、憎悪に気が狂いそうな何かしらの理由でもない限り、子供の成長記録みたいな感覚で経営者や総務部の幹部が結構大切に保管してあるもんなんだよね、大昔の帳簿。

 

前も銀行の人が言ってたけど、「資料の重さで床が抜けそうなんだ」『えっ!?なに保管してんのそれ』という話で、聞いてみたら昭和40年位からの資料を全部積んであったらしい。

重さが計算によれば何十トンもになるらしくて、わざわざそれを保管するために新しく頑丈な部屋を準備したという。

 

当時幹部だった人が頭取になって、更に会長になってという歴史があったりして、なかなか廃棄しようという話にならんらしい。

多分そのへんのところから足がついたんじゃないだろうか。

ガチでそういうのを調べたとしたら、捜査した人はホント大変だったと思う。

 

紙に湧くダニ、ホコリ。手書き時代のイマイチ判読しにくい資料。

想像しただけで体が痒くなってくる。

お疲れ様ですとしか、言葉がないなぁ。

 

 

京都青酸カリ殺人、容疑者の筧千佐子 否認虚しく起訴 周囲の死亡者から続々青酸化合物検出 %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 %e7%9b%b8%e7%b6%9a health crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a jiken

 

つまり毒の入手経路を立証されたら終わりって自覚はあったんだろうな。
そして冷静さを失って二転三転するってことはそこを突き崩される証拠をつきつけられたんだろう。
そもそも、毒がなかったとしてもお前自身が猛毒だよ。
早く火葬場で無害な毒になってくださいな。

 

 

京都青酸カリ殺人、容疑者の筧千佐子 否認虚しく起訴 周囲の死亡者から続々青酸化合物検出 %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 %e7%9b%b8%e7%b6%9a health crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a jiken

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

 

筧千佐子被告一部関与認めるも供述二転三転

日本テレビ系(NNN) 12月12日(金)14時6分配信

 京都府向日市で夫に青酸化合物を飲ませて殺害した疑いで逮捕・起訴された妻が、一部関与を認める供述をしていたことが分かった。

 筧千佐子被告(68)は去年12月、向日市の民家で2か月前に入籍したばかりの夫の勇夫さん(当時75)に猛毒の青酸化合物を飲ませ中毒死させたとして、殺人の罪で起訴されている。

 逮捕後の京都府警の調べに対し、千佐子被告は「私は絶対に殺していません」と否認していたが、その後の調べの中で、殺害を認めるような供述をしていたことが捜査幹部への取材で分かった。ただ、供述が二転三転している上、具体的な殺害方法や青酸化合物の入手方法については話しておらず、捜査幹部は「自供とはみなしていない」と話している。

 一方、弁護人の一人は12日朝、取材に対し「7日に千佐子被告に面会した時点では否認していた」と述べた上で、「あいまいに認めたとしても裁判では証拠価値がない」と話している。

via: 筧千佐子被告一部関与認めるも供述二転三転(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 12月 17日

    後はどこまで因果関係が認められるかですね。本当に7,8人も毒で殺したなら死刑は免れないけど、
    昔の事例まで因果関係を実証できるかなあ。
    しかし自分のためになにも知らない孤独な老人を何人も殺すなんてすごいわ。程度は違うがたかじんや加藤茶の嫁とかと
    同じようにも思える。もっとすごいのは悪びれてないことよ。松島みどりもそうだが不法を行ってもそもそも悪いという認識がないのよね。利己のために利他を犠牲にすることをいとわないというのは

    • gundari
    • 2014年 12月 17日

    @迦陵頻伽 さん

    もし本当に惚れてたなら殺されても別にいいけど、絶対そんなきれいなもんじゃないもんねぇ。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 12月 17日

    途中で送信しちまった。
    まあ かけひさんみたいな人をサイコパスというのかね。こういうことを言うこちらもゲスの勘ぐりなのかも知らんが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る