「民事不介入」警察公認の歌舞伎町ボッタクリ 20分26万円のお勘定に要注意


「新宿歌舞伎町で2人で20分飲んで、260400円でした」。こんなタイトルで「はてな匿名ダイアリー」にぼったくり被害を報告した投稿が話題になった。

投稿者は、東京・新宿の歓楽街の歌舞伎町で、客引きに「60分4000円のところを60分で3000円」と説明されて、ある店に入った。席についた女性が酒をふるまったが、「手持ちは1万円しかないので、それで払える範囲で」とボーイに念を押していたという。ところが、会計を頼むと、伝票には「26万400円」という驚くべき金額が書かれていた。

投稿者は、店のスタッフと一緒に近くの交番までいったが、警察官は「民事不介入」を理由に助けてくれなかったそうだ。

via: 「20分飲んで26万円」歌舞伎町で「ぼったくり」に遭ったーーこんなときの対策は? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

 

歌舞伎町で相次ぐボッタクリに警察は動かないと言うんだけど、そりゃ暴利ビジネスを真面目に取り締まったらホストクラブやインチキ営業のバーまで消えてなくなっちゃうわけで、いろんな関係で積極的には取り締まらない。

面白いことにぼったくりバーも警察主導の料飲組合に入ってたりして、民事不介入どころかそれはそれで商売だと積極的に見て見ぬふりってのが実情だろう。

 

今後こうしたビジネスはもっとアングラ化して、多分デリヘルとかピンサロで言いがかりをつけてぼったくる事例が激増するだろう。

(そのほうが被害を申告しにくい形だろうし。)

 

みんな頭の何処かで最後に警察に駆け込めば大丈夫と思っているけど、警察に駆け込んでも全然大丈夫じゃないし、交番なんかもっとあてにならない。

この記事で言うように弁護士に相談とか言われても、個人で顧問弁護士抱えてるわけもなければ、裁判にしてくださいといえば引き下がるような相手でもない。

 

ぶっちゃけこういうトラブルの解決には被害者になった方の覚悟がいる。

 

抜本的な問題点として、交番で民事不介入という事件を110番しても同じように交番から見回りのデコスケがおっつけ刀でやってくる程度で、どっちみち全然解決しない問題だ。

最も簡単な解決方法は泥をかぶる覚悟しかないだろう。

つまり、ボッタクリ請求してきた相手に「金を払う」とか適当な事を言って店の外まで連れ出してぶん殴るしかないってことだ。

 

一発殴ったら相手もだいたい殴り返してくるだろうし、人混みに紛れて右往左往して逃げ回りながら110番したら警察はすぐに飛んでくる。

ボッタクリは民事不介入、殴ったら刑事介入。

問答無用で相手と一緒に警察まで引っ立ててくれる。その場で解決、というわけ。

 

常識で考えたらすぐわかるけど、そんな胡散臭い仕事をやってる奴がつべこべ言い訳して、「僕は殴られた被害者です」と言っておまわりが相手にするはずもなく、『金を払えと言って殴られました』と警察に適当に法螺吹いとけばそのまんま通る可能性のほうが高い。

 

この手のチンピラ相手に同じ人間のつもりで話し合っても意味が無いわけで、人間は基本に立ち返らなければいけない。

動物は体罰、人間は理屈。

日頃のストレス解消も兼ねて、不摂生な生活をしているチンピラを半殺しにすればいいと思う。

 

少年事件で同じことをしたら例外なく事件化するけど、大人になった途端粗暴事件の事件化のハードルはいきなり上がる。

二人一組でぼったくられそうになった時なんか、相方に証人を兼ねてもらえばチンピラの嘘は更に通りにくい。

 

刺青入れたり、髪を金髪にしてたり怖いかもしれないけど、夜中まで起きてだらしない仕事をして、ヤニに染まったような奴に戦闘能力なんかありません。

胸ポケットに差してるボールペンで太ももでも刺してやりゃ一発で黙るよw

 

歌舞伎町ライブサンドバック。

警察を巧いこと言いくるめたら、どうせ暴力団にどこかで関係しているチンピラは傷害とぼったくりビジネスを抱えて裁判になる。

店に迷惑をかけたってことでケツ持ちにしごかれる可能性だってある。

 

事件になったら容赦してもらえないのは一般人よりヤクザの方だし、そうなった時に困るのも一般人よりヤクザの方だ。

スムーズに一発解決だ。

 

 

「民事不介入」警察公認の歌舞伎町ボッタクリ 20分26万円のお勘定に要注意 police %e8%a2%ab%e5%ae%b3%e5%b1%8a%e4%b8%8d%e5%8f%97%e7%90%86 economy %e6%b6%88%e8%b2%bb %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 %e6%8d%9c%e6%9f%bb%e6%80%a0%e6%85%a2 jiken %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89

 

まぁこういう連中も相手見てやってんだろうけどな。
舐めた請求書持ってきたら俺その場でビンタだと思うわ・・・

 

 

「民事不介入」警察公認の歌舞伎町ボッタクリ 20分26万円のお勘定に要注意 police %e8%a2%ab%e5%ae%b3%e5%b1%8a%e4%b8%8d%e5%8f%97%e7%90%86 economy %e6%b6%88%e8%b2%bb %e6%9a%b4%e5%8a%9b%e5%9b%a3%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e9%96%a2%e4%bf%82 %e6%8d%9c%e6%9f%bb%e6%80%a0%e6%85%a2 jiken %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

警察や弁護士、無理な相談より自分に相談

 

●歌舞伎町には「客引きはすべてぼったくり」の看板も

「警察は、ぼったくりの話にはあまり介入してくれません。基本的に『民事不介入』ということなのです。ただ、交番にいけば、無理やりお金を取られたり、脅されたりということがなくなるので、相談に行くと安心でしょう」

警察が不介入だとしたら、トラブルになった場合、なにか良い策はないだろうか。

「2通りの解決方法があり得ます。1つ目の方法はご自身の連絡先だけは渡し、あとは裁判をしてもらうという対応です。多くのキャバクラは、裁判をしてきません。そういう場合は一挙に解決ができます。

ただ、最新の情報によると、裁判になることを想定した手口が出てきています。店員が料金を説明する様子などを録音し、裁判で証拠として使うのです。この場合、判決は、客が勝訴する場合も、敗訴する場合もあります。

ぼったくりの金額があまり高額でない場合は、弁護士費用の問題もありますので、『裁判してくれ』という方法は、一か八かの賭けになるかもしれませんね」

では、2つ目の方法は、どんな策だろうか。

「双方が納得できる金額だけを渡して、その場限りにしてしまうという方法です。これなら裁判にならず、その場で話を終えることができます。どちらの方法でも、弁護士が現地に赴くと、スムーズに事が進むことが多いです」

支払う前に弁護士に相談するのが一番確実だろうか。

「そうですね。ただ、もっとも大事なことは、そもそもキャッチや客引きにはついていかないことです。歌舞伎町では『客引きはすべてがぼったくりです』というような看板も置いてあるくらいです」

via: 「20分飲んで26万円」歌舞伎町で「ぼったくり」に遭ったーーこんなときの対策は? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ネームレス
    • 2017年 7月 14日

    おっつけ刀ではなくおっとり刀です。念のため。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る