タグ:ムスリム同胞団

  • 民主主義、民主主義によって否定されるの巻  エジプト軍が事実上のクーデター、モルシ大統領失職

    まぁ、避けられない結末だったわけで。 国がそれなりに発展して、観光客が来て外資系企業が誘致され中流階級が栄える横で、とりあえず対応能力の低い奴は底辺に滑落していく。 そしてその大多数は宗教に救いを求めて駆けこむうちに原理主義者になるか、原理主義者にそそのかされて世俗体制に不満を抱き始めるわけだ。 で、勢いで宗教的革命を起こして髭面がのさばりはじめた結果、世俗政権でまぁまぁ暮らせていた人々も底辺に滑落し、「宗教と政治的リアリズムの乖離が悲劇を生む」ってことにやっと気づいてこうなるわけ。 ところが、中流が底辺になって溜飲を下げていた奴はこの動きを面白いと思わないわけで、今後もこういう政治的な同様は続くだろう。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

発狂するネトウヨ達

ページ上部へ戻る