萩原流行さん事故死で警視庁が示談持ちかけ、過失を示唆


22日にバイク事故で死亡した俳優の萩原流行さん(享年62)が25日、都内の斎場で荼毘(だび)に付された。

 妻まゆ美さん(62)がこの日、都内の自宅前で会見して公表した。ひつぎの中には、トレードマークだったテンガロンハットやウエスタン風の衣装、バンダナや好物だった大福も入れたという。また最後に「本当にお疲れさま」と声を掛けたという。遺志を尊重して葬儀・告別式は行わないが、お別れの会については「行うかどうか悩んでいる」と話した。

 

via: 萩原流行さん、テンガロンと荼毘に付される – おくやみ : 日刊スポーツ

 

萩原さんの事故死で噂が立ってた警察の落ち度を弁護士が口にし始めたと言うんだけど、鬱病とか薬で判断能力が鈍ってたのは事実だとしても、多分警察に大きな落ち度があったんだろう。

 

護送車とか大きい車になればなるほど死角が増えるもんで、多分見えなかったか「バイクだしかわすだろ」と思ってちょっと無理目にハンドルを切ったのかも。

混む道路や急いでる時にありがちな判断で、いわゆるズバリの交通事故だったんだろね。

一回4tトラック運転して思ったけど、でかい車はやっぱり慣れてる人がやらないと危険だって心底思ったもの。弘法も筆の誤りってのは仕方ない。

 

この手の公務関係の不祥事で必ず臭いものに蓋をする方向で組織ぐるみで必死になる傾向があるけど、過去から学習してちょっと体勢を改めろよと思うんだけどね。

確かに小さな不祥事クラスは丸め込んでもみつぶすことでダメージコントロールに成功しているのかもしれないけど、志布志事件とか高知白バイ事件みたいなので、事件が大きくなる度に警察に不信を買って、結局全体的にはマイナスにしかなってないと思うんだけど。

 

殊に芸能人のニュースなんて、ベテラン俳優というなら弁護士も付いているだろうし、戦うための金もあればメディアの報道もついてきちゃうわけで、ダメな部分はとっとと認めて謝ったほうが印象爽やかで得するはず。

車を運転してる人なんか皆内心で自覚してるけど、万一の事故なんか避けられないってわかってるわけで、事故そのものを問題視して騒ぎ立てたりするはずがない。

 

一般的には保険屋さんを呼んで、「やっちゃった」自覚があれば謝って免許は減点されてというフローを踏んでいるだけに、警察だけごまかす方向で動くと表沙汰になった時の反発はでかい。

 

基本、こういうのは査定とかに影響する内部的な問題のせいでそういう風に処理されてるっぽいけど、問題が起きなかったことを評価するより、問題が発生した時に丸く収めることが出来たのかどうかを評価するように変えたらだいぶましになるんじゃないだろうか。

 

「問題が起きた事自体が問題」というシステムの場合、もみ消し圧力が働いて必ず組織の中に不可視の部分ができる。

そしてそこが不正の温床になって裏帳簿が出来上がったりするわけで。

 

オープンなシステムに変えたほうがベネフィットはデカイと思うんだが。

 

 

萩原流行さん事故死で警視庁が示談持ちかけ、過失を示唆 police geinou %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%ad%a6%e5%af%9f %e6%8d%9c%e6%9f%bb%e6%80%a0%e6%85%a2 %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin

 

なんか、鬱病がひどく悪化する人って太陽にあたってない人多いね。
飯をちゃんと食って、少し散歩して日に当たった方が良いと思うんだけど。
バイオリズムの狂いって結構メンタルに影響するよ。

 

 

萩原流行さん事故死で警視庁が示談持ちかけ、過失を示唆 police geinou %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%ad%a6%e5%af%9f %e6%8d%9c%e6%9f%bb%e6%80%a0%e6%85%a2 %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

先月22日にバイク事故で死去した俳優萩原流行さん(享年62)の妻まゆ美さん(62)が、警視庁から賠償金の支払いを持ち掛けられていると、まゆ美さんの代理人の堀内稔久弁護士が15日、明かした。

 堀内氏によると、前日14日に、東京・杉並区の青梅街道で行われた事故現場の実況見分が再開。その場で、警視庁と東京都の職員から賠償金について説明を受けたという。賠償金は数千万円以上になる見込みで、支払いには都議会の承認が必要なため、時間がかかる可能性もあるという。

 事故時、萩原さんのオートバイは転倒後、警視庁の護送車と接触したとされる。萩原さんが車線変更した護送車をよけようとし、オートバイごと転倒して事故になった可能性もあり、堀内氏は「賠償金の話をしてきたということは、内々では警察側が過失を認めたということ。人の命なので、何億円にもなる可能性もある」。一方で、警察側の責任を明確にすべく「刑事、民事の両方で訴える方向で話を進めている」とした。

 まゆ美さんもこの日、「警察の方から『賠償金がある場合は公費になる』と聞きました」と話したが、実況見分で警察への不信感が増したとし、「(見分は)あまりにもひどかった。真実を明らかにしたい」と言葉に力を込めた。

 

via: 萩原流行さん事故死で警視庁が賠償金申し出 – 事件・事故 : 日刊スポーツ

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 5月 17日

    規則正しい生活って若い時は軽く見がちだけど、やっぱり歳とると大事になるんだな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る