一気飲み強姦おまわり永田昌也、民事で提訴  2000万円請求される  警察だけ強姦も無罪、中国以下の極悪警察


そもそもの刑事裁判がありえないめちゃくちゃさ、被害者の出廷なし

警官の罪状だけ軽いとか全くあべこべ

海水浴場で少女と性行為…元巡査長に二審も罰金

 大阪府貝塚市の海水浴場で2012年7月、少女と性行為をしたとして、公然わいせつの罪に問われた元大阪府警布施署巡査長の永田昌也被告(29)の控訴審判決で、大阪高裁は4日、罰金30万円とした1月の一審大阪地裁判決を支持し、弁護側、検察側双方の控訴を棄却した。

 弁護側は「不特定多数の人が見られた状況ではなく、公然性はない」と無罪を主張したが、米山正明裁判長は「多くの海水浴客が目撃できた」と判断。「懲戒免職され社会的制裁を受けた」として、量刑不当を訴えた検察側の主張も退けた。

via: 海水浴場で少女と性行為…元巡査長に二審も罰金 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

 

警察にかぎらず、大組織と訴訟を争う時に気をつけたいのが、どれだけ確実な「物的証拠」を揃えられるか。

これは経験者にしかわからないだろうけど、あいつらと民事でも刑事でもなんでも争う場合に、証言ベースの証拠だけいくらでもポロポロ出てきて、証拠の品数で押されるのは確定路線だ。

つまり、大組織と何がしか関わりを持つ時って盲信せずに証拠固めをきっちりしときたいということなんだね。

 

仕事なんかでも、口頭でのいい加減なやりとりがあやふやな「信用」をベースに進められがちだけど、逆に組織がでかくなればなるほど決済機構は複雑になるわけで、個人に信用を置けない。

相手が自分の退職金と引き換えに自分をかばってくれるほどの何かが目に見えてでもない限り基本的には物証を大事にしろよってことだな。

それで痛い目にあってる人ってのは意外と無数にいるもんだ。

 

さすがにおら警察とこういう揉め事は抱え込んだことがないけど、こういうのは大抵似たような傾向を示すもんで、言葉は悪いけどそのへんのおねーちゃんが友達と目撃者の証言だけで戦うのはちっと厳しかっただろうね。

 

なおのこと、今回の事件は警察官の不祥事を警察官が調べてでないと検察が法廷を維持するだけの物証が出揃うはずもなく。

ドロボウがドロボウを取り締まり、になる。

 

しかし、本当に日本って先進国か?

中国だ、韓国だ笑ってる場合じゃないと思うんだがな。

 

 

一気飲み強姦おまわり永田昌也、民事で提訴  2000万円請求される  警察だけ強姦も無罪、中国以下の極悪警察 police %e8%a2%ab%e5%ae%b3%e5%b1%8a%e4%b8%8d%e5%8f%97%e7%90%86 %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%ad%a6%e5%af%9f sexcrime %e6%80%a7%e3%81%a8%e8%ad%a6%e5%af%9f %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin jiken r18

 

むしろモラルを求めなきゃいけない仕事ほど罰則を厳しくした方がいい。
何故かあべこべな仕組みが作られがちだけど、そういう内輪びいきが不正の温床になる。

 

 

一気飲み強姦おまわり永田昌也、民事で提訴  2000万円請求される  警察だけ強姦も無罪、中国以下の極悪警察 police %e8%a2%ab%e5%ae%b3%e5%b1%8a%e4%b8%8d%e5%8f%97%e7%90%86 %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%ad%a6%e5%af%9f sexcrime %e6%80%a7%e3%81%a8%e8%ad%a6%e5%af%9f %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin jiken r18

 

↓関連記事↓

 

 

 

原告女性「同意の誤解広がり苦痛」

大勢の海水浴客がいる前で性行為を強制され精神的苦痛を受けたとして、大阪府内の女性が、公然わいせつ罪で罰金刑が確定した大阪府警布施署の元男性巡査長(29)=懲戒免職=に対し、約2千万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたことが10日、分かった。元巡査長側は同日開かれた第1回口頭弁論で争う姿勢を示した。

 訴状などによると、元巡査長は平成24年7月、同府貝塚市の海水浴場で、酒に酔っていた当時10代後半の専門学校生の女性と、砂浜に置いたゴムボートの上で性行為をしたとされる。

 原告側は、元巡査長からアルコール度数の高い泡盛を紙コップに2杯注がれ、一気飲みさせられたことで「酩酊(めいてい)状態で抵抗不能になった」と主張。元巡査長が準強姦容疑で逮捕されながら同罪で不起訴となったことには「同意があったとの誤解が広がり、甚大な苦痛を受けた」としている。

 元巡査長は公然わいせつ罪のみで在宅起訴。1、2審とも罰金30万円の判決を受け、確定している。

via: 海水浴場で性行為の元警官を提訴 原告女性「同意の誤解広がり苦痛」 – MSN産経west

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る