タグ:自然

  • うなぎ不漁ホントの原因  ウナギ漁を禁止すれば鰻の漁獲高は戻るか?

    山に生まれて山に育ったご老人に、昔ご縁があって寿司をご馳走しようとしたことがある。 その時、俺は初めて知ったけど、ウナギってのは山家に住む人達の大ご馳走で、粽にしたり、それはそれは思い入れの深いものらしい。てっきり、でかい岩魚とかああいうのがごちそうかと思ったけど。 でも、それだけ川や山に密着して育った彼らには、どうやら海の魚というのは受け付けないらしくて、お孫さんにってことで全部おみやしてもらって、寿司屋の卵やウナギ、野菜の一品料理で急遽膳を張り直してもらったことを思い出す。 すごい大げさな表現だけど、文明との対話を拒否する山の声そのものみたいな、海を拒んだご老人の目に野生を感じちゃったな。 で、鰻が取れなくなる原因で、うなぎの成体の捕獲を上げる人がいるけど、実はそれは大間違い。 鰻は、増やしたかったら適度に成体を捕獲しないと、生息地は細い川なわけで、すぐに餌を食い尽くして絶滅することになる。 で、本当の原因というのが、河川の三面コンクリートはもちろんだけど、止めを刺したのが矢板の埋め込みなんだな。 コンクリだと、割れたとこにどうにかこうにか魚は住んでるんだけど、矢板を入れたらもうおしまいだ。 ↓の画像の通り、鉄の板で隙間なく川の横っ腹をおおっちゃうもんだから、これで絶滅してしまう。 まぁ、アベノミクスで公共工事やりまくったら、多分生態系は、最後の一種類までガタガタになるだろうね。 つまり、今河川には結構ウナギ自体はいるけど、生息場所が限られてきてるわけで、不法投棄された自転車にゴミが絡まったようなのにどうにかこうにか暮らしてる。 しかも、川がコンクリで直線になってきたから、産卵を終えて帰ってきても、戻ろうにも川に戻れない。 それと、浚渫工事も甚大な影響を及ぼしている。当たり前だよな、何年単位で川の流れを変えまくって、その期間中まともに水の流れない川にしちゃったら魚が戻ってくるわけ無いだろ。 魚道とか作ってお茶を濁して入るけど、あれ殆どの魚が登ってこないし、自然ってのは恐ろしいもんで、ベルセルクの「贄」みたいな感じで出入り口で鷺なんかの肉食動物、捕食魚類が待ち構えているよ。 つまり、こうなった以上は治水工事の概念を変えるべきで、川幅の4割程度は流れを確保したまま工事をやるべきだし、護岸工事するのでも川底から高さ1mくらいは魚が生息できるように格子状に土と石を残しておくか、テトラポット入れてやらないとどうしょうもない。 ほんと、色々旅してて思うけど日本ほど生物の住んでない川のある国はないよ。 ついでに言えば、下水の行き過ぎた普及ってのも川の生態系をガタガタにしていて、限界集落と下水完備した集落の川からはホタルと川虫が消えてしまった。 (瀬戸内海や東京湾でもプランクトンが激減して、水の色が変わったり、沿岸の根魚が激減したりしている。) こういう水の保護に関しては、大きい都市で言えば、大阪の淀川なんかを参考にするべきで、淀川は少し上流に行けば、今や幻といってもいいような個体数になってしまった魚類が意外とたくさん住んでいる。 普段は犯罪とろくでなしの裏事情を書いてる俺が、まじめに生態系を語ってみました。 やっぱり、子供連れて、川遊びにいけるような自然は取り戻したいもんだねぇ。 結論:個体の漁獲を禁止したって漁獲は増加しません。まず生息環境を整備する所から始めろって。放流しても帰ってくるところがないがな^^;
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

発狂するネトウヨ達

ページ上部へ戻る