名古屋手斧殺人 大内万里亜の実家家宅捜索へ スマホから遺体写真発見、薬品・殺人本など続々見つかる


名古屋大学の女子大学生が殺人の容疑で逮捕された事件で、学生の携帯電話に遺体とみられる写真データが残されていたことが新たに分かった。

 この事件は、女子大学生(19)が愛知県名古屋市内の自宅アパートで森外茂子さん(77)の首をマフラーで絞めるなどして殺害したとして逮捕されたもの。警察の調べに対し、学生は「人を殺してみたかった」などと容疑を認めているという。

via: 携帯に“遺体”画像データ カメラで撮影か(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

 

徳勝もなみの父親も気の毒なことだなと思ったけど、今度の事件でもやっぱり最後は家族を巻き込むよね。

まだ親が叩かれる段階まで言ってないけど、それもいつ始まるやらという昨今。

 

やっぱり基本的な認識として、「子供が不治の病にかかっていた」「障害を持って生まれた」ことの責任を親に問えるのかという倫理だけは持つべきだ。

今度の名古屋手斧殺人では徳勝父みたいに悲惨な自殺まで世間は追い込んではいけない。

 

薬品を集めるのを見過ごした、殺人本のコレクションを見逃してしまったというのは確かに過失なんだろうけど、これもよくよく考えたら普通といえば普通なんだよな。

かなり用心深い人じゃないと娘がコレクションしてる薬品にどんな毒性があるか知識無いだろうし、子供の部屋にはいらない親というのは割と一般的だ。

 

東日本大震災の時につくづく思ったんだけど、「福島第1原発では炉心温度が2800度計測され」ってテレビで瞬間的に報道されて、『あー、これはどう考えてもメルトダウンしたんだな』と思っていたけど、それを言っても「まさかそんな大げさなこと」という人が多かった。

 

これは、2800度の熱に耐えうる金属があるとかマジで思ってる証拠で、普通の人の科学知識レベルの裏付けになるんだろう。

そこにつけこんでいろんな嘘が世の中に流布されているけど、「”普通の人”は案外知らないこと、わからないことが多い」と言うのは認識するべきなんだなと思うな。

 

もし自分が親だったら、あの劇物や毒物が入っている瓶で納品された薬物を見て、すぐ没収して廃棄すると思うけど、お母さんやお父さんはそれを見て危ないものだと察知する知識がなかったんだろう。

 

スマホやPCの普及にともなって子供の自室はますます聖域化してい。

でも時々立ち入り検査して、健全な範囲で干渉しないと色々ダメだと思うな。

 

 

名古屋手斧殺人 大内万里亜の実家家宅捜索へ スマホから遺体写真発見、薬品・殺人本など続々見つかる %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime syounen %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

個性と自主性という言葉ほど無責任に使われやすい単語もないと思うな。
個性なんて殆どの人のものは何の価値もないし、自主性という言葉は責任回避の方便になりつつある。

 

 

名古屋手斧殺人 大内万里亜の実家家宅捜索へ スマホから遺体写真発見、薬品・殺人本など続々見つかる %e9%9a%a3%e4%ba%ba%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab health crime syounen %e4%bd%8f%e5%b1%85 jiken %e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%83%bb%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

第二の徳勝仁さんにしてはいけない。節度ある報道を。

 

 付近の住人によると、実家の捜索は午前9時前に始まった。事件に結びつく物や、動機解明につながる手がかりがないか調べるとみられる。

 女子学生のアパートからは、殺人事件に関する書籍や薬品などが既に押収されている。女子学生は愛知県警に対し「高校時代に同級生に毒を飲ませた」などとも話している。

 一方、女子学生の携帯電話に、遺体とみられる画像が残されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。県警は、死亡した森さんを女子学生が撮影した可能性があるとみて、分析を進める。

 捜査関係者などによると、女子学生は中学生時代から地下鉄サリン事件などを調べていた。また、大阪教育大付属池田小殺傷事件(2001年)、秋葉原無差別殺傷事件(08年)を起こした男に共感を抱いていたという。

 県警は女子学生が人の死に強い関心を持っていたとみており、遺体を撮影した可能性があるとして調べる。

 女子学生は昨年12月7日昼ごろ、自宅アパートの室内で森さんの頭を手おので殴り、首をマフラーで絞めて殺害したとされる。遺体を放置したまま、翌日、実家に帰省。1月26日に名古屋に戻り、森さんの遺体が室内から発見された27日に逮捕された。【三浦研吾、大野友嘉子、山本佳孝、三上剛輝】

via: <女性殺害>愛知県警が宮城の名大生実家捜索 動機解明へ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ハチ公
    • 2015年 2月 05日

    大内万里亜が高校時代に起こした毒物飲料事件の検証が的確に行われていれば、今回の名大生における殺人事件まで発展していなかったと考える。親が高校のPTA会長度あり弁護士であったことにより捜査が打ち切られたか。そのため仙台から名古屋に逃れ野放しになり事件が起きてしまった。本人が発言している様に殺人志向のある危険人物である点である。まだ未成年であるので、この機会に正常な社会人になれるよう更生できることを願っております。

    • >>1
    • 2015年 2月 06日

    ある意味ツカマロ&加藤智大よりタチ悪い

    • 迦陵頻伽
    • 2015年 4月 15日

    その高校時代の事件に関し、
    「なぜあのとき警察が捜査していなかったのか」
    という議論が沸騰しているようですが・・・

    彼女は父・祖父が共に東北大教授を務めた、超エリート家庭。
    こういうエリート家庭に対しては、
    警察・司法は超大甘。
    姻戚関係等で実は身内だったということも多々あるらしい。

    庶民を下目使いに蔑みまくるエリート達の高笑い・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る