産経新聞、南京大虐殺報道に矛盾 仙台の中学校教師を「愛國」、自らの「40万人」大虐殺報道取り消さず 大政翼賛の二枚舌、政治ゴロは報道の看板下ろすべき


「日本兵は1000人強姦」「脇腹蹴って生死判別」 南京事件で不適切授業 仙台の中学、保護者に謝罪

仙台市の市立中学校で7月、社会科の50代の男性教諭が、日中戦争時に旧日本軍の南京占領下で起きたとされながら存否でも議論がある「南京事件」について、「1000人の婦人が強姦された」とする真偽不明で残虐性を強調する資料などを使って授業を行い、一部の保護者から抗議を受けていたことが18日、分かった。学校側は「不適切な言動があった」などとして保護者に謝罪した。市教育委員会も報告を受けており、授業内容について校長会で注意を呼びかけるという。

 同校や市教委によると、男性教諭は指導歴約30年のベテランで、3年生(4クラス)の社会の授業で南京事件を紹介。「日本兵は強姦をした」などと説明し、「死体か死んだふりかは、脇腹を蹴って判別した」などと言って教室内のごみ箱を蹴ってみせたという。

 授業では資料も配られ、「南京は日本軍に占領され、恐しい事件の幕が上がった…」と記述。米国での報道や日記などを引用し、「200人の男性が処刑されるのを目撃した」「昨夜から今日にかけて1000人の婦人が強姦されました。ある気の毒な婦人は37回も強姦されたのです」などと書かれていた。

 南京事件は中学の歴史教科書の全てに記述されているが、この教諭が紹介した強姦や生死判別行為を記述している教科書はない。

via: 「日本兵は1000人強姦」「脇腹蹴って生死判別」 南京事件で不適切授業 仙台の中学、保護者に謝罪+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

 

「教諭が紹介した強姦や生死判別行為を記述している教科書はない」そうだがそういった行為を記載して大々的に「世界に宣伝して」「他社に先駆けて日本の名誉を貶めた」新聞社は実はあるんだよ。

それがどこかというと、産経新聞なんだけどね。

南京大虐殺報道で40万人殺した、犬に捕虜を食わせて犬食いの刑で処刑し、ベッドに縛り付けて炭火に突き落とし焼き殺した豚の丸焼き刑など煽りまくったのは産経新聞だ。

 

朝日その他の新聞が騒ぎ出すはるか前の昭和51年から延々そういう報道を垂れ流していた事実とこの記事の叩き方にどんな一貫性があるのか。

その南京大虐殺を報道した取材班の中には、1995年から「教科書が教えない歴史」の連載を開始し後に産経の社長に就任した住田良能が居た。

教科書が教えない歴史コーナーでは南京大虐殺で日本兵が殺しまくったとか100人斬りをやったとか書いたのか?

 

その検証と謝罪をやったところを誰も見たことがないのはどういうわけなんだ?

奇しくも同じ32年前にレフチェンコ事件で逮捕者を出したのが産経新聞で、吉田証言を報道したのが朝日新聞で、朝日はそれを検証し産経は口を拭っている現実がある。

坂田記念ジャーナリズム賞を受賞した、吉田証言をテーマに慰安婦問題を書きまくった産経編集の”人権考”の総括はやったんだろうか?

 

不適切授業が行われる原因にこういういい加減なコロコロ変わる報道があるのなんか明らかなわけで、教師がおかしい訳でもなんでもなく、ああいう連中の情報の入口である新聞が報道を垂れ流してきた成果だろ?

この仙台の中学校教師が「南京大虐殺のひどい内容」を生徒に教えることをむしろ産経新聞は誇りにしないとおかしい。

 

なぜなら自分たちは今までやってきた南京大虐殺報道の撤回をしてないわけで、撤回してない以上南京大虐殺で日本軍が大量虐殺をやったことを深く反省し恥じていると言うんだろ?

その事実を取材して裏付けし物証で固めて報道し、それを読んでなるほどと理解した人を槍玉に挙げる理由なんか微塵もない。

 

こうした記事を書くのであれば冒頭の記事とはまったく正反対に「天晴れ日本人、過去の蛮行を悔いて子供に残虐さ教える」を見出しにしないと論理的な整合性が取れない。

 

マスコミの是非を糺している人々はこの際産経新聞や読売新聞にもその是非を問うべきじゃないのか?

