タグ:新卒

  • 大学生は就職リテラシーより自分の人生哲学を身につける方が先  国際教養大学は「就活予備校?」  週刊誌ウェブ記事に学生がネットで反発

    大学生の新卒の人で、顕著に欠落してるのって、自分の哲学なんだよね。 前もチョコっと書いたけど、普段の自分ができている工夫というのが、仕事になった途端全く発揮できない人がいるけど、それはやっぱり自分のフィロソフィー(哲学)がないからじゃないかと思う。 例えば、目の前にお客様がいて、なにがしかクレームをつけていたとして、自分の役職が「そういう人を追い返す仕事」だったら、どうするか。 相手の言い分がひとつも間違っていなくて、自分が客だった時のことを考えれば対処して当たり前。むしろそのほうが絶対お得だった場合。 ここでどう判断するかの自我を形成するのが哲学のはずなんだけど、それがない人は押し黙ったまま何も喋らなくなってしまうか、役職や規則に盲従してしまう。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もともとそんなやつほとんど居ない  「自分はもうグローバル人材になれない」と諦める大学生続出 学習塾『IGS』調査

    証明しようがないものを証明しろと迫ったりするのを藁人形論法というらしいけど、グローバル人材とやらの正体も証明できないわけで、若い子が先行き不透明な中で正体のないものに怯えてるってわけか。 君達安心しなさい。グローバル人材なんか定義なんかないし、もともと世界で通用するような人材なんか2000人に一人くらいしか居ないからw よくネットで国際的な苦労とか、大人になって何がしんどいとか言う奴がいるけど、大抵は自分が仕事できなくて、とろくさいだけのおっさんの泣き言にすぎない。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ワタミ社内文書流出 「365日24時間死ぬまで働け」  識字出来ても文は読めない人たち

    ワタミの社内文書が流出したって騒ぎになってるけど、割といいこと書いているね。 この文章を文字の通りにしか読めない人はこういう会社に向いてないから、さっさと退職してもっと緩いところに転職したほうがいいと思う。 結局、こういうので騒いでるアホが言ってるのって、自分の仕事の範囲は自分で決めます主義のやつで、それ以上の成長は拒否してるわけだろ。 成長するつもりが本当に有ったら、なんとなく過ごしてる時間でも時折仕事のことを思い浮かべて、どうすべきだったかくらいは考えてるはずであって、それを「365日24時間」と表現してあっても『あ、たしかに俺もそうかも』くらいしか思わないと思うけどね。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ”面接で言った嘘のつけを他人に払わせる人々”  渡邉美樹会長、ブラック企業ではない根拠解説し反論

    ユニクロの事も相当記事にしてきたけど、ワタミもそうなんだよね。 つまり、みんな面接の時には「まじめに仕事します」「精一杯御社の利益に貢献します」とか言って入社しといて、いざ働き出したらみんながやってるその会社のルーチンで音を上げて「俺はもう限界なんでここで手を抜かせてもらいます」。 すぐに労基法だ何だと抜かすくせに、自分の詐欺罪は棚に上げるのか? お前らがとろくさいのまで経営者の責任にするなっちゅーの。中二病かよ。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

発狂するネトウヨ達

ページ上部へ戻る