ヤクザの次は電気屋 下村文科相、ビックカメラが3年間秘書給与肩代わり、総額1500万円上納 安倍ちゃんは「ニッキョーソ」連発


自民党の下村博文・法務政務官(衆院東京十一区選出)が、三年半にわたって、私設秘書の給与を家電販売大手のビックカメラ(東京・豊島区)に負担させていたことが本紙の調べでわかりました。政治資金規正法では、秘書給与を企業に肩がわりさせた場合、収支報告書に寄付の記載が必要ですが、同議員側は本紙の取材を受けるまで三年半も違法状態を続けており、法務政務官の資格が問われています。

 ビックカメラが給与を肩がわりしていたのは、下村議員の地元事務所の私設秘書。私設秘書になったのは数年前で、自民党の秘書会名簿にも下村議員秘書として記載されています。

 本紙入手の資料などによると、この秘書は、一九九九年四月から現在までの約三年半にわたり、ビックカメラから月額二十八万五千三百円、年二回のボーナスも含め総額約一千五百万円を給与として受けていました。

 

via: 自民・下村法務政務官の秘書給与/ビックカメラ肩代わり/本紙取材に収支報告訂正

 

こういうあやふやな政治資金の状況を糺すためにも法の改正を・・・・安倍「ニッキョウソ、ニッキョウォオーソォオォオオ!!!」となってお話にならない昨今、国民の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

日本の最高責任者は金の話しになると九官鳥のように「日教組」連呼。

傍らで閣僚や政権幹部の汚職が続々と発覚。

まったく、実に美しい国だ。

 

ところで、前から何十回も書いてるんだけど、いい加減で政治家をやっても金を大してもらえない制度や、あるいは出費に見合った資金調達活動を思うように出来ない現状をいい加減で是正しようという話にならんのだろうか?

 

田母神が立候補してから、浄財が1億4千万円集まったらしい。

この寄付の大半が彼の熱烈な支持者のネトウヨの寄付で、あいつらの主張内容はともかくとして、寄付という行為は実際尊いものだと思うんだよ。

 

ところが、田母神みたいな知名度で全国的に周知しても1億4千万なのが限度で、実際しょっぱいのは大きな問題だ。

 

これは偏に「思いついた時の何百万」を気楽に寄付できないめんどくさい制度のせいなのであって、もうちょっと個人からの寄付の要件をゆるめてもいいんじゃないかと思うけどね。

金繰りが厳しい中で政治家をやってると、パターンが集約されていく。

 

 

・政治家なのかパーティーのホストなのか曖昧になる議員

・社長なのか議員なのかあやふやな議員

・関連する業界や利益関係者に色々負担してもらう法人担当営業みたいな議員

 

資産家に生まれた政治家以外は必ずこういうパターンになっていって、しまいには電話で旨いものを聞いたらグルメガイドみたいに丁寧に調べつくした店情報を語ったりし始める。

 

打開策としては、支持者の開拓と資金集めを連動させられる寄付要件の緩和なのであって、国民の意見を代議する職業の人が反対に支持者に利益を斡旋している状況はやっぱりおかしいし、選挙民の無責任に直結している。

 

だから天動説みたいに政治家任せの他人事の民主主義が出来上がるのであって、政治に意見したい人は金を出さざるをえない仕組みとも言える寄付要件の緩和こそ、硬直する政界を是正する特効薬になると思う。

派閥も政党も、一人のカリスマの登場で全てがぶち壊しになりうる劇薬となるだろう。

 

 

ヤクザの次は電気屋 下村文科相、ビックカメラが3年間秘書給与肩代わり、総額1500万円上納 安倍ちゃんは「ニッキョーソ」連発 economy %e6%94%bf%e6%b2%bb%e7%99%92%e7%9d%80%e3%83%bb%e6%b1%9a%e8%81%b7 politics %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1

 

最高の責任者は私です、というなら下村や西川、望月・上川の責任もとってもらおうじゃない。

 

 

ヤクザの次は電気屋 下村文科相、ビックカメラが3年間秘書給与肩代わり、総額1500万円上納 安倍ちゃんは「ニッキョーソ」連発 economy %e6%94%bf%e6%b2%bb%e7%99%92%e7%9d%80%e3%83%bb%e6%b1%9a%e8%81%b7 politics %e5%85%ac%e5%8b%99%e5%93%a1%e7%8a%af%e7%bd%aa yakunin %e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%8d%e7%a5%a5%e4%ba%8b %e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89 %e3%83%8d%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%a8%e8%ad%b0%e5%93%a1

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

 政治資金規正法では、金銭だけでなく財産上の利益供与なども寄付とされ、秘書給与負担は企業の寄付となります。このため、収支報告書に寄付の記載をしなくてはなりませんが、下村議員側は記載していませんでした。

 ところが、本紙が下村議員の事務所を取材したあとの二十五日になって、突然、同議員を支部長とする自民党東京都第十一選挙区支部が東京都選挙管理委員会に、九九年、二〇〇〇年、二〇〇一年の三年分の収支報告書訂正届けを提出。ビックカメラから、九九年で三百二十一万円余、二〇〇〇年で四百七万円余の寄付があったと訂正しました(二〇〇一年分は未公表)。

 政治資金規正法では記載すべき寄付を記載しない場合、五年以下の禁固または百万円以下の罰金とされており、法に厳正であるべき法務政務官だけに下村議員の責任が問われています。

 ビックカメラは、東京・有楽町の「そごう東京店」跡に出店するなど首都圏を中心に大阪、福岡、札幌などに店舗を展開しています。

 本紙の取材にたいし、ビックカメラはいったん「調査する」と答えながら、調査結果については「コメントできない」と回答を拒否。また、下村事務所は、本紙の取材後、訂正しておきながら、「適正に処理している」といい、「(訂正について)答える必要はない」などという態度です。

 

via: 自民・下村法務政務官の秘書給与/ビックカメラ肩代わり/本紙取材に収支報告訂正

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る