佐世保事件、殺害現場に血文字  『知ってる?  ネコの目ってコロコロしているんだ』  もなみとの会話を同級生が証言


佐世保市同級生殺害 現場の部屋に血で書かれた文字のようなもの

フジテレビ系(FNN) 8月7日(木)0時29分配信

長崎・佐世保市の高校1年生の女子生徒(16)が、同級生を殺害したとして逮捕された事件で、事件現場となった女子生徒の部屋に、血で書かれた文字のようなものが残っており、また、部屋から現金100万円と、冷蔵庫から猫の首とみられるものも見つかったという。
また、知人に対して、「以前、実の母も殺そうとした」などと話していた。

via: 佐世保市同級生殺害 現場の部屋に血で書かれた文字のようなもの(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

 

佐世保事件、現場に血文字とあるけど、一体何を書いてたんだろうね。

多分何かしら意味のある文章をちゃんと書いていたはずで、おっつけ明らかになるんだろうけどすごく気になる。

 

しかし、これ同級生が聞いたってほんまなのかな、猫の解体話?

そこまで親しい人がどれほどいたのかというのと、とても最後まで聞いてられないと思うんだよね。

単に酔っ払っただけのやつでも鬱陶しくなったら話しを打ち切っておらとっとと帰るけど、本当に最後まで普通に聞いてたとしたならこの同級生もよくよく気が長いやつだったんだね。

 

とてもじゃないけど、やおら「猫の目をナイフでくりぬいてみたんだ」とか聞いてられないわけで、普通「何言ってんだお前は、頭おかしいんじゃねぇのか」となる気がせんでもない。

女同士だろうからまた違う理屈なんだろうけどね。

 

あと、これは親切な俺からの警告だけど、コメント欄で面白半分で叩くやつ、状況的にまずいと思うのでやめとけと警告します。

それだけの動きが今現在あります。

詳細は言わないけど後々後悔することになるし、その時に「書き込みの情報を開示しないで」とコメントの当事者が依頼してきても「叩きコメント」については一切かばいません。

 

面白半分の暇つぶしにわざわざ金使ってまで抵抗できないわけで、その辺を察した上でやった方がいいと思う。

後々面倒なことになるのは火を見るより明らかだ。

 

 

佐世保事件、殺害現場に血文字  『知ってる?  ネコの目ってコロコロしているんだ』  もなみとの会話を同級生が証言 health crime syounen %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 jiken r18

 

まぁあれだよね。
意地をかけてのものでもなければ抵抗する道理もなくというやつだよ。
他のサイトとかもずいぶんマグマ吹き散らかしてるけど、知らねぇぞホント。

 

 

佐世保事件、殺害現場に血文字  『知ってる?  ネコの目ってコロコロしているんだ』  もなみとの会話を同級生が証言 health crime syounen %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 jiken r18

 

↓ネット上の話題↓

 

 

 

日本中に衝撃を与えた佐世保同級生殺人事件。幼なじみのクラスメートを殺害した少女A(16歳)。口数が少なく、性格は物静かだったというが、多くの知人が指摘するキーワードが、少女Aの「二面性」だ。

 小学校時代に同級生だったという男子高校生は、こんな場面が印象に残っているという。

「運動会の練習でうまくやれない子を、できるまでずっと懸命に助けてあげていた。その時、Aちゃんと一緒に手助けしていたのが被害者でした」

 優しい一面の一方で、この男子高校生は、まったく別人のような少女Aも目撃している。

「足を踏まれたとか、水がかかったとか、ささいなことでぶちキレる。キレた相手の筆箱や鉛筆をゴミ箱に捨てたり、椅子に座っていると無言で机を押し付けたり、『なんでそこまで?』っていうところがあった」

 小学校の頃から小動物への虐待も目撃されていた。

「子どもから聞いた話ですが、小学校の時に公園のアリの巣に手を入れて、出てきたアリを一匹残らず踏みつぶそうと周囲が見えないほど夢中になっていて、怖かったそうです。トカゲの尻尾を持って木にぶつけて殺していたこともあったらしい。生き物に執着があったみたいですね」(前出の同級生の母親)

 そして小学校6年生だった2010年12月、同級生の給食に漂白剤などを混入する事件を起こし、登校しなくなった。母親は関係者に土下座せんばかりに謝って回ったという。

 中学校では再び登校を始めたものの、生き物への残虐行為はエスカレートする一方だったようだ。前出の同級生の男子高校生は、こんなやり取りを振り返る。

「『ネコの目って知ってる? コロコロしているんだ』とAが言うので、なぜ、そんなことを知っているのかと尋ねたら、『ネコの首を掴んで、目をえぐって取った。足をナイフで切ろうとしたが、なかなか切れんかった』と表情一つ変えずに言った。ネコはエサを使っておびき寄せた、と説明し、頭のいいAらしいと思ったが、ドン引きした」

 少女Aの母親は生前、同級生の保護者にこんな不安を漏らしていたという。

「親でも想像できないいたずらをし、その度が最近、超えていて困っている。人にいたずらを見せて喜ぶようなところがある。私の前ではおとなしくしていたが、お友達にひどいことをしても、『それみたことか』と逆なでするようなことを平気で言う。うちの子は人の気持ちがまったく理解できないみたい」

via: 「ネコの目ん玉はコロコロしている」二面性ある少女Aに不安漏らした母親〈週刊朝日〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 迦陵頻伽
    • 2014年 8月 07日

    親切なやつだな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る