宝塚 品川工業所 社長夫妻殺人事件 品川士郎さん殺害の容疑で長男から事情聴取 事件後連絡取れず、京都で身柄確保


骨肉の争いに発展しがちな企業の継承問題。なぜそうなるか?

 

近くに住む品川さんの同級生の男性(67)は「トラブルは聞いたことがない。奥さんは上品でいい人で、長男は中国で俳優をしていたはず。こんな事件が起きるなんて信じられない」と言葉を詰まらせた。

 品川さんの家族を知る男性(53)は「長男は無口な人で、会社の後継者として期待されていた」と話した。

 

via: 神戸新聞NEXT|事件・事故|社長宅に男女遺体 複数刺し傷、長男を任意聴取 宝塚

 

M&Aが発達したおかげで、ずいぶん企業の後継者を巡っての争い事というのは減ってきたけど、それでも経営者一家の哀しい喧嘩別れの大きな原因で依然一位を締めているのも事実だったりする。

 

仮に継がないという話で固辞された場合はM&Aで会社売るもよし、あるいは道義と責任について手をつくして説得してみるもよし、大抵あまりもめないもんなんだけど、逆に継ぐとなった時の揉め事の根の深さは半端じゃない気がする。

 

継ぐという場合、大抵後継者側はあんまり積極的な本心を持ってない場合が多い。

会社経営とか美味しいありがたいとか一切思わない。

義務として継ぐ、継いで当たり前、常識として継ぐのだろうと思ってかかってるから第一段階から現職の経営者との意識差はかなりデカイ。

 

そんなにポジティブなイメージないなら自分で会社起こすなりサラリーマンしてりゃいいのに、と思うんだけど「やっぱり継ぐもんでしょう」という意識に縛られている人はそういう割り切りが出来ない。

 

この事件のケースでどうだったのかはわからないけど、後継を前提として関係を俯瞰した場合やっぱりそこら辺がキーになる場合は多いと思う。

大塚家具の例に漏れず、企業の支配権というものは一言で言えば縄張りというべきもので、巣の居住権を巡って動物が骨肉の争いを繰り広げるのと同じことなのかもしれない。

 

だいたい後継者として入ってくる方は、「大借金があって困っている」「しょうもない中小企業を」「継いでやったんだ」と愚痴をこぼすし、それを耳にする現職の方は「できるかぎり風呂敷を広げて代替わりしてやってるのにふざけやがって」「その金でお前は大学へ行ったんだ」と憤りを募らせる。

大抵、おやじの褌かつぎのほうが甘えた寝言を言ってるだけなんだけど、縄張りの支配権を交代するということは前任の抹殺という作業を必然的に内包している以上それも必然なのかもしれない。

 

とにかく前任の友人関係から日常生活まで隅々まであれこれ文句をいうのが通過儀礼になっている感がある。

全部を否定して入れ替えようとするせめぎ合いで関係がどんどん悪化していく事例が非常に多い。

 

こうしてふつふつと滾っていった何かが親子の関係にあったとしたら殺人になるのもしょうがないのかもしれないな。

品川工業所のWEBを見た限りでは、年商2,30億はやってそうだけど、もっともっと小規模な企業の場合なんか悲惨すぎて目も当てられない。

 

小規模な年商を一生懸命にあげて、子供を育て上げる。

必死で大学に行かせた後継者が帰ってきたら、夫婦で5,60万取っていた給料を半分にして息子と分け合う。

おりからの不景気で売上も利益も上がらない。孫が生まれて出費はかさみ家族でいきなり貧困層に転落していく・・・

 

二代目三代目で潰れていく企業の多くがそういう構図を描いている。

そして行き詰まった先で親子のどっちかが棺桶に入ることが非常に多い。

 

会社経営を中心にした揉め事でない場合は、大抵母親を渦の中心にしてやいやい揉めている場合が多いな。

 

さて、品川夫妻殺害の動機は一体何だったのか?

 

 

宝塚 品川工業所 社長夫妻殺人事件 品川士郎さん殺害の容疑で長男から事情聴取 事件後連絡取れず、京都で身柄確保 %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 %e7%9b%b8%e7%b6%9a health crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 jiken soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

還暦近い夫婦とかでも嫁さんが子供にかまけててむしゃくしゃするとかあるっぽいし、
経営の支配権だけじゃなくてお母さんの立ち回りも大事みたいね。
家庭は些事にあらず、ってやつだな。

 

 

宝塚 品川工業所 社長夫妻殺人事件 品川士郎さん殺害の容疑で長男から事情聴取 事件後連絡取れず、京都で身柄確保 %e8%a6%aa%e6%97%8f%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab %e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96 economy %e7%b5%8c%e5%96%b6 %e7%9b%b8%e7%b6%9a health crime %e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3 %e6%81%8b%e6%84%9b%e3%83%bb%e7%b5%90%e5%a9%9a %e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%85%90 jiken soho%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%96%b6

 

↓関連記事↓

 

 

 

 

24日午後3時すぎ、兵庫県宝塚市長尾台1の食品機械メーカー「品川工業所」社長品川士郎さん(67)方を訪れた従業員から「玄関先で物が散乱している」と110番があった。駆け付けた宝塚署員が室内で横たわる60歳ぐらいの男女の遺体を発見。遺体には刃物による刺し傷があり、兵庫県警捜査1課は殺人事件と断定し、同日夜、同署に捜査本部を設置した。

 同課によると、従業員の男性が前日から社長と連絡が取れないことを不審に思い、自宅を訪れた。男女の遺体は2階の寝室で見つかり、いずれも背中や脇腹に刃物による刺し傷などがあったという。

 室内に物色された形跡はないが、玄関は無施錠で血痕があったという。凶器は見つかっていない。

 県警は、遺体が品川さんと妻(65)とみて身元確認を急ぐとともに、事件後、連絡が取れなくなっていた長男(42)の身柄を京都府内で確保し、任意で事情を聴いている。

 信用調査会社などによると、品川工業所は奈良県田原本町に本社があり、従業員数は約150人。業務用の全自動卵焼き機の開発で知られている。

 

via: 神戸新聞NEXT|事件・事故|社長宅に男女遺体 複数刺し傷、長男を任意聴取 宝塚

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 偏り見る者
    • 2015年 3月 25日

    あまり関係無いのですが、「社長夫人」のダメ率は高過ぎますね。

    どの家族企業も一門じゃない幹部は「プチ日吉丸」でスペック面で勝ち目なんて有るわけ無いのに、
    張り合おうとしたり無意味な支配をしたりで組織が一丸になれない原因を作り出りがちなんですよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

顔面キムチレッドのネトウヨ達

カテゴリー

ページ上部へ戻る