産経を購読している人も読売を購読している人も1995年以前に新聞を読んでいた人は、みんながお前らのいう「日本の名誉を貶める」新聞社の報道しか見てないはずだ。

 

それが名誉を貶めていて総括と検証と謝罪と撤回が必要というなら当然産経新聞なんかいの一番にやってもらわないとおかしい。

なにしろジャーナリズム大賞を受賞するほど積極的にそれらの広報に加担してきたわけで、それ以前はソ連のスパイをやっていた会社だろ。

 

何の検証もなしに時代に応じてコロコロ紙面の内容を180度転換させながら”報道”や”事実”を語るなんてありえないわけで、産経は検証と撤回をしないのであれば「報道」の看板を下ろすしかない。

 

 

産経新聞、南京大虐殺報道に矛盾 仙台の中学校教師を「愛國」、自らの「40万人」大虐殺報道取り消さず 大政翼賛の二枚舌、政治ゴロは報道の看板下ろすべき health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%ad%b4%e5%8f%b2 %e6%95%99%e8%82%b2 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics houdouhigai yakunin netouyo

 

ほんと、よく自分だけ無関係って顔でいられるよな。
テメーらも朝日以上に大騒ぎしてたんじゃねぇか。

 

 

産経新聞、南京大虐殺報道に矛盾 仙台の中学校教師を「愛國」、自らの「40万人」大虐殺報道取り消さず 大政翼賛の二枚舌、政治ゴロは報道の看板下ろすべき health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%ad%b4%e5%8f%b2 %e6%95%99%e8%82%b2 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics houdouhigai yakunin netouyo

 

↓関連記事↓

 

 

 

昭和51年6月23日付産経新聞「蔣介石秘録」

南京大虐殺の悲劇

 

日本軍はまず、撤退が間に合わなかった中国軍部隊を武装解除したあと、長江(揚子江)岸に整列させ、これに機銃掃射を浴びせてみな殺しにした。

虐殺の対象は婦女子にも及んだ。金陵女子大学内に設置された国際難民委員会の婦女収容所にいた七千余人の婦人が、大型トラックで運び出され、暴行のあと、殺害された。

日本軍将校二人が、百人斬り、百五十人斬りを競い合ったというニュースが、日本の新聞に大きく報道された。

虐殺の手段もますます残酷になった。下半身を地中にうめ、軍用犬に襲いかからせる“犬食の刑”、鉄カギで舌を貫いて全身をつるしあげる“鯉釣り”、鉄製のベッドに縛りつけ、ベッドごと炭火のなかに放りこむ“ブタの丸焼き”―など、考えられる限りの残忍な殺人方法が実行された。

こうした戦闘員・非戦闘員、老幼男女を問わない大量虐殺は二カ月に及んだ。犠牲者は三十万人とも四十万人ともいわれ、いまだにその実数がつかみえないほどである。

倭寇(日本軍)は南京であくなき惨殺と姦淫をくり広げている。野獣にも似たこの暴行は、もとより彼ら自身の滅亡を早めるものである。それにしても同胞の痛苦はその極に達しているのだ』(一九三八年一月二十二日の日記)

南京に住む外国人たちで組織された難民救済のための国際委員会は、日本軍第六師団長・谷寿夫にたいし、放火、略奪、暴行、殺人など計百十三件の具体的事例を指摘して、前後十二回にわたって厳重な抗議を提出したが、谷寿夫は一顧だにしないばかりか、逆に、血塗られた南京の状況を映画やフィルムに収め、日本軍の“戦果”としてほめたたえたのである。

via: 「南京大虐殺あった」と言ったのは産経新聞 – 産経新聞愛読者倶楽部

 

南京大虐殺訴訟で敗訴した弁護人の稲田朋美は往生際が悪すぎるぞ

「戦闘による百人斬り」を言いだしたのは誰か

産経新聞、南京大虐殺報道に矛盾 仙台の中学校教師を「愛國」、自らの「40万人」大虐殺報道取り消さず 大政翼賛の二枚舌、政治ゴロは報道の看板下ろすべき health %e6%b0%91%e6%97%8f%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%aa%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%bc %e6%ad%b4%e5%8f%b2 %e6%95%99%e8%82%b2 %e6%94%bf%e6%b2%bb%e3%82%b4%e3%83%ad%e3%83%bb%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%82%82%e3%81%a9%e3%81%8d politics houdouhigai yakunin netouyo

 

