堺 梶本樹李ちゃん不明事件、父親卓らの鬼畜の詭弁続く


不明✕→殺害◎、鬼畜の言い訳に耳を貸す必要なし

 

男児の手がかりは見つかるのか-。堺市北区に住民票がある梶本樹李(たつき)ちゃん(4)が約3年前から所在不明となっている事件。大阪府警は4日朝から、父親の鉄筋工、卓容疑者(35)=詐欺容疑で逮捕=の供述に基づき、大阪府と奈良県の境にある「水越(みずこし)峠」付近の捜索に乗り出した。卓容疑者らは4年前、所在不明だった当時9歳のおいを遺棄したと供述したが、捜索で遺体は見つからなかった。捜査関係者からは「2度目は許されない」との声も上がる。

 「ここで捨てました」。3日午後、捜査員に連れられて奈良県御所(ごせ)市関屋の山中にやってきた卓容疑者は、車1台分ほどの幅の道路脇にあるガードレール下の急斜面を指さした。

via: 堺男児不明 「2度目は許されない」4年前は立件断念も…府警捜索、手がかり見つかるか (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

またこの手の事件を「不明事件」「遺棄事件」と言ってるけど、もういいだろうという話で。

確かに、突然死とか子供特有の要因で死んじゃって、怖くてわからなくなって捨てたとかない話ではないだろうと思うけど、その後児童手当とかネコババして警察の取り調べをのらりくらりしてるようなやつが、死ぬまいとして全力で泣きわめく子供の騒音に殊勝に耐えて居るところ偶然死んだとかいう可能性がどれだけあるのかと。

 

これらの事件でも、一部遺棄としてしか処理できてないけど、実際問題どうせ殺してるに決まってるわけで。

共通して、子供が邪魔だという基本的動機があるわけだ。

 

動機があるところから結果が死亡に結びついた場合、それって大抵の場合中間地点で殺意があったのだろうけど、死ぬまでほったらかして待つなんていうのん気でディフェンシブなものは殺意とはいえないだろう。

「子供を8年放置してる間にやっぱり死んでたんです」

なんての、どう考えても死ぬまいとした子供の生存行為が足手まといになって途中で殺してるに決まってるんだよね。

 

この梶本って奴らも血痕とか出てないらしいけど、どうせ子供を風呂につけたりして跡が残らないように殺したんだろう。

 

ところで、2010年以前は全然全国的に広報されてこなかった児童相談所の通報ダイヤル。

今は制度が大幅に改まって

189(いちはやく)

児童相談所の共通番号になったそうだ。

 

この手の事件は絶対に前段階で誰が聞いても異様としか思えない事が日中にどこかで起きている。

軽く頭叩いた次元を超えている腹から絞り出すような子供の絶叫とか、単に叱られただけとは思えない呻くような泣き声なんての。

 

もしそうじゃなかったのだとしても、それが虐待だったとしたら地獄が壁の向こうにあるわけで、とりあえず189電話して状況をプロの手に投げるべきだと思う。

集合住宅と核家族なんて揃うと、日中の不在率も考えれば、子供にとってのアウシュビッツがすぐに完成する。

 

こういう番号こそオレオレ詐欺の警告と並んで、コンビニやATMでもっと周知するべきなんじゃなかろうか。

 

 

堺 梶本樹李ちゃん不明事件、父親卓らの鬼畜の詭弁続く %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e6%a0%b8%e5%ae%b6%e6%97%8f%e5%8c%96 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a domestic %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

 

なさそうであるんだよなぁホントに。
単なる短気な親の体罰と児童虐待の線引は難しいものの、
陰湿さや動機の悪質さには本当に慄然としてしまうね。

 

 

堺 梶本樹李ちゃん不明事件、父親卓らの鬼畜の詭弁続く %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime %e6%a0%b8%e5%ae%b6%e6%97%8f%e5%8c%96 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a domestic %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 %e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85 %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken

 

 

 

ある捜査関係者は「4年前の捜索では見つけられなかった。簡単にはいかないかもしれないが、何とか手がかりをつかみたい」と厳しい表情で語った。

 卓容疑者と母親の無職、千穂容疑者(32)=同=は、大阪府富田林市で平成24年4月、生後間もなく所在不明となっていたことが発覚した当時9歳の男児の叔父と叔母。

 府警は同月、生活保護を不正受給したとする詐欺容疑で両容疑者ら4人を逮捕。その後に「河川敷に遺体を埋めた」との供述を得て、約10カ月にわたり富田林市内の河川敷を捜索したが遺体は見つからず、死体遺棄容疑で書類送検したものの公訴時効(3年)が成立し不起訴となっていた。

 それから4年後、今度は実子である長男の樹李ちゃんが所在不明になっていることが判明する。捜査関係者によると、児童手当をだまし取ったとして今年10月中旬に逮捕された卓容疑者は当初、「海に捨てた」と供述したが、捜査員が具体的な場所を尋ねても「地名は分からない」などとあいまいな返答を続けた。

 卓容疑者が地図上で指し示した付近も、海岸に近づくことすらできない場所だったこともあったという。「取り調べにも慣れている。捜索しても何も出てこない場所を適当に答えておけばいいと思ったんだろう」。ある捜査員は、いらだちを隠しきれずに吐き捨てた。

via: 堺男児不明 「2度目は許されない」4年前は立件断念も…府警捜索、手がかり見つかるか (産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

供述によると、樹李ちゃんは遺棄されるまで5カ月間、卓容疑者が遺体の状態で隠し続けたことになる。

 府警によると、卓容疑者と、同じ詐欺容疑で逮捕された妻の千穂(ちほ)容疑者(32)は昨年12月末、大阪府松原市から堺市北区のマンションに転居。卓容疑者は樹李ちゃんの遺体を転居先に「持っていった」と話し、そこでは布団にくるんで隠したと説明している。

 「妻には遺体を捨てたことも自宅に隠していたことも知らせていない」とする卓容疑者。5カ月間、妻と同居する3人の娘に気づかれぬよう、どのように隠したのかは、詳しく語っていないという。

 今年5月下旬、遺体を捨てようと決めたのは「遺体のにおいが強くなったから」という。だがマンションを見回るオーナーの男性(66)は取材に対し、「当時、異臭はしなかった」と首をかしげる。

 「遺体は1人で車で運び、大阪と奈良の府県境の山中に捨てた」とする卓容疑者。府警は、堺市のマンションや卓容疑者の車を検証したが、血液反応など、樹李ちゃんの存在を示す痕跡は確認されていない。

via: 堺の不明男児、続く捜索 父親の供述に浮かぶ謎と疑問 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る