佐藤振壽カメラマン、中山陵の前で昭和十三年十二月十三日に撮影

  • 原告の主張 – 報道された新聞記事大阪毎日新聞、東京日日新聞の記者らが戦意高揚のために創作した。
  • 被告(毎日新聞)の主張 – 報道された新聞記事は両少尉が記者たちに語ったことをそのまま伝えた。記者たちは実際に二人が中国人を斬ったところは見ていない。
  • 裁判所の判断
    1. 日日新聞に掲載された写真を撮った佐藤記者(原告側証人)は、記事の執筆には関与していないが、「百人斬り競争」の話を両少尉から直接聞いたと供述しており、これは当時の従軍メモを元にしている点からも信憑性が高い。
    2. 両少尉自身も、遺書等で両少尉のいずれかが記者に話したと記している。
    3. 野田少尉が中村硯郎あてに百人切りを自慢する手紙を送ったり、地元鹿児島で百人切りを認めるコメントをしたり講演会をしたりしており、少なくとも野田少尉は百人切りを認める発言をしている。
等の理由により、『両少尉が浅見記者ら新聞記者に話をしたことが契機となり、「百人斬り競争」の記事が作成されたことが認められる。』と判断した。

向井少尉の負傷について

  • 原告の主張 – 当時、向井少尉丹陽の砲撃戦で負傷して前線を離れ、「百人斬り競争」に参加することは不可能であった。両少尉の手記や、冨山大隊長の証明書にも同旨の記載がある。
  • 被告(本多勝一)の主張 – それらは南京軍事裁判で向井少尉が死刑を回避するために捏造したものである。検察の主張をそのまま認めたら死刑になってしまうのでこの行為自体は仕方ない行為だが、資料の裏付けは無く、信憑性はない。
  • 裁判所の判断
    1. 両少尉の手記や、冨山大隊長の証明書は南京軍事裁判になって初めて提出されたものであり、南京戦当時に作成された客観的な証拠は提出されていない。
    2. 向井少尉が丹陽の戦闘で負傷し、離隊しているのであれば、向井少尉直属の部下であった田中金平の行軍記録に当然記載があるはずだが、そのような記載はない。
等の理由により、『向井少尉が丹陽の戦闘で負傷して前線を離れ、紫金山の戦闘に参加することができなかったとの主張事実を認めるにたりない』と判断した。

戦闘による百人斬りは実際に行われたか

  • 原告の主張 – 山本七平は著書「私の中の日本軍」で「日本刀は三人戦闘で斬れば使い物にならなくなる。だから100人も斬れるはずがないので100人斬り報道は虚偽である」と主張。原告もそれを引用して同様の主張をした。
  • 被告(本多勝一)の主張 – 宮本武蔵や佐々木小次郎でもない一般人が百人も戦闘で斬れるはずがない。実際には両少尉は捕虜や農民を斬ったのであり、それを新聞記者にぼかして伝えたのだ。
  • 裁判所の判断 – 南京攻略戦当時の戦闘の実態や両少尉の軍隊における任務、一本の日本刀の剛性ないし近代戦争における戦闘武器としての有用性等に照らしても、本件日日記事にある「百人斬り競争」の実体及びその殺傷数について、同記事の内容を信じることはできないのであって、同記事の「百人斬り」の戦闘戦果ははなはだ疑わしいものと考えるのが合理的である。

実際には何が行われたか

  • 被告(本多勝一)の主張
    1. 野田少尉が教官だった望月五三郎が靖国神社に寄贈した体験記「私の支那事変」に、野田少尉が農民をひっぱってきて首を斬り、その行為は中国人を見つければ向井少尉と奪い合いをするほどエスカレートしていった記述がある。
    2. 野田少尉と同郷である志々目彰は小学生の頃、学校で野田少尉が講演を行い、野田少尉が自ら「実は百人斬りの内容は捕虜を斬った」ことを語ったと証言している。
    3. 「南京大虐殺のまぼろし」を記した鈴木明も、対象者が捕虜であれば可能性があることを認めている。
    4. 南京攻略戦当時の日本軍には捕虜や農民の殺害はありふれていたことであり、そのことを裏付ける資料は多数存在する。
等の根拠から、実際には両少尉は捕虜や農民の殺害数を競う「殺人ゲーム」をしていたと推察される。
  • 裁判所の判断
    1. 望月五三郎の記述の真偽は定かでないというほかないが、これを直ちに虚偽であるとする客観的資料は存在しない。
    2. 志々目彰の小学校の同級生である辛島勝一も、志々目彰と一緒の機会に、野田少尉から、百人という多人数ではないが逃走する捕虜をみせしめ処刑のために斬殺したという話を聞いた旨述べている。辛島が野田少尉を擁護する立場でそのような内容を述べていることに鑑みれば、ことさら虚偽を述べたものとも考え難く、少なくとも野田少尉が「捕虜を斬った」という話をしたことは両名の記憶が一致している。
    3. 本多は捕虜を斬ったとする鵜野晋太郎の手記を引用している。これらの話も、真偽のほどは定かではないというほかないが、自身の実体験に基づく話として具体性、迫真性を有するものと言える。
以上の点から、その重要な部分において全くの虚偽であると認めることはできないというべきである。以上と異なる前提に立つ原告らの主張は、いずれも採用することはできない。

時効

  • 被告(毎日新聞)の主張 – 新聞記事は1937年のものであり、民法724条の除斥期間(3年)は経過しており、訂正・謝罪の義務はない。
  • 原告の主張 – 新聞記事は60年以上前の物であるが、その記事は虚報であり、その虚報を正さずに放置し続ける限り、時効は延長する。
  • 裁判所の判断 – 前述の通り新聞記事が「虚偽であることが明らかになったとまで認めることはできない」。よって時効は考慮するまでもない。また仮に原告らの請求権が存在していたとしても除斥期間を経過しており時効は成立している。

上記等の理由により、2005年8月23日、東京地裁において原告請求全面棄却の判決が出された。

原告は控訴、2006年2月22日、東京高裁は一回審理で結審した。なお、控訴人が提出した第2準備書面の一部の陳述について、裁判長は内容不適切(裁判官侮辱)につき陳述を認めないとした。結審の後、控訴人側弁護士は裁判官の忌避を申し立てたが3月1日却下された(結審後の申立てや訴訟指揮を理由とした裁判官忌避は通常認められない)。5月24日、控訴棄却判決。

原告側は上告したが12月22日、最高裁においても上告棄却判決。原告側の敗訴が確定した。

via: 百人斬り競争 – Wikipedia

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 9月 19日

    そもそも産経って報道機関だったっけ?
    そうじゃないから安物を売ってるんでしょ。

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 9月 19日

    結局朝日も産経も同じ穴の狢ってわけなんだよな。
    ほんとよくもまぁ自分達は潔癖だみたいな顔して言えると思うわ。
    テレビにしたって新聞にしたって、酷さを改めて思い知った。
    朝日は屑新聞でもはやジャーナリズムを名乗るに値しないが
    他の報道機関も同じだと言えるわけだな。

    • 名無しのプログラマー
    • 2014年 9月 19日

    でもこみ朝日と違って
    今は心を入れ替えて~って会見すれば
    みんな信じちゃうよな~wwwww

    謝罪もまともにできないゴミ朝日は潰れるだけw

    ところでその後継続して南京大虐殺を報道してきたソースは?w
    継続性に問題があるんだけどトンスル君には理解出来ないかな?wwwwwww

    • gundari
    • 2014年 9月 19日

    @名無しのプログラマー

    1976年から1994年まで自ら垂れ流しまくってるて書いてあるのを、お前は継続性がないと言うんだろ?
    ないというなら物証を出してもらおうじゃないか。
    俺の言い分が虚偽だというなら持っとるんだろう、証拠を。

    出してみろそれを。

    何がトンスルだよ、朝鮮人かお前は。
    まず日本語能力からやり直せ在日野郎。

    • gundari
    • 2014年 9月 19日

    ※在日野郎=一般的な日本人は日本語が上手という特徴を持つ一方、日本人でありながら日本語能力が著しく低く、ケント・デリカット以下の様な日本語能力を揶揄する俗語。
    日本語という取り柄がある一般日本人と違い日本にいることしか特徴を持ってない遺伝子上日本人であるだけの動物。

    • とらふぐ
    • 2014年 9月 19日

    自分が見たくないもんはアホのフリしてソース出せ!と言っとけば脳内から消し去ることが出来ます
    国籍透視と並んでネトウヨの特殊能力の一つだから覚えといて

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 9月 20日

    最近思うのが日本の新聞はジャーナリズムの面で週刊誌にさえ劣るということ。
    プレイボーイとかの政治記事とかはちゃんと取捨選択できるなら良い情報源になる。
    社会の底辺かもしれない裸のオネーチャン達が日本のジャーナリズムを支えてると思うとムスコにも益々血潮がたぎる。

    • ルイー痔
    • 2014年 9月 20日

    名のあるマスコミはみんなこんな報道してたんでしょ。
    朝日叩きはすねに傷持つ者の怯えの裏返しの面もあるんだろな。贖罪意識も。

    おれ昔はこんなことやっちゃったけど~今こんなにがんばってるんだぜ って。
    例えば朝日は戦前の体制マンセー、でもおれこんなに平和や人権を愛してるんだぜと。
    例えば産経は虐殺報道やスパイ、でもおれこんなに国を愛してるんだぜと。
    自分を証明しようと作ろうと必死になってどんどん過激になる。

    どうだ今のおれはこんなにヒステリックなほどがんばってるんだぜ、と嘘までついたり叩いてみたり。
    面白いよ、どいつもこいつも。人間だよ人間(笑)

    • gundari
    • 2014年 9月 20日

    @ルイー痔 さん

    その人間が唱えるマントラがないと生きていけない痴愚にあふれた世界なのです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る